儲けの秘訣を伝授します

登録ID
737084
サイト名称
儲けの秘訣を伝授します
URL
http://thinkweb.co.jp/blog/
紹介文
まわりにいる立派な経営者達と接していると ああ、これが経営のコツなのかと気づくことがあります。道内経営者の話をを中心に…
カテゴリ
  • 北海道 (100%) - 16 / 268人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 業績向上の秘訣
    昨日、ある会合に参加して、以前から気になっていた会社の経営者と話す機会があり、「業績向上の一番の要因は粗利が取れる仕事が継続してあること」だと改めて思いました。 その会社は公共事業関連の会社で、公共事業の削減により、一時は売上がピーク時の半…09月22日 08時21分
  • 神は細部に宿る
    「神は細部に宿る」、この言葉の出典には諸説あるようですが、その意味合いは、京セラフィロソフィの「手の切れるような製品をつくる」にも共通するものでしょう。 どの部分をとってもパーフェクトな仕上がりであり、その一部を見ただけでも、その部分の完成…09月21日 06時38分
  • 今日から新学期
    本業の傍ら過去25年以上専門学校などで授業を持ってきましたが、現在はヒューマンアカデミー札幌校と北海道科学大学で週に1コマずつ授業を持っています。 北海道科学大学での授業は、今日が後期の開始日です。 昨日まで時代の変化の話をしていましたが、…09月20日 06時38分
  • 未来を読む方法 3.変化なしは衰退
    一昨日、未来を読む方法の1番目として、「いつもと変えてみる」ということを提唱しました。 そうしなければ「いつもと同じ」、「変化なし」ということになります。 部下に状況を尋ねたときに、「変わりありません」、「いつもどおりです」と返答されたとき…09月19日 05時10分
  • 未来を読む方法 2.過去を確認する
    私は、京セラ創業者の稲盛和夫さんが自ら主宰する経営塾「盛和塾」の塾生ですが、そこには機関誌マラソンという勉強会があり、それは1992年4月から発行された機関誌「盛和塾」を毎週1号ずつ読み、感想文を書き、マラソングループ内で共有するというもの…09月18日 08時07分
  • 未来を読む方法 1.いつもと変えてみる
    世の中は、「ゆでガエル」のようなものだと思います。徐々に熱くなっていく温度の変化に気づかず、気づいた時には茹であがっているという話ですが、世の中の変化も急激に起こる物ではなく、毎日の少しずつの変化の積み重ねのためその変化に気づかず、今後どの…09月17日 21時18分
  • 経営指針とリーダーシップ 5.言っておきたいこと
    北海道中小企漁家同友会札幌支部経営指針研究会では過去210社以上の経営者が学びました。その方を対象に行ったアンケートによると、回答者のほぼ全員が経営指針を学ぶことまたはそれ以前に経営者としての自覚が高まったことが読み取れます。そして、経営理…09月16日 07時04分
  • 経営指針とリーダーシップ 4.リーダーシップを発揮するためには
    リーダーシップとは「自分の想いを相手に納得してもらい、そして自分の想いに沿った方向に動いてもらう」ことである。経営理念は皆に受け入れられるべきもであり、そのためにはそのめざすところが世のため人のためという善き想いのものでなければならない。 …09月15日 07時22分
  • 経営指針とリーダーシップ 3.理念共有の前提
    経営理念を従業員と共有するためには、経営理念の想いを従業員に納得してもらいその実現のために動いてもらうことが必要であり、それをするのが経営者のリーダーシップだという話を前回までにしました。 今週の月曜日9月11日に京セラ創業者の稲盛和夫さん…09月14日 06時50分
  • 経営指針とリーダーシップ 2.リーダーシップとは
    リーダーシップととは何か? 検索してみると、「組織を率いる能力」などと出てきます。 自分の経験からいうと、「自分の想いを相手に納得してもらい、そして自分の想いに沿った方向に動いてもらう」、このような力をリーダーシップと呼ぶように思います。 …09月13日 08時02分
  • 経営指針とリーダーシップ 1.その違い
    経営指針とは経営管理システム、マネジメント・コントロール・システムという経営管理のための制度です。経営、マネジメントとは組織を上手く運営することであり、経営管理制度は人を動かす仕組みとも言えます。 まずは経営者が経営指針に取り組むのは当然と…09月12日 07時30分
  • 筋肉質で美しい決算書2
    昨日は8頭身で容姿端麗な決算書の話をしましたが、見た目が「美しい」だけではだめで、内面からにじみ出る「美しさ」、言葉を変えると、筋肉質の「美しさ」も必要だということです。 では、筋肉質の「美しさ」を持つ決算書とはどういうものか? 筋肉質とい…09月11日 23時59分
  • 筋肉質で美しい決算書
    京セラ創業者の稲盛和夫さんが主宰する経営塾「盛和塾」の機関誌「盛和塾」64号(2005年4月10日発行)の「塾長講話」での塾長コメント「美しい決算書をもった企業を作る」で、稲盛さんは次のように話をしています。 「八頭身で顔だちもよい容姿端麗…09月10日 07時12分
  • 次元の違い
    役員を除く常時雇用の従業員が、商業・サービス業で5人以下、製造業その他で20人以下の会社を小規模企業とよび、日本の会社の8割ほどに該当します。 日本の会社の99.7%を占める中小企業ですが、そのほとんどが上記のように小規模企業であり、小規模…09月09日 23時03分
  • 会計というコックピットの計器盤の数値を読みこなすために
    「会計の数値は、飛行機のコックピットにある計器盤の数値に例えることができ、パイロットが計器盤の数値を頼りに操縦するように、経営者は会計数字を読み取りながら会社の舵取りをしなければならない」と、稲盛和夫さんはおっしゃいます。 しかしながら、小…09月08日 17時43分
  • 自社の勘定科目を理解する
    同じ旅費交通費でも、営業で使った旅費交通費、研修行くのに使った旅費交通費、通勤手当としての交通費、これらは性格が違うので、会社によっては研修の旅費交通費は研修費に、通勤手当は給料手当や福利厚生費で処理している会社もあります。 経営者が会計を…09月07日 21時13分
  • キャッシュの動きに注意する
    会社が倒産に至る理由はいろいろあるでしょうが、最終的な現象としては支払いができなくなるということでしょう。 支払わなければならないのに、支払うべきキャッシュ(現預金)がないという状態です。 損益計算書は売上を最大にし経費を最小にしていけば利…09月06日 19時45分
  • 貨幣という光を当てて影を見る
    貸借対照表や損益計算書は全てが金額で表されています。 会社の実態を考えるとお金は一部ですが、お金以外のものも会計ではお金で考えるということで、会計とは「貨幣という光を当てて影を見る」ものだという言葉があります。 「稲盛和夫の実学」など京セラ…09月05日 07時01分
  • 儲かったお金はどこにあるのか?
    9月2日の土曜日の午後、4時間かけて、北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針委員会主催の管理会計勉強会の講師をしてきました。今日はその時の内容から「儲かったお金はどこにあるのか?」についてのポイントを紹介します。 決算書の損益計算書には当期…09月04日 06時27分
  • 生産性を上げる方法 その2
    生産性を上げる方法は2つあり、昨日は1つめの「計画通りに仕事を進める」という話をしました。 生産性を上げる2つめは、「空き時間を作らない」です。 生産性とは仕事量を時間で割ることで求められますから、空き時間ができるということは分母が増え、分…09月03日 19時53分
  • 生産性を上げる方法 その1
    労働条件を良くしていくには生産性の向上が必要だと昨日書きましたが、その方法は2つ考えられます。 まず、1つは、自社の計画通りに仕事を進められるようにすることです。 予定外のことが起こるから、いろいろ不都合が発生し、作業能率が落ちる訳で、でき…09月02日 23時43分
  • 生産性を上げる
    昨日、 「自分達の力を一番発揮できる状態を考え、それを商売のスタイルにすることが生産性向上の秘訣ではないか」 と書きましたが、なぜ生産性の向上が必要なのか? 従業員や顧客を始め利害関係者のためにも企業は永続、維持・発展が求められますが、その…09月01日 06時12分
  • 特長を活かす
    中小企業は経営資源が限られています。 そのため、自分達の力を一番発揮できる状態を考え、それを商売のスタイルにすることが生産性向上の秘訣ではないかと思います。 自分たちの特長を考え、それを発揮できる商売のスタイルを確立し、それを喜んでくれるお…08月31日 08時32分
  • 経営指針が必要な理由(後半)
    8月25日、26日と北海道中小企業家同友会札幌支部第14期経営指針研究会一泊研修会に参加し、26日の閉会前にまとめとして10分間のスピーチをしてきました。その時に、3つのことをお話ししたいと準備をしていましたが、昨日までに、「労使見解をいか…08月30日 07時25分
  • 経営指針が必要な理由(前半)
    8月25日、26日と北海道中小企業家同友会札幌支部第14期経営指針研究会一泊研修会に参加し、26日の閉会前にまとめとして10分間のスピーチをしてきました。その時に、3つのことをお話ししたいと準備をしていましたが、昨日までに、「労使見解をいか…08月29日 05時40分
  • 学びの公共性
    8月25日、26日と北海道中小企業家同友会札幌支部第14期経営指針研究会一泊研修会に参加して、改めて思ったことが、今日のタイトル「学びの公共性」ということです。 14期経営指針では5名ほどのメンバーが1つの班となり、全体で5班の構成となって…08月28日 06時02分
  • 労使見解をいかに実現させるか
    8月25日、26日と北海道中小企業家同友会札幌支部第14期経営指針研究会一泊研修会に参加し、26日の閉会前にまとめとして10分間のスピーチをしてきました。 その時に、3つのことをお話ししたいと準備をしていましたが、いざ話し始めると2つまでで…08月27日 08時29分
  • 心の多重構造 8.改めて魂について
    引き続き、京セラ創業者の稲盛和夫さんが自ら主宰する経営塾「盛和塾」の機関誌「盛和塾」61号(2004年10月10日発刊)に掲載されている塾長講話「成就する思い、成就しない思い」より、心の多重構造の説明です。 心の中心には「真我」があり、その…08月26日 22時15分
  • 心の多重構造 7.どのレベルで考えるか
    引き続き、京セラ創業者の稲盛和夫さんが自ら主宰する経営塾「盛和塾」の機関誌「盛和塾」61号(2004年10月10日発刊)に掲載されている塾長講話「成就する思い、成就しない思い」より、心の多重構造の説明です。 昨日までに、心の中心には「真我」…08月25日 05時25分
  • 心の多重構造 5.感性、6.知性
    引き続き、京セラ創業者の稲盛和夫さんが自ら主宰する経営塾「盛和塾」の機関誌「盛和塾」61号(2004年10月10日発刊)に掲載されている塾長講話「成就する思い、成就しない思い」より、心の多重構造の説明です。 昨日までに、心の中心には「真我」…08月24日 07時49分
  • 心の多重構造 4.感情
    引き続き、京セラ創業者の稲盛和夫さんが自ら主宰する経営塾「盛和塾」の機関誌「盛和塾」61号(2004年10月10日発刊)に掲載されている塾長講話「成就する思い、成就しない思い」より、心の多重構造の説明です。 昨日までに、心の中心には「真我」…08月23日 08時06分
  • 心の多重構造 3.本能
    引き続き、京セラ創業者の稲盛和夫さんが自ら主宰する経営塾「盛和塾」の機関誌「盛和塾」61号(2004年10月10日発刊)に掲載されている塾長講話「成就する思い、成就しない思い」より、心の多重構造の説明です。 昨日までに、心の中心には「真我」…08月22日 08時04分
  • 心の多重構造 2.魂
    引き続き、京セラ創業者の稲盛和夫さんが自ら主宰する経営塾「盛和塾」の機関誌「盛和塾」61号(2004年10月10日発刊)に掲載されている塾長講話「成就する思い、成就しない思い」より、心の多重構造の説明です。 昨日は、心の中心にある「真我」に…08月21日 06時51分
  • 心の多重構造 1.真我
    京セラ創業者の稲盛和夫さんが自ら主宰する経営塾「盛和塾」の機関誌「盛和塾」61号(2004年10月10日発刊)に掲載されている塾長講話「成就する思い、成就しない思い」の中で稲盛さんは次のように心の構造を説明しています。 ・人間の心の根源には…08月20日 19時59分
  • なぜ「世のため人のため」という動機が人を動かすのか
    昨日、「これは、自分だけの話ですが、その動機が世のため人のためというものであれば、 それに自分以外の人も巻き込むことができます」と書きました。 動機が「世のため人のため」というものであれば、自分以外の人も動かすことができるということですが、…08月19日 23時59分
  • 動機善なりや、私心なかりしか
    昨日は、「目的を明確にする」という話をしました。 目的が明確であれば、惰性ではなく創意工夫が生まれるということです。 これは、自分だけの話ですが、 その動機が世のため人のためというものであれば、 それに自分以外の人も巻き込むことができます。…08月18日 08時29分
  • 目的を明確にする
    以前、ある経営者から、自分の部屋には「何のために」と書いたものが貼ってあると聞きました。 私たちは日々いろいろなことをしていますが、この「何のために」という行為の目的を考えるということをしなければ、ただ惰性でそれを行うことになってしまいます…08月17日 07時45分
  • 10年ビジョンと技術革新
    中小企業家同友会の経営指針のテキスト昨年12月に新しくなり、そこには10年ビジョンというものが登場しました。 通常、中長期の計画は3年から5年のスパンです。 この10年ビジョンは10年ですから、中長期の計画の延長というのでは無理があります。…08月16日 09時13分
  • やらされている仕事か自ら進んでやる仕事か3
    自ら進んでやる仕事とするための条件を考えてみると、仕事の全体像が見えているということがあげられます。 表現を変えると、自分の仕事の結果が誰にどう影響するのかがわかる状況と言えるでしょうか。 仕事の目的・意義がわからなければ、それは作業にすぎ…08月15日 23時59分
  • やらされている仕事か自ら進んでやる仕事か2
    昨日、「盛和塾の機関誌「盛和塾」の60号を読んでいて、今日のタイトルの言葉が浮かんだのですが」と書きましたが、機関誌60号の「あの日あの時稲盛和夫氏」というコーナーに元京セラ労働組合組合長の奥村常雄さんの話が掲載されていました。 奥村さんは…08月14日 10時40分
  • やらされている仕事か自ら進んでやる仕事か
    盛和塾の機関誌「盛和塾」の60号を読んでいて、今日のタイトルの言葉が浮かんだのですが、2010年8月に同じタイトルで、以下の内容を書いていました。 松下幸之助さんの言葉に、「社員は会社の中で”社員家業”をしている独立経営者であるべきだ」とい…08月13日 23時57分
  • お気に入りの言葉
    5年前、2012年の今日、こんな投稿をしていました。 ガリレオ・ガリレイ 「人にものを教えることはできない、 みずから気づく手助けができるだけだ。」 フランスの詩人 アラゴン 「教えるとは 希望を語ること 学ぶとは 誠実を胸にきざむこと」 …08月12日 23時12分
  • わかってもらえるように話す
    四半世紀ほど専門学校や大学で講師をしてきているので、「わかってもらえるように話す」習慣がついています。 そのため、職場などで限られた時間で説明しきれないことなどがあると、その説明をあきらめる気持ちがわいてきます。 ですが、きちんと説明できな…08月11日 17時17分
  • 会社が変わっていくには3
    昨日、 「『経営者の意識が変わること』の次には『従業員の意識が変わること』がなければなりません。」 「実際の業務を担当する従業員一人ひとりの意識が変わることによって、会社は幾何級数的に変わっていくといわれています。」 と書きました。 人間の…08月10日 05時24分
  • 会社が変わっていくには2
    昨日、「小さな会社が発展するためには、まず経営者の意識が変わることが必要です」と書きましたが、大きな会社の場合は、その大きくなる過程において既に経営者の意識が変わっていたはずであり、そういう意味では、「会社が存続していくためには、まず経営者…08月09日 05時50分
  • 会社が変わっていくには
    現在、中小企業を対象としたアンケートの分析をしていますが、中小企業でも規模によって傾向が変わります。 特に、役員を除く常時雇用者が卸業、サービス業、小売業で5名以下、製造業・その他で20名以下の小規模企業と呼ばれる会社では、それより規模の大…08月08日 08時21分
  • 第73回研究報告会 8月29日開催します。
    今年4月からは「経営指針成文化と実践のための基礎知識」をテーマにしていますが、その5回目、通算73回目の今月は「労働条件改善と業績向上の両立」について考えます。 残業時間の短縮、休日の増加などの労働時間の縮小、また政府はデフレマインド払拭の…08月07日 05時56分
  • 努力が好きな人2
    昨日書いたように、京セラ、そして今のauの創業者であり、JALを再建させた稲盛和夫さんは、努力することが大好きなんだろうと思います。 「小成に甘んじず、大成せんかよ」ともおっしゃいます。これは引き続き努力をしろということでしょう。 ちょっと…08月06日 08時14分
  • 努力が好きな人
    京セラ、そして今のauの創業者であり、JALを再建させた稲盛和夫さんは「誰にも負けない努力」とよくおっしゃいます。 その言葉を聞いた多くの人は「しんどいな」と思うと思うのですが、最近、気づいたことがあります。 それは稲盛さん自身はたぶん努力…08月05日 23時59分
  • 労働時間短縮のなかでどう生産性を向上させるか
    世の中の流れとして、残業を減らす、休日を増やすという労働時間短縮の流れがあります。しかしながら、単に労働時間を減らすだけなら、従来会社としてできていた仕事のうち、できなくなる部分がでてきます。それを補うには新たに人を入れるということも考えら…08月04日 06時41分
  • ハーズバーグの動機づけ・衛生理論について 3.動機づけ要因と労働条件
    以前お話ししたように、労働条件、特に労働時間に関しては、残業を減らす、休日を増やすなど労働時間の削減の動きが進んでいます。 一方、昨日お話ししたように、ハーズバーグによればやる気の原因を生む前提は、仕事ができるということです。 つまり、今ま…08月03日 06時02分
  • 本日の更新は夜の予定です
    本日の更新は夜の予定です。 08月02日 08時46分
  • ハーズバーグの動機づけ・衛生理論について 1.衛生要因について
    ハーズバーグの動機づけ・衛生理論とは、やる気(動機づけ)の原因と不満(衛生要因)の原因は別物であるというものです。 その衛生要因としては、会社の方針、監督、労働条件、給与、職場での人間関係などがあげられています。 労働条件や給与などはわかり…08月01日 08時01分