一五一会の音色に乗せて

登録ID
709992
サイト名称
一五一会の音色に乗せて
URL
http://94325890.at.webry.info
紹介文
一五一会を片手に、旅に、散歩に、グルメに
カテゴリ
  • 旅行・観光(全般) (100%) - 36 / 182人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 1548、シャンシャンと
    上野動物園に向かう。すんなり園内に。そしてパンダ観覧整理券を手にする。02月15日 16時53分
  • 1547、御室派の仏像たち
    仁和寺やら葛井寺、道明寺そして明通寺など御室派と呼ばれる寺院を思い浮かべている。密教寺院だからなのか、外部の景観は記憶にあるが、深層はやはり不可思議のままであるようだ。02月14日 10時23分
  • 1546、仁和寺のみほとけ
    年末以来の上野美術館巡りである。今回は平成館、仁和寺と御室派のみほとけ、と題する展示であった。かつて訪れた寺院もあり、でもはじめてお目に架かれた仏様に奥深い寺院の深層を思った。02月12日 11時50分
  • 1545、寿司逸喜優
    2月8日、当然の氷点下、寒い中逸喜優に向かう。到着は11時15分、待合はたくさんの人、残念ながらのお外での開店待ちだ。そしてやがて開店、待合の人になる。待ち時間は30分から40分だ。白木のカウンターに座る。カウンターは12席か、奥に四人ほど…02月11日 10時02分
  • 1544、二子、ASOでランチ
    逸喜優でランチと思い足を運んだが、定休日で仕方なく二子まで足を伸ばす。二子では最初、鼎泰豊をと思ったのだが待合にはすでに行列ができており断念、仕方なくASOにする。ASO、代官山のイタリアンだという。02月10日 09時23分
  • 1543、川豊に寄る
    二、三年も寄っていなかったかもしれないと、川豊を覗く。然程待たずに鰻にありつけそうだと分かり、待つことにする。02月04日 17時50分
  • 1542、成田山はせつぶんえ
    睦月も30日にやっと重い腰を上げ、成田詣でをする。成田山は立春を控え、節分会の準備が始まっていた。02月03日 15時39分
  • 1541、残雪のリリエンベルグ
    麻生不動からの帰り道、いつものように寄り道をする。真福寺から三つほど先に山口台中央というバス停がある。目的地はそのバス停だ。01月30日 17時02分
  • 1540、初不動、麻生不動だるま市
    1月28日が巡ってきた。例年のように真福寺までバスで行き、お不動様に向かう。日曜日で参道は沢山の人、残雪があり歩き難い道を進むと、人ごみの向こうに目指す不動院の屋根が見えた。01月28日 16時33分
  • 1539、初雪に 首を垂れる 庭の木々
    雪が降る、あなたは来ない、ふとそんな唄を思い浮かべながら、雪見をした。雪見のお供は、サントリー、そして一句。01月23日 18時30分
  • 1538、春、ボロ市のころ
    ボロ市に行った。1月16日である。ボロ市では、古着を買い、クリスマスローズを買う。そしてその帰りがけ、鹿港で肉まんを買った。01月18日 09時34分
  • 1537、訪問者たち
    我が家の姦しい訪問客のお話をしよう。家族連れの遠慮ないお客たちである。陽のあるうちは四六時中大騒ぎしてゆくのだ。01月10日 18時36分
  • 1536、日本橋三越界隈
    日本橋浜町に来る。建つのは笠間稲荷神社、寿老神を祀る神社で、笠間稲荷の別院である。角々に三越の法被を着た店員さんが立ち道案内をしてくれる。案内通りに進み、次は椙森神社である。01月07日 08時35分
  • 1535、人形町界隈
    日本橋七福神巡りをスタートさせる。三越前から小舟町の方向に向かう。まずは小網町、小網神社だ。5月には神輿が渡御する金運長寿の神、福禄寿を祀る。01月06日 10時09分
  • 1534、木遣り、日本橋
    今年の初乗りは、田園都市線での三越行きだった。1月4日、午前10時半ごろの発である。01月05日 13時14分
  • 1533、今年も驚神社から
    平成30年が始まった。今年も驚神社で初もうで。01月04日 18時36分