スコットランドひきこもり日記

登録ID
658935
サイト名称
スコットランドひきこもり日記
URL
http://ameblo.jp/scotland
紹介文
英国在住ひきこもり日本人の日記 北国ニートの日常を貴方に 職を得てもひきこもりの矜持は忘れない、の精神で
カテゴリ

※最新の記事

  • フランス パンとバターの謎
    フランスの某レストランで『フォアグラの前菜』を頼んだわが夫(英国人)。お皿に山盛りのフォアグラのテリーヌと薄切りパンとサラダ菜が出てきたところで夫はウェイターのお兄さんに「すみません、バターを持ってきてもらえますか」夫にとってバターとパン…08月29日 01時36分
  • おフランス帰りなんざんす
    この夏、我々はフランスに行きました。ええ、あの世界的美食大国。いや、何を食べても美味しい旅でした。ただ全般的にあの国のレストランは味付けの塩がきつ過ぎません?『料理に塩は基本的に使いません、塩味が欲しい人は食卓でテーブルソルトをお使いくだ…08月28日 01時15分
  • 絶望の半壊便所と猫
    ※本日の記事はお食事中には読まれないほうがよかろうかと存じます※この夏、私の心をもっとも深く打ちのめした出来事について本日は語りたいと思います・・・わが家には猫が2匹おります。白黒猫サンストリーカー君が見かけ倒しのズボラ野郎であるのに対し…08月27日 01時55分
  • きのこ屋敷の恐怖
    ※本日の記事にはショッキングなきのこ写真が含まれます※我が家の庭のどこに何が植えられているのか。どこから何が生えてくるのか。この春と夏はそんな謎の数々と答えがわかった時の驚きとともに過ぎています。ラッパスイセンが咲き終わり一段落付いたよう…08月26日 01時08分
  • 母よ、これが現実です
    先日、電話の向こうでわが母(イメージ武将:豊臣秀吉)が妙にしみじみとした口調で呟いたのです、「でもあれね、Norizoのブログを読んでいる方たちは、なんのかんのでNorizoは花と猫と鳥に囲まれた素敵な生活を送っているものと信じてくれてい…08月25日 01時56分
  • 鵞鳥物語 抗争、終焉
    里子ガチョウを操ってニワトリ社会の頂点を狙う里親メンドリとその姉妹。しかし現行の王者であるオレンジ雄鶏を軽んじる行為に出たことにより『高齢者に対する不敬』に我慢ならない三文安日本代表の私がこのお家騒動に介入することに!ええ、私はトサカに来…08月24日 01時07分
  • 鵞鳥物語 激震の王座
    里子ガチョウ2羽を掌中の玉としてこれまで大事に育ててきた里親ニワトリ夫人(除:里子病気期間)。しかしその母心の裏にはニワトリ王国の権力の座収奪を狙う暗い野望が存在した・・・!病身里子が復調した翌日からその野望は形を取りはじめました。食事の…08月23日 01時30分
  • 鵞鳥物語 悲劇の刺客
    これまで優れた里親としてガチョウのヒナ2羽の面倒を見ていたニワトリ夫人には実は『この2羽を使って領主であるオレンジ雄鶏を権力の座から追い落としその後は2羽を傀儡とし実権は自らが握りニワトリ社会に君臨する』という野望があったのではないか?と…08月22日 01時32分
  • 鵞鳥物語 簒奪の胎動
    里親ニワトリ夫人の元ですくすくと大きくなった里子ガチョウ2羽。他のガチョウたちが裏庭や牧草地を主な活動拠点としているのに対しこの2羽は里親メンドリの厳しい監督下前庭を基本の居住空間としているためどうしても他のガチョウたちよりもよく私の目に…08月21日 02時40分
  • 持続する奇跡と疑惑(パイ話)
    パイ作りの奇跡、続いています・・・!グースベリーが食べ頃になって以来なんのかんので週に1回の割合でフルーツパイを作っていた私は結局のところ超!良妻!なわけですが(すみません、自画自賛が過ぎました)、しかし本当に何故なのか、この夏はここまで…08月20日 02時52分
  • とうとう私はMを体験した
    引っ越し以来様々な『初体験』の機会を得ている私ですが(例:壁のペンキ塗り・薪割り・植物との電波的な対話など)このたびまた新たなる経験を積んでしまいました。例の本棚に『棚』を追加するにあたって夫は板を切り出すところまではやってくれたのですが…08月19日 05時32分
  • DV疑惑と治外法権 本棚編
    夫(英国人)の愛のプレゼント手作り本棚の話を私がブログに書いたことについて当人であるわが夫がぽつりと「その記事によって君は僕にDVをしていないことを証明したも同然ですね」「・・・君は何を言っているんだ?」「あれ?DVってわかりますか?」「…08月18日 08時33分
  • 千里眼の群 何だ貴方達は
    ・・・昨日のクイズ:私の入院中にわが夫(英国人)が私の無事の退院を願ってこつこつ作っていたものは何でしょう私・・・まさか正解が出るとは思っていなかったんです・・・「・・・夫よ、正解者続出だ」「えっ!君は何かヒントになるようなことを本文中に…08月17日 18時07分
  • それは禁断の行為では
    先日我が家に夫(英国人)の幼馴染のご母堂が遊びに来てくださったのですがその時私の先日の入院騒ぎの話になり「でも今は元気なら良かったわね」「ありがとうございます」「貴方が入院していた同じ時期に私の知人も入院してね、知人はもうそれなりの年だか…08月16日 05時07分
  • 大戦の記憶
    『バトル・オブ・ブリテン(Battle of Britain)』という言葉を皆様は耳にしたことがありますか。第二次大戦中、イギリス本土上陸を狙ったドイツがまずは英国上空の制空権を確保しようと仕掛けた航空戦の総称です。戦闘機・爆撃機の数で圧…08月15日 02時16分
  • 真夜中の殲滅者
    もう皆様お慣れかとは思うのですが今日もショッキングもぐら写真がございますよーもぐら好きの方はごめんなさいねーいや、私ももぐらは好きなんですけどねーお向かいの家の人(といっても丘というか山ひとつ向こうにお住まいの方)とお茶などしておりました…08月14日 05時19分
  • イモとクロスグリ
    皆様、昨日はコメント欄にて素晴らしきジャガイモ調理法の数々をご披露いただきまことにありがとうございました。もうしばらくは『ジャガイモ』という文字を目にするだけで胸焼けしそうな満足感でいっぱいです・・・!いえ、どれも美味しそう!美味しそうな…08月13日 02時23分
  • 愛の浮気現場写真集
    引っ越し以来、わが夫(英国人)は私を家の中に一人置いて自分は外に出ることが多くなったのです・・・仕事から帰ってくるととりあえず夕食は私と一緒にとるものの、その後は嬉々として着替えてお出かけ。週末なんて朝からずっと私は放っておかれ、これが男…08月12日 02時24分
  • 混沌クレマチスの最終認知
    ・・・わかった!わが家にあるこの2つの株(↓)は両方ともクレマチスということにしよう!そしてこれが(↓)クレマチスじゃないことも認めよう!(今回の記事は前回、前々回の記事の続きです)クレマチスであることがこのたび決定した(決定者は私です)…08月11日 12時09分
  • 続報、質問クレマチス
    当ブログをお読みの園芸猛者の皆様に基本の質問:ねえ、もしかしてこれ(↓)がクレマチス?いえ、先日夫(英国人)が「これがクレマチスですよ」と指し示した先には2つ株があって私はてっきりこっち(↓)がクレマチスかと思っていたのですが・・・もしか…08月11日 01時12分
  • 謎のクレマチス
    我が家の庭にある花や木は基本的に前の住人が残していってくれたものです。この花もその一つでどうやらこれはバラ、『原種』に近い品種らしいです。(なおご覧のとおり私の園芸知識はバラを『どうやら』とか言っちゃうレベルです)今年は夏が遅かったせいか…08月10日 05時25分
  • 正解発表ガチョウランウェイ添え
    さて、昨日のクイズ:これはいったい何でしょう。正解は!ガチョウ用の足環でした。そろそろこういう物を使用しないと大ガチョウ(生後2年目以上)とちびガチョウ(本年初夏生まれ)の見分けがつかなくなる予感がしまして。いや、本当に彼らの成長速度はす…08月09日 08時09分
  • 盛夏のクイズの時間です
    嫌だなあNorizoさん、『盛夏』は立秋以降は使わないんですよ、とか薀蓄を垂れたいお年頃のそこの君!だって先週はわが家の周辺は連日雨だったんだぞ!その前の週もずっと雨だったんだぞ!今日は久しぶりに太陽が空に顔を出してくれたの、気温も18度…08月08日 08時08分
  • 雄鶏、男の技量
    里子ヒナが無事に大きくなっているのはひとえに里親メンドリの見事な手腕のおかげなのですが、その一方でわが家の6羽のメンドリ(里親メンドリを含む)を統括している雄鶏氏の手腕も見逃せないと思うわけです。男1羽に女が6羽、どこをどう見ても文句なし…08月07日 01時27分
  • ラベンダーと猫と恐竜
    おかげさまで里子ガチョウたちは里親メンドリの背丈をすでに追い越し毎日元気に庭で乱暴狼藉を働いて先日は私の虎の子ラベンダーのやっとついた花部分を面白半分に引きむしる、という高等いやがらせ技術を披露してくれました。あいつら・・・ラベンダーの鉢…08月06日 01時16分
  • 逃走泥棒とグースベリーフール
    我が家の庭に泥棒が出ました。果物盗人の侵入を防ぐためグースベリー(セイヨウスグリ)の周辺に張ってあった網をくぐり抜け夏の僥倖、緑の大真珠を思うさま貪りたかった、というのが犯行動機であると推察されておりますが、犯人は侵入にこそ成功したものの…08月05日 01時07分
  • グースベリー丸飲み利権
    庭の片隅にはえているグースベリー(和名『セイヨウスグリ』)はまさに今が収穫時。しかしこの作業がなかなかに苦痛を伴うものでして、吸血虫ミッジ(和名『ヌカカ』)に顔だの首だのちゅうちゅうと噛みつかれてしまうのは言うまでもなく、グースベリーそれ…08月04日 02時53分
  • 夏の庭の危険人物(電波系)
    もったいない精神から生け花活動に力を入れている今日この頃の私ですが、世の中には切り花に向いている花と向いていない花があるものでございます。ユリなんかは比較的室内にお迎えしやすい花ですね。茎がしっかりしているからぱちっと切れてくれるし適当に…08月03日 01時45分
  • 花のある生活の裏事情
    わが家は現在花盛り・・・というと言いすぎですが、ここにきてやっと庭の花が悠然と咲き始めてくれました。よかった・・・花咲く季節、つまり花が開く決意を固めるだけの陽光と気温のある日々がわが家を訪れてくれて本当によかった・・・!今年はもう夏なし…08月02日 01時43分
  • 真夏の夜のクチビルお化け
    月がきれいな夜だったので夫(英国人)と散策に出かけました。もちろん途中から雨が降り始めたのですが雨を気にして予定を立てていたらスコットランドでは基本的に何も出来なかったりするのだよ!屋外活動に雨など関係ない!どうせ足元のお洒落は最初から長…08月01日 00時03分
  • ミッジ、情熱の接吻
    え?今日で7月終了?・・・何かの間違いではなくて・・・?ともあれ、吸血虫ミッジ(Midge、和名『ヌカカ』)のミッジによるミッジのための集会、『国際ミッジ・フェスティバル』は現在も我が家の前庭で朝から晩まで大盛況開催中です。私も近頃は庭仕…07月31日 05時48分
  • 醜聞議員のスキャンダル詳細
    時事ネタの鮮度が遅いのは当ブログのお約束でもあるのですが、皆様お聞きになりましたか、英国上院議員セウェル(Lord Sewel)氏の醜聞辞任の件。数日前、ラジオでこのニュースの第一報を耳にしたわが夫(英国人)は満面の笑みを浮かべて私に駆け…07月30日 05時53分
  • 南ア紳士の慈愛と悟り
    南アフリカから短期出張でスコットランドにいらした紳士と立ち話をする機会がありました。「前もって聞いてはいたんですけどスコットランドって本当に雨がちなんですね、そして寒いんですね、これで夏というのは本当の本当なんでしょうか」「本当に本当です…07月29日 02時16分
  • 包装をめぐる才能と絶望
    私はプレゼント包装が下手な人間です。ですが日本ではそれでもどうにかなっていたんです。だってちょっと洒落たお店で贈答目的っぽい何かを買えば店員さんがまず必ず「プレゼント用にお包みしますか?」って訊いてくれたじゃないですか。そこで笑顔で「はい…07月28日 02時00分
  • 洗礼式と最強うさぎ
    友人の子供の洗礼式にお呼ばれしました。「こういう場合の『お祝いの品』って何なんでしょうね?」と首を傾げるわが夫(英国人)。「そういうことは私よりも君が知っていてくれなくちゃ困るのだが。銀の匙・・・とかじゃないか?」「ああ、なるほど、じゃあ…07月27日 02時37分
  • FTの夢、和食屋の夢
    腹の傷を言い訳に散々朝寝を楽しんでいる昨今の私は当然のごとく午前6時の目覚まし代わりのラジオニュースを無視しています。ええ、毎朝。一方わが夫(英国人)は律儀に報道内容を確認しているようで「今日は君が面白がりそうな話がひとつありましたよ。経…07月26日 05時37分
  • 家出の技量と母の偉大さ
    ガチョウのヒナたちに脱走癖が出始めた、と昨日の記事でお伝えしましたが、あれは父母ガチョウの元で育っている5羽の話でございましてニワトリ夫人の元に里子に出ているヒナ2羽にはそうした傾向はみられません。里子ヒナ2羽は実は体が弱いのか、それとも…07月25日 02時04分
  • 不良ヒナ、家出の季節
    ガチョウのヒナたちはどんどん大きくなっています。「『醜いアヒルの子』と言われはじめた白鳥の子もきっとこんな感じだったんでしょうね」とは夫(英国人)の弁で、これまでヒナたちの体を覆っていた黄色いフワフワの毛の代わりに脂の輝きも目にまぶしい白…07月24日 01時09分
  • 奇跡のこぶパイ
    グースベリーはその後無事にパイになりました。パイの真ん中に刺さっている鳥は調理中にパイの中身から出る蒸気を外に出すためのものなのですが今回必要なかったです、はい私の作るパイ生地は顎の筋肉の鍛錬になることで有名なのですが今回は比較的『パイ生…07月23日 02時03分
  • ネットと怠惰妻、東芝と熱血夫
    インターネット環境、復活しました。ネットが使えなかった際の苦肉の策として7月10日以降、昨日までの記事はPCの『メモ帳』ソフト(?)を使って家でこそこそまとめて書いたものを山を下りた際にコピー&ペーストしネットに載せていたのですが、皆様、…07月22日 03時38分
  • バラと花と蛾と
    初バラが咲きました。開花が7月中旬というのはこれはどういうことなのか、バラというのは春の花ではないのか。去年の秋に見よう見まねでバラの剪定を行ったのですが、どうやら我が家にあるバラは『容赦なくハサミを入れられる』ことがお好みだったようで、…07月21日 02時47分
  • 父は強し、そして母も強し
    それはある日の夕方のことでした。ガチョウのヒナ2羽と彼らの面倒を見ている里親メンドリは前庭で3羽揃って仲良くおやつ(芝草)を食べておりました。前庭は野菜畑などの他の庭とはゲートで区切られておりまして、しかしこの日はゲートの閉じ方が甘かった…07月20日 02時32分
  • お父さんは武闘派心配性
    おかげさまでガチョウのヒナは全員すくすくと大きくなっております。この写真を撮ったのが今からだいたい2週間前。親子連れ立っての楽しいお散歩・・・の背後に見える怪しい鳥影。ええ、独身貴族の兄君ガチョウもこの小さな連中が気になる様子。特にヒナた…07月19日 02時13分
  • 東京おっさんレンタル業
    わが家で夏の休暇を取る種牡羊たちのことを最初に『おっさん』と呼んだのは私ですが、その言葉を気に入って使い続けているのはわが夫(英国人)。そんな夫がある日真面目な顔をして「『おっさん(Ossan)』という日本語は日本国外ではいったいどの程度…07月18日 01時49分
  • ネット納涼 おっさんヌーディ
    インターネットがまだ直らないのは想定の範囲内だとしても、ネット回線管理会社から1週間連絡がまったくなく、しかしここは英国日本と同じ基準のサービスを求めるのはそれは無理というもの、と己をなだめていたところに先方から爽やかに『今月のインターネ…07月17日 01時27分
  • 解答は花の香りとともに
    さあ、クイズの正解発表の時間です。問題:私が夫(英国人)の母上様からいただいたこれはいったい何でしょう?答え:草むしり用の膝パッド板※誤った使用例つまりですね、これを地べたに置きまして、その上に自分の膝をのせまして、で、思う存分周囲の草を…07月16日 02時43分
  • 夏だクイズだ怪談だ
    こんにちは、夏のクイズの時間です。先日夫(英国人)の母上、つまり私の義母からこのようなものをいただきました。さて、問題。これはいったい何でしょう。わかる人にはすぐわかると思うんですけどわからない人にはなかなかわからないとも思うんです。あ、…07月15日 02時17分
  • 男の一念 痩身決意
    諸般の事情により近頃体重が増加したわが夫(英国人)は現在減量に努めております。83キロという未知の領域に一気に突入したのが本人としては衝撃だったらしいのですが「でも君は元々むっちり系筋肉質だろ?以前は確かにもっと全体的にがっちりしていたか…07月14日 02時51分
  • 嵐の夜の濡れた駆け引き
    わが家のインターネット回線を完膚なきまでに破壊した嵐の日の話。その夜夫(英国人)がニワトリ小屋の戸締りをしに外に出ますと小屋の真ん中でガチョウの里子ヒナ2羽がぴいぴい不満の声をあげていたそうです。以前にも申し上げましたがこの2羽は里親メン…07月13日 02時34分
  • 文明の利器は私を駄目にする
    インターネットが使えなくなる、との事態が日々の生活にどう影響するのかと申しますととりあえず我が家は劇的にきれいになりました。主婦として減点というか落第確実な発言なのですがだって家事以外にすることがないんですもの!洗濯ものはすべてアイロン仕…07月12日 02時23分
  • もう夫を信頼できない
    この「もう夫を信頼できない」はわが家のパラボラアンテナを夏の嵐が直撃した瞬間にまさに書き終えようとしていた記事でございます木々の緑は目に眩しく花々は軽やかに匂うものの大気中に悪夢の吸血虫ヌカカ(英名ミッジ、midge)が飛び交うが故おいそ…07月11日 11時07分
  • 言い訳フラストレーション
    2日半のご無沙汰でした。先日わが家に夏の嵐がやって来まして、空に雷はぴかぴか光るわ庭に水はどかどか溢れるわでなかなかに劇的な午後を楽しく過ごしたのですが・・・野郎、我が家のインターネット通信用パラボラアンテナをまた壊して行きましてね。ええ…07月10日 22時27分
  • 涙目!防虫(ヌカカ)対策!
    2015年国際ヌカカ・フェスティバルは本日も満員御礼大盛況、狂乱のお祭り開催会場よりお届けしますは『スコットランドひきこもり日記』・・・ええ、私はもう自棄です。意味がよくわからない方に説明しますとつまりわが庭では吸血虫ヌカカ(英名:ミッジ…07月08日 01時42分
  • 生きながら貪り食われて
    さて、われらの夢の新居は(夏でも)寒くて(構造上)暗くて(色々あって)臭くて(山奥だから)不便で、でも!でもね!素敵な庭がついているんです!・・・とまあそのようなことが私のこの春の心の支えというか現実逃避の足掛かりでございまして、ええ、ガ…07月07日 00時07分
  • 偉いぞ!里親メンドリ!防衛編
    里子であるガチョウのヒナに『ニワトリ的直線スプリント』を教授することには成功した凄腕トレーナーの里親メンドリ夫人ですが(この話の詳細は昨日の記事をご覧ください)、次の重要動作である『ニワトリ的垂直ジャンプ』はどうしても子供たちに伝授できな…07月06日 01時29分
  • 負けるな!里親メンドリ!躾編
    この春、ガチョウのヒナ2羽を里子としているニワトリ夫人。二足歩行のカッコウ野郎である私と夫(英国人)の鬼畜の所業(彼女の産んだニワトリたまごとガチョウのたまごをそっと入れ替え托卵を企んだ)(まさかのダジャレ)(・・・本当、すみません)のせ…07月05日 01時17分
  • 頑張れ!里親メンドリ!
    この春わが家で生まれたガチョウのヒナ7羽のうち2羽はニワトリ小屋の雌鶏夫人に里子として出されています。ガチョウとニワトリではその生まれ持っての性質にかなりの隔たりがあるもの、里親メンドリ夫人ははたして無事に2羽を育てられるのか・・・我々の…07月04日 01時40分
  • こんなに大きくなりました
    この春のわが家に大騒動をもたらした小さいガチョウのヒナたちは現在ここまで大きくなりました。全身のフワフワ感は以前とそれほど変わらないとは思うのですがあの目の覚めるような黄色はもはや面影もないというか・・・そして体格も当初の『ひよこ体型』か…07月03日 01時43分
  • 棄てられた子、還っていった子
    ガチョウのヒナ6号(里親ニワトリ夫人のお腹の下で孵化した子)が実の親であるガチョウ夫妻に見捨てられ、結果、ニワトリ夫人の元に再び引き取られることが決まったその日の夕方。しのつく雨の中ガチョウ小屋の戸締りに行きました。私と夫(英国人)の姿を…07月02日 02時54分
  • フワフワ6号の悲劇
    母ガチョウに邪険にされながらもヒナ6号(ニワトリ夫人のお腹の下で孵化した子)が懸命に家族の輪に溶け込もうと努力を開始したその翌日、スコットランドでは雨が降りました。ガチョウは水鳥ではありますが、生まれてまだ日の浅いヒナの場合体が水に濡れて…07月01日 01時07分