中華街ランチ探偵団「酔華」

登録ID
501762
サイト名称
中華街ランチ探偵団「酔華」
URL
http://blog.goo.ne.jp/chuka-champ/
紹介文
中華街探偵がランチ情報と街ネタを伝える 新しい発見が必ずあり、中華街の奥深さを実感させられます。
カテゴリ
  • レストラン・飲食店 (100%) - 28 / 315人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • シルクロード手織り絨毯展で見たノリタケの食器がすごかった!
    先週訪ねたシルクロード手織り絨毯展のなかでは、ノリタケの展示即売会も開催されていた。 明治・大正時代のオールド・ノリタケは真葛焼きのように相当数が海外に流出していったそうだ。それらを買い戻してきた製品がここに並べられていた。 金彩花紋四人揃…02月25日 07時41分
  • 収穫したフキノトウで天ぷらや蕗味噌をつくる
    とある土手でフキノトウを大量に収穫したので、いろいろな調理をしてみた。 まずは王道の天ぷらだ。いつも思うのだが、天ぷら粉と水の比率が難しい。粉が多いとボテッとした仕上がりになってしまい、なんだか安手の居酒屋で出されるコロモばかりの天ぷらにな…02月23日 08時42分
  • 絨毯展鑑賞のあとは松屋で「ガリたま牛めし」
    先週の土曜日(17日)のことだが…… シルクロードの手織り絨毯展があるというので買い付け、目の保養に行ってきた。 場内には手織りをする女性や、修理をする男性が作業を見せていたが、基本は展示即売会である。したがってお客さんの大半はシロガネーゼ…02月22日 08時54分
  • 「生きている兵隊」by 石川達三
    以前、このブログで記事にした『君たちはどう生きるか』は、少年たちに対しての問いかけであったが、こちらの『生きている兵隊』は大人に対して同じことを投げかけている。 これは、南京に派遣された石川達三が現地で見聞したことをもとに書いた小説で、昭和…02月21日 09時43分
  • ういろう事始
    飛鳥田一雄(元横浜市長)の著作の中に『素人談義 三人ジェラール』というのがある。 これは1960年代から70年代にかけて、いろいろな雑誌や新聞に書いてきたエッセーをまとめた本で、政治・市政のことにも触れているが、大半は歴史や趣味のことなどに…02月20日 05時57分
  • 新年好 2018年春節 街の様子は・・・
    旧暦の正月が始りました。冒頭の写真は石川町駅前にある山手中華学校の柵に貼られた新年をお祝いする言葉。 16日と17日の様子をご覧いただきましょうか。 16日。関帝廟にお詣りする人々。 関帝廟通りの賑わい。「謝鵬酒楼」の前はものすごい人だかり…02月19日 10時29分
  • 「ミレ・メーレ」のアップルパイを再び
    蘇州小路に新規オープンしたアップルパイの専門店「ミレ・メーレ」が気に入ったので、この3連休中に再訪してきました。 こんな時季ですので、お客さんが多くなってもいいように、お店には例のイタリア人お嬢のほかに日本人のお嬢もいて、オペレーションはス…02月16日 00時00分
  • 酔華の真似っこバズレシピ(あんまんの苺ソースかけ)
    昨日は肉まんピザをご紹介しましたが、今日は「あんまんの苺ソースかけ」を作ります。 まずはフライパンにバター大匙1程度を入れて火にかけます。 バターが溶けてきたら縦半分に切ったイチゴを10個程度投入。そこに砂糖(大匙1.5)を加えて弱火で炒め…02月14日 00時20分
  • 酔華の真似っこバズレシピ(肉まんピザ)
    リュウジさんの「やみつきバズレシピ」が話題になっているので、先日、それを真似て「キムチナポリタン」を作りましたが、今回は崎陽軒のバズレシピをパクってみました。 作ったものは「肉まんピザ」♪ ピザまんというのは、よくみかけますよね。たとえば……02月13日 19時53分
  • 横浜歴史博物館で開催中の「銭湯と横浜」に行ってきた
    現在、横浜市の歴史博物館と開港資料館で「銭湯」をテーマとする企画展が開催されている。 先日、地下鉄に乗る機会があったので、少し足を延ばして歴博を訪ねてみた。 昨年9月に閉店した戸塚区の「矢部の湯」から持ち込まれた銭湯グッズ。 アナログの体重…02月12日 11時24分
  • 酔華の真似っこバズレシピ
    最近、私がハマっているのが、リュウジさんの「やみつきバズレシピ」♪ 簡単に調理でき、しかも美味しくて独創的なメニューがたくさん紹介されています。 そのなかにキムチナポリタンというのがあり、さっそく真似て作ってみました。 作り方は…… ベーコ…02月11日 07時04分
  • アップルパイの専門店「ミレ・メーレ」がオープン
    蘇州小路に小さな建物がある。「青葉」の2軒先で、これまで様々なお店がここでお店を開いてきたが、どれもあまり長続きしなかった。 そして先月からまた工事が始まり、何か新しい店ができるような感じであったので、昨日、それを確認しに行ってきた。 新店…02月10日 08時11分
  • 「美楽一杯新館」にて新年会
    先月中旬のことだが、路地裏にある「美楽一杯新館」にて新年会を行った。昨年、忘年会を兼ねて麻雀大会を開催させていただいたお礼も兼ねてね。 今回のメンバーは編集者と郷土史研究家。本作りの話から横浜の歴史まで、話題は広がっていくが、浅学の自分は話…02月09日 07時57分
  • 心やすらぐアットホームな「純喫茶モデル」にてナポリタン
    「純喫茶」♪ 懐かしい名前だよね。昭和30年代から50年代初め頃にかけて、あちこちで見かけたものだ。 純喫茶と対になる喫茶とはなんだろう、不純喫茶かな… そんな名称があるわけはない。そもそも純喫茶というのはお酒類を出さない喫茶店のことだ。 …02月06日 06時38分
  • 萌え断
    一部のブロガーたちの間で盛り上がっている断面大賞というのがあります。食べ物の切り口の美しさを認め合う仲間内のイベントのようですが、私にはいいカメラも、撮影技術もないので今まで参加したことはありません。 過去の大賞はコチラの記事で見ることがで…02月03日 08時00分
  • 福富町の「大鵬」にて新年会
    先月中旬のことだが、私の所属する楽団の新年会が福富町の酒蔵「大鵬」で開催された。若いころは練習が終わると、必ずここで呑み会をやっていたものだ。 当日は今年の初練習だったので、ついでに新年会をやることになり、幹事が「大鵬」を予約していたのであ…02月02日 10時39分
  • 旭川の4日目
    4日目の朝は7条にある古いホテルで目覚めた。ここは義父の家と違って、かなり寒かった。だから、あまり眠れなかったのかもね。 寝不足で疲れきった眼を押し広げて、とりあえず外に出てみる。 旭川駅前にある市営の駐輪場。なんと無料だ! ただし、利用期…01月31日 23時42分
  • 3日目の旭川は寒かった
    旭川に来て3日目、つまり1月25日のことだが、明け方に少し寒さを感じてタオルケットを一枚お腹にかけた程度で、室内は快適な温度が保たれていた。しかし、外に出るとかなり冷え込んでいる。 そんな中、近くのスーパーまで買い出しに行った。一人暮らしの…01月30日 10時35分
  • 2日目の旭川は積雪が増えていた
    1月24日は駅前の快適なホテルで目覚めた。カーテンを開けると、昨晩から降り続いた雪で駅前広場は真っ白に! 朝食は近くのハンバーガーショップで簡単に済ます。 ここから義父の住むところまで行くバスはあるのだが、なんと1時間に1本しか運行していな…01月29日 12時00分
  • 大雪の翌日は寒〜い北海道へ
    1月23日から3泊4日で旭川へ行ってきた。出発の前日は大雪が降り積もったことから、飛行機が飛ぶのかどうか心配になり、午前中のフライトを予約していたのを午後便に変更することに。 結果的には午前便も出発していたので、ちょっと残念だったがこればか…01月28日 22時28分
  • 和風モダンなパン屋さん「のり蔵」
    南門の裏通り。ここに美味しいパン屋さんがある。 北海道の小麦粉にこだわっている。 何年か前に湘南から移転してきたという店。 ご覧のとおり和風モダンな雰囲気の店。鎌倉かどこかにありそうだよね。 何のパンだったかな。 一つは、海苔とハム、もう一…01月24日 07時39分
  • 季刊誌『横濱』新春号の特集は〜イギリスと横浜〜
    遅ればせながら季刊誌『横濱』新春号を読み終えました。今回の特集は≪イギリスと横浜≫です。 イギリス関連の人物や建物、スポットなどが紹介されています。私が引き込まれた記事は「英連邦戦死者墓地」の部分。今までに一度しか行ったことのない場所ですが…01月22日 23時52分
  • 2017年の忘年会と2018年の新年会
    2017年最後の忘年会は横浜中華街にある「菜香新館」で挙行! ここで宴会をやるのは何年ぶりだろうか。もしかしたら前回は10年ぐらい前だったかもしれないね。久々の「菜香新館」にワクワクしながら参加した。 集まったメンバーは、まちづくりの専門家…01月20日 13時13分
  • 「一楽」の日替わりランチ「骨付き若鶏の土鍋煮込み」
    今年初の中華街ランチは「獅門酒楼」だったが、2食目は1月15日、「一楽」の日替わりにしてみた。この日のメニューは「骨付き若鶏の土鍋煮込み」♪ 寒い時期だから、やはりこちらも“ひとり土鍋”であった。メインの具材は骨付き若鶏。小麦粉をつけて揚げ…01月18日 07時59分
  • 新年初の中華街ランチは「獅門酒楼」でハチノスと揚げ豆腐、高菜の辛し鍋
    中華街ランチで、一人用の土鍋料理が出てくるお店って、数えるほどしかありません。私の知る限り、「一楽」と「獅門酒楼」がそのツートップだと思います。 両店とも、年間を通して提供しているわけではなく、晩秋から初春にかけてのメニューに載ってきます。…01月16日 21時53分
  • 荒井市場の「埼玉屋」でアジフライ
    先日、久しぶりに荒井市場へ行こうと思った。目的は市場の中で食料品を買うこと……ではなく、併設されている市場食堂でランチを食べることだ。 その途中、鍛冶ヶ谷南公園というところで、こんな景色を拝むことができた。大きく見える富士山! いいカメラを…01月15日 08時55分
  • 新年の横浜中華街
    今年に入ってから見かけた中華街の風景を載せておきます。 まずは、香港路と中山路をつなぐ路地にある「ArtBaboo146」。最近は昼間の営業をやっているのか、やっていないのかよく分からない。 この日は「OPEN]の札が出ていたのに、ドアは閉…01月13日 08時46分
  • 再び「エロガッパ」にてオニギリと豚汁
    横浜華僑基督教会の近くにあるカフェ「エロガッパ」。店頭の黒板には「おしゃれなものはありませんが……」なんて書いてあるが、なかなかどうして店内には素敵な空間が広がっている。 しかも鳳啓介を思い出してしまうような店名からは想像もできない、美しい…01月12日 08時45分
  • 茶色の朝
    『茶色の朝』は20年前にフランスで刊行されベストセラーとなった本。 作者は心理学者、人権運動家のフランク・パヴロフ。 あらすじは、ざっとこんな感じです。 物語は、主人公である“俺”とその友人のシャルリーが、陽の光がふりそそぐビストロでお互い…01月11日 06時14分
  • 2017年最後の中華街ランチは「長崎屋」で
    2017年の大晦日は寿地区を探訪したあと、横浜中華街へ向かった。目的の店は「長崎屋」である。 ここは「桃源邨」と「謝甜記」に挟まれた小さな店舗で、その名称からも想像できるとおり、メインのメニューはチャンポンと皿うどんなのだが…… 最近はこん…01月10日 11時30分
  • 超危険な鍋ランチ@東北人家新館
    昨年最後の「東北人家新館」ランチは熱〜い鍋にしてみた。その日は非常に寒い一日だったからね。 ここの鍋ランチは2日ごとに変る。 月曜・火曜は「白身魚と野菜の辛口鍋」、「ラム肉と野菜のサンラー鍋」、「豚スペアリブと漬け白菜の鍋」、「若鶏の薬膳鍋…01月09日 11時30分
  • あけましておめでとうございます(遅ればせながら・・・)
    昨年は中華街に関する記事をあまりアップできませんでしたが、多くの方々に訪問いただきありがとうございました。 そんな中で6月にはすごいことが起きました。19日から23日にかけて、大量のページヴューが発生したのです。 そのときの閲覧数が…… こ…01月07日 14時42分
  • メリークリスマス
    先週の月曜日はクリスマスだった。一般的に日本ではその翌日には飾りなどを撤去して、正月を迎える準備に入っていくのだが、山手教会や雙葉学園を見ても分かるとおり、キリスト教会やミッション系の学校ではイエスが生まれた厩のミニチュアがまだ置かれている…01月01日 21時15分