十三のいま昔を歩こう

登録ID
529911
サイト名称
十三のいま昔を歩こう
URL
http://atamatote.blog119.fc2.com/
紹介文
昭和の街並みが消えようとしている。 新之介が大阪の懐かしい町並みを探し歩くブログです。
カテゴリ
  • 大阪府 (100%) - 10 / 265人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 神武天皇聖蹟孔舎衛坂顕彰碑へ
    普通の靴で行ってはいけない旧跡に普通の靴で行って来た。神武天皇聖蹟孔舎衛坂顕彰碑神武天皇聖蹟盾津顕彰碑古事記や日本書紀に記されている神武東征(じんむとうせい)。九州を出発した神武天皇が率いる皇軍は、難波の碕を通って草香邑(くさかむら)から…01月23日 14時00分
  • 生駒山地の磐座めぐり? 岩戸神社・高御座神社の磐座
    太陽が昇る高安山古来より太陽信仰は日本各地に根ざしていたが、カワチやナニワも例外でなく、いまでも四天王寺では春と秋の彼岸の中日に日想観の法要が行われている。古代の大阪平野に暮らした人々は、生駒山地から登る太陽の位置で季節を知り、種まきや収…01月17日 15時12分
  • 生駒山地の磐座めぐり? 磐船神社・星田妙見宮
    宇宙船岩船号と星の降臨記紀神話では、饒速日命(にぎはやひのみこと)は、高天原(たかまがはら)より天の磐船(あまのいわふね)に乗って河内国河上(かわちのくにかわかみ)哮ヶ峯(いかるがみね)に降臨し、のちの大和国に入り、大和河内地方を開発し建…01月11日 18時50分
  • 生駒山地の磐座めぐり? 高尾山
    生駒山地の磐座めぐり ?高尾山この巨大な岩は、高尾山山頂にある磐座(いわくら)である。高尾山は、古くから神の山として信仰の対象となっており、「高神さん」「鷹巣山」などとも呼ばれてきた。山頂から北へつづく尾根の稜線西斜面には、弥生時代後期の…01月04日 19時00分