スコットランドひきこもり日記

サイト名称
スコットランドひきこもり日記
URL
http://ameblo.jp/scotland
紹介文
英国在住ひきこもり日本人の日記 北国ニートの日常を貴方に 職を得てもひきこもりの矜持は忘れない、の精神で
カテゴリ

※最新の記事

  • フワフワ6号の悲劇
    母ガチョウに邪険にされながらもヒナ6号(ニワトリ夫人のお腹の下で孵化した子)が懸命に家族の輪に溶け込もうと努力を開始したその翌日、スコットランドでは雨が降りました。ガチョウは水鳥ではありますが、生まれてまだ日の浅いヒナの場合体が水に濡れて…07月01日 01時07分
  • フワフワ6号の帰還と懸念
    ニワトリ奥さんの抱卵によりたまごから孵ったガチョウのヒナ。巣から転げ落ちて戻れなくなっていたのを幸いと実の親の元に戻すことに。実の親である母ガチョウ(通称『妹姫』)と父ガチョウ(通称『婿殿』)は子供達5羽を連れて散歩に出かける準備をしてい…06月30日 02時30分
  • まさかのフワフワ6号登場
    そもそもこの春にガチョウのヒナが孵ることをわが夫(英国人)と私はほとんど想定していなかったのです。まず第一に母ガチョウとなるべき妹姫がたまごを産むにはまだ若すぎるだろう、という思いがあり、たとえたまごを産んでもそれが有精卵である可能性は低…06月29日 01時45分
  • フワフワ、その結末と連鎖
    親ガチョウに放棄された放置たまごから生まれたヒナを親元に返した翌日の朝。母ガチョウに拒絶されお腹の下に潜りこむことを一晩許してもらえず低体温症になっていても、興奮した父ガチョウに夜の間に踏みつぶされていても、しかしそれはあの子の運命!親ガ…06月28日 02時13分
  • フワフワ、故郷に帰る
    母鳥ガチョウから抱卵放棄されたたまごから生まれたフワフワをいよいよ親元へ返す段となりました。蘇生というか延命は不可能と思えたあの石のように冷たく濡れた状態からよくここまで元気になってくれたもの。兄君との対面の例もあるので「親鳥がこの子に対…06月27日 01時26分
  • 報われぬ男、兄君
    放置たまご出身のガチョウのヒナを親元へ返す決断を下した私と夫(英国人)。『放置たまご出身』って日本語の正誤については後日またの機会にしてここまでの詳細は過去の記事をどうぞ。さて。そうと決めたからには実行は早い方がいいでしょう、だってほら、…06月26日 02時55分
  • ヒヨヒヨ、別れの決断
    孵化直後の濡れ濡れ羽毛から無事ふかふかのフワフワに変貌を遂げたガチョウのヒナはその後ストーブ前の特等席で一夜を過ごすことになりました。私は睡眠には意地汚いことで悪名高い人間なのですが、ヒナに快適な温度を与えるため目覚まし時計の力も借りずに…06月25日 01時52分
  • フワフワをめぐる才能と豹変
    母鳥から見捨てられたガチョウのヒナ・・・というかたまごに詰まっていたヒナ未満の状態の生物の孵化を手助けし、ついでに濡れていた羽毛の乾燥にも成功したことですっかり得意になった私。満足感と達成感を味わいつつ手のひらに付着した汚れを石鹸で洗って…06月24日 00時50分
  • フワフワのため人は何ができるか
    母鳥ガチョウに放置されたたまごからヒナを取り出すことには成功したものの、ドクター!患者の体温が上昇しません!また全身の羽毛も湿ったままです!という状況のヒヨヒヨ個体を人はいかにして救うことができるのか!(ここまでのお話はこれまでの記事をご…06月23日 02時55分
  • ガチョウ救命24時!
    もしかすると、もしかするとですけど、一部の方にとっては衝撃的な写真が掲載されている本日かもしれませんえーと・・・気を付けてね!たまごからクチバシ『だけ』が出た状態で力尽きてしまったガチョウのヒナを我々は救うことができるのか!(ここまでのド…06月20日 02時22分
  • たまごをめぐる葛藤と決断
    4個のたまごを無事に孵した母ガチョウ(妹姫)に抱卵を放棄された様子のたまごナンバー5。しかし母ガチョウがたまごを温めるのを止めてから24時間以内に抱卵を再開すればたまごには孵化の可能性があるらしい、と祈る思いでたまごを巣に戻し24時間後。…06月19日 01時59分
  • 放置たまご 運命の選択
    わが家の新婚ガチョウ夫婦はこのたび無事に4個のたまごをヒナに孵し、母ガチョウである妹姫は「今年の放卵はもう終了です」とばかりにヒナたちと外遊びを楽しみ日光浴と栄養摂取にまったく余念がない様子。そんな時にガチョウ夫妻の巣の中に『ヒヨヒヨ内側…06月18日 02時09分
  • ガチョウ続報 まさかの発掘
    ごめん、もうしばらくガチョウネタが続きます、鳥嫌いの人には申し訳ないさて、我が家のガチョウ新婚夫婦は無事たまごを4個孵すことに成功しました。「今年はたまごを産むことさえ無理だろうと思っていたのに、孵化まで成功してしまうとは。これは本当に嬉…06月17日 02時29分
  • げに暑苦しき猫の愛
    最近すっかり動物ブログ化している懸念がなきにしもあらずの当ブログ。こんなことではいかん!が、しかし、ガチョウとニワトリのことをここまで書いてきたならば猫のことも少しは書いておかないとあとあと罪悪感にさいなまれそうな・・・いえ、ちょっと最近…06月16日 02時35分
  • 好色男の末路
    そのあまりの漁色家ぶりにより『もう我が家には住まわせられない』との決断が(私によって)下された新人ニワトリの白黒雄鶏君。しかしこんなスケベ雄鶏を誰が引き取ってくれるというのか。これはもう心を鬼にして丸焼きコースを選択するしかないのか。・・…06月15日 02時41分
  • 女たちの戦いと男の屑
    雄鶏2羽に雌鶏6羽という微妙な構成になってしまったわが家のニワトリ組。(去年の夏に孵ったヒヨコ2羽のうち1羽が雄だったため)(詳しくは昨日の記事をお読みください)これまでオレンジ雄鶏の統制のもと雌鶏5羽が仲良く大奥ごっこをやっていたところ…06月14日 01時50分
  • 助平男、お断り
    ガチョウのヒナに熱をあげている昨今の私と夫(英国人)ですが、皆様覚えておいででしょうか、我々が新居に越してきた当初ここにはニワトリのヒナが2羽いたことを。あの2羽はその後順調に大きくなりまして、毛も生えそろい、体つきもしっかりし、母鳥の庇…06月13日 03時21分
  • よくわからぬ庭(特に名前が)
    わが新居2015年春のガーデニング方針は『出るもの拒まず』。庭のどこに何が埋まっているのかとりあえずしばらくは様子を見よう、と。雑草かと思って引き抜いたら希少種の花の芽だった、みたいなオチは悲しすぎるためでございます。(私は経験に学ぶ女)…06月12日 02時29分
  • よく弾むから大丈夫
    退院時、執刀医の先生が「他は全部問題ないのですが肝臓の数値だけまだ安定していないんです。隔週で採血・検査をしましょう」で、退院してから2週間後、近所の診療所で看護師さんに血を抜いてもらいまして、数日経ってから結果を尋ねる電話を『かかりつけ…06月11日 02時26分
  • アヒル舎弟、華麗なる三下根性
    気がつけば兄君ガチョウのそばに常に佇むようになっていた謎の緑頭アヒル。その情熱がちょっと洒落にならないレベルであることは私も気になってはいたのですが、しかし体格においても力においても兄君がアヒルごときに引けを取ることはないはず。独り身に春…06月10日 03時28分
  • アヒル舎弟の高度な技術
    謎の緑頭アヒルがわが家に出没するようになってから数日後。私は・・・病院に運ばれました・・・「アヒルは・・・アヒルは今日も来たかい・・・」「ええ、今日も来ましたよ。そして兄君の後を追いかけまわしていましたよ」お見舞いの挨拶としてはかなり不可…06月09日 06時09分
  • 謎の緑頭アヒルもしくは舎弟
    ある春の朝突然に我が家の庭に現れた緑頭の茶色いアヒル。突然庭に現れた・・・というか気が付くと我が家の兄君ガチョウのお尻をひたすら追いかけていた、というか。「この子は何か、野生のカモか?」わが夫(英国人)が答えて曰く「いえ、この子は家禽アヒ…06月08日 01時09分
  • 兄君、春の訪問者
    わが家のガチョウ三羽衆のうち妹姫と婿殿の二羽が着実に幸せになっているその一方で、独身貴族の美学を清らかに貫いておりますのがかつての姉姫、現、兄君です。ここらへん、彼らの過去をご存知ない方には本当に何のこっちゃであると思うのですが、お時間の…06月07日 03時06分
  • ひよこの楽園
    ガチョウのたまご、3個目、孵りました。・・・どぅああーー!(低音の野太いため息とともに)もうね、なんかね、あのヒナのことを思い出すと41歳の腹巻野郎Norizoは酩酊感というか多幸感に包まれちゃうの。お酒とかチョコレートとか必要ないの。だ…06月06日 06時06分
  • お宝写真だ、皆悶えろ
    どうしてもガチョウ小屋を覗きたくて仕方ないらしいわが夫(英国人)。(昨日の記事の続きです)私もね、実際気持ちはわかるんですけどね・・・「ヒナの無事はわかったし今日はもう止めておこうではないか」「でも!でももしかしたら妹姫の身に何かが起きて…06月05日 05時06分
  • 前言撤回パパラッチ
    小鳥を飼っていたことのある皆様ならご存知でしょう、繁殖の成功の第一歩は『ヒナが孵った後の巣を覗かないこと』。巣箱から聞こえるヒヨヒヨ声に誘われてつい鳥かごを解体し巣箱の屋根を除去、わらのなかにうずくまるヒナを見てしまうと何故かその翌日くら…06月04日 04時06分
  • 父性の春
    ものの本によるとガチョウの放卵日数は約4週間。つまりガチョウがたまごを温めて4週間が経過しても何も起こらない場合、それはたまごが無精卵であったかたまごの抱き方に問題があったかを意味するわけです。「・・・6週が経過してもたまごに何の変化もな…06月03日 03時06分
  • 新婚夫婦の春
    わが家のガチョウ3人組のうち去年の降誕祭にペアとなった妹姫(メス)と婿殿(オス)。しかし『つがい』になったとはいえ妹姫は去年の夏生まれ、まだまだ子供のようなものだしたまごを産み始めるのは2016年の春でしょう!という夫(英国人)の予想をよ…06月02日 02時06分
  • 北国の春、41歳の春
    北国スコットランドは今、春です。帽子をかぶらずに外に出て寒さに頭が痛くならない日々よ・・・!とはいえ雨や曇りの日はまだ冷えるのでストーブは日々全力稼動中ではあるのですが、あれですね、寒い国の春は『春らしさ』が長続きするからいいですね。私が…06月01日 01時06分