アヴァンギャルド精神世界

登録ID
52322
サイト名称
アヴァンギャルド精神世界
URL
http://blog.goo.ne.jp/naitoukonan/
紹介文
冥想により底知れぬ優しさと限りなき知性を あらゆる冥想のハイウェイを疾走したい。
カテゴリ
  • 宗教 (100%) - 2 / 144人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 聖杯とヘンリー・シンクレア
    ◎聖杯とルーン文字 昨日テレビでヒストリー・チャネルテレビを見ていたら、聖杯とヘンリー・シンクレアの仮説をやっていた。 ヘンリー・シンクレアは、スコットランドのフリーメーソンの故地ロスリンの王子なのだが、彼は何か貴重なものを隠し持っていて、…10月22日 06時13分
  • 刹那の秘密
    ◎現実の裂け目 パタンジャリのヨーガ・スートラの最後から2番目の4.33から。 『4.33 瞬間瞬間に起きる変化のプロセスであるカルマは、三種のグナの変容の最後に把握できるようになる』 普通の人は時間は連続していると思い込んでいるが、ここで…10月21日 07時09分
  • 三種のグナの終わり
    ◎無力と悲惨の終わり パタンジャリのヨーガ・スートラの最後から3番目の4.32から。 『三種のグナは、その目的を達成し、その変化のプロセスは終わる。』 三種のグナは、サットヴァ(照明)、ラジャス(不安)、タマス(暗痴)で、この世の三元素であ…10月20日 05時47分
  • 心と現実が一つになる
    ◎心を通じて得られる知識は少ない パタンジャリのヨーガ・スートラの最後から5番目の4.30から。 『4.30その時、障害とカルマから解放される 4.31 障害や不純なものというベールが取り除かれた覚醒における無限の智慧と比べて、マインドを通…10月19日 05時22分
  • 水牛の尻尾
    ◎無門関の第三十八則 牛過窓櫺 禅問答集の無門関の第三十八則 牛過窓櫺(ぎゅうかそうれい) 『禅の五祖法演禅師が曰く、 たとえば、水牛が窓の格子越しに通っていくのを見ていて、頭、角、四本の蹄がすべて行き過ぎ終わったのに尻尾だけが残って行き過…10月18日 05時37分
  • 天国の先
    ◎文明の進歩と人間の進化 人は、安らぎ、自由、力強さ、智慧深きこと、美しさなど天国的に生きるべきであって、それと対極の地獄的な生き方をすべきではない。求道というのは、禁戒や戒律の形やそれ以外の様々なシーンで、日々刻々天国的に生きること、正し…10月17日 05時15分
  • 最後に出現する雲
    ◎実在・智慧・至福の直前 パタンジャリのヨーガ・スートラの最後から4番目の4.31。 『最も高い覚醒の状態に向けてすら、常に無欲の状態を保つことができる人、そして最高の識別知を発揮することが可能である人は、徳を降らす雲として知られている状態…10月16日 05時36分
  • 正しい想念、イカレタ想念
    ◎想念と現実 妄想の一種である想念と、実際にあった出来事の霊的ビジョンは、異なる。 想念は、半ば無意識であり、半ば意識である。 想念とは、現実のあるものに関して自分自身のそれのイメージを作り込むことである。半ば無意識の想念は、ほとんどが現実…10月15日 06時29分
  • 神経ハイジャック
    ◎アンチ冥想な習慣と電子デバイス 電車で座っている人のほとんどは、寸暇を惜しんでスマホや携帯に向かう。そこまで一分一秒を惜しんで努力と関心をつぎ込んで、今ここでやらなければならないものなのだろうか。 『テクノロジーは概して人間の頭が生み出す…10月14日 04時07分
  • 霊肉脱離の境
    ◎死の技術 出口王仁三郎は、六度死んだが、それは、大脱身であったと思われる。 出口王仁三郎は、生涯において膨大な著作を残しているが、肝心なその体験についてほとんど語っていない。 語るべき体験ではなく、語ることのできない体験であったからという…10月13日 05時47分
  • ヨーガ・スートラでの大脱身
    ◎大脱身からアートマン 20世紀初頭の霊がかりの時代とそれからの脱却、そして20世紀後半の正統的な脱身へのガイダンスを経て21世紀に入った。 この人類文明が正統的な進化を遂げるために必要なキーは、脱身のまともな評価以外にはないのではないかと…10月12日 05時49分
  • 七つの身体と下方互換
    ◎現実認知の崩壊と微細身 七つの身体について並べて説明すると、いつそれぞれの身体を認識するのかという疑問が出てくるものだ。 一般には、こういう図式であれば、下方互換をイメージするので、例えば『メンタル体までわかれば、それ以下のアストラル体、…10月11日 05時27分
  • 感情コントロール
    ◎コーザル体の超意識へ 人間の一見理性を動機とすると思われる行動の背後には往々にして、理性どころか強い感情が働いているものである。 人間にとって感情のコントロールは難しい。クンダリーニ・ヨ−ギ本山博は、感情のコントロールのできなかった行動の…10月10日 03時09分
  • サンヤマから光へ−2
    ◎太陽と月の出会い さらにOSHOバグワンは、pratibhaについて、まず、 『太陽は知性で、月は直感。あなたが両方を超越するとき、pratibhaが来る』とし、 『プラティバとは、エネルギーが知性と直感の二重性を超えた時を意味し、それは…10月09日 06時04分
  • サンヤマから光へ−1
    ◎オメガ・ポイント ヨーガの行法は大別して、8種あり、.制戒(ヤーマ)、内制(ニャーマ)、坐法(アーサナ)、調息(プラーナヤーマ)、制感(プラティーヤハーラ)、 総持(ダーラナ)、定(ジャーナ)、三昧(サマディー)である。 このうち最後の3…10月08日 07時07分
  • 風狂と聖胎長養
    ◎風飡水宿というライフ・スタイル 現代人で正常とされる人は、少々狂っている。そうした市井の人が悟ったばかりの人を見ると、狂っているように見える。これは社会的不適応と呼ばれるのだが、これを世間に慣らすために、悟った直後は、何年か聖胎長養を行う…10月07日 06時25分
  • 実家をたたむ(家・土地・お墓)
    ◎自分の入り口問題と出口問題 中小零細企業の事業承継の問題は、かなり昔から話題になっていた。 しかし、いまやちょっと年配の人と雑談になると、たたむにたためない実家のたたみ方、それについている家と家業と土地のたたみ方、さらに先祖の墓のたたみ方…10月06日 05時32分
  • OSHOバグワンの五つの身体
    ◎エーテル体は火、アストラル体は水 OSHOバグワンは、“Yoga: The Alpha and the Omega, Vol 9”で五つの身体について言及している。 五つの身体とは、肉体、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体。…10月05日 05時27分
  • 蒲生氏郷が秀吉に毒を飲まされる
    ◎限り有れば 吹かねど花は散るものを 蒲生氏郷は、テレビドラマではあまり出てこないが、織田信長が、次女冬姫を嫁がせたり、元服時の烏帽子親を信長がかって出たなど、若年より信長に見込まれた大器であった。 蒲生氏郷は、朝倉攻め、姉川の戦い、長島城…10月04日 05時35分
  • 臨死からアートマンへ
    ◎喘息での臨死体験 喘息での臨死体験からアートマンに出たケースがある。 『私は長年、喘息を患っています。入院したり、救急車で搬送されたりしたことも何度かありました。 けれども、そのときは違いました・・・私はトンネルの中を進んでいきました・・…10月03日 05時12分
  • ギャンブル依存と投薬
    ◎プチ依存の時代的普遍性 カジノ解禁が近いせいか、最近新聞にギャンブル依存関連記事が載ることが多い。 そうした記事は、記者に「医者に相談すれば、ギャンブル依存は治る」みたいな先入観があるのか、あるいは読者に対し「ギャンブル依存は、薬物治療で…10月02日 05時39分
  • 至道無難、無言
    ◎悟りは我が身の悪を取り去るためにある 禅僧至道無難は、人生の後半になって出家し、大悟徹底した。彼が70歳になった時のメモが自性記。 自性記から。 『門弟に向かって言うには、自分の身は大敵である、一瞬も油断するな。』 『金は、空腹や寒さの憂…10月01日 06時15分
  • 見ている自分と見られるもの−3
    ◎見ている自分は純粋な意識 さて、世界が与えてくれるあらゆる経験は、見ている自分が解脱するために存在していた。 パタンジャリのヨーガ・スートラでは、見ている自分は、純粋な意識であるとする。 現代科学は、他の事物や他人は自分とは独立したもので…09月30日 06時27分
  • 見ている自分と見られるもの−2
    ◎見られるものは見ている自分を解放するために経験を提供する 見られるものである花は、見られることで、その外貌を変える。ここに、見られるものは、見ている自分に影響されて変化を起こすことで、見ている自分と見られるものが一つながりであることに気づ…09月29日 05時32分
  • 見るものと見られるもの−1
    ◎見る者と見られるものの結合 見るものと見られるものによって、修行方法は、自分に神が入る、神が憑依するタイプと、自分が神になるタイプとの2種類に分かれる。 前者はシャーマニズムやチャネリングであり、後者は、ラージャ・ヨーガ。クリヤ・ヨーガに…09月28日 05時48分
  • ヨーガスートラのAUM
    ◎マスター オブ マスター ヨーガスートラの全195句中の、オーム関連部分は以下。 『1-25 至高の存在は、すべてを知っている点でまさるものがない。 1-26 時間の制限を受けることがない至高の存在は、他の師たちにとっても師である。 1-…09月27日 05時27分
  • 地獄的なこの現代を解消する
    ◎人は天界の流れで善を為し、地獄の流れで悪業を為す 人間の生存行為は、食物を自然界から奪って食べるということで、利己的に他のものを消費するという意味では地獄的である。およそ物質的なもの肉体にかかわるものは地獄的な行為となることが多い。 しか…09月26日 05時50分
  • ヨグマタ相川圭子のTV番組
    ◎パイロット・ババジのお弟子さん ヨグマタ相川圭子のTV番組をちらりと見ました。 彼女はもともとハタ・ヨーガのインストラクターだったのですね。パイロット・ババジがマスターだそうだが、パイロット・ババジの悟境は如何に。インドでマスターしている…09月25日 04時43分
  • 冥想とオルゴン
    ◎OSHOバグワンのライヒ評価 OSHOバグワンは、”Yoga: The Alpha and the Omega, Vol 8”において、心理学者フロイトの弟子にして、アメリカで不幸な晩年を遂げたウィルヘルム・ライヒを高く評価している。 O…09月24日 07時05分
  • 白隠と本山
    ◎紫衣と黒坊主 竹田黙雷の続黙雷禅話(1907竹田黙雷=国会図書館デジタルアーカイブで読めます)の『十七 白隠の述懐』に白隠と本山について書いた部分がある。 白隠は原の松蔭寺にいたが、松蔭寺は、興津清美寺の末寺であって、妙心寺の孫寺にあたる…09月23日 06時21分
  • 文明破壊とEMP(電磁パルス)攻撃
    ◎謙遜、無私、自己反省、冥想に興味のない政治リーダー達の争う世界 北朝鮮の核ミサイル攻撃で有名になったEMP(電磁パルス)攻撃。これについては、主要メディアでも取り上げられるようになった。これは、地上30キロから400キロで核爆弾を爆発させ…09月22日 03時36分
  • 死体に入る
    ◎ディテールは、グルあってこそ 日本には、九相図というのがあり、墓地で腐乱が進む死体の有様を観察し、肉体の絶対でないことに直面するという修行法がある。 OSHOバグワンが、“The alpha and Omega 第八”で、一歩進んで死体の…09月21日 05時41分
  • 悩み、苦しみを解決するには
    ◎現実的努力、冥想、ドラッグ 悩み、苦しみを解決するには、文字通り、悩み苦しみと現実的に逆の現象を起こさせて解消するやり方、悩み、苦しみそのものがなかったようにするやり方、そして悩み苦しみそのものが実体のないものであると知る空の悟りというよ…09月20日 05時57分
  • 性エネルギーと頭人間
    ◎エネルギーの頭への集中と狂気 現代人は、性に向かうべきエネルギーですらも、頭に向かう。人間のボディには複数の代表的エネルギープールがあって、それは、生殖器、腹、頭なのだが、現代では文化的要因により、エネルギーほとんど頭に向かう。 その結果…09月19日 05時38分
  • 神人和合の特徴
    ◎大神から人間への内流と諸悪莫作 神人和合による人間の矯正についての出口王仁三郎の説明。 大神とはアートマンの謂いだが、大抵の人間は、肉体と神が直接コンタクトせず、微細身経由で大神とコンタクトしている。 つまり、人間は大神が微細身経由で肉体…09月18日 06時39分
  • 完璧な分断と絆幻想
    ◎平時でも分断孤立した生活と意識 大規模災害の後は絆がスローガンになる。それは、大規模災害で、ライフラインが破壊されると、生活は分断、孤立しがちになるもので、生存を維持するためには、食料、水、情報などの絆が要るということ。 ところが、個々人…09月17日 06時21分
  • 人の息を詰まらせ気晴らしを奪う
    ◎日本的ライフ・スタイルと社会システムが精神病者を大量生産 昔コンピューターセンターみたいなところに行って、二重三重のチェックを受けて入ると、そこは真夏でも空調のガンガン効いた空間であり、「ようやく入ったが、出るのも大変だな」などと心理的な…09月16日 06時29分
  • 沢庵禅師の太阿記−3
    ◎天下に比類なき名剣 太阿記訓読の続き。 『這箇を得んと欲すれば、行住坐臥、語裡黙裡、茶裡飯裡、工夫を怠らず、急に眼を着けて、窮め去り、窮め来たって、直ちに見るべし。 月積み年久しくして、自然暗裡に灯を得るが如きに相似たり。 無師の智を得、…09月15日 05時04分
  • GPS、SNS、セキュリティの不幸リンク
    ◎ますます息の詰まる時代 1970年代や80年代に比べると、2010年代の今の時代は誠に小さいことにうるさくなった。それこそ箸の上げ下ろしに至るまで細々と言い立てるのが当たり前になった。 そうなると気は小さくなり、些細なことで気はふさぎ、気…09月14日 05時32分
  • トースとダンテスの合体−3
    ◎マニピュラからアナハタへ ダンテス・ダイジ座談の中で、ある来訪者に対し、人生の裂け目のことを表現するのに、『「戻ってこーい。戻ってこーい」と叫んでいるような何かを感得すること』というように表現し、かの来訪者もそれを感得するシーンがある。 …09月13日 03時53分
  • トースとダンテスの合体−2
    ◎ダンテスの甘いささやきと悪影響 ダンテスの系流に属する聖者たちは、アトランティス末期のダンティス・ ケンタウロス、クリシュナ、臨済などがいる。 彼らの主張は、ステップや方便を越えて単刀直入に「現実」に言動せしめること。つまり、時により、人…09月12日 05時39分
  • トースとダンテスの合体
    ◎組織宗教と個人宗教、顕教と密教 エジプト神話では、トースは出てくるし、アメンチーの名も出てくるが、何のことかは、想像すらもできないほどに。 ダンテス・ダイジ座談では、アトランティスでは、神の宮という中央官庁兼最高神殿みたいなのがあり、その…09月11日 05時34分
  • 空海の病気治療と人間観
    ◎地水火風の不調と悪霊のたたりと悪いカルマ 空海の秘密曼荼羅十住心論序に病気治療観が書いてある。 曰く、 病気の原因は、地水火風の不調と悪霊のたたりと悪いカルマにしぼられる。 そこで身体の病気を治す方法に8あり。温泉、散薬、丸薬、酒、針、灸…09月10日 06時18分
  • 至人は己れなく、神人は功なく、聖人は名なし
    ◎荘子とOSHOバグワン 荘子の逍遥遊篇から。 『若し夫(そ)れ天地の正に乗じて六気の弁に御し、以て無窮に遊ぶ者は、彼且(は)た悪(いずく)にか待たんとするや。 故に曰わく、「至人は己れなく、神人は功(いさおし)なく、聖人は名なし」と。』 …09月09日 05時24分
  • 最終解脱或いは最終的な解脱
    ◎絶対的な孤立(カイヴァリヤ=独存) ヨーガでは、トランスから入る。そしてサマーディに入る。サマーディ(三昧)は、入我。 ヴィヤーサは、有想三昧から無想三昧への移行について、有想三昧の最終段階に達した時に自ずと得られる照明(知恵)によって、…09月08日 05時41分
  • 利休百首
    ◎茶はさびて 心はあつくもてなせよ 利休百首に先んじて、紹鷗百首とか、利休五十首とかがあって、利休百首にまとめられたのは後代のことらしい。 利休自身の悟境は怪しいが、世俗的功利的価値観や、闇を忌避するアポロン的価値観に一石を投じ、わびさびの…09月07日 00時23分
  • アメリカでの仏教文化
    ◎ライフスタイルと文明の問題 アメリカのテレビドラマや映画を見ていると、日本語の仏教用語がそのまま出てきて、ぎょっとさせられることがある。 ZENなどは、その横綱クラスであって、IT関連商品を中心として、かっこいいという意味のZenを冠した…09月06日 05時46分
  • 水爆の夢
    ◎巨大な火の玉が無数に空で燃え上がる 2017年9月3日北朝鮮が水爆実験を行ったと発表した。その後で、北朝鮮から発表された水爆の写真を見て目を見張った。 くびれた型で、後方が延びればコカコーラの瓶の形ともいえよう。 これと似た爆弾の打ち上が…09月05日 05時39分
  • 宗教改革と水の洗礼、火の洗礼−2
    ◎耳で見て目できき鼻でものくうて 口で嗅がねば神は判らず 宗教改革と水の洗礼、火の洗礼と言えば、キリスト教のヨハネとイエス。 出口王仁三郎は、宗教改革のメインは、イエスでなくヨハネであって、ヨハネは、神界、幽界の修理固成の神業をなし、イエス…09月04日 03時43分
  • 宗教改革と水の洗礼、火の洗礼−1
    ◎宗教の立替え立直し どの宗派でもそうだが、宗教改革には、見えにくい先行者と、後発だが大きな目に見える成果をあげる表向きの改革者がある。 通常二人はペアであり、両方そろわないと、宗教の改革は成らない。 日本で言えば、役行者が先行改革者であり…09月03日 06時32分
  • ナチスドイツのチベット探検隊
    ◎外に求める時代の終わり 先日、テレビを見ていたら、ナチスドイツが1938年チベットに探検隊を送り込んで、それをきっかけにチベットとの人的交流も行われていたことを伝えていた。 それ以上の詳しいことは何も語られなかったが、ナチスドイツが国策の…09月02日 07時09分
  • 沢庵禅師の太阿記−2
    ◎刀を用いずして人を殺し、刀を用いて人を活かす 太阿記訓読の続き。 『夫れ通達の人は、刀を用いずして人を殺し、刀を用いて人を活かす。殺すを要さば即ち殺し、活かすを要さば即ち活かす。殺々三昧、活々三昧也。 是非を見ずして能く是非を見、分別を作…09月01日 05時48分