儲けの秘訣を伝授します

登録ID
737084
サイト名称
儲けの秘訣を伝授します
URL
http://thinkweb.co.jp/blog/
紹介文
まわりにいる立派な経営者達と接していると ああ、これが経営のコツなのかと気づくことがあります。道内経営者の話をを中心に…
カテゴリ
  • 北海道 (100%) - 16 / 329人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 付加価値を高める その3 人の気持ち
    付加価値を作り出す原動力はやはり「人」で、「人」の行動は気持ちから生まれます。 稲盛和夫は機関誌「盛和塾」6号で以下のように述べています。 「従業員が燃える、明るくポジティヴに考えるということは、見えなかった情熱が発散して外気に触れて露とな…07月25日 23時59分
  • 付加価値を高める その2 高める方法
    付加価値を高める方法は単純で、外部からの調達をなるべく少なくし、外部への提供価値である売上をなるばく大きくするということです。 これは稲盛和夫さんのいう「売上を最大限に、経費を最小限に」に通じることであり、お客様に価値のあるものを極力無駄を…07月24日 23時59分
  • 付加価値を高める その1 付加価値とは
    世の中は進歩発展しています。 それを地球単位で考えた場合、昨日の地球全体の価値より、今日の価値のほうが高まっていると考えることができます。 また、宇宙全体を考えた場合でも、ビッグバン理論によれば、昨日よりは今日の地球のほうが大きくなっている…07月23日 19時23分
  • 経営者に必須な管理会計の理解3
    昨日、一昨日と、 「経営者相手に経営指針研究会で得た体験と学生相手に管理会計の授業で得た体験とから得た感想は、やはり経営者には管理会計の理解が必須だということです」 と書きましたが、本当にそう思うため、3ヵ月前から以下の管理会計のセミナーを…07月22日 23時59分
  • 経営者に必須な管理会計の理解2
    昨日、 「経営者相手に経営指針研究会で得た体験と学生相手に管理会計の授業で得た体験とから得た感想は、やはり経営者には管理会計の理解が必須だということです」 と書きました。 自分の経験や創業した他の経営者たちを見ていて思うことは、自分の商売に…07月21日 23時59分
  • 経営者に必須な管理会計の理解
    今年は4月から北海道科学大学で管理会計論の授業を受け持っています。 前期15講の授業ですが、本日が14講目で、先週より今までの授業を踏まえての事業計画作成の課題に取り組んでもらっています。 学生たちには自分の興味や得意技を活かしたビジネスを…07月20日 23時59分
  • 才覚のドライブとコントロール方法
    いかに利益を上げるか、その仕組みを考えることを才覚だとすれば、熱意がそれをドライブ(伸ばすという意味合い)します。強い思いで取り組めば、たいていのことは実現するでしょう。 しかし、その時の動機の良しあしが、その後の結果に影響します。 世のた…07月19日 23時59分
  • 才覚
    盛和塾札幌の新しい勉強会に「機関誌マラソン」というのができました。 「機関誌マラソン」というのは、盛和塾の機関誌「盛和塾」の1992年4月10日発刊の1号から、最新刊(現在は2014年6月30日発刊の140号)までを週に1号ずつ読んでいくと…07月18日 23時59分
  • 状況妄動型の人
    稲盛和夫さんの「心を高める、経営を伸ばす」(PHP文庫 1080円)には、「状況妄動型の人間」という言葉がでてきます。 「状況妄動型とは、『こうしたい』と思ったけど、社会情勢、経済情勢などから考えてみれば、実現困難であるとすぐ思ってしまう人…07月17日 23時59分
  • 頑張るとはどういうことか
    頑張るとか、努力するという発言をしたり聞いたりしますが、得てして、何をどう頑張るとか、何をどう努力するとかわかっていないことが多いのではないかと思います。 具体的なことがわかっている場合は、なになにをどうするという表現であって、頑張るとか努…07月16日 23時59分
  • 弊社シンクシステムズの得意技2
    深く考えることが弊社の得意技であると昨日紹介しましたが、それ以外には、「理解してもらえるように、わかりやすく伝える」ということが得意技に挙げられます。 これは、私自身の四半世紀を超える専門学校や大学での授業における経験、また以前校長を経験し…07月15日 23時59分
  • 弊社シンクシステムズの得意技1
    昨日、 「自分がこの世に生を受けたのは何のためか? 自分の使命を考える際、今までの人生の中で何に一番時間を費やしてきたのか、何が好きか、何が得意か、何で人に喜ばれたか、そんなところから考えてみてはどうでしょうか。」 と書きました。 では、弊…07月14日 23時59分
  • 使命とは命を使うこと
    「ぶれない人生」とか「何をもって記憶されたいか」という話を紹介してきましたが、これらは自分の使命にどう気づくかという話に通じるものです。 使命とは命を使うと書きますが、文字通り人生という時間を何に注ぐかということです。 この道一筋何十年とい…07月13日 23時59分
  • 何をもって記憶されたいか
    先日、後志報恩会さんより、2011年4月16日のこのブログ記事「ぶれない人生」を会報に掲載したいとの連絡がありました。前理事長の野村健さんがお亡くなりなってから5年ということからでした。 再度、この記事を読み直して頭に浮かんだのは、ドラッ…07月12日 23時04分
  • 理解してもらえるように伝える
    平成2年に小樽商科大学大学院修士課程を修了してから今まで、大体週に1日程度、専門学校や大学で授業をもっています。 今年は月曜日の午前中に「情報処理」と「物理」の授業、水曜日の午前中に「管理会計論」(前期)、「経営情報システム論」(後期)の…07月11日 22時16分
  • 管理会計を超えるもの2
    昨日、管理会計の標準原価計算に対して、 「 ここに2つ問題があります。ひとつは、市場価格の変動と標準原価の見直しがリアルタイムで行われないこと。もうひとつは、やはり市場価格の変動しても在庫評価額が変わらないことです。」 と書きました。 値…07月10日 23時59分
  • 管理会計を超えるもの
    昨日、 「そういう意味で、経営者には管理会計の基本事項はぜひ理解しておいて欲しいと思いますし、さらにそこを超えた部分・・・、これについては明日お話します」 と書きました。 例えば、製造したものの原価を管理するのには、管理会計ではまず1個当…07月09日 23時59分
  • 経営者に必要な管理会計という基本知識
    「経営情報システム論」の授業を持っていた北海道科学大学で、この4月からの前期は「管理会計論」の授業を受け持っています。 オリエンテーションを除く14講という限られた時間で管理会計のどの部分を取り上げるかカリキュラム構成を考える際には結構悩…07月08日 23時59分
  • 小さな会社の経営計画
    本日、北海道中小企業家同友会の「全道経営指針委員会」があり、出席してきました。 そこで改めて思ったことが、2013年8月27日のブログ記事「経営計画が立てられない理由」の内容でした。 その記事を再掲します。   昨日、「経営理念…07月07日 23時59分
  • 有意注意の意味
    昨日の自動販売機のコカ・コーラの値段の話に「有意注意」というタイトルをつけました。 この「有意注意」は京セラ創業者の稲盛和夫さんがよくおっしゃる言葉です。 意味としては、意識して注意(意を注ぐ)ということで、反対の意味の言葉は「無意注意」…07月06日 23時59分
  • 有意注意
    画像は、今日見かけた自動販売機です。 コカ・コーラの大きい方500mlが120円、小さいほう360mlが130円です。 たぶん、もともとコカ・コーラの500mlは横のファンタと同じ140円だったのだけれども、何かの理由でディスカウント。そ…07月05日 23時59分
  • 時間を積み重ねる
    水戸光圀の言葉に「小さき事は分別せよ、大なる事に驚くべからず」というのがあるそうです。小さなことでもちゃんと考えなさい、大きなことだからといって驚くな、という意味ですが、大きなことは小さなことの積み重ねであるということを思い出します。 先…07月04日 23時59分
  • 座右の書
    早い時期、自分がまだ未熟な時期に読んでしまって理解が浅いままなのに、既に読んだということでもう読まないいる本というのが結構あると思います。 良書は、その時その時の自分の理解に応じて得るものがあり、また何度も読まれることに耐えうる文章であり…07月03日 23時59分
  • 心が通ういあう背景
    昨日、一昨日とお話ししたように、心の根っこは魂であり、それを中心に育ち、心が衰える時は最終的に魂だけになります。 その魂は、真我を業(カルマ)が包んだものです。 ビッグバン理論によれば宇宙は一握りの素粒子から始まりますが、ということはこの…07月02日 23時59分
  • 寿命と「心の多重構造」
    昨日は赤ちゃんの誕生と「心の多重構造」について話をしましたが、今日は寿命を迎えるときと「心の多重構造」について話をします。 人が寿命を向かるときには、物忘れやひどくなると痴呆など知性が衰えます。 そして、目や耳など、五感が弱り、喜怒哀楽の…07月01日 23時59分
  • 赤ん坊でみる心の多重構造
    昨日の「心の多重構造」について少し付け足しの解説をします。 心の中心は真我であり、これは心の根源です。仏教では「山川草木悉皆成仏」といってすべてのものに仏が宿るといいますが、それが真我と考えることができます。 さらに付け加えると、この宇宙…06月30日 23時59分
  • 心の多重構造
    2012年11月13日のブログ記事より、平成16年に行われた盛和塾世界大会での稲盛和夫塾長の講話をもとに書いた「心の多重構造」を再掲します。実は、先日行われた盛和塾札幌分科会でこの話をしたのですが、改めて確認するとずいぶんいい加減な説明を…06月29日 23時59分
  • 心から心への伝播
    先日、保険業をやっている二人の方から別々に次のような話を聞きました。 Aさん。 「事故などの交渉で、計算高い考えの人の時ほど相手側も計算高くなる」 Bさん。 「お客様の事故トラブル解決の役に立ちたいと思っていたら、事故率が高くなった。 お…06月28日 23時59分
  • てんやわんやの忙しさこそが利益の源泉
    先週土曜日、盛和塾札幌のDVD例会があり、その懇親会をお好み焼屋さんで行いました。 店内はほぼ満席でお店の人達も忙しそうです。 (お好み焼きだと材料を提供するだけでしょうが、コースで料理を頼むとお好み焼きや焼きそばも調理してから運んでくれ…06月27日 23時59分
  • 両極端を併せ持つ
    昨日の「善きことを思う」も今日の「両極端を併せ持つ」も稲盛和夫さんの言葉からの拝借です。 昨日は「善きことを思う」でしたが、「善きこと」を思いながらも、いざとなれば最悪の事態にも備えねばなりません。 稲盛さんの言葉には、「楽天的に構想し、悲…06月26日 23時59分
  • 善きことを思う
    時々、「今日はついているな」と思う時があります。 そして、そんな日の夜、「今日はこんなについていたけど、明日はどうだろう・・・?」と思います。 そんな次の日は、やはり思った通り、そんなついているわけはないというのがいつもです。 ここで、「…06月25日 23時59分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 12.当座買い
    「稲盛和夫の実学」第3章「筋肉質の経営に徹する:筋肉質経営の原則」は、 1.中古品で我慢する 2.健全経営に徹する 3.「固定費」の増加を警戒する 4.投機は行わない 5.予算制度は合理的か の5つの節から構成されています。 昨日までに1…06月24日 23時59分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 11.付加価値創造
    「稲盛和夫の実学」第3章「筋肉質の経営に徹する:筋肉質経営の原則」は、 1.中古品で我慢する 2.健全経営に徹する 3.「固定費」の増加を警戒する 4.投機は行わない 5.予算制度は合理的か の5つの節から構成されています。 昨日までに1…06月23日 23時59分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 10.健全資産に徹する
    昨日も書いたように、 「稲盛和夫の実学」第3章「筋肉質の経営に徹する:筋肉質経営の原則」は、 1.中古品で我慢する 2.健全経営に徹する 3.「固定費」の増加を警戒する 4.投機は行わない 5.予算制度は合理的か の5つの節から構成されてい…06月22日 23時59分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 9.筋肉質経営の具体的内容
    「稲盛和夫の実学」第3章「筋肉質の経営に徹する:筋肉質経営の原則」は、 1.中古品で我慢する 2.健全経営に徹する 3.「固定費」の増加を警戒する 4.投機は行わない 5.予算制度は合理的か の5つの節から構成されています。 キャッシュベー…06月21日 23時59分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 8.改めて筋肉質経営ということ…
    昨日までに紹介したように、「稲盛和夫の実学」に書かれている「キャッシュベースの経営」とは、自由に使える手元のお金(キャッシュ)を増やす経営のことです。 キャッシュを増やすためには、入金を最大限にし、出金を最小限にしていく必要があります。 …06月20日 23時59分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 7.キャッシュベース経営か利益…
    昨日、「キャッシュベースの経営」とは、自由に使える手元のお金(キャッシュ)を増やす経営であり、利益を目指す経営ではないと書きました。 もう少し、説明します。 キャッシュの使い方としては、 1.資産を購入する 2.負債を返済する 3.費用を…06月19日 23時59分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 6.改めてキャッシュベースの経…
    昨日、「稲盛和夫の実学」より、第3章「筋肉質の経営に徹する」の「1.中古品で我慢する」を紹介し、残りの4節は明日以降、一節ずつ紹介します、と書きましたが、変更します。 実は昨夜、第59回目となる研究報告会を開催し、この実学の前半部分の解説…06月18日 23時59分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 5.倹約を旨とする
    「稲盛和夫の実学」より京セラ会計学の考え方を紹介しています。 キャッシュベースの経営を行うにあたって大事なことは「倹約を旨とする」ことです。 「稲盛和夫の実学」には、工場の機械設備や、事務所の机・椅子なども中古品で済ます例が紹介されていま…06月17日 07時40分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 4.ベースには一対一の対応
    一昨日、 「経営そのものを実際の『キャッシュ』の動きと『利益』とが直結するように近づけていくこと」「利益とキャッシュを一致させようというのですから、 収入と入金をできるだけ近づける、費用と出金をできるだけ近づける、 この二つのことが必要と…06月16日 07時07分
  • 利益には実態がない
    「筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方」について書いている最中ですが、昨日、読んでいた本に、今日のタイトル「利益には実態がない」という記述があり、なるほどと思ったので、今日は特別にその話です。 「利益には実態がない」、まさにそ…06月15日 06時19分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 3.京セラ会計学の特徴
    京セラ会計学の精神とは、「いかにして経営そのものを『キャッシュベース』としていくのか」というものです。 これは表現を変えると、「経営そのものを実際の『キャッシュ』の動きと『利益』とが直結するように近づけていくこと」ということです。 具体的…06月14日 05時00分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 2.京セラ会計学とは
    一般に会計というと、財務会計に代表される制度会計が頭に浮かびます。 しかし、一見システマティックに見える制度会計も、以前したバナナの叩き売りの話のように、費用か資産か、在庫の評価方法、減価償却など人間の判断によって結果が変わる恣意的な部分…06月13日 05時00分
  • 筋肉質経営のための管理会計!京セラ会計学の考え方 1.セミナーのお知らせ
    6月17日金曜日18:15から管理会計セミナーを開催します。 全6回構成の「管理会計セミナー」の今回は3回目となります。 このセミナーでは、京セラは京セラフィロソフィという土台のもと、京セラ会計学とアメーバ経営の2本柱で成り立っているとい…06月12日 17時30分
  • 利益=収入ー費用:7.キャッシュベースで考えるということ4
    昨日、「稲盛和夫の実学」より、 「そうであれば、この会計上の利益と手元のキャッシュとの間に介在するものをできるだけなくすことが必要となる。私の会計学は、このような観点から、会計上の利益から出発してキャッシュフローを考えるのではなく、いかに…06月11日 23時59分
  • 利益=収入ー費用:7.キャッシュベースで考えるということ3
    今日も引き続き「稲盛和夫の実学」からキャッシュベースで考えることについての解説です。 昨日紹介したように、 「儲かったお金が、どこにどのように存在するのかを明確に把握しておくというのは、経営の基本である。しかし、経理が何日もかかってまとめ…06月10日 23時59分
  • 利益=収入ー費用:7.キャッシュベースで考えるということ2
    昨日、「稲盛和夫の実学」より、 「儲かったお金がどういう形でどこに存在するのか、ということをよく把握して経営する必要があるとそのとき私は痛感したのである」 という部分を紹介しました。 これに関して、同書では次のように書かれています。 「儲…06月09日 23時59分
  • 利益=収入ー費用:7.キャッシュベースで考えるということ1
    一昨日、儲かったお金はどこにあるのか?というタイトルで記事を書きました。 結局、利益が上がっても、売掛金となって現金が増えなかったり、在庫の増加や他の資産の購入、負債の返済などに現金は使われ、損益計算上の利益と手持ちのキャシュは一致しない…06月08日 23時59分
  • 6月17日 管理会計セミナーのご案内
    管理会計で考える京セラ会計原則とアメーバ経営? 【テーマ】筋肉質経営のための管理会計! 京セラ会計原則の考え方(前半) 全6回の構成で、アメーバ経営の実際を理解するために必要な京セラ会計原則と、それを理解するのに必要な(管理)会計の基本の…06月07日 23時59分
  • 利益=収入ー費用:6.儲けたお金はどこにあるのか?
    昨日もお話ししたように、利益=収入−費用です。 では、利益として得られたお金はどこにあるのでしょうか? 利益がでたから税金を払う必要があり、そのために銀行からお金を借りたという話はときどき耳にする話です。利益がすべて現金で手元に残るわけで…06月06日 23時59分
  • 利益=収入ー費用:5.利益=収入ー費用
    昨日までに紹介した、3つの例え話ですが、結局、何を費用にいれるのかいれないのかという話になります。 そして、タイトルにあるように「利益=収入−費用」ですから、費用の額が変われば、当然利益も変わってきます。しかし、利益の額が増減したからとい…06月05日 23時59分
  • 利益=収入ー費用:4.バナナの叩き売り3 在庫の評価
    引き続き、バナナの叩き売りの話です。 昨日、今日といろいろありましたが、とりあえず商売道具の箱、布、棒はあるし、商品のバナナもある。 明日も、これで商売しようとバナナ売りは眠りにつきました。 しかし、夜が明けると外は雨。 露天商売のバナナ…06月04日 19時48分
  • 利益=収入ー費用:3.バナナの叩き売り2 仕入れ(費用)か在庫(資産)か
    昨日は、利益は収入と費用の差額であり、タイトルにある利益=収入−費用という式そのものですと書き、「稲盛和夫の実学」(稲盛和夫 日経ビジネス人文庫 2000年 566円)からバナナの叩き売りのたとえ話を紹介しました。 今日は、その翌日の話を…06月03日 23時59分
  • 利益=収入ー費用:2.バナナの叩き売り1 費用か資産か
    昨日書いたように、利益は収入と費用の差額であり、タイトルにある 利益=収入−費用 という式そのものです。 この費用に何を入れるのか何を入れないのかで利益の額が変わってきます。 「稲盛和夫の実学」(稲盛和夫 日経ビジネス人文庫 2000年 …06月02日 23時59分
  • 利益=収入ー費用:1.利益は後から決まる
    昨日開催した、「管理会計で考える京セラ会計原則とアメーバ経営」講座の2回目、「全社一丸のための管理会計!管理会計の基本とキャッシュベースの考え方」ですが、そこでの話題の一つであった、利益は後から決まるという話を紹介します。 会計の世界では…06月01日 23時01分