クラシック音楽ぶった斬り

登録ID
577555
サイト名称
クラシック音楽ぶった斬り
URL
http://classicalmusic.livedoor.biz/
紹介文
クラシック音楽名曲名盤紹介 クラシック音楽評論家が言えない真実を語る。
カテゴリ
  • 音楽(クラシック) (100%) - 61 / 402人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • リアル・ゴーンからのハイフェッツ早期レコーディング集4枚
    熱心なハイフェッツ・ファンであれば、既にソニーからの豪華な全集をお持ちだろうが、今回リアル・ゴーンからリリースされた4枚組みは新規のリマスタリングによる簡易なバジェット盤。 勿論初出音源などは望むべくもないし、メンデルスゾーンを除く総てが戦…11月19日 19時23分
  • 来たるべき円熟期を期待させるキーシンのニュー・アルバム
    久しくソロの新譜をリリースしていなかったエフゲニー・キーシンが2006年から2016年に亘るインターナショナルなコンサートのライヴ録音からベートーヴェンの作品を纏めたダブル・アルバム。 2枚組のCDに自身の選曲によるソナタ5曲とヴァリエーシ…11月17日 23時29分
  • コンドラシンの芸術、ヴェニアスからの9枚
    旧ソヴィエトからの亡命指揮者キリル・コンドラシンのオーケストラル・ワークはメロディア・レーベル以外にも西側でのRCAやデッカに貴重な音源が遺されている。 指揮者としてはまだこれからという時期に67歳で突然死した彼の死因についてはソヴィエト当…11月16日 00時07分
  • 円熟期のツィマーマン、シューベルト最後のソナタ2曲
    ポーランド生まれのピアニスト、クリスティアン・ツィマーマンは今年60歳の大家として相応しい円熟期を迎えている。 今回ニュー・リリースされたアルバムのプログラムはシューベルト最晩年の2曲のピアノ・ソナタというのも象徴的だ。作曲家が死の2ヵ月ほ…11月13日 23時40分
  • 本家から廉価盤化されたヴァルヒャの偉業、バッハ・チェンバロ作品集13枚
    昨年ワーナー・コリアから同様の全集がリリースされたが、一般的にコリア盤は価格がミドル・プライス止まりでボックスになるとかなり高く、手を出しにくいのが欠点なので、今回の本家からのリイシュー廉価盤化は大いに歓迎したい。 収録曲はヘルムート・ヴァ…11月11日 19時44分
  • エガーの取り組むバッハ、管弦楽組曲全集の2枚
    リチャード・エガーの演奏を始めて聴いたのは手兵アカデミー・オヴ・エンシェント・ミュージックを指揮したヘンデルの作品集で、その明瞭で平易な解釈とピリオド・アンサンブルの響きの美しさを満喫させてくれた。 彼はここ数年バッハの作品の集中的な録音活…11月09日 15時38分
  • 覇気に満ちたシェリング放送ライヴ '69初CD化
    1969年7月12日シュトゥットガルト・リーダーハッレ・ベートーヴェン・ザールに於けるライヴ・レコーディング。 本番に強かったシェリングはセッションだけでなくコンサートや放送ライヴで多くの素晴らしい演奏を遺してくれたが、1970年代に入って…11月07日 19時32分
  • ようこそ!「クラシック音楽ぶった斬り」へ
    はじめまして。 このブログでは、クラシック音楽の真髄にどんどん斬り込んでいきます。 「ぶった斬り」というタイトルにしては、内容は名前負けしている感はありますが、自分が悪いと思うものを人には薦められないし、書きたいことを楽しく書く、ということ…11月06日 03時37分
  • ピアティゴルスキーの快演3曲、(但し総てが擬似ステレオ)
    このディスクはプラガ・ディジタルスのレギュラー・フォーマット盤で、従来のSACDシリーズではないことを断わっておく。 ライナー・ノーツにはフリッツ・ライナーの指揮するブラームスとサン=サーンスが1961年にニューヨークで、シャルル・ミュンシ…11月06日 03時35分