儲けの秘訣を伝授します

サイト名称
儲けの秘訣を伝授します
URL
http://thinkweb.co.jp/blog/
紹介文
まわりにいる立派な経営者達と接していると ああ、これが経営のコツなのかと気づくことがあります。道内経営者の話をを中心に…
カテゴリ
  • 北海道 (100%) - 14 / 346人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 自己実現とはなんだろう 他人の存在
    昨日、 「マズロー関連を読む限りでは、自己実現とは自分中心で他者の存在を考えていないが、自分の感覚や映画「生きる」では、他者の役に立つという面があるのではないか、そういう疑問です。」 と書いたのですが、実はマズローの著書には「愛他」という…12月21日 19時21分
  • 自己実現とはなんだろう 自己実現に関する疑問
    マズローの本や関連する論文などを読んでいると、「自己実現」とは、「自分の持っている能力や本性を存分に発揮し、より自分らしくなること」と説明したり、「自己実現とは、完全に熱中し、全面的に没頭しつつ、無欲になって、十分に生き生きと経験すること…12月20日 23時59分
  • 自己実現とは何だろう マズローのいう黒澤明監督「生きる」の意味
    昨日、マズローの「自己実現の経営」(原年廣訳 産業能率短期大学出版部 1967年)という本を紹介しました。 その本の最初のほうに「自己実現的人間の態度」という章があり、そこには次のような記述があります。 「自己救済のための唯一の道は、日本…12月19日 23時09分
  • 自己実現とは何だろう マズローの立ち位置
    12月4日に「自己実現とは何だろう」とは何だろうという記事を書き、 「本来、マズローの著作や関連の先行研究を調べるべきことですが、今はその時間がないので思いつくままに書いてみます。」 と書きましたが、その後、マズローの「自己実現の経営」(…12月18日 22時51分
  • 日本的経営はいつ生まれたのか 補足の補足
    昨日、 「具体的な『「日本的なもの」が存在しない時期』として、 『日本において経営3問題が資本主義的自由企業体制の条件にもっとも近似した状態にあった時期』 を探ると、1920〜1935年に行き着いたということでした。」 と、書きましたが、…12月17日 08時19分
  • 日本的経営はいつ生まれたのか 補足
    日本的経営の出発点を考えるには、 「日本の企業について『日本的なもの』が存在しない時期を探り、その時期が終焉して、日本的なものが出現する段階に日本的経営の生成を求めることである。」 とし、1920年(大正10年)〜1935年(昭和10年)…12月16日 07時54分
  • 日本的経営はいつ生まれたのか
    「日本企業の経営理念における儒教の影響」について書いてきましたが、昨日、森本三男先生の「日本的経営の論理と倫理:その源流としての公益的営利と職能人・勤労」(『経営教育研究』 1巻 1998年)という論文を読み、なるほどと思うことがあったの…12月15日 07時29分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 10.付録
    昨日、 「そして、その後、儒教の流れを汲む稲盛和夫の経営哲学を学ぶ「盛和塾」が中国に急速に拡がることとなります。 「世界でも最も『強欲な資本主義』」を抑えるために、もともと中国が発祥の地である儒教がベースの稲盛経営哲学が中国政府にとっても…12月14日 01時10分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 9.中国で盛和塾が広がる理由
    昨日、 中国では今、爆発的な勢いで稲盛哲学が広まっているが、稲盛はそれについて、「いま、中国では多くの企業経営者の方々が、これまでの利己的な経営のあり方 を見直し、利他の心という言葉を口にするようになっている。世界でも最も『強欲な資本主義…12月13日 05時00分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 8.稲盛和夫氏と儒教4
    このシリーズは、今年2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発 表した内容を紹介しています。引き続き、日本の経営にどう儒教が影響しているかの例として、加護野先…12月12日 07時26分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 7.稲盛和夫氏と儒教3
    このシリーズは、今年2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発 表した内容を紹介しています。引き続き、日本の経営にどう儒教が影響しているかの例として、加護野先…12月11日 07時04分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 6.稲盛和夫氏と儒教2
    このシリーズは、今年2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発 表した内容を紹介しています。昨日に引き続き、日本の経営にどう儒教が影響しているかの例として、稲…12月10日 00時01分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 5.稲盛和夫氏と儒教1
    このシリーズは、今年2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発表した内容を紹介しています。昨日まで、日本における儒教の影響について解説しましたが、今日からは日…12月09日 08時45分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 4.儒教の影響
    昨日、日本における儒教の変遷について、「第二次世界大戦の敗戦後は前近代的という批判を受け影響力は弱まった」と説明しました。 江戸時代には幕府の採用により武士階級に定着し、明治からは教育勅語に儒教の思想が取り入れられ、そして第二次世界大戦の…12月08日 23時44分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 3.儒教の歴史
    前回まで、 「日本企業の経営理念を検討する場合は、諸外国とは異なる土着の思想に基づく部分を考察することが必要ということになります。」 「日本企業の経営の精神には、諸外国と異なる土着の思想として、儒教と仏教があるのではないかという手がかりで…12月07日 09時18分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 2.経営の精神の3要素
    昨日、「本企業の経営理念を検討する場合は、諸外国とは異なる土着の思想に基づく部分を考察することが必要ということになります。」と書きました。 そのヒントが、加護野忠男先生の「経営の精神:我々が捨ててしまったものは何か」(生産性出版 2010…12月06日 09時04分
  • 日本企業の経営理念における儒教の影響 1.経営理念の分析軸
    今年の2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発表をしたのですが、最近また「経営理念における儒教の影響」について考えるようになってきました。 頭の整理のためにも…12月05日 07時59分
  • 自己実現とは何だろう
    マズローは、人には、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、自我欲求、自己実現の5段階の欲求があるといい、昨日、「具体的にいえば、身の危険を感じる職場環境(生理的欲求)、安定した生活をおくれないような給与(安全欲求)、職場での仲間外れ(社会的欲…12月04日 08時05分
  • やる気と不満 補足
    昨日、「ハーズバーグは、やる気と不満の原因は別物であるとし、下位の欲求階層が満たされなければ不満が生まれ、上位の欲求が満たされるとやる気が生まれると説きます。」という、ハーズバーグの「動機づけ/衛生理論」を紹介しました。 なぜ「動機づけ/…12月03日 07時45分
  • やる気と不満
    有名なマズローの欲求段階説は、人には、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、自我欲求、自己実現の5段階の欲求があり、下位の生理的欲求から満たされると次の欲求が生まれるというものです。 ただ、これは実験などで実証されたものではないため、今の経営…12月02日 22時14分
  • 会社は誰のもの? 利益のゆくえは? その6
    「強欲な株主」の振舞いが懸念される昨今ですが、法律上の所有者だからといって、所有者が何をしても良い訳ではありません。 会社は株主のためだけに存在するのではなく、会社に関係する人々(ステークホルダー:経営者を含む従業員、その家族、取引先、得…12月01日 07時02分
  • 会社は誰のもの? 利益のゆくえは? その5
    法律では会社は株主のものだと昨日書きました。 では、株主は自分のものだからといって会社を自分の思いのままにして良いのかといえば、そんなことはないはずです。 例えば、自分が飼っている犬や猫などのペットを、自分のものだからといって気のおもむく…11月30日 10時50分
  • 会社は誰のもの? 利益のゆくえは? その4
    この記事のタイトル「会社は誰のもの? 利益のゆくえは?」ですが、その1からその3までの長い前段が終わり、やっとタイトルそのものの話となります。 まず、次の図を見てください。 株式会社には取締役がいます。取締役が複数の場合、取締役会で代表取…11月29日 03時43分
  • 会社は誰のもの? 利益のゆくえは? その3
    カシオやアマノなどの日本企業でも利益のほとんどを株主配分しているという11月21日の日経新聞1面の記事と、今から7年前の2007年にアメリカ企業のそのような傾向に警鐘を鳴らした伊丹敬之先生の本、「経営を見る眼」を紹介しました。 もう一度「…11月28日 19時06分
  • 会社は誰のもの? 利益のゆくえは? その2
    昨日、11月21日の日本経済新聞のトップ記事は「利益の大半 株主配分 カシオ9割 アマダ全額」という見出しであった、と書きました。 ここでいう株主配分とは、株主への配当や自社株買いをいいます。 自社株買いとは、市場に流れている自社株を買い…11月27日 08時03分
  • 会社は誰のもの? 利益のゆくえは? その1
    11月21日の日本経済新聞のトップ記事は「利益の大半 株主配分 カシオ9割 アマダ全額」という見出しでした。 上場企業が配当と自社株買いによる株主への利益配分を一段と増やす、ということで、税引き後の利益のうち、カシオは9割を、アマダは全額…11月26日 06時39分
  • 日本経済についてのメモ
    東京の大丸有(大手町、丸の内、有楽町)120ha(北海道だと一軒の農家でこれくらいの面積の畑をもつところもあります)には上場企業が75社集中しそれらの連結売上が130兆円ほどで日本のGDPの約1/4を占める、と以前このブログで紹介しました…11月25日 23時59分
  • 大きく時代を読む 2.今の時代の経営に求められること
    時代はより「人の命を大切にする」ようになってきていると昨日書きました。 では、そのような時代にある会社には、どのような経営が求められるのかといえば、やhり時代にそった「人の命を大切にする」経営が求められるといえるでしょう。 「人の命を大切…11月24日 09時11分
  • 大きく時代を読む 1.人の命の大切さ
    論語に興味を持ちその勉強を始めたのが4年ほど前かと思います。そして、その後、中国の春秋戦国時代あたりからの歴史ドラマを見るようになりました。 現代からみると、古代では人の命は消耗品のように扱われていたように思えます。 それが時代が進むにつ…11月23日 17時00分
  • 経営計画を立てる前に必要なこと その4
    昨日、「優秀な中小企業は戦略的要因が重視されるが、普通以下の中小企業が発展するためには、まず人的要因が大切であり、そのためには経営理念が有効だ。」という話を紹介しました。 経営計画立案に従業員が参加するということは、どのように売上をあげ、…11月22日 09時25分
  • 経営計画を立てる前に必要なこと その3
    昨日、経営計画を立てるには経営者の能力が必要なのはもちろん、従業員の参加が企業のパフォーマンス向上に寄与すると説明しました。 宮田矢八郎先生の研究によると、優秀な中小企業は戦略的要因が重視されるが、普通以下の中小企業が発展するためには、ま…11月21日 23時50分
  • 経営計画を立てる前に必要なこと その2
    昨日、経営計画を立てるには、まず経営者にその能力が要求され、そのためには学習することが必要だということ、 そして、数字中心の経営計画ではなく、経営理念に裏づけされた経営計画が大事であると書きました。 嘉悦大学の黒瀬直宏先生も著書「複眼的中…11月20日 07時51分
  • 経営計画を立てる前に必要なこと その1
    経営計画を立てるには、まずは経営者がそう思うことが必要であり、かつ、経営者が率先して計画立案できる力をつける必要があります。 兵庫県立大学の佐竹隆幸先生は「人財経営のすすめ」(神戸新聞綜合出版センター 2014年 1600円+税)で、経営…11月19日 23時30分
  • 経営計画を立てるには
    昨日、経営計画を立てられない理由として、 1.買うか買わないかはお客さん次第だから自分達で売上を計画できないから 2.自社の売上は親会社(もしくは特定の発注会社)次第であり、自分達が計画したところで意味がないから という2つの理由をあげま…11月18日 22時56分
  • 小規模企業が経営計画を立てられない2つの理由
    昨日、小規模企業でも経営計画を公開(PDCAの実践)をしている会社は、していない会社に比べて業績が高いという話をしました。 しかし、昨日も紹介した参考資料にあるように、会社の規模が小さくなるほど経営計画を持つ率が少なくなっています。 (参…11月17日 22時24分
  • 小規模企業でも経営計画が業績に寄与する理由
    まず、前提として経営計画を公開(社内・社外を含む)している会社は小規模であっても公開していない会社(計画無しも含む)に比べて業績が高い事実があります。 (参考 「日本の中小企業における経営理念と経営計画の実態と業績に関する実証分析」 ht…11月16日 23時09分
  • 経営学は経営の役に立つのか 4.経営の原理原則
    このシリーズも4回目ですが、今回が最終回です。 松下幸之助さんが「余裕を作ろうと思わなければあきまへんな」と答え、聴衆が失笑したとき、観衆の一人だった若き日の稲盛和夫さんは、「まさしくその通りだ。まずは思うことが大事であって、個別具体的な…11月15日 23時23分
  • 経営学は経営の役に立つのか 3.経営学のできること
    昨日、 「持っているりんごから手を離せば地面に落ちるのは、誰がやってもいつの時代でもそうでしょうが、ある会社の経営がうまくいった手法を別の会社が真似て も、また10年後に同じようにやっても経営がうまくいくとはいえません。「真理」の意味合い…11月14日 05時54分
  • 経営学は経営の役に立つのか 2.学問とはどういうものか
    学問の目的は真理の追求であり、真理とはいつの時代でも誰が考えても正しいことです。 その学問は物理や化学などの自然科学、経済や経営などの社会科学、哲学や文学などの人文科学に大別されます。 持っているりんごから手を離せば地面に落ちるのは、誰が…11月13日 07時05分
  • 経営学は経営の役に立つのか 1.プロローグ
    昨日、「読めない売上を読めるようにする」で、「『読めない売上を読めるようにする』努力が必要です。」と書いたところ、それでは解決策になっていないとのご指摘を受けました。 昔、松下幸之助さんが協力業者の社長を集めて、「ダムが水を溜めて水量の調…11月12日 05時29分
  • 読めない売上を読めるようにする その4
    「読めない売上をよめるようにする」の最終回です。 日本の会社の99%は中小企業であり、そのほとんどが小規模企業・小企業です。 (小規模企業:商業・サービス業で常時雇用者5名以下、製造業・その他で20名以下、小企業:常時雇用者5名以下) そ…11月11日 07時11分
  • 次の1時間を頑張る
    ここ数日続けている「読めない売上を読めるようにする」は、今日はお休みにします。 今の時間は23時過ぎ、今日の日付が変わるまでに1時間切りました。 9月24日に北見で行われた稲盛和夫市民フォーラムで、23日、24日、25日のニ泊三日北見の人…11月10日 23時21分
  • 読めない売上を読めるようにする その3
    昨日、一昨日と、小規模企業者が経営計画を立てることができない理由として、 「売上というのはお客さまが買ってくれるかくれないかで、こちらで勝手に予定を組めない」 という話を紹介しました。 それでも、そこで計画をたてなければ、ずっと無計画のま…11月09日 06時58分
  • 読めない売上を読めるようにする その2
    昨日、小規模企業者が経営計画を立てることができない理由として、 「売上というのはお客さまが買ってくれるかくれないかで、こちらで勝手に予定を組めない」 という話を紹介しました。 考えてみれば、経営計画を立てている会社だって、全て正確にお客さ…11月08日 05時59分
  • 読めない売上を読めるようにする その1
    昨日、日本中小企業学会論集用の論文原稿をなんとか提出できました。 郵便事故が無い限り、今日11月7日の締切日に到着するはずです。 論文のタイトルは「小規模企業の業績における経営指針制度の有効性とその理論的考察」です。 内容を簡単に説明する…11月07日 06時06分
  • 固定なのは費用ではなく利益
    売上から費用を引くと利益です。 一般には、売上が変動するから利益も増減すると考えます。 例えば売上の変動が売価の高下だとした場合、たいていは、原価が固定だから売上の変動で利益も増減する、となります。 先週KCCSマネジメントシステムの森田…11月06日 06時01分
  • 小樽商科大学 エバーグリーン講座 OBS10期生黒川博昭さん
    小樽商科大学には卒業生が在校生に講義を行う「エバーグリーン講座」があります。 開講から今年で27年目で、今では正規の科目として単位認定もされています。 私はエバーグリーン実行委員長として、そのお手伝いをしています。 平成26年度後期のエバ…11月05日 23時59分
  • 会社の成長に必要なこと 9.フィロソフィを確立し徹底する
    会社の成長には従業員の成長が何より必要だとのことで、稲盛和夫さんの「稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ」(日本経済新聞社 2014年 1600円+税)から、「従業員をやる気にさせる7つのカギ」を紹介してます。 「従業員を…11月04日 06時56分
  • 会社の成長に必要なこと 8.ビジョンとミッション
    会社の成長には従業員の成長が何より必要だとのことで、稲盛和夫さんの「稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ」(日本経済新聞社 2014年 1600円+税)から、「従業員をやる気にさせる7つのカギ」を紹介してます。 「従業員を…11月03日 03時29分
  • 会社の成長に必要なこと 7.仕事の意義を説く
    会社の成長には従業員の成長が何より必要だとのことで、稲盛和夫さんの「稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ」(日本経済新聞社 2014年 1600円+税)から、「従業員をやる気にさせる7つのカギ」を紹介してます。 「従業員を…11月02日 09時39分
  • 会社の成長に必要なこと 6.お互いの立場で考える
    一昨日、稲盛和夫さんの「稲盛和夫の経営問答 従業員をやる気にさせる7つのカギ」(日本経済新聞社 2014年 1600円+税)から、「従業員をやる気にさせる7つのカギ」を紹介しました。 「従業員をやる気にさせる7つのカギ」とは次の7つです。…11月01日 07時43分