ひまわりノート

登録ID
477885
サイト名称
ひまわりノート
URL
http://himawarinote.livedoor.biz/
紹介文
絵の心、詩の心で被写体を撮っています。 訪問者が、いい写真に、いい言葉に出会えたと思えるようなブログをめざしています。
カテゴリ

※最新の記事

  • 紅葉になるまで青いモミジを追いかけます。
    暑さ寒さも彼岸までと言います。明日から彼岸秋分が過ぎれば自然界はやがて秋の衣装に衣替え大型の台風が過ぎて京の空は青モミジの葉もまだまだ?赤く燃えるモミジは11月中旬ころいまから変わりゆく葉の色を追いかけてきょうも京の寺院をぶらぶら歩き…にほ…09月19日 18時03分
  • 秋が来ました。秋の花と言えば萩。
    くさかんむりに秋と書いて萩(はぎ)。萩はまさしく秋の花。しなやかな枝の先に美しい紫紅色の花をつけます。花言葉は思案(想い)、内気。ひかえめで細やかな美しさそれにどことなくさみしげな風情秋の花らしいですね。秋の空を眺めながら思いにふけるそんな…09月11日 18時49分
  • 時空の広場、楽しめますよ。
    いまJR大阪駅ホームの真上にあるサウスゲートビルとノースゲートビルをつなぐ屋上広場が大人気。「時空の広場」と名づけられた広場にはガス灯をイメージした照明付きのマルチポールが並び金時計のモニュメントが設置されています。巨大な屋根の下、開放感い…09月04日 18時29分
  • 眺めているだけで「ほっ」と。
    なんとなくおもむきがあってあじわい深い開き戸。ぼんやりと眺めながら向こう側の風景を思い浮かべる。どのような庭が人を迎えようとしているのかどのような樹木が季節を知らせているのか池は静かに波だっているのだろうかぼんやり眺めながらきょうもただただ…08月28日 18時38分
  • 処暑が過ぎれば、おのずと秋が来る。
    「この門を入れば涼風おのずから」京都南禅寺の三門の手前巨石に彫られたこの句詠まれたのは南禅寺派圓通寺の杉洞(森永湛堂老師)涼を求めるのではなく あるがままに涼風にというわけ。禅寺の教えに即し三門に添えるにふさわしい一句。暑い夏もまもなく終わ…08月21日 18時33分
  • 月遅れ盆送り火が過ぎると秋が…
    月遅れ盆で暑さはちょっぴり控えめ。ときおり涼風が引き抜けてときおり秋の気配を感じさせてくれる。ごらんの写真は寺院の池の水面に広がる睡蓮の葉。仏教とかかわりの深い睡蓮の葉は月遅れ盆送り火が過ぎると秋が来ると教えてくれている。にほんブログ村 08月14日 18時45分
  • 残暑お見舞い申し上げます。
    きょうは立秋暦の上では秋ですねといっても実際には厳しい暑い日が続きます。ごらんの一面の花はサルビア秋の花です。英語で賢人が意味のSage(セージ)花言葉は「尊敬」「知恵」早く暑い夏が通り過ぎてすがすがしい秋の風が吹くといいですね。にほんブロ…08月07日 18時00分