儲けの秘訣を伝授します

登録ID
737084
サイト名称
儲けの秘訣を伝授します
URL
http://thinkweb.co.jp/blog/
紹介文
まわりにいる立派な経営者達と接していると ああ、これが経営のコツなのかと気づくことがあります。道内経営者の話をを中心に…
カテゴリ
  • 北海道 (100%) - 16 / 371人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 世の中の変化とその原因
    先日、「2020年には50%の人が何らかのかたちでITに関連する仕事に携わる」という話を講演会で聞いてきたという話がありました。 これを聞いて、「ITに関連する仕事」という表現よりも、「IT機器を使う仕事」というのが正しいのかなと推測しま…02月12日 23時59分
  • 8月11日は山の日
    昨日、「明日からドラッカーの話にもどります」と書きましたが、ちょっと後回しにします。 タイトルに、「8月11日は山の日」と書いたように、今年から8月11日は「山の日」で祝日となります。 「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」というこ…02月11日 23時25分
  • 山本五十六の「男の修行」
    昨日、山本五十六の言葉をひとつ紹介したので、今日ももうひとつ紹介します。 「男の修行」 苦しいこともあるだろう。 云い度いこともあるだろう。 不満なこともあるだろう。 腹の立つこともあるだろう。 泣き度いこともあるだろう。 これらをじつと…02月10日 07時36分
  • 山本五十六の「人を動かす」
    山本五十六の有名な言葉、 「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、 ほめてやらねば、人は動かじ」 に続きがあると、植松努さんのブログに書かれていることを知りました。 (植松さんのブログ http://tsutomu-uematsu.ha…02月09日 20時36分
  • ドラッカーを科学する2
    昨日、以下の発言を紹介しました。 「おそらくドラッカーの言葉は『名言ではあっても、科学ではない』からではないでしょうか」、「『これだけドラッカーの言葉に注目が集まるということは、彼の数々の名言を科学的に咀嚼して、経営学に反映させることも重…02月08日 23時59分
  • ドラッカーを科学する1
    入山章栄さんの「世界の経営学者はいま何を考えているのか」(栄治出版社,2012年,1900円+税)には、「アメリカの経営学の最前線にいるほぼすべての経営学者は、ドラッカーの本をほとんど読んでいません」と書かれています。 そして、その理由を…02月07日 06時08分
  • 同じ時代に存在する時系列変化
    例えば、小さな会社では、最初に経理担当者が置かれるようになり、次に営業担当者が置かれるようになるという話があります。 今、世の中を見回してみると、当然、経理担当、営業担当社員がいる会社が多くありますが、同じ時代であっても、営業担当者のいな…02月06日 18時57分
  • 効果があったA4サイズ1枚の経営計画書2
    昨日紹介した、参議院での質問ですが、1月28日の自由民主党渡辺猛之議員の質問でした。 質問全文はこちらに掲載されています。 https://www.jimin.jp/news/parliament/131294.html 関連部分を転載し…02月05日 19時15分
  • 効果があったA4サイズ1枚の経営計画書
    先日の参議院での質問に取り上げられていましたが、昨年の小規模企業白書に取り上げられていた、こんな話があります。 「小規模企業が、補助金申請のため、初めて経営計画書を作成した。A4サイズ1枚の簡単なものだったが、業績向上に効果があった」 な…02月04日 23時59分
  • 博士論文審査会
    昨日、 「5年の長期履修で博士後期課程の最後を迎えている今、つくづく思うことでした。」 と、書きましたが、実は、明日が博士論文審査会です。 5年間の研究成果を博士論文としてまとめ提出しましたが、博士論文審査会では、その内容を30分で説明し…02月03日 22時18分
  • 夢と計画
    「夢に日付を」というのは渡邊美樹さんの本のタイトルですが、夢というのは、明るい未来を考えることであり、その夢、明るい未来に日付を対応させることが計画なのかなと思います。 もともと夢ですから、計画は計画通りに進むことはまずありません。想定外…02月02日 23時59分
  • 社長(あなた)の想いは伝わってますか?
    ここ5年、小樽商科大学大学院博士課程に在籍し経営学、特に中小企業経営を中心に研究し、日本中小企業学会などでの学会発表や論文発表をしてきました。また、北海道庁の行う小規模事業支援の専門家として経営者や従業員の方々に、「人を活かすビジネスプラ…02月01日 23時59分
  • 仕事の報酬とは何か4
    昨日、 「『仕事』を通じ、いろいろな人にあてにされることが増えたと感じます。」 と書きました。 人は一人では生きていけない、これは人が生きていくためには他人の力が必要だということですが、裏を返せば、自分が生きていくのは他人の力になるためとも…01月31日 23時59分
  • 仕事の報酬とは何か3
    昨日、一昨日と過去記事から「仕事の報酬」に関することを再掲しました。 東大の高橋信夫教授は「仕事の報酬」はより大きな仕事であるといい、働くことに関する多数の著書がある田坂広志さんは、より大きな仕事ができるように成長したことが「仕事の報酬」…01月30日 23時59分
  • 仕事の報酬とは何か2
    最近、田坂広志さんのお名前を耳にする機会が多くあり、昨日、過去記事から田坂さん関連の記事を紹介しました。 今日も田坂さん関連の過去記事紹介です。 今日は、2013年1月27日の「仕事の報酬とは何か」を再掲します。 小樽商科大学出身で現在、…01月29日 23時59分
  • 仕事の報酬とは何か
    今日は、2011年4月17日の「仕事の報酬とは何か」を再掲します。 今日のタイトルの「仕事の報酬とは何か」ですが、これはドラッカー研究で本もだしている公認会計士、佐藤等さんが紹介 してくれた「仕事の思想」(田坂広志 PHP文庫 2003年…01月28日 23時59分
  • 対等な労使関係6
    中小企業家同友会全国協議会発行の「人を生かす経営」に掲載されている「中小企業における労使関係の見解」の2節「対等な労使関係」を北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針委員会で読み合わせしたさいに思ったことについて、あれこれ書いてきました。 …01月27日 23時59分
  • ダウンロード2
    一昨日の1月24日に、次のように書きました。 どこかの大学のシステム開発に関する講義のレポートテーマになるのか、この時期は、以前書いた「ウォーターフォールモデルの起源に関する考察 ウォーターフォールに関する誤解を解く」のダウンロード数が伸…01月26日 22時47分
  • 対等な労使関係5
    一日間を挟みましたが、一昨日までの「対等な労使関係」の続きです。 「2.対等な労使関係」の節の冒頭は、次の文章です。 「労使関係とは労働者が労働力を提供し、使用者はその代償として賃金を支払うという一定の雇用関係であると同時に、現代において…01月25日 00時01分
  • ダウンロード
    今頃は、大学では後期の期末試験や試験代わりのレポート提出の時期です。 どこかの大学のシステム開発に関する講義のレポートテーマになるのか、この時期は、以前書いた「ウォーターフォールモデルの起源に関する考察 ウォーターフォールに関する誤解を解…01月24日 22時28分
  • 対等な労使関係4
    引き続き、「対等な労使関係」の話題です。 先般、北海道中小企業家同友会札幌支部の経営指針委員会で「中小企業における労使関係の見解」の読み合わせがあり、「2.対等な労使関係」の節を読んだが、その時 に、北海道科学大学で「経営情報システム論」…01月23日 18時37分
  • 対等な労使関係3
    昨日の「対等な労使関係2」の続きです。 昨日、 「アダム・スミスは、企業は原材料や労働力を安く仕入れ、財やサービスを高く売ることで、自身の利潤の最大化をはかり、それに対し家計は、労働で得た収入 で財やサービスを購入しそこで得られる効用の最…01月22日 23時59分
  • 対等な労使関係2
    昨日の「対等な労使関係」の続きです。 昨日、北海道中小企業家同友会札幌支部の経営指針委員会で「中小企業における労使関係の見解」の読み合わせがあり、「2.対等な労使関係」の節を読んだが、その時に、北海道科学大学で「経営情報システム論」の授業…01月21日 23時59分
  • 対等な労使関係
    本日、北海道中小企業家同友会札幌支部の経営指針委員会があり、北海道科学大学での授業のあと、若干遅刻となりましたが参加してきました。 委員会では予定の議題終了後、「中小企業における労使関係の見解」の読み合わせがあり、今回は「2.対等な労使関…01月20日 23時59分
  • 1/21開催「研究報告会 経営に役立つ経営学のお話54」のご案内
    京セラ創業者の稲盛和夫さんが唱える「経営の原点12ヶ条」、「1.事業の目的、意義を明確にする」は経営理念が大事ということであり、「2.具体的な目標を立てる」はビジョン、計画が大事ということです。 同友会では経営指針(経営理念・方針・計画)…01月19日 23時59分
  • 他人の経験に学ぶ
    私の母校、小樽商科大学ではエバーグリーン講座というものを開催しています。 これは、実社会で活躍する幅広い世代の卒業生を特別講師として迎え、人生の先輩として自らの経験を語ることにより、現役学生に卒業後のビジョンや学生時代になすべきことのヒン…01月18日 04時20分
  • 小規模企業における経営計画の意義
    メモ:小規模企業における経営計画の意義 (経済産業研究所の中小企業・小規模企業白書の解説より) ○ 25年度補正予算で措置された「小規模事業者持続化補助金」の採択事業者アンケートによれば、全体の約6割が同補助金の活用をきっかけに初めて経営計…01月17日 08時25分
  • 最近心に残った言葉 6.福利厚生の充実が原価低減につながる
    昨日に引き続き、過去の印象に残っている記事からの紹介です。 今日は、2012年6月29日のブログ記事「最近心に残った言葉 6.福利厚生の充実が原価低減につながる」からの紹介です。 26日に小樽商科大学大学院博士後期過程での学びを実際の経営…01月16日 23時10分
  • 最近心に残った言葉 5.会計とは
    昨日、なんとか博士論文は提出しましたが、昨日に引き続き、過去の印象に残っている記事からの紹介です。 今日は、2012年6月26日のブログ記事「最近心に残った言葉 5.会計とは」からの紹介です。 会計とは、貨幣という光をあて影をみるもの。 …01月15日 04時29分
  • 最近心に残った言葉 4.ヒポクラテスの言葉
    本日1月14日が博士論文の提出締切日ですが、昨日までに続いて、過去の印象に残っている記事からの紹介です。 今日は、2012年6月26日のブログ記事「最近心に残った言葉 4.ヒポクラテスの言葉」からの紹介です。 小樽商科大学付属図書館の入口…01月14日 02時46分
  • 最近心に残った言葉 3.池田守男さんの話
    博士論文の提出までは、過去の印象に残っている記事からの紹介です。 今日は、2012年6月26日のブログ記事「最近心に残った言葉 3.池田守男さんの話」からの紹介です。 資生堂相談役の池田守男さんのお話です。 会社の組織全体が「おもてなしの…01月13日 06時21分
  • 最近心に残った言葉 2.米沢富美子さんの話
    博士論文の提出までは、過去の印象に残っている記事からの紹介です。 今日は、2012年6月25日のブログ記事「最近心に残った言葉 2.米沢富美子さんの話」からの紹介です。 今、日本経済新聞の「私の履歴書」を書いている慶応大学名誉教授の米沢富美…01月12日 05時10分
  • 最近心に残った言葉 1.観客のいない相撲
    博士論文の提出までは、過去の印象に残っている記事からの紹介です。 今日は、2012年6月24日のブログ記事「最近心に残った言葉 1.観客のいない相撲」からの紹介です。 「観客のいない相撲が一番強い。 みんなが相撲取りだ。」 北海道中小企業…01月11日 01時36分
  • 【あと3回】経営理念、ビジョン、計画の大切さ! 研究報告会(1/21)のご案内
    京セラ創業者の稲盛和夫さんが唱える「経営の原点12ヶ条」、「1.事業の目的、意義を明確にする」は経営理念が大事ということであり、「2.具体的な目標を立てる」はビジョン、計画が大事ということです。 同友会では経営指針(経営理念・方針・計画)…01月10日 07時02分
  • ロビンソン・クルーソウの秘密3 資本主義の精神
    昨日、一昨日と2013年3月のブログ記事から紹介していますが、 今日もその続きで、2013年3月29日の「ロビンソン・クルーソウの秘密3 資本主義の精神」を再掲します。 昨日は「社会科学における人間」(大塚久雄 著、岩波新書、1977年、…01月09日 01時50分
  • ロビンソン・クルーソウの秘密2 ロビンソンの行動
    昨日の紹介記事「ロビンソン・クルーソウの秘密1 資本主義の精神はロビンソンだった」に続き、 今日は、2013年3月28日の「ロビンソン・クルーソウの秘密2 ロビンソンの行動」を再掲します。 昨日、「社会科学における人間」(大塚久雄 著、岩…01月08日 06時29分
  • ロビンソン・クルーソウの秘密1 資本主義の精神はロビンソンだった
    博士論文の提出が1月14日ですので、それまでは過去記事の中から印象深いものを再掲します。 今日は2013年3月27日の記事「ロビンソン・クルーソウの秘密1 資本主義の精神はロビンソンだった」から。これは3回シリーズでした。 出光興産を興し…01月07日 05時51分
  • 片岡珠子にみる「誰にも負けない努力」
    1月14日が博士論文の提出日なのですが、それまでは、過去記事の中からのご紹介です。 今日は、2010念5月12日の「片岡珠子にみる「誰にも負けない努力」」からの紹介です。 今、札幌芸術の森で片岡珠子展が開かれており、先日見てきました。 迫…01月06日 03時42分
  • フレデリック・テイラーの言う「高い賃金と低い人件費」の両立
    今日は、2011年8月23日の「フレデリック・テイラーの言う「高い賃金と低い人件費」の両立」の引用です。 「科学的管理法」のフレデリック・テイラーは、従業員の作業を分析し、手順の標準化と基準を作ったことで有名ですが、「高い賃金と低い人件費…01月05日 07時13分
  • 黒字企業の社長の特徴
    以前、何度か紹介していますが、年も明けましたのであらためて再確認ということで。 お客さまの事務所に掲げてあった「黒字企業の社長の特徴」です。 1.早起きで朝一番に出社する。 2.公私の区別がきちんとしている。 3.黒字は当たり前という強い信…01月04日 06時04分
  • 小規模企業を脱する意味
    今、博士論文の作成でヒーヒー言っていますが、同友会の景況調査DORの分析から、同じ中小企業のくくりでも、小規模企業とそれを越えた中規模企業では、業績の差が歴然としていることが見て取れます。 さらに言えば、中規模企業でも規模が大きくなるほど…01月03日 04時32分
  • 今年、何を実践するのか
    「今年の目標は、『実践すること』」 と、昨日書きました。 「このブログでもいろいろ書いていますし、大学院での研究もあれこれやってきました。 今年はそれらのことをまず実践すること、これを大事にしたいと思います。」 とも書きました。 で、具体…01月02日 19時28分
  • 今年の目標
    新年にあたり、今年の目標を書いておきたいと思います。 今年の目標は、「実践すること」 このブログでもいろいろ書いていますし、大学院での研究もあれこれやってきました。 今年はそれらのことをまず実践すること、これを大事にしたいと思います。 「…01月01日 23時59分