儲けの秘訣を伝授します

登録ID
737084
サイト名称
儲けの秘訣を伝授します
URL
http://thinkweb.co.jp/blog/
紹介文
まわりにいる立派な経営者達と接していると ああ、これが経営のコツなのかと気づくことがあります。道内経営者の話をを中心に…
カテゴリ
  • 北海道 (100%) - 16 / 242人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 11/21の研究報告会のご報告 2.自社都合に合った計画
    昨日、11月21日に行った76回目の研究報告会「労働条件の改善と業績向上の両立」より、下記のように書きました。 「どのようにしたら生産性が向上するのか? これには、自社都合に合った計画、現場の創意工夫という二つのことを挙げられます」 今日は…11月23日 23時59分
  • 昨日(11/21)の研究報告会のご報告 1.生産性向上の必要性
    大学院博士課程での研究の成果を発表する場として月に一度「研究報告会」を開いてますが、昨日76回目の報告会を開催しました。 テーマは「労働条件の改善と業績向上の両立」、このテーマは今回で3回目となります。 3回の講義を通して改めて感じることは…11月22日 08時40分
  • 儲けの秘訣を伝授します なぜ経営理念の共有が必要なのか 2.変化と余裕
    昨日、以下のように書きました。 皆は一生懸命働いてください。それで会社を良くしてください。 私は決められた時間分だけ決められた仕事を今まで通りにしてお給料を貰えればそれでいいのです。 このような考えの人が同じ船に増えていくと、船が前に進まな…11月21日 07時41分
  • なぜ経営理念の共有が必要なのか 1.同じ船
    会社というのもをつきつめれば、それは建物でも商品でも設備でもなく、そこで働く人々ではないかと思います。 そこで働く人たちがどう働くのかで会社の将来は決まり、また一方、働く人たちはその会社を生活のよりどころとしています。 新卒の入社があったと…11月20日 08時45分
  • 座右の銘の紹介1 教えること教わること
    しばらく土日は私の座右の銘のご紹介というシリーズでいこうかと思います。 今日は映画「華麗なるギャツビー」の原作「The Great Gatsby」を書いた、フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルドの言葉を紹介します。 稲盛和夫さんは講…11月19日 09時34分
  • 座右の銘の紹介1 教えること教わること
    先日、アミエルの言葉を紹介しましたが、その他に私が気に入っている言葉を紹介します。 ガリレオ・ガリレイの言葉 「人にものを教えることはできない、みずから気づく手助けができるだけだ」 仕事の一環として大学や専門学校で学生を相手にしていますが、…11月18日 23時59分
  • 業績の良い会社の習慣
    昨日、会社の習慣によって業績が決まるという話をしましたが、少し補足します。 それは、会社に定着している習慣によってその会社のレベルが決まるという話です。 例えば、 1.経営理念が社内共有されている会社 2.経営計画が社内公開されている会社 …11月17日 07時46分
  • 会社の業績と習慣
    昨日、渋沢栄一が「論語と算盤」で、 良い人生を送るためには、良い習慣を身につけ、悪い習慣をやめるように、 と書いていると紹介しました。 習慣とは、毎日繰り返して行われる行為であり、これの良し悪しで結果が変わるということは、個人の人生の話だけ…11月16日 23時59分
  • 良い習慣を身につけ、悪い習慣をやめる
    昨日、アミエルの 意識が変われば、行動が変わる 行動が変われば、習慣が変わる 習慣が変われば、性格が変わる 性格が変われば、人生が変わる という言葉を紹介しましたが、 このポイントは習慣というところにあります。 何か良いことを思った(意識)…11月15日 23時59分
  • アミエルの言葉
    こちらのブログで何度も紹介しているアミエルの言葉ですが、最近、やっぱり本当にそうだなぁと思うことが多いので、再掲します。 スイスの哲学者、アンリ・フレデリック・アミエルの「アミエルの日記」より。 意識が変われば、行動が変わる 行動が変われば…11月14日 23時59分
  • なぜリーダーシップに信念が必要なのか
    ここでリーダーシップとは、メンバーに自分の想いを理解してもらい、それにそった行動をとってもらうこと、としておきます。 メンバーがリーダーの想いにそって動くには、メンバーがリーダーの想いに共感することが必要です。そのためには、リーダーの行動自…11月13日 23時55分
  • リーダーシップの発揮にあたって一番必要なこと
    昨日、組織学会の年次大会に参加し、元サッカーJリーグチェアマン、現在は日本サッカー協会の最高顧問だそうですが、川淵三郎さんの特別講演も聴講してきました。 まず体感したのが川淵さんのエネルギーです。1936年生まれと言いますから84才だと思い…11月12日 06時25分
  • 久々に組織学会に出席してきます。
    いろいろとすべきことが溜まっている中、今日は東京の首都大学東京で行われる組織学会に参加してきます。その1番の目的は明日の講演の聴講ですが、その話は明日にするとして、今日の特別講演の講師は川渕三郎さんです。 川渕三郎さんといえばサッカー協会の…11月11日 04時22分
  • イエローハットとオートバックス
    今日は、北海道中小企業家同友会札幌支部白石厚別地区会の社員勉強会である「次世代の星の会」で、会計の講師をしてきました。今まで会計になじみがない人に向けた「最初の一歩」の手ほどきという内容です。 基本的なことの解説のあと、グループワークで20…11月10日 23時59分
  • 代を継ぐ 3
    「代を継ぐ」というタイトルで昨日、一昨日と書いてきて思い出したのが、ネイティブ・アメリカンの言葉です。 それは、先代から受け継いできて子孫に託す土地は、未来からの預かりものであるという言葉です。 代を継ぐという発想では、自分次第で代を継がな…11月09日 07時18分
  • 代を継ぐ 2
    以前聞いたある会社の話ですが、親が経営者で、そこで働く娘さんが、若い力が必要だから雇用したいと行った時に、若い人の将来に責任が持てないとそれを断ったそうです。 新卒で雇用したとすると定年までは40年ほどでしょう。 その時の経営者の年を考えれ…11月08日 07時07分
  • 代を継ぐ 1
    本日11月7日は小樽商科大学エバーグリーン講座開講30周年記念の記念大会と懇親祝賀会がありました。 エバーグリーン講座とは大学を卒業したOB・OGが現役の学生に自身の社会経験を語るという授業で、毎年14名(組)の講師を迎え、正式な単位の認定…11月07日 23時59分
  • 中小企業の多様性 その3
    中小企業や、そこに含まれる小規模企業、小企業の定義を紹介してきましたが、 下記のような分け方もあるのでは、というのが今回のシリーズの趣旨です。 それは、 1.自分の代で終わろうとする会社 2.次代につなげようとする会社 この2種類です。 こ…11月06日 07時56分
  • 中小企業の多様性 その2
    昨日、中小企業の定義を紹介しましたが、その中には小規模企業と小企業が含まれます。 小規模企業とは、 商業・サービス業:従業員 5人以下 製造業その他:従業員20人以下 という役員を除く常時雇用している従業員の人数だけで決まります。 また、小…11月05日 04時52分
  • 中小企業の多様性 その1
    中小企業基本法では中小企業の定義は以下のようになっています。 卸売業:資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人 小売業:資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業…11月04日 12時49分
  • 潰れることが前提の会社
    インターネットで会社の生存率に関して調べてみてもいろいろな数字がでてきますが、例えば10年後で10数%、20年後には1%を切るなど、そんなに低いの?と感じる方も多いと思います。 最近の統計では、日本の会社の数は約380万社。ただこのうち半分…11月03日 09時41分
  • 寝ても覚めても
    博士論文の提出締切が年明け1月15日なので、論文前半部分を10月に、後半部分を11月にほぼ仕上げ、12月は見直し・修正などにあてようと計画し、なんとか前半部分のめどをつけたところです。 論文とは考えを論ずるものなので、一貫した思考が必要とな…11月02日 07時28分
  • 1年ではできないこと
    中学、高校は3年間、大学は4年間、小学校は6年間。 これはそれぞれ理由があっての期間設定だと思いますが、考えてみれば1年間では結果がでないものも少なくありません。特に人の成長に関するものは時間がかかります。 それをきちんと頭にいれておかない…11月01日 07時34分
  • 小さな変化を意識する
    ある雑誌を読んでいたら、ブライダル関連のワタベウェディングの次のような話が掲載されていました。 それは、昭和45年団塊の世代が結婚する時代となり大繁盛していたが、その次の世代は40%減となることを考え将来どうしようかと考えてた、そんな時に1…10月31日 08時43分
  • 優しさと運転マナー
    今日の日めくりカレンダーに書いてあったのが「優しい人間になる」という言葉。 「優しさ」とはなんだろうとちょっと考えてみましたが、やはり相手を思いやる、相手の気持ちを考えるということではないかと思います。 話は変わりますが、最近も運転マナーに…10月30日 07時35分
  • 新しいことは小さく始めて積み重ねる
    日本の会社の7割は赤字でその多くは小さな会社です。 赤字の会社はもちろん、黒字の会社であっても、変化する時代を生き延びるためには変わっていかねばなりません。 その変化のためには、いろいろな勉強会も有効でしょう。 しかし、それはそこで得たヒン…10月29日 10時11分
  • 感謝の言葉と態度 その3
    感謝というのは、その状態をありがたいと感じることで、 相手のある状態であるのなら、 やはり相手に自分が感謝していることを伝えた方が、 世の中うまくいくと思います。 感謝の気持ちがないのに、 それっぽい態度や言葉を使うケースには違和感を覚えま…10月28日 23時12分
  • 感謝の言葉と態度 その2
    昨日、気持ちがないのに「感謝」という言葉を多用することに対する違和感の話をし、また「感謝」しているのに言葉や態度に表れていないことに対する違和感も話題にしました。 先日、台湾へ行った時に経験したことなのですが、 タクシーを降りる際に、「(運…10月27日 07時15分
  • 感謝の言葉と態度 その1
    先日の盛和塾札幌の勉強会において、 「感謝」という看板が大きく掲げている、 ウエイティングリストの名前のチェックがわりに「感謝」のスタンプを押す、 このようなことをしているのにそのお店の人から「感謝」の気持ちが感じられない、 そんな店には行…10月26日 04時41分
  • 希望と不満、そして感謝
    昨日、以下のように書きました。 「希望と不満、この二つを良く考えると、希望も不満も同じ状態であることに気づきます。 望む状態Aがあって、現状はそれに及ばないBであるという同じ状況。 ここで、努力してBからAに進もうと思うのが希望。 同じ状態…10月25日 23時59分
  • 希望と不満
    井上靖の言葉に「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」というのがあるそうです。聞けばなるほどと思います。 希望と不満、この二つを良く考えると、希望も不満も同じ状態であることに気づきます。 望む状態Aがあって、現状はそれに及ばないBで…10月24日 23時59分
  • 勝負の後
    昨日は衆議院議員選挙の日で、今、朝の5時前ですが未確定は4議席ということで、ほぼ議席が確定したようです。 今回は希望の党の風が吹くのかと思ったら、ごたごたが起こり、そこから立憲民主党が起き、自・公vs野党の構図が野党間のごたごたをめぐる問題…10月23日 05時02分
  • これからの世の中でも通用する成功アドバイス
    先日観た映画「ナミヤ雑貨店の奇跡」で、現在の若者が1980年代のOLに、「地道に働いてお金を貯め、それで小さなマンションを買い、それが値上がりしたらより大きなマンションに買い替える、これを繰り返す、そして90年代に入ったら投資はやめて全て処…10月22日 14時05分
  • また、時間のかかる応答
    今月16日の記事「時間のかかる応答」では、私の2014年公開の論文が、和歌山大学のサイトにある「和歌山地域経済研究機構」のサイトですが、こちらにある2016年度の「小規模企業景気動向調査報告書」に引用されているのを紹介しました。 今日紹介す…10月21日 11時44分
  • 理論は現実に従う
    私は北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針委員会に属し、今まで多くの経営指針研究会(自社の経営指針を作るための経営者の勉強会)参加者を見てきましたが、経営指針で業績が向上した会社が確かにあります。一方、あまり変化を感じない会社もあります。 …10月20日 05時50分
  • 売上トップの新幹線車内販売員
    今日はたまたま読んだこのブログの2009年10月24日の記事を再掲します。 先日送られてきた、盛和塾の機関誌に、JR山形新幹線車内販売員の齋藤泉さんの講演記事が載っていました。 斎藤さんは一日平均売上20万円と通常の3〜4倍あり、そのために…10月19日 08時09分
  • 20年ひと昔
    昨日のブログでは、 「20年、いえいえ後50年、100年と会社を続けていくときに、あなたの会社の向かうべき方向を示す北極星は見えていますか」 と書きました。 なぜ、「20年」なのか? 10年ひと昔と言いますが、昭和の時代と違い平成に入ってか…10月18日 06時35分
  • 「何のために経営していますか?」
    以下の文章は、北海道中小企業家同友会札幌支部白石厚別地区会のグループ活動のために作成したものですが、フライングですがこちらにも紹介します。 何の因果でしょうか、いったん経営者になってしまうと従業員に対する責任、顧客に対する責任、そして会社に…10月17日 07時37分
  • 時間のかかる応答
    今はメールやラインなどで、何か発信したらすぐに返事が来ることを求められている時代になっています。 むかし、文通という文化がありました。 手紙を出し、その返事が来るまでには早くても1週間はかかったでしょう。 話は変わりますが、下記のリンクは和…10月16日 07時21分
  • 20年、50年、100年 その3
    昨日、映画「ナミヤ雑貨店の奇跡」を観ました。 昨日、一昨日とこのブログで「20年、50年、100年」をテーマにしていますが、映画も50年前や30年前が舞台となります。 その映画の中で、2012年の未来から1980年の女性への「人生成功のため…10月15日 07時14分
  • 20年、50年、100年 その2
    昨日、 「さて、ここからが本題ですが、あなたの会社の20年、50年、100年先はどうなっているでしょう?」 と書きました。 20年後、50年後、100年後、これらはどれも現在の延長ではなかなか考えずらいものです。 その中でも一番近い20年後…10月14日 05時27分
  • 20年、50年、100年
    10年ひと昔と言いますが、がらっと時代が変わるには10年というよりは20年くらいのスパンで見た方が良いと思います。 現在2017年ですが、20年前の1997年当時を考えるとウインドウズ95が普及しだしおり、インターネットへの接続もモデムを使…10月13日 05時08分
  • 会社の実態 2.引き継がれるのは想い
    昨日、福岡伸一さんの「生物と無生物のあいだ」(講談社、2007年、740円+税)より、人間の体は数か月から半年ですっかり変わるという話を紹介し、会社も長い目で見ると人も物も変わってしまうという話をしました。 私が40年以上も前に卒業した帯広…10月12日 23時59分
  • 会社の実態 1.実態は無い?
    最近、会社の本質、会社の実態は何だろうと思い、考えることがたびたびありました。 会社の建物は単なる場所であって、引越せばその建物には会社の意味はありません。 建物の中にいる人も、30年40年50年のスパンで考えると入れ替わります。 在庫して…10月11日 22時43分
  • リーダーに必要なこと 2.人格を高める
    このブログの先週金曜日の記事「リーダーに必要な事 1.啓発」では、 ジョン・P・コッターは、「リーダーは動機づけと啓発により、組織メンバーの心の統合を行わなければなりません」と指摘していると書き、その「啓発」とは、気づいていないことを気づか…10月10日 23時29分
  • コミュニケーションの基本は言葉
    昨日、一昨日と中国語関係の話をしました。 人が複数いれば、そこにはコミュニケーションが必要であり、コミュニケーションにおいて最も大切なものが言葉です。 お互いの知識、思想、背景などが近ければ近いほど、身近な言葉で深いコミュニケーションがとれ…10月09日 22時27分
  • 中国語の歌の四声について
    中国語では漢字の一つひとつに読み方(発音)がありますが、同じ読み方でも音の高さや高低の変化によって四声と呼ぶ4つの基本的なパターンがあり、さらにそこからのバリエーションもあり、外国人にとって中国語を学ぶ難関のひとつとなっています。 良く言わ…10月08日 09時01分
  • 台湾で感じたこと
    久々の土日休日(やるべきことはいろいろありますが・・・)なので、昨日のリーダーの話の続きは月曜日にまわして、先日行ってきた台湾で感じたことのお話をひとつ。 「お疲れ様です」を中国語で言うと「辛苦了(シンクーラ)」という言葉になります。 これ…10月07日 08時15分
  • リーダーに必要な事 1.啓発
    ジョン・P・コッターによる「リーダーシップ論:いま何をなすべきか」(ダイヤモンド社,1999年)の第1章「リーダーとマネジャーの違い」には、 リーダーシップは、 ・針路を設定(将来ビジョンとその達成のための変革の戦略) ・組織メンバーの心の…10月06日 05時21分
  • リーダーシップとマネジメント 4.マネジメントとリーダーシップの違い
    引き続き、リーダーシップの第一人者ジョン・P・コッターによる「リーダーシップ論:いま何をなすべきか」(ダイヤモンド社,1999年)より、第1章の「リーダーとマネジャーの違い」から大事なところをメモ書きをしておきます。 今日はマネジメントとリ…10月05日 05時00分
  • リーダーシップとマネジメント 3.リーダーシップの役割
    引き続き、リーダーシップの第一人者ジョン・P・コッターによる「リーダーシップ論:いま何をなすべきか」(ダイヤモンド社,1999年)より、第1章の「リーダーとマネジャーの違い」から大事なところをメモ書きをしておきます。 今日はリーダーシップの…10月04日 05時05分
  • リーダーシップとマネジメント 2.マネジメントの役割
    引き続き、リーダーシップの第一人者ジョン・P・コッターによる「リーダーシップ論:いま何をなすべきか」(ダイヤモンド社,1999年)より、第1章の「リーダーとマネジャーの違い」から大事なところをメモ書きをしておきます。 マネジメントの役割 ・…10月03日 05時10分
  • リーダーシップとマネジメント 1.リーダーシップとマネジメントは違う
    以前にも少しリーダーシップとマネジメントについて書きましたが、リーダーシップの第一人者ジョン・P・コッターによる「リーダーシップ論:いま何をなすべきか」(ダイヤモンド社,1999年)より、第1章の「リーダーとマネジャーの違い」から大事なとこ…10月02日 05時14分
  • 力を伸ばすには
    今までできなかったことができる、これは力が伸びたという一例ですが、そのためには今までできていないことに挑戦することが初めの一歩となります。 やったことがないこと、困難だと思えること、このようなことに挑戦し、そしてそれを成すことによって一つの…10月01日 16時03分