儲けの秘訣を伝授します

サイト名称
儲けの秘訣を伝授します
URL
http://thinkweb.co.jp/blog/
紹介文
まわりにいる立派な経営者達と接していると ああ、これが経営のコツなのかと気づくことがあります。道内経営者の話をを中心に…
カテゴリ
  • 北海道 (100%) - 14 / 369人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 売上を最大限に、経費は最小限に
    昨日のブログで「売上を最大に、経費を最小に」と書きましたが、一部誤解をする人がいるようなので、念のために説明を加えておきます。 稲盛和夫さんが提唱する「経営の原点12ヶ条」の第5条が「売上を最大限に、経費は最小限に」というものです。 稲盛…04月18日 23時27分
  • エンドレス
    昨日、盛和塾札幌のDVD例会がありました。稲盛和夫塾長の2014年6月の中国・杭州での講演「働き方:経営者はいかに働くべきか」を視聴し、グループ討議を行いました。 そのグループ討議のさいに出てきた言葉が今日のタイトル「エンドレス」です。 …04月17日 07時42分
  • 経営理念神棚論? その11 最終回
    昨日書いたように、多くの小さくて儲かっていない会社がしなければならないことは、儲かる体質にすることであり、そのためには「売上を最大に、経費を最小に」する必要があります。 さて、この際に、経営理念は役に立つのでしょうか? 売上を上げるノウハ…04月16日 08時02分
  • 経営理念神棚論? その10
    仕事や北海道中小企業家同友会、盛和塾などを通じて多くの会社の実情を知ることができましたが、経営には大きく二パターンあるのではないかと思います。 ひとつは黒字経営が確立している場合で、もうひとつはなんとか黒字経営を確立させたいとしている場合…04月15日 08時24分
  • 経営理念神棚論? その9
    昨日、一昨日の 「「さて、最近ああやっぱりそうなんだと思ったことなのですが、それは、日本の多くの中小企業は経営学という学問の対象外なんじゃないかということです。」 という文章に誤解があるようなので、補足します。 これは、私が「日本の多くの…04月14日 05時57分
  • 経営理念神棚論? その8
    昨日、 「さて、最近ああやっぱりそうなんだと思ったことなのですが、それは、日本の多くの中小企業は経営学という学問の対象外なんじゃないかということです。これは社員一人ひとりの働く目的ともかかわる話になるのですが、続きはまた明日。」 と書きまし…04月13日 06時06分
  • 経営理念神棚論? その7
    昨日、 「ここでいう「組織の目的」を示すのが「経営理念」ですから、経営理念神棚論?が正しいとすれば、組織の目的、「経営理念」がお飾りであっても、個々の判断の判断基準、価値観が、経営の向上に資するものになっているということになります。」 と…04月12日 08時29分
  • 経営理念神棚論? その6
    経営理念神棚論とは、経営の向上をもたらすのは経理念ではなく実際の作業がであって、経営理念は「神棚」、お飾りなのだというものですが、前回の「その6」では、次のように書きました。 「この『力量』とはどういうことか考えてみると、想定外のことにも…04月11日 22時42分
  • 目標は前提
    同じ5円玉を立てるということでも、5円玉を立てることが目的のゲームをさせてそれに成功する率と、5円玉を立てそしてその穴に爪楊枝を刺すというゲームのときの5円玉を立てることができる率では、後者の方が高いそうです。 査読をパスして学会誌に論文…04月10日 07時16分
  • 7人と8人
    昨日の日本経済新聞朝刊の囲み記事「Voice」に、組織論が専門のジェームズ・ルートさんの「会議はメンバーが7人を超えると、1人増えるごとに効率が下がる」という発言が紹介されてました。これで思い出したことがあるので、今日は「経営理念神棚論?…04月09日 06時36分
  • 経営理念神棚論? その5
    昨日、 「この『力量』とはどういうことか考えてみると、想定外のことにも適切に対応できるということでしょうか。 適切に対応するには、適切な判断とその判断を実行に移す技量が必要です。 その適切な判断には、明確な判断基準が必要でしょう」 と書き…04月08日 06時38分
  • 経営理念神棚論? その4
    昨日、「タクシーという商売ですと、『顧客のニーズや信頼に応える』には、乗務員一人ひとりの力量にかかる部分が大きいと思います。」と書きましたが、一人ひとりの力量にかかる部分が大きいのはタクシー業界だけではありません。 先月の研究報告会でも、…04月07日 08時15分
  • 経営理念神棚論? その3
    企業の究極の目的である企業の存続のためには、しっかり収益をあげること、顧客のニーズや信頼に応えることが求められるのでしょう、と昨日書きました。 しっかり収益をあげることはちょっと置いておいて、顧客のニーズや信頼に応えることから考えてみます…04月06日 07時24分
  • 経営理念神棚論? その2
    昨日、「まずは、今までの経営理念の有効性に関する論の検討から」と書きましたが、経営理念が経営に資するものなのかどうか検討します。 そもそも経営理念が経営に資するとはどういうことか? これは経営理念が経営の目的に役立つということでしょう。 …04月05日 06時20分
  • 経営理念神棚論? その1
    中学生のころに読んだ小松左京の小説に、地球に来た宇宙人が日本のビル建設の様子を見て、地鎮祭で神を祭り、完成後の近代的なビル内にも神棚がある、日本人はビルを建設するふりをしているが実際には神様がビルを建てている、と考えてるシーンがありました…04月04日 09時28分
  • 最初の一歩を踏み出す勇気
    昨日、「最初の一歩」というタイトルで、「何をすべきかはわかっても、具体的にどうしたら良いのか、これがやってみなければわからない、ということが多いのです。」と、書きました。 思い起こせば今から4年ほど前の2011年5月28日に、同じ「最初の…04月03日 07時38分
  • 最初の一歩
    昨日、「何もしないことが不安のもとでしたから、不安の解消には、まずは動かねばなりません。」と書きました。 しかし、動くといっても、何をどうしたら良いのか、正確にわかっていることはあまりありません。 何をすべきかはわかっても、具体的にどうし…04月02日 07時07分
  • 不安もやる気も源は同じ
    昨日、神戸大学大学院の金井壽宏教授の著書「やる気!攻略本」(ミシマ社 2008年)より、「やる気」のサイクルを紹介しました。 現状ではまずいと思うことが不安を招き、その不安を解消しようとあれこれ動くうちに、目的や希望を見いだしやる気が生ま…04月01日 07時21分
  • やる気のサイクル
    神戸大学大学院の金井壽宏教授の著書「やる気!攻略本」(ミシマ社 2008年)には、「やる気」のサイクルが示されています。 1.大きな目的を抱いたことで現状と目的のズレを感じる(ズレ) 2.現状と希望のズレを感知して、緊張が発生してしまう(…03月31日 08時13分
  • 希望と不安
    昨日紹介した「空中ブランコ」の話ですが、ポイントは次のブランコをつかむ前に、今のブランコから手を放さなければならないというところでしょう。 次のブランコとは将来のことであり、将来しようとしていることが上手くいくのかいかないのかはわかりませ…03月30日 06時39分
  • 何かが終わらない限り何にも始まらない
    1929年の大不況の時、アメリカのコメディアン、グルーチョ・マルクスがこう言ったそうです。 「大変な時代が始まったのではない、楽な時代が終わっただけだ。」 この話は、神戸大学大学院の金井壽宏教授の講演録(https://www.ic.na…03月29日 17時25分
  • 創業者と2代目のリーダーシップの違い その7
    3月21日に行われた北海道中小企業家同友会とかち支部主催の十勝経営者大学第9講、株式会社柳月の田村昇社長の講義で2代目の経営についての話を聞いたきっかけで、この「創業者と2代目のリーダーシップの違い」シリーズを続けてきました。 しかし、考…03月28日 09時48分
  • 創業者と2代目のリーダーシップの違い その6
    昨日まで「心を一つにして、社長の思いを社員に理解してもらい、やってもらう」ことが社長の仕事の一つであるという、3月21日に行われた北海道中小企業家同友会とかち支部主催の十勝経営者大学第9講、株式会社柳月の田村昇社長の言葉を紹介し、『日経ベ…03月27日 07時50分
  • 創業者と2代目のリーダーシップの違い その5
    「心を一つにして、社長の思いを社員に理解してもらい、やってもらう」ことが社長の仕事の一つであるという、3月21日に行われた北海道中小企業家同友会とかち支部主催の十勝経営者大学第9講、株式会社柳月の田村昇社長の言葉を紹介し、昨日は、『日経ベ…03月26日 00時02分
  • 創業者と2代目のリーダーシップの違い その4
    3月21日に行われた北海道中小企業家同友会とかち支部主催の十勝経営者大学第9講、株式会社柳月の田村昇社長の言葉、「心を一つにして、社長の思いを社員に理解してもらい、やってもらう」を紹介し、そこから経営理念についてあれこれ書いています。 昨…03月25日 07時39分
  • 創業者と2代目のリーダーシップの違い その3
    昨日紹介した3月21日に行われた北海道中小企業家同友会とかち支部主催の十勝経営者大学第9講、株式会社柳月の田村昇社長の言葉、「心を一つにして、社長の思いを社員に理解してもらい、やってもらう」ことが必要だと言い、そのためには「それにむかって…03月24日 07時55分
  • 創業者と2代目のリーダーシップの違い その2
    昨日紹介したように、3月21日に行われた北海道中小企業家同友会とかち支部主催の十勝経営者大学第9講、株式会社柳月の田村昇社長による「人と人との心を結び、お菓子を通じて 幸せを届ける:徹底した経営理念の実践で、日本一の菓子店づくりをめざす」…03月23日 08時06分
  • 創業者と2代目のリーダーシップの違い その1
    昨日の3月21日、北海道中小企業家同友会とかち支部主催の十勝経営者大学第9講、株式会社柳月の田村昇社長による「人と人との心を結び、お菓子を通じて幸せを届ける:徹底した経営理念の実践で、日本一の菓子店づくりをめざす」を受講しました。会場は柳…03月22日 20時50分
  • モチベーション < コミットメント < キャリア
    昨日、「『経営組織』では、個人と組織のかかわり合いを時間軸で整理すると、モチベーション < コミットメント < キャリア の順となると紹介していますが、この話はまた明日」と書きました。 『経営組織』(金井壽宏 1999年 日本経済新聞社)…03月21日 05時12分
  • コミットメントとは
    経営理念の浸透に関する資料を読んでいますが、「コミットメント」や「コミット」という言葉を見かけます。 「個人と組織のかかわり方」という意味合いで使われることが多いのですが、その言葉に出会うと、どうも文章の意味がつかみづらくなります。 そん…03月20日 08時25分
  • 経営理念の浸透にはまず身近な人たちから
    昨日、「社内で浸透させようとするなら、その考え方を、自社内の共通の『言葉』で語る必要があります。」と書き、「会社という中で、共通の「言葉」となれば、やはり経営者自身の言葉、会社の歴史やそこでのエピソードというところでしょう。」と書きました…03月19日 07時36分
  • 経営理念を自分の言葉で語る
    44回目となる今月の研究報告会は3月31日の夜に開催の予定ですがその準備のためと、博士論文の準備のために、経営理念の浸透に関係する資料を読み込んでいます。 (研究報告会の詳細はこちらを http://www.thinkweb.co.jp/…03月18日 08時26分
  • 値決めをできるようにする
    ある特定の会社からの注文に、自社の売上の大部分を依存している、価格決定件は相手側にあり、こちらはそれに従うしかない、そんな会社もあると思います。 以前、北海道中小企業家同友会の経営者大学でマーケティングに関する講座に出席した際、そのような…03月17日 06時02分
  • 値決めは経営
    昨日、「やはり、売上は最大限を目指し、経費は最小限に抑えようとすることが大切です」と書きました。 売上=単価×数量です。売上を最大にするには、最大売上となる単価を見きわめる必要があります。 先般、薄型テレビの値崩れの話をしましたが、自分達…03月16日 05時00分
  • 経費は最小限に その3
    経費には売上に応じて変動する変動費と、売上の増減にかかわらず一定額かかる固定費とに分けられます。 売価に連動して経費を下げるといっても、変動比率を下げる工夫と、そもそも固定費を削減する努力が必要です。 弊社のお客様や周りの会社を見てみると…03月15日 23時15分
  • 経費は最小限に その2
    テイラーの科学的管理法で作業が標準化され、その後標準原価計算という考え方が浸透し、製造販売の価格の決め方は、まず製造原価があり、それに必要な経費と利益をのせて売価を決めるというのが一般的でしょう。 このような先に原価ありきだと、販売価格が…03月14日 23時59分
  • 経費は最小限に
    以前紹介した稲盛和夫さんの「経営の原点12ヶ条」は、経営に大切なことを順番に12個掲げています。 その5番目は、「売上を最大限に、経費を最小限に」 稲盛さんがよくおっしゃるのは、経費を下げる大事さです。 不況などで売上が下がったら、経費も…03月13日 23時50分
  • 経営理念の浸透に関する研究
    44回目となる今月の研究報告会のテーマが「経営理念浸透のメカニズムとその方法」ということもあり、過去の経営理念の浸透に関する研究を調べています。 研究報告会(3月31日)の詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/…03月12日 23時59分
  • 卒業生に贈る言葉
    今日は一年前のブログ内容をそのままコピーです。 以下、2014年3月11日のブログです。 今日はヒューマンアカデミー札幌校の卒業式の日です。 平成3年から専門学校での授業を持つことになり、沢山の卒業式に出席しました。卒業生へのスピーチも沢山…03月11日 08時50分
  • 努力をし続ける
    京セラ、KDDIを大企業に育て上げ、JALを再生した稲盛和夫さんは「経営の原点12ヶ条」で、経営に大切なことを順番に12個掲げています。 これまで、 経営理念を掲げること 12ヶ条の1 経営計画を立てること 12ヶ条の2 強く持続した思い…03月10日 07時21分
  • 強く持続した思い その4
    経営計画を実践していくには会社としての実力が必要です。 計画を立ててみてもなかなか計画とおりにいかないのが実情です。 売上の計画にしても、そもそも最初は計画を立てるだけの情報がなく、思いだけの計画を立てるしかありません。 当然、そのような計…03月09日 07時31分
  • 強く持続した思い その3
    昨日、次のように書きました。 小企業経営者の実情はこんな感じです。 A高校に入りたいというような明確な目的を掲げる経営者は多くない。同友会のアンケートでも7割以下ですから、実情は半分もいないでしょう。 A高校に入るための具体的な計画を立て…03月08日 15時57分
  • 強く持続した思い その2
    例えば、中学入学時にはA高校に入りたいと思った生徒が100人いたとして、実際の高校受験時までその思いを持ち続け受験する割合はどれくらいでしょう? 最初はA高校と思ったけれども、テストの成績はそれに及ばす、かといって自分の勉強方法も改善せず…03月07日 22時00分
  • 強く持続した思い
    昨日の「経営指針に必要なこと」で、 「経営者にとって一番の課題は、『強く思うこと』ということです」とあり、「強烈な願望を持つことがすべてを超越し、物事が成就していく」とあります。 と書いたところ、 「どんな経営者でも『強く思っています』し…03月06日 23時59分
  • 経営指針に必要なこと
    経営指針とは中小企業家同友会では経営理念、経営方針、経営計画の三つを指し、これを成文化し実践することが大事だと経営指針成文化運動を推進しています。 また、京セラ創業者の稲盛和夫さんは経営に大切なことを順番に述べた「経営の原点12ヶ条」を発…03月05日 23時58分
  • 経営理念 その11.自分の言葉で語る
    昨日紹介した高巌麗澤大学教授の論文「経営理念はパフォーマンスに影響を及ぼすか:経営理念の浸透に関する調査結果をもとに」では、まずは経営理念への「共感」を上層部から得ることが浸透のスタートとなります。そして、経営理念が浸透しない場合、「経営…03月04日 23時59分
  • 経営理念 その10.行動に反映させるためには
    高巌麗澤大学教授の論文「経営理念はパフォーマンスに影響を及ぼすか:経営理念の浸透に関する調査結果をもとに」によると、経営理念の浸透を1.経営理念の「行動への反映」、2.内容についての「認識」、3.経営理念への「共感」という3つの次元で捉え…03月03日 21時52分
  • 経営理念 その9.経営理念の機能
    経営理念に関する研究を調べていると、経営理念の機能に関しては次のようなことに効くといわれています。 モチベーション向上、判断基準、企業イメージの創造・発信、組織文化、内部統合、外部適応、コミュニケーションのベース、業績 昨日の理念の定義も…03月02日 23時59分
  • 経営理念 その8.経営理念の定義と企業規模
    今までの研究でどのように経営理念を定義してきたかを調べましたが、やはり確立した定義はないというのが共通認識です。 以前書いたように、実際にいろいろな経営理念が存在しているのですが、それらを一つの定義づけでくくることは難しいでしょう。 しか…03月01日 23時59分