パリ、東京 L'ambiance

登録ID
680346
サイト名称
パリ、東京 L'ambiance
URL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/
紹介文
フランス旅行情報中心につづる徒然 フランス旅行、フランス、パリ、日本の日常、非日常モノローグ
カテゴリ
  • パリ (20%) - 5 / 51人中
  • フランス旅行 (80%) - 1 / 97人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • カクテルのキールとは
    急坂を登って、教会の前付近へ近づくと、1軒の家の壁にプレートが。まあ、そこそこの有名人の生家であったり、終の棲家であったりすることは多い。とはいっても、大抵は知らない人。だから、写真を撮っておいて、後で、どんな人か調べておく。そんなつもりで…10月17日 11時10分
  • シャンティイ城 メッソニエ 馬の絵
    シャンティ城にある絵であるから、この城に関係した一族の肖像画や、その人たちが集めた絵があるわけだ。だが、ここは当然、馬の絵もあるに違いない。果たして、馬の絵があった。写真撮っておけば、後で、だれが馬の絵を描いているか記憶をたどることもできる…10月16日 11時51分
  • ナヴィリオ運河のベランダ
    ぶら下がっているのは、じょうろですかね?色とりどりのじょうろを蜂に見たてて、所狭しとカラフルに飾る。欧州らしいベランダですね。ふと目に留まる場所に一つの色的な、日本のような美とは、真反対ですね。これが日本なら、鉢が落ちないか?物が落ちないか…10月15日 23時32分
  • 中国国際航空でパリへ行く第3弾2
    北京での乗換シーンである。歩いてくると、トランスファーデスクに列が。並ぶのか?前は並ばずに、行ったのだけどなぁなど思いながら、列に並ぶ。どうも様子がおかしい。果たして、列の一番前のあたりの掲示板に、「搭乗券のある人は、左へGo!」となってい…10月14日 17時57分
  • Jugoslavska ユーゴスラヴィア通り
    ユーゴスラーフスカー。ユーゴスラヴィア通りという名前でいいのだろう。よく使っていたIPパヴロヴァの駅から見えていた聖リュドミラ教会。その前から、IPパヴロヴァの駅、その先のヴルタヴァ川方向の下り坂を望む。遠くに見える丘は、ヴルタヴァの向こう…10月13日 11時37分
  • シェルブール港の夜景
    どうやって撮るのがいいのか?シャッタースピードを変えて、欄干に置いたカメラで撮ってみた。シャッタースピードを遅くすると、水面の揺れがなだらかになり、光は、星マークに輝く。シャッタースピードを速くすると、水面のゆれははっきりして、ライトは小さ…10月12日 11時44分
  • グレーニュ競馬場への道2
    歩いていると、馬運車が走ってゆく。日本では、大きな何頭も積める馬運車が多いが、フランスは、土地が平たんで、あちらこちらに行きやすい、小回りの利く小型馬運車が多いようだ。1頭、2頭連れて、平たんなフランスのあちらこちらへスイスイと出かけていく…10月11日 11時11分
  • アリーズ・サント・レーヌ村を歩く
    いやぁ、うまく撮れました。スキー場や山道で、どれだけ大変な坂道かを説明したくて写真を撮るのですが、どれもこれも。平たんに見えちゃうか、登りだか、下りだか、それもわからなくなったり。そういえば、中央高速を走っていた時、あまりの坂道続きで、運転…10月10日 11時25分
  • ニンニクのマヨネーズとアイオリ
    マルセイユに来て、もっともスーパーで買いたかったものが、アイオリだ。だが、最初のスーパーでは、見つけることができない。なんとか、ニンニク入りのマヨネースは手に入れた。これは、いわゆる欧州マヨネーズであるから、日本のものと違って、酸っぱくない…10月09日 11時46分
  • マルセイユ石鹸を使ってみる
    欧州の宿の場合、ホテルならともかく、アパートタイプの宿は、あれがない、これがないは結構多い。キッチンはあるけど、鍋もフライパンもない。トイレットペーパーが最初からない。食器洗剤がない。スポンジがない。包丁がない。カップがない。シャンプー、リ…10月08日 11時05分
  • マルセイユでクロカントを食らう
    これも地元のビスケットのようだ。そう思って買うと、果たして、南仏のビスケットであった。クロカント。ペリゴール地方、プロヴァンス地方などの食べ物らしいが、地方地方で多少違うらしい。買ったのが、マルセイユのスーパーであるが、マルセイユのクロカン…10月07日 11時34分
  • スープ・ドゥ・ポワッソンを飲む
    レストランのブイヤベースは高いけど、スープ・ドゥ・ポワッソンなら食べられる。超高級店なら、何度もこした、透明感あふれるスープ・ドゥ・ポワッソンになるが、普通は、ゴロゴロ魚感の残るやつだ。それが、なんと、スーパーでビン詰めで売っていた。種類も…10月06日 11時15分
  • マルセイユボレリ競馬場のお昼ご飯
    競馬場飯南仏版である。競馬場で食べると決めているから、遅起きの場合、なにも食っていかない。そうしなければ、言葉通じないトラブルで食べすぎてしまったり、あれもこれも食いたくて、食べ過ぎてしまったりするからだ。マルセイユボレリの競馬場は、普通午…10月05日 11時42分
  • ナヴェット・ドゥ・プロヴァンス
    マルセイユといえば、ブイヤベース。ブイヤベースといえば、マルセイユ。別に魚介好きじゃないからね。なんとか、ケーキとかパンとか、スイーツはないものか?カリソンは前に食べたし、そんなに好きでもないから、他に何かないのか?と、スーパーへ。ナヴェッ…10月04日 11時11分
  • マルセイユ旧港にて
    ほぼ20年ぶりに、マルセイユにやってきました。大きく街の風景が変わったとは思いませんが、こんなに地下鉄が便利だったかな?と思うことですね。しゃがれ声のフランス語が似合う港町。旧港の地下鉄の出口で黄昏る少年たち。物はできても、人はそんなに変わ…10月03日 11時44分
  • シャンティイ競馬場の2017年凱旋門賞
    今年も10月第一日曜がやってまいりました。日本の馬も挑戦し、日本でも馬券が売られ、日本からは団体さんもいらっしゃるということで、なんだか、今年は、随分と日本の方が多い競馬場だった気がします。ロンシャン競馬場が改装中で、シャンティイで行われる…10月02日 23時59分
  • バスク風鶏肉 Poulet Basquaise
    北駅付近で何か食べるものないか?そういう話になって、気になっていた、バスクのカフェに入ってみた。バスクのチェリー入りビールを飲み、そして、Poulet Basquaiseプレ・バスケーズを食べてみた。バスクのカフェなので、バスクらしいものを…10月01日 11時56分
  • ラ・パヌティエールLa Panetièreのパン
    パン屋さんの情報は古いので、今も、この名のパン屋さんなのかわからないが、パン屋は、閉店しても、大抵そこに、新しいパン屋さんができる。パン屋を開業するのに必要な機材、場所、そして、大事な顧客というのは、元の店の場所に入るのが一番だからなのだろ…09月30日 15時36分
  • カルロヴィヴァリ競馬場にて
    いやぁ、高熱になりまして、右腕が、まったくあがらなくなりまして。そんな状況のなか、カルロヴィヴァリまで、片道3時間近くかけて行ってまいりました。さらに町から、歩いて1時間。きっと、調子よければ、もうちょっと早かったかな?で、熱もあって、寒い…09月29日 23時23分
  • プラハのケーキ Pražský koláč プラシュスキー・コラーチュ
    プラハのケーキといえば、プラハのケーキですね。その名も、Pražský koláč プラシュスキー・コラーチュ。直訳、プラハのケーキ。どう見ても、菓子パンです。スーパーのパンコーナーに売ってる、甘い系が並ぶところにあります。ポーランドのポン…09月28日 11時17分
  • チェコポーランド合作の食事
    プラハのスーパーで買ってきたパン。レシートからは、žitný chléb s celozrnný kvasový.と思われる。どうやら、全粒粉のライ麦パンだ。125円ぐらい。これに、ワルシャワのスーパーで買ってきたハチミツ。読んだごとく、ア…09月27日 11時03分
  • ぷらはの競馬場にて、飲み食い
    このブルチャークという飲み物。Burcak。若い発酵中のワイン。モラヴィア地方。たしか、ウィーンでもそんなものが飲めるなんて、随分前に聞いたことがあったから、それと同じようなものだろう。そうおもったら、果たしてそうだった。そういう習慣が、欧…09月26日 11時37分
  • プラハの競馬場で
    さて、今回の旅は、食うか、競馬するかどちらかである。競馬場でも、競馬の始まる前、合間に、屋台を物色する。B級グルメは、日本でも、世界中どこでも常に競馬場には存在してきた。おそらく、競馬の歴史と共にB級グルメも300年間過ぎしてきたに違いない…09月25日 11時07分
  • ピエルニクとペルニーク
    ワルシャワからプラハへやってきました。夜行に乗るので、食料を調達しておこうと、駅前のスーパーへ。ショッピングセンターの地下に、カルフールが入っている。そこへ。トルンへは行っていないのだが、つまみにちょうどいいと買った。ポーランドでは食べてな…09月24日 15時43分
  • チーズケーキ大国のセルニークを食らう
    何も知らない私は、チーズケーキがポーランド発祥という話があることを、出発直前に知った。チーズケーキ好きではないが、甘党である。まあ、アンコが一番ではあるけれどね。さて、セルニクは、ハラコピンスカのお菓子屋さんには、2種類あった。一つ目に選ん…09月23日 22時30分
  • マーケットのハムとチーズとパンでサンドイッチを
    フランスでもよくみる、ハムとチーズのサンドイッチである。ポーランド語の先生に、アパート泊まって、食事安く済ますとして、何食えばおいしい?と聞いてみた。すると、ハムとチーズがおいしいよ!といわれたので、いわゆる、マーケットのハムコーナーとチー…09月22日 11時24分
  • ワルシャワ西駅のパン屋にて
    朝飯を食いたい。電車で遠出する前に、サクッと買える。美味しそうにパンの並ぶ西駅地下道なんだが、我慢しきれずに買った。アンドーナツみたいな、中にはクリームちょっとはいってましたけど、これ、ポンチュキってやつなのかもしれません。なにしろ、1.6…09月21日 11時29分
  • ポーランドの競馬場でお昼を食らう
    たどり着いた競馬場。馬券も買い、写真も撮って、どうにか人心地。腹が減る。そうは言っても、言葉ができぬ中、ようやく、入場券、プログラム、馬券を買ったところ。難しいことは、避けたい気分。幸いに、ホットドッグは10ズウォティのようだ。でも、他のも…09月20日 11時20分
  • ワルシャワのショッピングセンターでパンを
    ワルシャワに着いた。寒い。半袖の若者もいるけど、ダウンの人もいる。競馬場に出かける前に、羽織るものをと思って、ショッピングセンターへ出かけてみた。安かったら、買おう。でも、気に入らなければ、あきらめようである。値段は、日本とそんなに変わんな…09月19日 17時40分
  • 妖精より多い?コンビニZABKAでおにぎりを買うinヴロツワフ
    なんだか、よく見かけるなぁと思った店。ZABKAジャブカ何の店だか、後で、調べてみようなんて程度のつもりで、写真を撮っておいた。街の写真を取りながら、そのデジカメを記録紙としても使うから、いろんな写真が混ぜこぜになるのだが、時系列に並んでい…09月18日 15時53分
  • ワルシャワのトラムの色
    トラムといい、バスといい、この町の公共交通機関は、なんとも派手なカラー。これ、ワルシャワ市の色なんですね。トラムの中も、同じ色合いでした。どこ製かわからないのですが、最新トラムは、液晶表示で、次の駅や、今どのあたりを走っているかの路線図があ…09月17日 11時56分
  • 中国国際航空でパリへ行く第3弾1
    エアチャイナは中国でチャイナエアラインは台湾ということで、ちょっとややこしい。今回は、安いチケットが、航空会社のHPで見つかったので、中国国際航空で行くことに。といっても、まずは、羽田から北京経由でワルシャワへ行き、チェコへ夜行で移動し、空…09月16日 11時19分
  • 聖リュドミラ教会
    ミール広場にたつ聖リュドミラ教会。遠くから見ると、日本の尖塔がとても印象的。個人的には、目の前よりも、プラハの町の向こうに見えるというシチュエーションの方が好きかな?名前は、カトリック教会としか、知らないで訪れたのだが、聖リュドミラ教会とい…09月15日 11時22分
  • シェルブール コメディ通り
    宿でトラブったシェルブール。でも、大家さんの好意で、この通り近くに大きな宿に入れた。夜景を見に行った帰り。黄色く輝く、通りにて。09月14日 11時21分
  • グレーニュ競馬場への道
    今度は、サン・ジャン・ドゥ・ダイの町から、西へ向かって歩き出した。6キロの道のりだから、1時間の散歩道。朝、すでに散歩済みだけど、大変とか、疲れそうとか、考えない。ただただ、車に気を付けながら、風景を楽しみながら、想像しながら行く。町はずれ…09月13日 18時36分
  • アレジアの町を望む
    歩いて丘を登ってきた。6月だったが、暑い。のどが渇く。駅前のショッピングセンターで買ってきた虎の子の水を、日陰で飲む。見えた、駅付近のレ・ローム・アレジアの街並みを、アリーズ・サント・レーヌの中腹から。09月12日 22時36分
  • 王妃マルゴの肖像画
    Marguerite de Valois(マルグリット・ドゥ・ヴァロワ)カトリーヌ・ド・メディシスの娘である。この辺りの人の肖像画が、一同、この部屋に飾られているのだから、当然、この人もということになる。王妃マルゴとしてデュマの小説と映画に…09月11日 11時41分
  • スカラ座の階段にて
    スカラ座の階段に、知った名前の広告がずらりと並んでいた。こうしたことに疎い私でも、ああ、聞いたことあるといった名前。アイーダ、トゥーランドット、ラ・ボエーム。似たような広告が並ぶけれど、気になったのは、やっぱりその字体。演目名だけが、考えら…09月10日 11時00分
  • パリの道 モンスニ通り 中腹
    階段を上ると、カフェがあった。カフェの前の木々の向こうの坂道の先に、また階段が待っている。モンマルトルの丘にへばりつく、アパルトマン群の間を縫って、縫って、上へ上へ上へ伸びてゆく。建物の地上階の角度を見れば、その丘っぷりがわかろう。09月09日 13時16分
  • NAMIESTI MIRU駅
    先日載せた駅のムステーク駅の隣。ナーミエスティー・ミール駅である。隣の駅でも、デザインは同じで、カラーが違う。駅名の脇の緑の資格は、この路線が、緑、A号線であることを示している。シンプルデザインでわかりやすい。どうやら、チェコ語は、アルファ…09月08日 20時07分
  • シェルブール夜景 港
    夜、散歩してみた。一応カメラは持ったみたのだが。おもったよりも、ファインダーをのぞくと、カメラにとっては真っ暗なのだ。要するに、シャッタースピードが無茶苦茶遅い。人間様の目には、そんなに暗く感じないのだけど。たしかに、この写真で見ると、真っ…09月07日 11時26分
  • サン・ジャン・ドゥ・ダイ 国旗
    この地方で頻繁に見かけるのが、アメリカ、イギリス、カナダの国旗。感謝の気持ちを込めてなのか、戦没者追悼なのか。人間の歴史は、戦いの歴史だという人もいますが、生存競争なのか?欲なのか?ここ何年か、日本の周りも、物騒な話が多くなってきましたが、…09月06日 11時35分
  • アレジアのヴェルサンジェトリクス通り
    アレジア大通りから、ヴェルサンジェトリクス通りへ入った。パリも、こんな感じで、アレジア通りとヴェルサンジェトリクス通りが交差している。なだらかに先の方が登っている。見えている交差点は、右へ行ってはならない。まっすぐまっすぐ丘へ上ってゆく。こ…09月05日 11時58分
  • シャンティイ城 フランソワ1世の肖像画
    服装と表情で一発でわかりますね。フランソワ1世。いつものストライプシャツですが、好きだったんですかね?大柄なストライプですが、子供っぽくなっているわけではなく、威厳のある強い王を表現されている感じがしますね。この人が作った、フォンテーヌブロ…09月04日 11時30分
  • ナヴィリオ運河 近景遠景2
    ぶらつくナヴィリオ地区も、そろそろ、夜が近い。暗くなる前に、写真を撮って帰る。近寄ると、水面が揺れていて、逆さ風景は撮れなかったが、引いて撮ると、運河に映る街並みが。わずかに、位置と時間が違いますけどね。09月03日 12時30分
  • Rue de Mogador モガドール通り オペラ座の
    モガドール劇場の前まで歩いてきた。ここでは、オペラ座の怪人をやっていたのだ。その文字を入れて、もう一枚。この後、数歩歩くと、この通りの先に、オペラ座がデデーンと見えていたことに気が付く。カーブしてる先には、何があるのだろうね?それは、まるで…09月02日 11時58分
  • ミール広場脇を走るトラム
    イーペーパブロヴァの地下鉄駅上の通りから見えていた、大きな教会のある広場。公園になっている。そこから、花越しにトラムを狙ってみる。なかなか、思うように、行かないのだが、どうにかこうにか数枚撮れた。一枚は、スピード感のない、微妙な被写体ブレで…09月01日 11時17分