儲けの秘訣を伝授します

サイト名称
儲けの秘訣を伝授します
URL
http://thinkweb.co.jp/blog/
紹介文
まわりにいる立派な経営者達と接していると ああ、これが経営のコツなのかと気づくことがあります。道内経営者の話をを中心に…
カテゴリ
  • 北海道 (100%) - 12 / 353人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 読み書きICT その2
    ICTとはIT(情報技術)にC(コミュニケーション)がくっついた言葉で、Information and Communication Technologyの略、日本語にすると情報通信技術となりますと、昨日紹介しました。 会社に入ってから、会…10月22日 06時32分
  • 読み書きICT その1
    以前は「読み、書き、ソロバン」と言われましたが、今はソロバンの代わりにコンピュータですね。 コンピュータも昔は電子計算機という名前の通り計算が専門だったのですが、今では情報を得たり交換するためにも使います。 ICTとはIT(情報技術)にC…10月21日 07時10分
  • 持続的な成長のために3
    一昨日、経営者は「経営の意義・目的を明確にし、ビジョン・目標を掲げ、その達成のための計画を考え、実施すること」が必要であり、中小企業家同友会で行っている経営指針成文化の勉強会「経営指針研究会」に参加することが役に立つと書きました。 ただ難…10月20日 06時41分
  • 経営計画とマーケティング
    昨日、北海道中小企業家同友会の経営者大学、経営学の第2講、小樽商科大学近藤公彦副学長による「中小企業のマーケティング」の講義を受けてきました。 経営指針研究会などで感じることは、経営計画立案のさいに、販売・売上の計画をどう立てるか、これが…10月19日 06時57分
  • 持続的な成長のために2
    昨日、日本の会社の多くは小規模な会社で、赤字率が高く、これらの会社が元気になることが地方経済を支えると書きました。 では、どうしたら小さな会社が元気になるのでしょうか? まずは、経営者が目先の「仕事」だけではなく、「経営」に取り組むことが…10月18日 08時43分
  • 持続的な成長のために1
    日本の会社のうち中小企業が99.7%、そして常時雇用者が商業・サービス業で5名以下、製造業・その他で20名以下の小規模企業が86.5%、さらには業種にかかわらず常時雇用者5名以下の小企業が80.6%だと、昨日紹介しました。 また、日本企業…10月17日 07時32分
  • 大企業vs中小企業
    日本経済の押し上げる最も効率のよい方法は、大都市に集中する大企業に利する政策を実施し、大企業の収益力をアップさせることでしょう。 日本の会社総数における大企業の割合は0.3%で、そのほとんどが東京を筆頭に大都市に集中しています。 限られた…10月16日 07時17分
  • 日本経済新聞社の中小企業不要論
    今年の9月7日のブログ記事「日本経済新聞瀬能繁編集委員の見識を問う」で、9月6日の日本経済新聞朝刊の1面の記事「安倍政権 第2章 下」にある次の記述を紹介しました。 「生産性の低いサービス業の中堅・中小企業の退出を促し、人材を集約した競争…10月15日 08時31分
  • 六つの精進 6.感性的な悩みをしない
    一週間ほど前から、 「京セラ、第二電電(今のKDDI)を創業し、JALを再生させた稲盛和夫さんは、経営を行うため、そして素晴らしい人生を送るための最低限の必 要 条件を 「六つの精進」として示しています。稲盛和夫著「六つの精進」(サンマーク…10月14日 07時12分
  • 六つの精進 5.善行、利他行を積む
    「京セラ、第二電電(今のKDDI)を創業し、JALを再生させた稲盛和夫さんは、経営を行うため、そして素晴らしい人生を送るための最低限の必 要 条件を 「六つの精進」として示しています。稲盛和夫著「六つの精進」(サンマーク出版 2010年 …10月13日 09時07分
  • 六つの精進 2番目から4番目
    「京セラ、第二電電(今のKDDI)を創業し、JALを再生させた稲盛和夫さんは、経営を行うため、そして素晴らしい人生を送るための最低限の必要 条件を 「六つの精進」として示しています。稲盛和夫著「六つの精進」(サンマーク出版 2010年 2…10月12日 12時10分
  • 六つの精進 1.誰にも負けない努力4
    ここしばらく、 「京セラ、第二電電(今のKDDI)を創業し、JALを再生させた稲盛和夫さんは、経営を行うため、そして素晴らしい人生を送るための最低限の必要条件を 「六つの精進」として示しています。稲盛和夫著「六つの精進」(サンマーク出版 …10月11日 07時08分
  • 六つの精進 1.誰にも負けない努力3
    昨日、一昨日と 「京セラ、第二電電(今のKDDI)を創業し、JALを再生させた稲盛和夫さんは、経営を行うため、そして素晴らしい人生を送るための最低限の必要条件を 「六つの精進」として示しています。稲盛和夫著「六つの精進」(サンマーク出版 …10月10日 07時16分
  • 六つの精進 1.誰にも負けない努力2
    昨日、 「京セラ、第二電電(今のKDDI)を創業し、JALを再生させた稲盛和夫さんは、経営を行うため、そして素晴らしい人生を送るための最低限の必要条件を 「六つの精進」として示しています。稲盛和夫著「六つの精進」(サンマーク出版 2010…10月09日 08時38分
  • 六つの精進 1.誰にも負けない努力1
    京セラ、第二電電(今のKDDI)を創業し、JALを再生させた稲盛和夫さんは、経営を行うため、そして素晴らしい人生を送るための最低限の必要条件を「六つの精進」として示しています。稲盛和夫著「六つの精進」(サンマーク出版 2010年 2200円…10月08日 07時46分
  • 命の重さ
    必死という言葉があります。文字通りに読めば「必ず死ぬ」ということです。「万死」、「十死」も「必死」ということです。 また、「使命」とは「命を使う」ことですし、「一生懸命」は「一生を尽くすくらいに懸命に」ということでしょうか。 「必死で頑張…10月07日 23時59分
  • 涙活と書店経営3
    一昨日、そして昨日の続きです。 いろいろ書きましたが、経営を取り巻く環境が変わり、今までのやり方で適合しなくなったのであれば、やはりやり方を変化させるしかありません。 周りが変わるのに自分だけ昨日のままで変わらないとなると、それはゆっくり…10月06日 17時15分