儲けの秘訣を伝授します

登録ID
737084
サイト名称
儲けの秘訣を伝授します
URL
http://thinkweb.co.jp/blog/
紹介文
まわりにいる立派な経営者達と接していると ああ、これが経営のコツなのかと気づくことがあります。道内経営者の話をを中心に…
カテゴリ
  • 北海道 (100%) - 11 / 234人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 従業員の経営参加ということ2
    昨日、 「従業員が経営を他人事ではなく自分事として捉え、経営参加するということはどういうことなのか、またどうしたらそうなるのか、これについて明日以降考えていきたいと思います」 と書きました。 経営とは組織を上手に運営していくことで、それには…04月25日 07時01分
  • 従業員の経営参加ということ
    昨日、 「盛和塾でも同友会でも、従業員はパートナーであり、全員参加の経営ということがいわれていますが、経営というのは他人事と思っている人でも、スイッチが入れば経営者としての行動をとるのであり、つまりは、経営を自分事としてとらえるか他人事とし…04月24日 07時47分
  • 覚悟が行動を変える
    先日の盛和塾の勉強会で、創業社長の急逝を受けて社員の立場から後継社長となった人の話を伺いしました。 これはあちこちの会社の社員の方から聞く話ですが、例えば稲盛和夫さんの「心を高める、経営を伸ばす」という本を社内で読んだ場合、少なくない社員の…04月23日 06時21分
  • 性善説のオペレーション
    昨日盛和塾札幌の一泊勉強会があり定山渓の温泉ホテルに一泊してきました。 そこで改めて感じたのが、お客さんの性善説にもとづく仕事の流れです。 以前から、例えば万引きはないということが前提の店舗販売など、いろいろなところでお客さんの性善説にもと…04月22日 22時52分
  • 働く人の手と時代は変わるということ
    昨日、タイヤ交換をしてもらいました。 近所のガソリンスタンドはセルフ式の給油サービスが7時から、タイヤ交換などのピット作業は8時からの営業開始ですので、タイヤを詰め込み8時にスタンドに到着しました。 そのスタンドは普段は若い人たちが多いので…04月21日 09時51分
  • 「経費は最小限に」とは
    稲盛和夫さんの提唱する「経営の原点12ヶ条」の第5条は「売上を最大限に、経費は最小限に」というものです。また、稲盛さんの著書「稲盛和夫の実学」には、「売上を最大に、経費を最小に」ということが経営の原点であるとあります。 その「経費は最小限に…04月20日 07時05分
  • 「想いは成就する」を阻むもの4
    「想い」を「行動」に移すことを阻む「利己」には「勇気」で、「行動」を「成就」に結び付けない「試練」には「努力」で打ち勝つことが、「想い」を「成就」させるのに必要なことだお話ししてきました。 この中の「利己」についてですが、すでにお話ししたよ…04月19日 06時10分
  • 「想いは成就する」を阻むもの3
    昨日、「『想い』が『成就』するためには『行動』が必要です」と書きましたが、「行動」を起こしたからといって「想い」が「成就」するとは限りません。 「行動」を起こしても、「想い」が「成就」するには、今まで未経験のことに取り組まなければならないか…04月18日 06時20分
  • 「想いは成就する」を阻むもの2
    「想い」が「成就」するためには「行動」が必要です。 しかし、「想い」があっても「本能」が「行動」を起こすことを妨げます。 この「本能」というものは、生きることに必要なこと以外は何もしたくないという「怠け心」です。人はほうっておけば「怠け心」…04月17日 07時19分
  • 「想いは成就する」を阻むもの
    「想いは成就する」、「思考は現実化する」などとよく耳にしますが、必ずしもそうならないことは皆さん経験済みでしょう。 「想いが成就する」ためには、「想い」と「成就」のほかに「実行」という要素が必要です。 この「想い」から「実行」のプロセスを阻…04月16日 07時40分
  • 「恥ずかしい」という感情は人間相手においてのみ起きる3
    「恥ずかしい」から実行できなかった。こういうことは皆さんも一杯あるのではないでしょうか? 「でも、この『恥ずかしい』という気持ちを乗り越える方法があるのです」と昨日書きました。 その方法は「観察」です。 山形新幹線の車内販売で通常の3〜4倍…04月15日 23時00分
  • 「恥ずかしい」という感情は人間相手においてのみ起きる2
    昨日、山形新幹線の車内販売で通常の3〜4倍の売上をあげる車内販売員、齋藤泉さんの講演記事から、「恥ずかしい」と思う感情は人間に対してだけ起こる感情だということを書きました。 齋藤さんのお話は稲盛和夫さんが主宰する経営塾「盛和塾」の機関誌通巻…04月14日 20時24分
  • 「恥ずかしい」という感情は人間相手においてのみ起きる
    ある本(2009年)に、山形新幹線の車内販売で通常の3〜4倍の売上をあげる社内販売員、齋藤泉さんの講演内容が掲載されていました。 そこに、社内販売でアイスクリームを買うこ行為が恥ずかしいという男性の話から、「たとえばデッキに自動販売機があれ…04月13日 19時48分
  • 「実学」序章 5.「会計がわからなければ真の経営者になれない」2
    『稲盛和夫の実学』の紐解き、序章の最終回です。 ちょっと長いですが大事なところなので引用します。 「京セラでは、まだ会社が小さかったころから、月次決算資料が部門別に出るようにしていた。私は会社にいるときも、出張に出かけるときも、細かい部門別…04月12日 06時50分
  • 「実学」序章 4.「会計がわからなければ真の経営者になれない」1
    「稲盛和夫の実学」の紐解きを続けていますが、今日は序章の最後、序章の総まとめにあたる部分となりますが、ポイントはタイトル通り「会計がわからなければ真の経営者になれない」ということです。 「われわれを取り巻く世界は、一見複雑に見えるが、本来原…04月11日 06時01分
  • 「実学」序章 3.「売上を最大に、経費を最小に」
    「稲盛和夫の実学」の紐解きを続けています。 序章の第3節「私の会計学と経営」には、 「京セラの会計システムを貫く考え方」として、 「企業の会計は、この『売上を最大に、経費を最小に』という経営の原点を経営者が効率よく追及できるようにしたもので…04月10日 06時22分
  • 「実学」序章 2.原理原則、本質の追究 会計編
    常識とされることにそのまま従えば、自分の責任で考えて判断する必要はなく、また、とりあえず人と同じことをする方がさしさわりもなく、大きな問題でもないのでことさら突っ込んで考える必要はないと思うかもしれないが、どんな些細なことでも、原理原則にさ…04月09日 07時35分
  • 進化・成長・発展は世の流れ
    宇宙の誕生が140億年ほど前、地球の誕生が46億年ほど前、人類、猿人が400万年ほど前、原人が160万年ほど前、旧人が30万年ほど前、新人が2万年ほど前で、この新人が日本でいえば縄文人、弥生人だそうです。 縄文時代は狩猟時代で、弥生時代にな…04月08日 22時08分
  • 仕事を通じて向上した能力は誰のものか
    今まで出来なかったことができるようになることは成長です。 そういう意味では、試練は成長のもとといえます。 また、同じことを続けていれば熟練してきて、 より短い時間でより高精度な仕事ができるようになるでしょう。 日々の仕事をしていくことで、働…04月07日 11時11分
  • 「実学」まえがき 3.会計の実態
    4月19日に「管理会計で読み解く『稲盛和夫の実学』」講座を開催します。 http://www.thinkweb.co.jp/misc/seminar.php 1回目となる4月19日のテーマは「序章『稲盛和夫の会計学の思想』: 会計がわからん…04月06日 06時33分
  • 「実学」まえがき 3.会計の実態
    4月19日に「管理会計で読み解く『稲盛和夫の実学』」講座を開催します。 http://www.thinkweb.co.jp/misc/seminar.php 1回目となる4月19日のテーマは「序章『稲盛和夫の会計学の思想』: 会計がわからん…04月05日 05時02分
  • 「実学」まえがき 2.会計とは
    4月19日に「管理会計で読み解く『稲盛和夫の実学』」講座を開催します。 http://www.thinkweb.co.jp/misc/seminar.php 1回目となる4月19日のテーマは「序章『稲盛和夫の会計学の思想』: 会計がわからん…04月04日 06時38分
  • 「実学」 著者「稲盛和夫」について
    4月19日に「管理会計で読み解く『稲盛和夫の実学』」講座を開催します。 http://www.thinkweb.co.jp/misc/seminar.php 昨日は、「まえがき」より本書の書かれた時代背景を紹介しましたが、順番を間違えました…04月03日 03時56分
  • 「実学」まえがき 1.時代背景
    4月19日に「管理会計で読み解く『稲盛和夫の実学』」講座を開催します。 http://www.thinkweb.co.jp/misc/seminar.php 1回目となる4月19日のテーマは「序章『稲盛和夫の会計学の思想』: 会計がわからん…04月02日 06時54分
  • 4月1日 始まりの日
    今日は4月1日です。新年度ということで早い学校では今日が入学式のところがあります。 明日の月曜日は多くの会社で新入社員を迎え入れることでしょう。 4月はいろいろなことが新しく始まる時期です。 弊社でも、また私個人的にもいろいろ始めていこうと…04月01日 19時58分
  • 中国語の勉強について
    7年ほどまえから中国語の勉強を始めています。 しかし、週に1回90分程度を年間30回ほどというペースですので、全然上達しません。せいぜい忘れていく分量が減るくらいというところでした。 しかし、3年ほど前から中国語カラオケを練習するようになり…03月31日 21時14分
  • 為世為人
    昨日、会社永続の目的は皆の役に立つために、つまり「世のため人のため」だと書きました。今日のテーマ「為世為人」は「いせいいじん」と読み、「世のため人のため」という意味です。 弊社は今年1月から従来の経営理念に加え、この「為世為人」を社是として…03月30日 06時56分
  • 会社を成長させる理由
    商売が成り立っているということは、支払いを賄う売上があるということであり、それは買い手の役に立っているということのみならず、そこに関係する人たち皆の役に立っているといえるでしょう。 そして、それが一時的なものであれば皆が困ります。従業員にし…03月29日 06時12分
  • 知的生産性向上システム DIPS
    ここ何日か2010年8月2日に掲載した記事「知的生産性向上システム DIPS 」へのアクセスが多いので、そのポイントを改めてご紹介します。 「七つの習慣」には、「重要度・緊急度」マトリックスという図が紹介されています。 緊急度という横軸と重…03月28日 08時01分
  • 第81回研究報告会のお知らせ
    皆様の応援のおかげさまで、2011年7月より開始した月に一度の研究報告会も先月で80回目の節目を終えることができました。ありがとうございます。 4月からは新たな企画として、「管理会計で読み解く『稲盛和夫の実学』」と銘打った報告会を開催します…03月27日 06時33分
  • I was born
    昨日読んでいた本に、「この世に生を受け」という表現がありました。 人間に限らず、動物も植物も自分の意志で生まれてきたものはなく、「生まれさせられて」この世に出てきています。 英語でいうところの、I was born. 受け身、受動態です。 …03月26日 06時42分
  • 話しあうこと2
    昨日はご夫婦経営者のサポートをする話をしましたが、考えてみれば冷静な話が続かないのは、親子、兄弟経営者でも同じではないかと思います。 いえ、家族経営でなくても社長と専務で定期的にそこそこの時間話合いの場を設けている会社はどれほどあるでしょう…03月25日 03時03分
  • 話しあうこと
    弊社のもともとの仕事は事務処理系のソフト開発でした。 その後、仕事が止まらないようにコンピュータ機器やネットワークの保守サポートを始めました。 また、それと並行してシステムがうまく流れるように仕事の流れや組織を整えるため、つまり経営のアドバ…03月24日 23時59分
  • 思考が行動を制御する4
    上場企業のほとんどは成文化された経営理念が掲げられ、年間の経営計画が策定され月次単位でPDCAが回されています。 一方、中小企業、なかでも小規模企業においては、経営理念や経営計画を策定していない(策定できない?)会社が少なくないという事実が…03月23日 05時55分
  • 思考が行動を制御する3
    ニトリやアイングループは北海道発の成長企業としてマスコミにも都度取り上げられています。 ニトリの似鳥さんの話は講演で何度か聞き、日経新聞の私の履歴書も読みました。アインの大谷さんは盛和塾で直接お話しする機会も何度かありました。 お二人とも会…03月22日 23時59分
  • 思考が行動を制御する2
    昨日、「いろいろな生き方をしている人を比べた時、たとえ障がいがあってもなくても、人そのものの違いはそうそうないと思います」と書きました。 実は先日、障がい者雇用の支援をしているNPO法人FDAの理事長をしている、ご自身が「世界一明るい視覚障…03月21日 10時08分
  • 思考が行動を制御する
    サーカスの象は小さな杭につながれているが、力をだせばその杭を引き抜けるけれどもそれはしない。それは小さなころ、どんなに力を込めても杭がびくともしなかった経験があり、杭は抜けないものという思い込みがあるためだ。 先日、サーカスを舞台にした映画…03月20日 05時08分
  • 成功の条件4
    成功のためには、あきらめずに続けることが必要であり、そのためにはお金と時間が必要だという話をしてきましたが、それらを踏まえて成功するためのコツは何かを考えると、「小さく始める」ことといえるでしょう。 以前、日経新聞のコラムに、グーグルの会社…03月19日 07時03分
  • 成功の条件3
    成功者とそうでない人の違いは、最後まであきらめずにやりとげたかどうかである、多くの人はそのようにいいます。」 「あきらめないためには何が必要か?多くの場合はお金と時間でしょう」 ということで昨日はお金の話をしました。 今日はもうひとつの問題…03月18日 07時09分
  • 成功の条件2
    「成功者とそうでない人の違いは、最後まであきらめずにやりとげたかどうかである、多くの人はそのようにいいます。」 と、昨日書きました。 そして、 「あきらめないためには何が必要か? 多くの場合はお金と時間でしょう」 とも書きました。 こう書い…03月17日 06時36分
  • 成功の条件
    「成功者とそうでない人の違いは、最後まであきらめずにやりとげたかどうかである、多くの人はそのようにいいます。」 と、3月12日の「あきらめないということ」に書きました。 あきらめないことは必要条件であり、あきらめてしまったら成功にはたどりつ…03月16日 23時59分
  • ロジカルシンキングとクリティカルシンキング
    「クリティカルシンキングの教科書」(山中英嗣著、PHP研究所)に「ロジカルシンキング」とタイトルにもなっている「クリティカルシンキング」という言葉が出てきます。 「ロジカルシンキング」は「論理的思考」であり、これはシステムエンジニアの仕事を…03月15日 05時18分
  • 他人の経験を自分のものとするために
    これも何度も書いていることですが、一人の人間が経験できることには限りがあります。 より充実した人生を送るためには、自分だけの経験で物事を判断するより、他人の経験も積極的に利用すべきです。 そのためには他人の経験を知る必要があり、本を読んだり…03月14日 23時59分
  • 宇宙を見るということ
    今日は大学院の研究指導でたまたま富山大学と東京大学共同で本格稼働を目指す重力波望遠鏡「かぐら」の話となり、思い出したのが以下の2010年12月9日のブログ記事のことでした。 以前にも紹介しましたが、「宇宙は何でできているのか」(村山斉著 幻…03月14日 06時13分
  • あきらめないということ
    成功者とそうでない人の違いは、最後まであきらめずにやりとげたかどうかである、多くの人はそのようにいいます。 それに対して、あきらめないで努力した人たちのほんの一握りの人だけが成功するのであって、多くの人は途中で夢が破れたのだという人もいます…03月12日 07時51分
  • 科学では説明できないこと
    科学では説明できないことがこの世の中にあるかないかと尋ねたら、多くの人はあると答えるのではないでしょうか? 科学がまだ完全でないため今は説明できないが、科学が進歩すれば後に説明ができるようになる、そう考える人の割合が多いと思います。 では、…03月11日 19時51分
  • 変化への抵抗
    「変化への抵抗」という言葉でネット検索するとこれでもかというくらいの数のサイトがヒットし、それぞれが異口同音に変化には抵抗がつきものだといっています。 経営理念の浸透が、理解、納得、共感・支持という段階を経るのも、受け入れるという変化に対す…03月10日 07時05分
  • 経営者が語るべき言葉
    田坂広志さんは著書「経営者が語るべき『言霊』とは何か」で、経営者は「口」ではなく「腹」で語れといっています。「腹」で語るとは、語る内容を心から信じて語るということです。 確かにいろいろな経営者にお会いしていると、腹から語っている経営者にお会…03月09日 08時52分
  • 内発的動機付けと外発的動機付け
    昨日、「自ら納得して進んで行動を起こすのは、共感・共鳴・支持というレベルでしょうか」と書きましたが、そこで思い出すのは「内発的動機付け」という言葉です。 やる気を生み出す原因が自分の内にあるのが「内発的動機付け」であり、自分の外にあるのが「…03月08日 07時41分
  • 理解、納得のレベル
    昨日、 「そのためにも従業員に経営者の想いを理解、納得してもらわなければなりません」 と書きました。 理解とは「あなたの言っていることはわかった」という程度のもので、「あなたの言っていることはわかったが、私の考えは違う」というのも理解の範疇…03月07日 08時19分
  • 経営指針におけるリーダーシップ
    同友会の経営指針研究会で学んだあと多くの経営理念を従業員に示します。しかし、経営計画までを示す経営者は半数くらいであることが調査から明らかになっています。 会社の目的である経営理念、その実現のためのビジョン、経営方針、経営計画ですが、これら…03月06日 07時05分
  • リーダーシップとは
    田坂広志さんの「経営者が語るべき『言霊』とは何か」という本に、 「リーダーシップの本質とは、 その組織や集団の可能性を 『信じる』力だからです。」 とありました。 みんなができないと思っていても、 その集団の可能性を信じてできると思い、 集…03月05日 07時04分
  • 「会計の基本」付録:利息の支払いと元金の返済
    社内研修用「会計の基本」は昨日までで一区切りとしますが、たぶん小規模企業の経営者の半分以上が理解していないと思われる借入金の利息の支払いと元金の返済の違いについて書いておきます。 お金を借りたら利息と元金とを支払っていかねばなりません。 こ…03月04日 07時55分
  • 社内研修用 「会計の基本」3-3:貸借対照表でみる経営の余裕
    このシリーズの「社内研修用 「会計の基本」1-4:利益は経営の余裕」で、 「経営の余裕とはまず、支払額以上の現預金を持っていることです。 会社が現預金を増やし余裕を持つためには、毎年、費用を上回る売上をあげ、その差となる利益を積み上げていく…03月03日 04時56分
  • 社内研修用 「会計の基本」3-2:資産の増減
    貸借対照表は借方(左側)に資産の部、貸方(右側)に負債の部、純資産の部があり、資産を購入する資金の内訳が他人から借りた負債と自分のお金である純資産だと昨日お話ししました。 資産の合計=負債の部合計+純資産の部合計となっています。 資産を増や…03月02日 07時07分
  • 社内研修用 「会計の基本」3-1:貸借対照表の構成
    経営者や社員向けに「会計の基本」を説くこのシリーズですが、 1.会社の構造と会計 2.損益計算書 3.貸借対照表 の3.貸借対照表に今日から入ります。 貸借対照表は借方(左側)に資産の部、貸方(右側)に負債の部、純資産の部があります。 資産…03月01日 07時30分