儲けの秘訣を伝授します

サイト名称
儲けの秘訣を伝授します
URL
http://thinkweb.co.jp/blog/
紹介文
まわりにいる立派な経営者達と接していると ああ、これが経営のコツなのかと気づくことがあります。道内経営者の話をを中心に…
カテゴリ
  • 北海道 (100%) - 13 / 344人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 安くする工夫もイノベーション
    昨日の「値決めは経営」では、「これを実現するには、安く提供できるための工夫が必要です。」と書きました。 普通、値段を決める場合は、原価を算定し、それに利益を見込んで値段を決めるのが普通です。 しかし、価格は必ずしも維持できるものではありま…01月27日 23時59分
  • 値決めは経営
    雑誌の付録のCDに、サイゼリヤの正垣泰彦会長が女子高生の質問に答えて、 「お客さんの喜んでくれる値段を決めて、それからその提供方法を考える」 という意味の話が収録されていました。 確かにサイゼリヤのメニューをみると、お得感一杯です。 「お…01月26日 07時26分
  • 経営理念と経営計画、そして全社一丸3
    3.全社一丸のために役立つこと 価値観・バリューの共有にまず必要なことはコミュニケーションです。 朝礼や会議など公式なものやプライベートな雑談など非公式なものも含まれます。 「同じ釜の飯を食った仲」という言葉がありますが、共通の体験がコミュ…01月25日 09時35分
  • 経営理念と経営計画、そして全社一丸2
    2. 全社一丸にはまず経営理念 経営理念には3つの意味が含まれるといいます。 1つは企業の目的、ミッションです。2つ目は企業の価値観、バリューです。3つ目は企業のめざす姿、ビジョンです。 昨日、「社員が経営計画に取り組むということは自らの…01月24日 23時11分
  • 経営理念と経営計画、そして全社一丸1
    最近書いてきた全社一丸と経営理念、経営計画にかんすることを3回でまとめてみます。 世のため人のために活動を行うことに企業の存在意義がありますが、それを永続していくためには経営の余裕が必要です。 利益というのは支払義務を果たした残余と考える…01月23日 23時39分
  • 経営計画の有効性を高めるには
    昨日は朝の5:40にブログを書いたと書きましたが、今日は夜、現在21:30です。 23日締切の論文は、当初昨日21日の朝に投函する予定でしたが、21日朝になってみるとまだ手を入れたい部分が見つかり、ぎりぎりの今朝の投函となりました。 昨日…01月22日 21時39分
  • 経営理念と経営計画
    このブログを書くのは、だいたい早朝の時間帯です。今現在、朝の5:40ですが、今日はいつもの早起きではなく、夜更かしが続いて今です。 なぜ夜更かしかというと23日締切の論文修正をしていたからです。また今回も土俵際の作業ですが、なんとかめどが…01月21日 05時55分
  • 寝食を共にする
    昨日、「思想を共有する」ということについて書きましたが、共通の体験によって同じ思いが培われるという面もあると思います。 「同じ釜の飯を食った仲間」という言葉もありますし、以前読んだ小説には、同じ屋根の下で寝るということは相手を信頼していな…01月20日 08時54分
  • 思想を共有しないと一丸にならない
    本日は盛和塾「札幌」の今年初の自主勉強会があり、2004年盛和塾全国世話人会議での稲盛和夫塾長講話のDVDを鑑賞しました。 そこでの一言が今日のブログタイトル「思想を共有しないと一丸にならない」です。 思想、フィロソフィを共有するためには…01月19日 23時22分
  • 自分の「使命」に気づく
    昨日の「やる気はどこから生まれるか」では、「やる気がでるのは、人から認められたとき、自分しかいないとき」という話を紹介しました。 人に認められ何かを任される、これはマズローの欲求段階説でいう尊厳欲求です。 欲求段階説では、この上に自己実現…01月18日 07時22分
  • やる気はどこから生まれるか
    昨日、「店長が替わるだけで上下2割業績が変わる」という話を紹介しました。 メニューも、店の従業員も変わらず、店長が替わるだけで業績が変化する理由はなんでしょう? 店長自身の働く量が違うから?小さな店ではありそうですが、大きな店では、いくら…01月17日 08時30分
  • やる気の変化で業績が2割変わる
    年が明けてから、あちこちで講演する機会が増えてきました。 振り返ってみれば、2013年は北海道中小企業家同友会札幌支部にある12支部のうち11支部で講演したこともありました。 昨年2014年は同友会での講演は数回で、個別企業での単発講演や…01月16日 17時42分
  • 人の倍
    本日、平成27年1月15日が「博士論文中間報告書」の提出締切で、なんとかA4用紙で25ページの報告書が仕上がりました。 通常大学院の博士後期課程は3年履修で、中間報告は2年目修了時に行うものです。 私の場合、3年のところを5年の長期履修と…01月15日 06時04分
  • 土俵の真ん中で相撲をとる
    昨日に引き続き夜なべ作業が続いています。 いつも思うのは、土俵際でばたばたするのではなく、余裕を持って土俵の真ん中で相撲をとりたいということです。 ただ、あまり余裕を感じていは火事場の馬鹿力がでませんから、土俵の真ん中を土俵際だと思って頑…01月14日 08時30分
  • いろいろな締切
    昨日、「経営にはこうしたら必ずこうなるという「法則」は存在しないが、こうすべきだという基本的な決まりである「原理原則」があると考え、赤字率の高い中小企業、とくに小規模・小企業の「原理原則」とその効果について、大学院博士課程での研究を進めて…01月13日 06時03分
  • 経営における法則と原理原則1
    自然科学の法則は、一定の条件化で必ずおこる現象をさします。 誰でも手に持っているりんごを手放せば、りんごは地面に落ちます。これはりんごと地球の間に万有引力の法則が働いているからと説明できます。 しかし、この時、りんごや地球はお互いに近づこ…01月12日 08時13分
  • 経営理念は不変か変更もありか?
    経営は社会の変化に対応していかなければなりませんが、経営理念の変更はありでしょうか? 本来、経営理念とは社会が変化しても普遍的に正しいことであるべきだと思います。 また、その理念は会社に集う人みなが賛同できるものであることが求められます。…01月11日 09時43分
  • 経営指針の効果5
    昨日、一昨日と経営理念が希薄になると企業の命運が尽きるという話を紹介してきました。 パナソニックは昨年2014年11月に紙媒体の社内報を復活させ、それに京セラ名誉会長の稲盛和夫さんの寄稿を掲載したとのことです。 その寄稿では、創業者松下幸…01月10日 07時48分
  • 経営指針の効果4
    「経営理念、経営計画がありながら、なぜ業績が悪いのか、また、中には倒産する会社もあるのはなぜか。」ということに対し、「これには異なる人が同じことを答えています」、と昨日書き、ビジョナリーカンパニーの話を紹介しました。 実は昨日の記事は、2…01月09日 07時14分
  • 経営指針の効果3
    昨日、 「経営理念、経営計画がありながら、なぜ業績が悪いのか、また、中には倒産する会社もあるのはなぜか、これについては明日のテーマにします。」 と書きました。 これには異なる人が同じことを答えています。 まずは、「ビジョナリーカンパニー」…01月08日 08時09分
  • 経営指針の効果2
    経営理念を公にし、従業員個人個人の目標と会社の目標の合致を得て、全社一丸となって経営計画のPDCAに取り組むことにより、企業業績の向上が見込まれる、ということを昨日書きました。 経営指針とは中小企業家同友会で使っている言葉で、経営理念、経…01月07日 06時48分
  • 経営指針の効果1
    昨年2014年の8月、小樽商科大学の紀要「商学討究」に「日本の中小企業における経営理念と経営計画の実態と業績に関する実証分析」という論文を発表しましたが、この内容は、小規模企業であっても経営理念、経営計画を社内もしくは社外公開している会社…01月06日 07時46分
  • 映画「ガン・ホー」4 最終回
    アメリカのコメディ映画「ガン・ホー」をもとにブログを書いてきましたが、「ガン・ホー」を観たのは、「1からの戦略論」(嶋口充輝・内田和成・黒岩健一郎 編著 碩学舎 2009年 2400円+税)という本の紹介を読んだからです。 そこには、 「…01月05日 07時31分
  • 映画「ガン・ホー」3
    昨日、1986年のアメリカのコメディ映画「ガン・ホー」から、日本人社員の朝の体操が米国人に奇異に映るのは、「職務限定の米国」と「職務無限定の日本」というのがあるからではないかと書きました。 しかし、昨日も書いたように、映画「フルメタルジャケ…01月04日 08時10分
  • 映画「ガン・ホー」2
    昨日、1986年のアメリカのコメディ映画「ガン・ホー」を紹介し、日本の特徴が「軍隊式の集団主義」のようだと書きました。 もともと「ガン・ホー」という言葉は、「gung-ho」で、「任務を熱心に遂行する」、「職務に非常に献身的な」という意味…01月03日 10時21分
  • 映画「ガン・ホー」
    1986年のアメリカのコメディ映画「ガン・ホー」を見ました。 閉鎖された地元の自動車工場のあとに、日本の自動車会社を誘致し、日米の文化の違いで摩擦がありながらも、最後は協力してハッピーエンドというストーリーの映画です。 ここに紹介される日…01月02日 23時59分
  • 2015年の目標
    年が明け2015年となりました。 このブログを始めたのが2009年1月5日からですから、7年目を迎えることになりました。 今年の目標は、「あたりまえのことをちゃんとやる」 以前、「A当たり前のことを、B馬鹿にしないで、Cちゃんとやる」とい…01月01日 23時59分
  • 「貢献意欲」と「自己実現」 最終回
    「『貢献意欲』と『自己実現』」というタイトルで書き続けてきましたが、そもそもその理由は、「どうしたら中小企業(それも小規模企業)の業績が向上するのか」という問題にあります。 私の考えでは、業績の向上(簡単に経常利益の増加と考えます)には、…12月31日 09時09分
  • 「貢献意欲」と「自己実現」 その5
    「集団に重きを置く日本の根っこは、第二次世界大戦以前の日本独自の教育にある」と書き、昨日はその薄れ方についても書きました。 この「日本独自の教育」ですが、当時の日本は朝鮮や台湾、南洋諸島を占領し、満州国という傀儡国家を建設し、そこでも「日…12月30日 18時32分
  • 「貢献意欲」と「自己実現」 その4
    昨日、集団に重きを置く日本の根っこは、第二次世界大戦以前の日本独自の教育にあるのではないかといい、そして、敗戦後70年が経つ現在ではその影響が薄れ、だんだんと個に重きを置く米国的な考え方が浸透し、結果、従来のやり方ではうまくいかなくなって…12月29日 05時32分
  • 「貢献意欲」と「自己実現」 その3
    昨日、「集団に重きを置く日本と個に重きを置く米国という考え」から、「この『自己実現』ですが、日本の場合、『仕事を通して人々の役に立つ』ことがぴったりくると感じています。」という表現にしましたと書きました。 日本という単位でひとくくりにして…12月28日 18時16分
  • 「貢献意欲」と「自己実現」 その2
    昨日、 「この『自己実現』ですが、日本の場合、『仕事を通して人々の役に立つ』ことがぴったりくると感じています。」 と書きましたが、「日本の場合」と書いたのには訳があります。 実は昨年2013年の1月24日に「自己実現とやる気の要素」という…12月27日 23時59分
  • 「貢献意欲」と「自己実現」 その1
    昨日、バーナードの組織の3要素、「共通目的」、「貢献意欲」、「コミュニケーション」の話を紹介し、「この『貢献意欲』とマズローのいう『自己実現』について、明日お話する予定です。」と書きました。 「貢献意欲」についてもう少し解説すると、これは…12月26日 23時59分
  • 組織とは
    昨日、「マネジメントとは個を組織に巻き込む仕組み」という話をしました。 では、その「組織」とはどんなものなのか? 近代的組織論の祖といわれるバーナードは、1人でできないことを協働して行うために組織があるとして、「共通目的」、「貢献意欲」、…12月25日 23時56分
  • マネジメントとは
    以前、北海学園大学の大平義隆先生のお話より、集団に重きを置く日本と、個に重きを置く米国の企業文化の違いについて紹介しました。 そのお話の中に、マネジメントとは個を組織に巻き込む仕組みだという話がありました。 考えてみればマネジメントとは組…12月24日 23時59分
  • 地球暦
    もうすぐ2014年のカレンダーも終わりになります。2015年のカレンダーを準備している方がほとんどでしょう。 1月1日から始まって12月31日までの365日。 考えてみれば365日かけて地球が太陽の周りを廻っていて、冬至や夏至、春分の日や…12月23日 23時56分
  • 自己実現とはなんだろう 自己実現と仕事
    マズローの「自己実現の経営」(原年廣訳 産業能率短期大学出版部 1967年)の最初のほうにある章「自己実現的人間の態度」から、「自己実現」に関連する文章を拾って見ます。 「おのれを知り、他人を尊敬し、愛することのできる人は、一般に勤勉家で…12月22日 23時59分
  • 自己実現とはなんだろう 他人の存在
    昨日、 「マズロー関連を読む限りでは、自己実現とは自分中心で他者の存在を考えていないが、自分の感覚や映画「生きる」では、他者の役に立つという面があるのではないか、そういう疑問です。」 と書いたのですが、実はマズローの著書には「愛他」という…12月21日 19時21分
  • 自己実現とはなんだろう 自己実現に関する疑問
    マズローの本や関連する論文などを読んでいると、「自己実現」とは、「自分の持っている能力や本性を存分に発揮し、より自分らしくなること」と説明したり、「自己実現とは、完全に熱中し、全面的に没頭しつつ、無欲になって、十分に生き生きと経験すること…12月20日 23時59分
  • 自己実現とは何だろう マズローのいう黒澤明監督「生きる」の意味
    昨日、マズローの「自己実現の経営」(原年廣訳 産業能率短期大学出版部 1967年)という本を紹介しました。 その本の最初のほうに「自己実現的人間の態度」という章があり、そこには次のような記述があります。 「自己救済のための唯一の道は、日本…12月19日 23時09分
  • 自己実現とは何だろう マズローの立ち位置
    12月4日に「自己実現とは何だろう」とは何だろうという記事を書き、 「本来、マズローの著作や関連の先行研究を調べるべきことですが、今はその時間がないので思いつくままに書いてみます。」 と書きましたが、その後、マズローの「自己実現の経営」(…12月18日 22時51分
  • 日本的経営はいつ生まれたのか 補足の補足
    昨日、 「具体的な『「日本的なもの」が存在しない時期』として、 『日本において経営3問題が資本主義的自由企業体制の条件にもっとも近似した状態にあった時期』 を探ると、1920〜1935年に行き着いたということでした。」 と、書きましたが、…12月17日 08時19分
  • 日本的経営はいつ生まれたのか 補足
    日本的経営の出発点を考えるには、 「日本の企業について『日本的なもの』が存在しない時期を探り、その時期が終焉して、日本的なものが出現する段階に日本的経営の生成を求めることである。」 とし、1920年(大正10年)〜1935年(昭和10年)…12月16日 07時54分
  • 日本的経営はいつ生まれたのか
    「日本企業の経営理念における儒教の影響」について書いてきましたが、昨日、森本三男先生の「日本的経営の論理と倫理:その源流としての公益的営利と職能人・勤労」(『経営教育研究』 1巻 1998年)という論文を読み、なるほどと思うことがあったの…12月15日 07時29分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 10.付録
    昨日、 「そして、その後、儒教の流れを汲む稲盛和夫の経営哲学を学ぶ「盛和塾」が中国に急速に拡がることとなります。 「世界でも最も『強欲な資本主義』」を抑えるために、もともと中国が発祥の地である儒教がベースの稲盛経営哲学が中国政府にとっても…12月14日 01時10分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 9.中国で盛和塾が広がる理由
    昨日、 中国では今、爆発的な勢いで稲盛哲学が広まっているが、稲盛はそれについて、「いま、中国では多くの企業経営者の方々が、これまでの利己的な経営のあり方 を見直し、利他の心という言葉を口にするようになっている。世界でも最も『強欲な資本主義…12月13日 05時00分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 8.稲盛和夫氏と儒教4
    このシリーズは、今年2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発 表した内容を紹介しています。引き続き、日本の経営にどう儒教が影響しているかの例として、加護野先…12月12日 07時26分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 7.稲盛和夫氏と儒教3
    このシリーズは、今年2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発 表した内容を紹介しています。引き続き、日本の経営にどう儒教が影響しているかの例として、加護野先…12月11日 07時04分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 6.稲盛和夫氏と儒教2
    このシリーズは、今年2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発 表した内容を紹介しています。昨日に引き続き、日本の経営にどう儒教が影響しているかの例として、稲…12月10日 00時01分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 5.稲盛和夫氏と儒教1
    このシリーズは、今年2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発表した内容を紹介しています。昨日まで、日本における儒教の影響について解説しましたが、今日からは日…12月09日 08時45分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 4.儒教の影響
    昨日、日本における儒教の変遷について、「第二次世界大戦の敗戦後は前近代的という批判を受け影響力は弱まった」と説明しました。 江戸時代には幕府の採用により武士階級に定着し、明治からは教育勅語に儒教の思想が取り入れられ、そして第二次世界大戦の…12月08日 23時44分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 3.儒教の歴史
    前回まで、 「日本企業の経営理念を検討する場合は、諸外国とは異なる土着の思想に基づく部分を考察することが必要ということになります。」 「日本企業の経営の精神には、諸外国と異なる土着の思想として、儒教と仏教があるのではないかという手がかりで…12月07日 09時18分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 2.経営の精神の3要素
    昨日、「本企業の経営理念を検討する場合は、諸外国とは異なる土着の思想に基づく部分を考察することが必要ということになります。」と書きました。 そのヒントが、加護野忠男先生の「経営の精神:我々が捨ててしまったものは何か」(生産性出版 2010…12月06日 09時04分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 1.経営理念の分析軸
    今年の2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発表をしたのですが、最近また「経営理念における儒教の影響」について考えるようになってきました。 頭の整理のためにも…12月05日 07時59分
  • 自己実現とは何だろう
    マズローは、人には、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、自我欲求、自己実現の5段階の欲求があるといい、昨日、「具体的にいえば、身の危険を感じる職場環境(生理的欲求)、安定した生活をおくれないような給与(安全欲求)、職場での仲間外れ(社会的欲…12月04日 08時05分
  • やる気と不満 補足
    昨日、「ハーズバーグは、やる気と不満の原因は別物であるとし、下位の欲求階層が満たされなければ不満が生まれ、上位の欲求が満たされるとやる気が生まれると説きます。」という、ハーズバーグの「動機づけ/衛生理論」を紹介しました。 なぜ「動機づけ/…12月03日 07時45分
  • やる気と不満
    有名なマズローの欲求段階説は、人には、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、自我欲求、自己実現の5段階の欲求があり、下位の生理的欲求から満たされると次の欲求が生まれるというものです。 ただ、これは実験などで実証されたものではないため、今の経営…12月02日 22時14分
  • 会社は誰のもの? 利益のゆくえは? その6
    「強欲な株主」の振舞いが懸念される昨今ですが、法律上の所有者だからといって、所有者が何をしても良い訳ではありません。 会社は株主のためだけに存在するのではなく、会社に関係する人々(ステークホルダー:経営者を含む従業員、その家族、取引先、得…12月01日 07時02分