儲けの秘訣を伝授します

登録ID
737084
サイト名称
儲けの秘訣を伝授します
URL
http://thinkweb.co.jp/blog/
紹介文
まわりにいる立派な経営者達と接していると ああ、これが経営のコツなのかと気づくことがあります。道内経営者の話をを中心に…
カテゴリ
  • 北海道 (100%) - 19 / 279人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 理解と納得と共感4
    昨日、経営理念(フィロソフィ)浸透の段階として、 1.認識、2.理解、3.納得、4.共感、5.信念という5段階を紹介しました。 この5.信念とは4.共感の段階にあるものがさらに常に5.信念を目指し続けるというものですが、経営者はこの段階にま…03月26日 23時15分
  • 理解と納得と共感3
    昨日までの話を、以下のように整理しました。 ・経営理念(フィロソフィ)浸透の段階 1.認識 知っているというレベル 理念の存在を知っているということであり、次の理解までには至っていない。 理解できていないのでフィロソフィに沿った行動を強いる…03月25日 23時59分
  • 理解と納得と共感2
    昨日、「理解と納得と共感」について以下のように書きました。 理解とは、理屈でわかる、頭でわかるということです。 納得とは、理解したことを自分もそうだと肯定的に考える、腑に落ちるということです。 共感とは、心が同じ想いであるということです。 …03月24日 08時12分
  • 理解と納得と共感
    本日、「経営者の想いはなぜ伝わらないのか」というテーマでお話をする機会がありますが、その中の一つの話である「理解と納得と共感」について、ここに書いておきます。 理解とは、理屈でわかる、頭でわかるということです。 納得とは、理解したことを自分…03月23日 08時03分
  • 稼ぎに追いつく貧乏なし
    昨日、永続企業を目指すためには、 「『売上をあげるための得意先を作る』、『売上をあげるための商品・サービスを作る』ということが必要になります」、と書きました。 仕事が無く暇な時にのんびりしているのと、次の仕事のためにあれこれ準備している会社…03月22日 06時12分
  • 日々採算を作る
    企業を取り巻く環境の変化が激化する中で、永続企業を目指すためには、企業の進化・発展が求められ、そのためには利益が必須のものとなります。 日々、この利益を積み重ねていこうということが「日々採算を作る」という今日のタイトルとなるのですが、そのた…03月21日 06時45分
  • 経営指針の効果2
    昨日、経営指針の効果は2つあり、その一つは経営者の意識が変わることで、もうひとつは、会社全体が一丸となるための方法がわかる、と紹介しました。 前者の経営者の意識については、1年間の経営指針研究会期間中に、ほとんどの人の意識が変わります。もと…03月20日 05時57分
  • 経営指針の効果
    一昨日の3月17日に、北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針委員会主催の第14期経営指針研究会のオリエンテーションがあり、私はそこで「なぜ経営指針が必要か」というテーマで少しお話ししてきましが、後から次のことをお話ししておくべきだったと思い…03月19日 06時36分
  • 新しい経営指針2
    昨日紹介したように、北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針委員会主催の第14期経営指針研究会のテキストとなる「経営指針成文化と実践の手引き」は昨年12月に内容が改定され、そこでは経営指針は、経営理念、10年ビジョン、経営方針、経営計画の4つ…03月18日 23時59分
  • 新しい経営指針
    今日は北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針委員会主催の第14期経営指針研究会のオリエンテーションがあり、私はそこで「なぜ経営指針が必要か」というテーマで少しお話しすることになっています。 この経営指針研究会では「経営指針成文化と実践の手引…03月17日 07時45分
  • ローマは1日にしてならず
    1日の時間には限りがあり、できることは限られます。 ですから大きなことを成すには日々コツコツ積み重ねていくしかありません。 その1日1日の積み重ねは微々たるものですからついつい後でまとめてとか、 どこかで時間を作って一気にやろうとか思ったり…03月16日 07時58分
  • 卒業生に送る言葉
    今日はヒューマンアカデミー札幌校の卒業式です。 振り返れば、平成3年から専門学校や大学での授業を持つことになり、今まで沢山の卒業式に出席し、卒業生へのスピーチもしています。 スピーチの内容はだいたい同じで次のような内容です。 皆さん、卒業お…03月15日 06時56分
  • 目標設定は成功の条件
    昨日の盛和塾札幌の自主勉強会は稲盛和夫塾長による京セラフィロソフィの解説のDVD視聴でした。 「成功するまで諦めない」という項目の解説に、研究開発であれば成功したのか失敗したのかははっきりわかるが、事業経営の場合、潰れてしまえば失敗とわかる…03月14日 08時29分
  • 誤字脱字
    このブログの2013年9月29日と30日に次のように書いていました。 「人間を「働かせる」ということは、つねにその人間を育成するということを意味する。この育成の方向こそその人間が人として、また資源として、より生産的なものになるか、それとも結…03月13日 07時10分
  • 経営理念とは何か 6
    経営の目的は何か、何のために経営するのか、経営理念とはそういうことを示すものだというのはその通りなのですが、昨日まで見てきたように、経営理念にはもう一つの側面があります。 それは、組織成員の心、考え方の交流の引き金やそのベースとなるものとい…03月12日 08時41分
  • 経営理念とは何か 5
    組織が一体となって動いていくためには、共通の目標、ビジョンが必要だと書いてきましたが、このビジョンがどのような想いで作られたのかが重要です。 組織の皆が納得できる想いから語られたビジョンでなければ共有されません。 この組織の皆が納得できる想…03月11日 08時22分
  • 経営理念とは何か 4
    人間関係が希薄化する中、それでも相手の心の中に入り、その心と格闘してまで、組織で事を成そうとするためには、組織に参加している人皆に共通の目標があることが前提でしょう。 そして、当然、その共通の目標は、皆に支持されているものでなければなりませ…03月10日 06時54分
  • 経営理念とは何か 3
    高校時代、ブラスバンド部や合唱部が行う年に1度のコンサートを観て、うらやましい気持ちになったことを覚えています。みんなで練習し、コンサートを開き、最後のロビーでの挨拶では皆が成し遂げた顔になっていました。 組織で事を成し、感動に至る結果とな…03月09日 07時35分
  • 経営理念とは何か 2
    昨日、人間関係の希薄化が経営理念の軽んじる風潮の背景にあるのでは、という話をしました。 しかし、会社というのは組織であり、人間関係そのものです。 また、お客様や取引先、その他、いろいろな人に取り囲まれています。 田坂広志さんは「仕事の報酬と…03月08日 07時04分
  • 経営理念とは何か 1
    以前、稲盛和夫さんは経営理念を軽んじている経営者に次のように言いました。 それは、 「経営理念というのは、墨で描いた掛け軸のような古くさいもの、 上から下へ押し付けるような今時はやらないものではないか?」 と思っているのではないか、というこ…03月07日 08時34分
  • まさかという坂 1
    弊社、株式会社シンクシステムズの仕事の中心は考えを仕組みにすることで、その中心はコンピュータシステムによる事務処理の効率化です。そして、その前段階部分として経営理念、経営ビジョン、経営方針、経営計画策定・実践に関する経営相談、教育サポートが…03月06日 07時17分
  • なぜ経営者の想いは伝わらないのか 4
    昨日に引き続き、 「毎月、月次決算の概略や今月の目標などの話を社員にする経営者は多いと思いますが、経営者が思うほど、経営者の想いは伝わっていません」 と書いた3つの理由の話で、今日はその最後の三つ目です。 三つ目は、会社の利益と自分たちの給…03月05日 09時58分
  • なぜ経営者の想いは伝わらないのか 3
    昨日に引き続き、 「毎月、月次決算の概略や今月の目標などの話を社員にする経営者は多いと思いますが、経営者が思うほど、経営者の想いは伝わっていません」 と書いた3つの理由の話で、今日はその二つ目です。 二つ目は、会計の話が日常の仕事にリンクし…03月04日 07時16分
  • なぜ経営者の想いは伝わらないのか 2
    昨日、 「毎月、月次決算の概略や今月の目標などの話を社員にする経営者は多いと思いますが、経営者が思うほど、経営者の想いは伝わっていません」 と書きました。 これには、3つほどの理由が考えられます。 一つ目は、聞く側に会計の基本の理解がないか…03月03日 08時14分
  • なぜ経営者の想いは伝わらないのか 1
    色々な勉強会などで講師をする機会がありますが、特に社員の方を対象とした勉強会の講師をしていて感じるのは、経営者が思うほど経営者の考えが伝わっていないことです。 例えば、北海道中小企業家同友会札幌支部白石厚別地区ではリーダー、主任クラスの勉強…03月02日 07時20分
  • 宇宙の法則と陽明学 最終回
    長らく、盛和塾の機関誌36号に掲載されている、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事のご紹介をしていましたが、今日がその最終回です。 昨日、ビッグバン理論…03月01日 07時13分
  • 宇宙の法則と陽明学 その5
    盛和塾の機関誌36号に掲載されている、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事より、 ・自分はどのようにして社会の用に立っていくか ・自分の会社はどのように…02月28日 08時36分
  • 宇宙の法則と陽明学 その4
    盛和塾の機関誌36号に掲載されている、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事より、 ・自分はどのようにして社会の用に立っていくか ・自分の会社はどのように…02月27日 23時59分
  • 宇宙の法則と陽明学 その3
    昨日1日間を開けましたが、一昨日まで 盛和塾の機関誌36号に掲載されている、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事より、 ・自分はどのようにして社会の用に…02月26日 18時55分
  • 盛和塾 北海道・東北ブロック選考会
    昨日まで続いている「宇宙の法則と陽明学」の話は一旦中止して、本日行われた盛和塾北海道・東北ブロック選考会の話をします。 これは盛和塾世界大会や塾長例会などで経営体験発表を行う経営者を選考する会で、北海道・東北ブロックに属する各地の盛和塾から…02月25日 23時13分
  • 宇宙の法則と陽明学 その2
    昨日、盛和塾の機関誌36号に掲載されている、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事より、 ・自分はどのようにして社会の用に立っていくか ・自分の会社はどの…02月24日 17時10分
  • 宇宙の法則と陽明学
    昨日、京セラ創業者稲盛和夫さんが自ら主宰する経営の勉強会である盛和塾の機関誌「盛和塾」36号から、稲盛さんが少年院で行った講話の中の中村天風の、 「宇宙はどんな人も平等に、素晴らしく豊かな未来を保証しています」 「自分の未来には、輝くような…02月23日 07時18分
  • 中村天風の説く宇宙の法則
    京セラ創業者稲盛和夫さんが自ら主宰する経営の勉強会である盛和塾、その機関誌を1号から毎週一冊ずつ読んで感想文を書くという機関誌マラソンというものに参加しています。 今週読んだ36号には稲盛さんが少年院で行った講話を紹介していますが、稲盛さん…02月22日 07時15分
  • 売上を最大限に経費を最小限に では給料はどうなるか?その4
    「売上を最大限に、経費を最小限に」ということは、給料や賞与も最小限にということなのかという問いに対して、「分配可能利益」という考え方を昨日お話ししました。 今日は以前ご紹介している、フレデリック・テイラーが提唱した一人当たりの給与を上げなが…02月21日 07時48分
  • 売上を最大限に経費を最小限に では給料はどうなるか?その3
    「売上を最大限に、経費を最小限に」ということは、給料や賞与も最小限にということなのかという問いに対して、アメーバの採算表では人件費は経費に含まれていないという話を昨日しました。 アメーバのいう売上から経費を引いた差引収益は、人件費、法人税、…02月20日 05時52分
  • 売上を最大限に経費を最小限に では給料はどうなるか?その2
    昨日、「売上を最大限に、経費を最小限に」ということは、給料や賞与も最小限にということなのかと書きました。 これに関しては二つのことを説明したいと思います。 今日はその一つ目、京セラの小集団別の採算管理手法であるアメーバ経営で使われている採算…02月19日 08時29分
  • 売上を最大限に経費を最小限に では給料はどうなるか?
    稲盛和夫さんの唱える経営の原点12ヶ条の5番目は「売上を最大限に、経費を最小限に」というものです。また、78項目からなる京セラフィロソフィの64番目も「売上を極大に、経費を極小に(入るを量って、出ずるを制する)」ですし、最後の78番目のフィ…02月18日 08時49分
  • 経営理念浸透のメカニズム2
    昨日、「経営理念浸透のメカニズム」(田中雅子、中央経済社、2016年)という本を紹介しましたが、その内容を誤解のないようにすぐに伝えるには、このブログでは難しく、月に一度開催している研究報告会や他の機会に譲りたいと思います。 昨日紹介した「…02月17日 07時16分
  • 経営理念浸透のメカニズム
    「経営理念浸透のメカニズム」(田中雅子、中央経済社、2016年)という本を読んでいます。この本の「ぜひお読みいただきたい『はしがき』には、次のようなことが書かれています。 著者の田中さんはこの10年前に「ミッションマネジメントの理論と実践:…02月16日 07時01分
  • ロスが利益率を決める2
    何度か聞いた柳月の田村社長の講話では、新入社員にケーキを壊した場合の話をすることが紹介されています。 現在、柳月のショートケーキは210円で販売されていますが、計算を簡単にするため1個の価格を200円としましょう。会社の利益率が5%だったと…02月15日 06時35分
  • ロスが利益率を決める
    昨年の6月から盛和塾札幌の機関誌マラソンに参加し、機関誌「盛和塾」を毎週1冊ずつ読み感想文を書くということを繰り返しています。 感想文を書くことを考えて読むという作業を毎週の積み重ねることにより、今まで理解していたと思った京セラフィロソフィ…02月14日 05時34分
  • 相手の想像力を利用する
    弁護士の中坊公平さんの残した文章に、裁判の時の弁護の時などに相手の想像力を利用するという意味のことが書かれており、なるほどと思いました。 映画や小説などでも、ああ、そういうことあるあるという思いから、それぞれが思いを拡大させていますが、そう…02月13日 06時56分
  • コツコツ3
    盛和塾札幌の勉強会で行われた、江別で養鶏所を経営し卵を販売している太田ファームの高橋社長の経営体験発表の話の続きです。 創業当時ほとんど卸業者に販売していた卵を、自分で値決めができる個人客への販売割合を増やしたい、そのためにはただ思っている…02月12日 08時46分
  • コツコツ、コツコツ2
    昨日の、盛和塾札幌の勉強会で行われた、江別で養鶏所を経営し卵を販売している太田ファームの高橋社長の経営体験発表の話の続きです。 いろいろ経緯があって父の残した太田ファームを継いだ時の卵の販売先はほとんどが卸売業者だったそうで、卵の値段は相場…02月11日 08時11分
  • コツコツ、コツコツ
    今日は、盛和塾札幌の勉強会で、江別で養鶏所を経営し卵を販売している太田ファームの高橋社長の経営体験発表を聞いてきました。 高橋社長は盛和塾入塾前の今から5〜6年前に北海道中小企業家同友会札幌支部の経営指針研究会に入っていて、その時、私はサポ…02月10日 23時59分
  • 世のため人のため
    仕事というのは誰かの役に立つことで、その役に立つことで報酬を得ることができます。 誰のどんな役に立つのか?皆がどんなことで困っているのか? こんなことを考えるのが、会社の方向性を決める根っこになります。 上田惇生さんの「60分でわかるドラッ…02月09日 23時59分
  • ベクトルを合わせる8
    考え方により行動が変わり、行動が変わることによって結果が変わります。 たった一回しかない人生なら、良い結果を出す良い行動をとるための良い考え方で生きようじゃないかというのが稲盛和夫さんの考え方だと思います。 たった一回しかない人生と書きまし…02月08日 23時59分
  • ベクトルを合わせる7
    30年くらい、またはあの世まで考えれば、善きことを行えば善きことが起きるという因果律の話を昨日しました。 稲盛和夫さんは仏教で得度をしていますが、その仏教では輪廻転生が前提です。 前世の行いが現世に影響し、現世の行いが来世に影響します。 そ…02月07日 23時59分
  • ベクトルを合わせる6
    表題の「ベクトルを合わせる」からはだいぶ離れてきましたが、昨日の続きで、 「なぜ心を高めることが大事なのか?」についてです。 「心を高めるために、利己ではなく利他の行動をとるべきである」と昨日書きましたが、世の中には良いことをすると良いこと…02月06日 23時59分
  • ベクトルを合わせる5
    人生をいかに生きるか? 稲盛和夫さんが説く京セラフィロソフィの根っこもそこにあります、 と昨日書きました。 稲盛さんは、人生は心を高めるためにあると良い、心を高めるために、利己ではなく利他の行動をとるべきであると仰います。 稲盛さんは、人生…02月05日 19時46分
  • ベクトルを合わせる4
    昨日、「自由」な考え方は、どんなことをベースとした「自由」な考え方なんでしょう? と書きました。 考え方というのは、突き詰めっていくと判断基準であり、その人の価値観だといえるでしょう。そして、さらに突き詰めると、人生をいかに生きるかというと…02月04日 23時59分
  • ベクトルを合わせる3
    京セラフィロソフィの9番目、「ベクトルを合わせる」とは、 「それは社員全員の『考え方』を合わせるということ、また『進むべき方向』を合わせるということであり、そのことが大切なのです」 と説明されています。 今日は、「『考え方』を合わせる」のほ…02月03日 23時44分
  • ベクトルを合わせる2
    京セラフィロソフィの9番目、「ベクトルを合わせる」とは、 「それは社員全員の『考え方』を合わせるということ、また『進むべき方向』を合わせるということであり、そのことが大切なのです」 と説明されています。 この「進むべき方向」とは、 「会社の…02月02日 19時55分
  • ベクトルを合わせる
    京セラフィロソフィの9番目は「ベクトルを合わせる」というものです。 その解説において、次のように書かれています。 ・ベクトル(力の方向)を合わせるということは経営に置いていちばん大事な要素です。 ・それは社員全員の「考え方」を合わせるという…02月01日 23時59分