ボローニャに暮らす

登録ID
743737
サイト名称
ボローニャに暮らす
URL
http://yspringmind.blog.fc2.com/
紹介文
Bolognaの日常生活雑記帖 イタリアの中規模都市ボローニャの素朴な生活の中に楽しみを見つけながら。
カテゴリ

※最新の記事

  • 美しい秋
    朝晩の冷え込みは本格的な秋そのものだ。10度。これを10月にしては温暖と呼ぶか、寒いと呼ぶか、いくら考えても分からない。どちらにしても昼間になれば20度にも上がるから、まだ暖房の必要はない。しかしそれだって時間の問題。日曜日に予報通り雨が降…10月19日 19時56分
  • そうだ、Dozzaへ行こう。
    10月にしては気候が良い。雨が降ることもなく、快晴が続いていることを良い兆候と思うのは前向きすぎるだろうか。穏やかな秋。空の明るい秋。長いボローニャの暮らしを振り返っても、これほど穏やかな10月は見つからない。話によればこんな気候が10月い…10月15日 18時23分
  • 7日間
    淡々と生活するのが好きだ。いや、それは語弊があるかもしれない。淡々と生活するのに慣れている私だから、そうだ、そういう生活を繰り返していて其れが当たり前になっている私の日常だから、小さな様々が起きると深いため息が出てしまう。急に水圧が弱くなっ…10月15日 00時17分
  • 素敵見つけた
    散歩中に見つけた素敵。美しい木の葉が私の心を射止めて離さなかった。こんな上の方を見て歩く人は少ないのか、この木の下で足を止める人は居ない。そういえば、もう12年ほど前に郊外の散歩道を歩きながら、素敵な木の葉だ、素敵な枝だと喜ぶ私に知人が目を…10月08日 21時57分
  • 空が青い
    昨夕の嵐。大風が吹いたと思ったら大きな雷が鳴り響き、そして雨が降った。何よりも私を脅かしたのは、風に押されて空をぐんぐん突き進む、黒い雲の大群の様子だった。あまりに早く動く雲の大群に、胸騒ぎを感じた。しかし、何か恐ろしいことが起きるでもなく…10月07日 16時47分
  • 日曜日に雨が降った。此れはあって欲しくないことのひとつ。特に10月1日。多くの人がローマ法王のボローニャ訪問を楽しみにしている日曜日だ。恐らくは、法王が通る道沿いにその姿を一目見ようと多くの人が待っていたに違いなく、そうした彼らの為にも雨は…10月03日 20時27分
  • さよなら9月
    今日も晴天。天気の良い日は気分もよい。恐らく誰もがそうに違いないけれど、天気に左右される私などは、空が高くて明るいだけで小さなつまらないことは帳消しになってしまう。もう半袖シャツを着ることはないと思っていたのに、まだよい気候は続くようだ。今…09月30日 13時43分
  • 星空
    今日は降るまいと思っていたのに、夕方遅くに降りだした雨。嫌な予感はしていたのだ、バスを待っている時に向こうの空を覆っていた黒い雲の群れを見て。そしてポツリポツリと降り始めた頃、バスがのろのろやって来た。客がすっかりバスに乗り込むと、待ってい…09月25日 23時14分
  • 雨が降って秋
    日曜日。雨が降ったのは予報通り。それにしてもこの雨で、秋が深まった感がある。この湿った空気も、湿った地面も。雨が降るときのこが生えると喜んでいるのは、バールに集う老人たち。キノコ狩りは彼らの大きな楽しみなひとつで、この季節を待っていたんだと…09月24日 22時02分
  • 空の贈り物
    こういうのを秋晴れと言うのだろう。もう暑さの微塵もないが、寒くもない。こうした丁度良い気候はなかなか存在しないから、これは空からの贈り物だと思った。遅く目を覚ましたので陽は既に高く、近所の人々は外での活動に忙しそうだ。庭やテラスの植物の手入…09月23日 16時26分
  • 理由
    日が暮れるのが早くなった。暑い夏はもういいけれど、夜が早くやって来るのはちょっと寂しい、と思うのはあまりに都合が良すぎるだろうか。これからますます日没時間が早くなって、帰り道を急ぎ足で歩くようになるのだろう。昔は夜道が好きだった。それはもう…09月17日 20時29分
  • 彼女
    深々と底から冷えるような、少し湿った感じの空気のせいで、山に居る錯覚に陥る。やっと9月を半分終えたばかりなのに、此れほど冷え込むとは。私が今まで通過したボローニャの9月は、まだ夏の匂いが少し残る、微妙な季節と言った感じだったけれど、今年に限…09月16日 19時32分
  • 古いボローニャ
    雨が降った。本格的な雨で、すっかり濡れた草木が喜んでいるように見えた。勿論それは、その程度の雨だったからだ。リグーリア州は凄い雨で朝から繰り返し報道している。こうした自然相手の災害はお手上げだ。自然相手では到底人間は勝てない、と思う。そのた…09月10日 22時44分
  • 歩く
    土曜日。張り切って起きたのは、旧市街に行こうと思ったからだ。いつもの生活に戻った途端に歩く量がぐっと減ってしまったから、せめて土曜日は歩きやすい靴を履いて散策をしようと思っていたのだ。天気予報は快晴。実際、起きて窓の外を覗いてみたら、空が青…09月09日 20時01分
  • 銀色の月
    外が妙に明るいと思ったら、夜空に光る月。数日前に満月だった其れは、ほんの少しだけ欠けていて、銀色に輝いていた。銀色の粒子が地上に降り注いでいるような感じ。月明かり、と声に出してみたら、とてもロマンティックだと思った。東京の、原っぱのあるよう…09月08日 23時39分
  • 置いてきぼりの場所
    今日は少し暑くなった。と言っても、冷房の必要はない。それに朝晩は窓を開け放つこともない。街を歩いていると、ほんの少しだけ夏の名残を見つけることが出来る。それは人々の軽装や、自慢するように剥き出しになった焼けた肌。そして強い日差しと濃い影。青…09月05日 22時49分
  • 潔い9月
    長袖を着て仕事に出掛けた。実に久しぶりのことであった。幾つもの9月を通過してきたけれど、今年の9月ほど潔く涼しくなった年はない。暑かった頃は、兎に角、水と桃と野菜、それから水牛のモッツアレッラばかりだったけれど、涼しくなれば食欲も潔く戻って…09月04日 22時45分
  • サン・ルイ島を歩く
    不安定な天気の週末。北北東の風が雲の群れをぐんぐん動かす。雲の群れが太陽の真下を通るたびに地上はうす暗くなり雨が降るのではないかと心配するが、どうやら今日は雨の心配はないらしい。予報通りだ。それにしたって9月早々こんなに涼しくてよいのかと思…09月03日 16時55分
  • 金髪のショートカット
    今朝、バスルームで洗濯をした。手や顔を洗うシンクの他にもうひとつ洗濯専用のシンクがある。それは大きくて深いシンクで、手洗い表示の衣類や、セーター、パンツ類を洗うためのものである。何しろそうした目的なので、蛇口も普通のものとは少し違う。つまり…09月02日 14時35分