パリ、東京 L'ambiance

登録ID
680346
サイト名称
パリ、東京 L'ambiance
URL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/
紹介文
フランス旅行情報中心につづる徒然 フランス旅行、フランス、パリ、日本の日常、非日常モノローグ
カテゴリ
  • パリ (20%) - 7 / 45人中
  • フランス旅行 (80%) - 1 / 91人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • Place Diaghilev ディアギルヴ広場
    オペラ座の真裏である。ギャルリー・ラファイエットの目の前である。スターリンゴシックとはいかないまでも、パリにしては、随分とごつい感じの建物が、向かい合わせに並んでいる。壁のようだが、中は、外観とはずいぶん違う雰囲気である。中は、アールヌーヴ…06月24日 11時34分
  • カルロヴォ広場からスパーレナー通りを望む
    買い物をして帰ろうと、ナーロドゥニー・トゥジーダの駅へ向かう。その途中のカルロヴォ広場付近も、トラム銀座。坂道を上がって来るトラムは、いいですね。いや、下ってゆくのも。特に何かがあるってわけじゃない風景の方が、かえってその街らしい画になりや…06月23日 11時52分
  • シェルブールの丘の上の広告
    ようやく、頂上の要塞らしきものが見えてきた。その壁に、巨大な広告?が。どうやら、一番右は、シェルブールの雨傘のシーン。2013年の50周年記念企画の案内ですね。Musée de la Libérationという博物館の展示案内のようですね。…06月22日 11時47分
  • Boulangerie Martin ブーランジュリー・マルタン
    サンルイ島のパン屋に再び。といっても、今度は、サン・ルイ・アン・リル通りにあるパン屋さん。近所には、アイスクリーム屋のベルティヨンがあるから、そこで買ってアイスを食べるお客さんが大勢歩いている。ここで、いつものように、パン・オ・ショコラとパ…06月21日 11時07分
  • カタール航空でパリへ行4
    待合室の外に停まっている飛行機を撮影している人がパラパラいた。何かと思ってみてみたら、エアバスA380ではないですか。見るのも初めてだったので、待合室越しに一枚。待合室内に入ると、お隣の飛行機は、またしても、A380。至近距離で撮れるので、…06月20日 11時55分
  • シャンティイ城 コンデ家の紋章
    シャンティイ城の図書館。ここは、この城の中で、最も好きな部屋かもしれない。本がぎっしり並ぶこともそうだが、他に比べて、大きすぎないことがいい。もっとも、自分の家には、こんな大きな部屋はないですがね。そこに、紋章を見つけた。ゴブラン織りなのか…06月19日 11時13分
  • ドゥオーモの扉
    遠目に見ていたら、唐草模様の扉のように見えていたが、近くで見てみたたら。なんですかね、ステンドグラスの彫刻版。アイコンの連続が扉になっているんですね。こうした、絵やステンドグラスに見られる題材は、どういう意味合いを持つのかはわかりませんが、…06月18日 11時03分
  • オペラ座の船
    オペラ座の裏手の建物は、ギャルリー・ラファイットである。特徴的なオブジェがオペラ座の壁にくっついている。パリの紋章は船。これも、どうみても船。だが、トゲトゲだけは、紋章と違う。鳥なんかが留まって、糞だらけになるのを避けるためですかね?オペラ…06月17日 11時30分
  • プラハ レスス通りから聖イグナチオ教会
    ダンシングビルで疲れきった後、宿へ戻る途中。教会とトラムというネタで、一枚撮ろうと思ったのだが、トラムは待ってはくれませんね。車の屋根から、欠けたトラムまで、バランスの悪い写真です。教会の上の像周りの輝く光の表現が、なかなか印象的。06月16日 11時55分
  • アンパスにはレトロがよく似合う Impasse Deligny ドゥリニー袋小路
    この袋小路へ行くには、Passage Pouchetという、パサージュへ行かねばならない。その途中を折れると現れるラビリンス。まるで、探し求めていた秘境の風景に突然出会うがごとく、緑の小路は現れる。赤い可愛らしい車が停まってますけど、こんな…06月15日 11時42分
  • ルゲイ・ショックのヴィエノワズリーダマンドとショッソン・オ・ポム
    再び、黄色いパン屋、ルゲイショックへ。ヴィエノワズリー・ダマンドは、グニャリ系とカリカリ系に分かれるが、ここは、カリカリ系系統である。カリカリ系といっても、カリカリしているわけじゃないけど、ビスケットのように固い周りの一部分とパン部分から構…06月14日 11時00分
  • カタール航空でパリへ行3
    カタールのドーハの国際空港は近代的である。まあ、世界中どこもそうであるが、ここは、結構シンプルだった。どんどん拡張されているのかどうか?以前は、搭乗するのに、バスにずいぶん乗ったという話を聞いていたが、今回は、そういうことはなく、スムーズに…06月13日 11時43分
  • シャンティイ ノートルダム・ドゥ・ラソンプション教会
    シャンティイ駅から、サンリス行きのバスが出ているが、それに乗ると、シャンティイ城へもバスで行ける。シャンティイ城へは、その手前にある教会の前で降りるのだが、その教会がここだ。この教会は、この裏にある、大厩舎の馬の博物館とつながっているようで…06月12日 11時12分
  • ミラノのピザ屋
    ミラノのスポンティーニというピザ屋さんに以前行ったときにおいしかった記憶がある。再び訪れたミラノの駅前には、そのピザ屋の店舗ができていた。で、買って、立ち食いしたわけだけども、そんなに、ピザ好きなわけじゃないから、何枚も滞在中に食うことはな…06月11日 11時26分
  • ノートルダム寺院のミサ
    たまたま訪れたら、ちょうど、ミサの時間だった。係員が、どいてどいて!と制していると、お香の煙を撒きつつ、行列がやってきた。そして、ミサが始まった。ミサは、ロンドンのテロに触れたことと、フラテルニテ(友愛、博愛)ぐらいしか聞き取れなかったが、…06月10日 12時58分
  • プラハ ダンシングビル前にて
    長らく待った挙句、ダンシングビルとトラムの写真は、この程度であった。古いトラムがやってくるのを待っていたのだが、なかなか現れず、あきらめかけると通り過ぎてゆくという悪循環。本当は、向こうからやってくる古いトラムを待つべきだったんですが、つい…06月09日 11時16分
  • Jardin Paul-Didier ポール・ディディエ庭園とパリ環状廃線プティ…
    プティットサンチュールの線路が見えるところまでやってきて一枚。落書きと、廃線線路は、もはやセットに近い。背後のアパート群も古いけれど、このアパートを背景にしながら、列車が疾駆していたんですかね?そんなノスタルジーな風景を頭の中で想像しながら…06月08日 11時11分
  • ヤニック・マルタンのヴィエノワズリーなど
    日本人だけによく訪れるピラミッド界隈。昼は、チュイルリーでパンを、となるために、ここへまた訪れることに。公園だけに、肥料の香りで、厳しかったので、何とか、匂いに悩まされない場所をさがして、さあ、お昼。ヴィエノワズリー・シュイス。スイスだけに…06月07日 11時15分
  • カタール航空でパリへ行2
    ドーハに到着した。マスコットである熊を撮っていると、ラマダン・ムバラクの文字が。丁度、この日から、ラマダンが始まったようなのだ。ラマダン・おめでとうの意味なのだそうだ。06月06日 11時55分
  • フランスのダービーことジョッキークラブ賞
    シャンティイといえば、フランスの3歳馬の頂点、ダービー、オークスを行う競馬場として有名だ。なにしろ、競馬の町。今回は、久々に、ダービーであるジョッキークラブ賞を見に行った。その前に、お城見学をしたのだが、これはまた、人人人。競馬があるからで…06月05日 14時39分
  • パリオリンピック2024へ モンパルナスタワー
    アンヴァリッドへ。ナポレオン詣してきました。いやいや、ヴォーバン詣もしてきました。なにって、明日は、仏ダービーである、ジョッキークラブ賞ですからね。勝ちたい!入場料は、お賽銭ですよ。その帰り、何やら、モンパルナスタワーにデザインされていると…06月04日 11時25分
  • Legay Choc ルゲイ・ショックのパン・オ・ショコラとパン・オ・レザン
    黄色いショッキングなデザインで人目を惹くパン屋さん。こちらも、名の通りショッキングに変えたのかもしれません。名前もウェブ上でちらほら見かけるし、BHVなどでお買い物ついでに、こちらへ足を延ばしてみる。界隈は、観光客も買い物に来るエリアである…06月03日 15時13分
  • スミュール・アン・ノクソワの白い馬
    スミュール・アン・ノクソワ。少なくとも、バスの中のアナウンスはそういっているように聞こえたので、スミュール・アン・オーソワや、スミュール・アン・ノーソワではなく、スミュール・アン・ノクソワに統一。で、指輪祭りは、馬のレースなのだが、街外を歩…06月02日 11時50分
  • スミュール・アン・ノーソワの指輪祭り
    この美しい街で、毎年5月末から6月にかけて行われる指輪祭り。フェット・ドゥ・ラ・バーグ。Fete de la Bagueその、メインイベントも言うべき、フランスで最も古い競馬が開催される。勝手に、女性ジョッキーだけが参加するのだと思っていま…06月01日 13時55分
  • サンルイ島のパン屋 Boulangerie des Deux Ponts
    散策中に立ち寄った、サンルイ島のパン屋さん。マリー橋からすぐ。Rue des Deux Ponts、ドゥーポン通りにある。パン・オ・ショコラは、ちと大きめなサイズ。パン・オ・レザンは、しっとりとした感じ。どちらも、パリのパン屋さんらしい、こ…05月31日 14時08分
  • カタール航空でパリへ行く1
    成田発ドーハ行き。20分ほど、出発が早まった。ソウルや北京の上空を飛んで、パキスタンあたりからドーハへ。そんなルートと思いきや、上海から、カルカッタへ向かい、カラチ、ドバイと通過していった。北朝鮮ミサイルの問題からかもしれませんね。さて、ボ…05月30日 11時49分
  • サンフロモンの修道院近景
    朝早いからなのか?古い建物だからなのか?この時点で中へ入ることはかなわなかった。そとから、その広大な敷地をバックに鎮座する教会を撮る。それにしてもね、背後の敷地の広さはなかなか。往時、ここにいろいろ施設あったんですかね?05月29日 21時49分
  • ドゥオーモのステンドグラス 新古
    一枚のガラス板に何色もの色が使われいて、それの組み合わせになっているものが新しい時代。一枚一枚、色が違うのが、古い時代。そう聞いたような気がするのだが、もう、記憶は確かではない。ただ、その記憶であっているのだろう?と思いつつ、じゃあ、これが…05月25日 11時09分
  • オペラ座のネームプレート
    ルソーと書かれている。ルソーというとね、3人がごっちゃになります。一人は、画家のテオドール・ルソー。一人は、画家のアンリ・ルソー。もうひとりは、思想家のジャン・ジャック・ルソー。生没年が記されているから、ジャン・ジャック・ルソーのことですね…05月24日 11時03分
  • ダンシングビルとトラムを撮ってしまった
    これが、撮ってしまった写真。撮ってしまったので、納得するまで、ここに延々といる羽目に。結局気に入った写真は撮れないんですけどね。最後、最後といっているうちに。05月23日 11時35分
  • Jardin Paul-Didier ポール・ディディエ庭園とパリ環状廃線プティ…
    パリの公園と、パリ環状廃線のプティットサンテュールは、並列して存在していることが多い。ここも、その一つ。並列というか、住宅と廃線の間の隙間を公園で埋めた感じもする。スラム化しても困るしね。さて、その、廃線の反対側には、大きなアパート群が。こ…05月22日 11時13分
  • Rue Hermel エルメル通りの終点
    以前18区役所脇を登る坂道の雰囲気を載せたことのある通りである。もう一つ、気に入った風景があったので一枚。通りの向こうが蓋されている感じである。このエルメル通りが、モンマルトルの丘の中腹で終わる部分だ。モンマルトルの丘の中腹を取り囲む通りの…05月21日 21時58分
  • シェルブールの丘の上へ
    駅をスタートし、崖の合間を貫けて登ってゆく。どこか、日本的だが、このカーブを見れば、箱根駅伝を思い出す。海が近いと、植生が日本と近いんですかね?ある程度登ってくると、眼下を見下ろせる。目的地が見えるか、風景がよくなるという、飴がなければ、な…05月20日 11時37分
  • サンフロモン修道院前にて
    早朝、修道院前に到達した。道路わきから、公園のようなところに入ると、緑の向こうに修道院が見える。この緑からは、通り挟んであるのだが、ここは公園なのか?どこかの施設の前庭なのか?まあ、田舎に来ると、そういう、敷居は存在が薄くなる。画が詩的で、…05月19日 11時10分
  • ナヴィリオ運河とトラム
    ナヴィリオ運河の入り口をトラムが通っているが、運河の途中も、トラムが越えてゆく。遠くに走る、運河を越えるトラムを入れながら、望遠で撮ってみる。随分と向こうを走っているはずのトラムが、まるで、少し先を通っているかのような写真になった。デジカメ…05月18日 18時24分
  • オペラ座の脇から
    道具を搬入する入り口だったのか?中で持ち上げなくていいですものね。いやいや、ここは、馬車でオペラ座に乗り付ける場所だったんですかね?とても裏口には見えない装飾ですし。ここは、おそらく、フォンテーヌブローの馬蹄型階段と同じように作られたアプロ…05月17日 11時27分
  • イエラースクーフ橋からみるプラハ城
    この、何々橋から見るプラハ城というシリーズは、橋の本数だけある。このさらに上流からも撮っているが、このあたりから見るのが、風景的にはおさまりがよい。カレル橋もいいけれど、やはり、人が多すぎると落ち着かない。この橋からだと、心も落ち着いて撮れ…05月16日 11時55分
  • Jardin Paul-Didier ポール・ディディエ庭園 テーブル
    公園や広場に、チェス盤があることは多い。チェス盤以外なら、卓球台だ。卓球王国であることは聞いたことがないですがね。もっとも、コンクリートの卓球台では、球が相当に跳ねそうですが。チェスのマス目は、地面だったり、テーブルだったり。やっている人を…05月15日 11時17分
  • Rue du Baigneur ベニュー通りの建築と花
    パリの建物の多くは、古いといっても約100年。それ以前のものは、あまりない。だが、その100年前、結構、建築家の皆さんが、こぞって、いろんな建築をやっている。窓辺のゼラニウムを撮ろうと思ったら、その奥に、建築家の名前が見える。1907年建築…05月14日 17時03分
  • シェルブールの丘へ
    断崖絶壁の裏側に、港町がある。そんな雰囲気だ。駅の背後には、崖がそびえる。その崖上へ行ってみようというのだ。なにしろ、もらった地図には、道がある。じゃあ、登れるわけだし、登ったら、町一望は想像に難くない。一路、崖上を目指します。なんだか、日…05月13日 11時23分
  • Rue de l'Abbaye サンフロモン 修道院通り
    その名の通り、修道院へ向かう一本道。名前的にも、間違いないし、あっさりと、正面に見えてきた修道院。サン・ジャン・ドゥ・ダイから、ずいぶんと歩いてきましたが、1時間弱で到着。目標は見えてますし、まだ起きてから、体の元気な時。全く疲れずに到着。…05月12日 11時22分
  • ドゥオーモのステンドグラス2
    巨大なステンドグラスばかりみていたら、普通サイズのステンドグラスがすごく新鮮に見えた。これでも、十分大きなものかもしれないが、ここでは、巨大なものばかり見てきたからね。あまりに巨大だと、圧倒され、巨大な力や、権力、そういうパワー的なものは感…05月11日 11時22分
  • オペラ座の脇にて
    オペラ座の中へ入ったことはない。ウィーンのオペラ座も、ミラノのスカラ座も入ったのだが、一番長い滞在期間のあるパリではないのである。シャルルガルニエという人が考えた建物だ。この人は、いわゆる、幕末のひとである。江戸時代に生まれ、そして、明治時…05月10日 11時07分
  • ダンシングビル 近景 イエラースクーフ橋から
    随分と近づいてきたので、もう一枚橋の上から。もらった地図なんかでみると、あたかも、古い建物の中に、ニョキッと異質なものが建っていうrのかと思ったが、不思議と、街に溶け込んでますね。おそらく、窓のサイズtか、建物のサイズとか、建物の壁の色その…05月09日 11時12分
  • Rue Paul Bodin ポール・ボダン通りからみるエッフェル塔
    写真を撮った立ち位置は、エルネスト・グアン公園前のエルネスト・グアン通りからである。ポール・ボダン通り越しであるが、一瞬の見えた瞬間に、そこから写真を撮っておく。実際に見えている左の建物は、Rue Bernard Buffetベルナール・ビ…05月08日 11時12分
  • Rue du Baigneur ベニャー通りのガレージの青
    この通りの入り口には先週載せた青い壁画もあるのだが、同じブルーのガレージ扉もある。現代建築の建物下にあるのだから、車用であろうけれど、田舎にいくと、おそらく馬車用でしょうというようなガレージもある。当然、扉はデカく、多くは、白だったり、青だ…05月07日 11時37分
  • シェルブール駅のホームにて
    再び、シェルブール駅へやってきた。このところ、バスで、周遊していたので、駅は、到着した日以来である。今回は、シェルブール駅を見下ろす丘の上に上ることが目的だったが、せっかくなので、一枚とってから。ここは、シェルブールの雨傘のカトリーヌ・ドヌ…05月06日 11時41分
  • サンフロモン修道院遠景
    近道をしようと歩いてゆくと、一戸建ての並ぶエリアに入った。新しい家のようだが、家の向こうは、畑で、ショートカットなどはできなかった。ただ、そこからは、畑越しに、修道院が見える。一枚、朝もやに煙る修道院を。05月05日 11時54分
  • ナヴィリオ運河の線路
    馬車が運搬し、鉄道が取って代われれ、それを、再び車が奪い返した。鉄道と違って、自由に道を行き来できるからね。これが、トラムの線路なのか?わかりませんが、すぐ近くを、トラムも旧国鉄も通っている。ミラノ市内とその近所へは鉄道。運河を通って、海へ…05月04日 11時39分
  • Rue Auber オーベール通りとRue Scribeスクリブ通りの交差点にて
    オペラ座を正面から見ることは、結構多い。日本食を食べに行くのも、本屋へ行くのも、パレロワイヤルからピラミッド界隈へ出没するためでもある。もっとも、最近は、ユニクロがスクリブ通りにできたから、裏手のオペラ座を見る機会も増えた。デパートでお買い…05月03日 11時31分
  • イエラースクーフ橋からヴィシェフラット方向を望む
    川の上流、南側を橋の上から望む。古い市内にはない、高い建物があるんですね。その、高層ビルの上を行くのが、教会の尖塔。ヴィシェフラットのエリア。丘の上の、聖ペテロ・パウロ教会だろう。一枚撮ったのだが、橋の上に、トラムがやってくるのを待って、も…05月02日 11時19分
  • Square Ernest-Gouin エルネスト・グアン広場
    パリ17区。パリ市の最西北端付近にある公園。何の変哲もなく、緑が多いわけでもない、広場のような公園だ。たしかに、スカールSquareとなってますしね。日本なら、ここで、ゴムボールとプラスチックバットで野球をやっていたような公園である。真ん中…05月01日 11時34分