写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”

登録ID
757702
サイト名称
写真家・野村哲也が贈る“地球の息吹”
URL
http://fieldvill.blog115.fc2.com/
紹介文
「地球の息吹」を求め、秘境・辺境地を巡っています。現在の渡航先は120ヶ国。世界193ヶ国全踏破を目指します!著書多数・好評発売中。
カテゴリ
  • 写真(全般) (100%) - 3 / 458人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 天国の花園
    チリの花園へ、もう何度足を運んでいるだろう?通常は5年〜7年に一度だけ出現する花園が、今年は2015年以来2年という短い期間で現れた。いつもの場所へ向かい、NHKメンバーと撮影を開始する。以前、南アフリカで自然番組「ホットスポット」の花園ガ…10月20日 19時25分
  • 花追いの旅
    チリに行った時だけ、僕は大人買いする。日本は先進国の中では最も物価の安い国。他の国々、例えば南米13ケ国と比べても、日本よりも安いのはエクアドル、アルゼンチン、ベネズエラ(闇レートを使って)の三か国だけ。この10年間で、ブラジルは日本の3倍…10月18日 20時17分
  • 天から降るひかり
    標高6962m、南米大陸最高峰・アコンカグアに登ったのは、もう15年ほど前になる。周りの山々がすべて眼下に見えた時、高揚というよりも静寂が体を支配した。天からは七色の光が降り注ぎ、僕は手を広げ、それらを全身で受けた。ヒューストンから9時間。…10月18日 18時19分
  • コラボ講演
    今、ヒューストンに着きました。この前のハリケーンが嘘のように、圧倒的に晴れています。さて、今日はとっても楽しみにしている会の告知をさせて貰います。日程は1並びの11月11日(土)に、姫こと山元加津子さんと自分のコラボ講演会&「銀河の雫」の上…10月17日 05時40分
  • チリ出陣
    今、成田空港でこの文章を書いている。羽島が終わって、大好きな人たちをランチをしてから、新幹線に飛び乗った。横浜の家でグッスリと眠り、東京経由で成田空港へ。「よっし、気合いを入れて頑張るぞ!」夕方の便でヒューストンへ飛び、南米のチリへ。そこか…10月17日 04時20分
  • 羽島講演
    毎年恒例の岐阜羽島講演会が終わった。予想通り、天才気功師のやすみっちゃんが入ることで、今までにないほど爆笑に次ぐ大爆笑の会となった。出演者が前に出て、質問を受ける場があった。その時の質問が「人はどうして生まれてくるのか?」。「ひろちゃんは、…10月17日 04時18分
  • 赤いドア
    探求を止めた瞬間から成長は止まっていく。今日は名古屋の一見さんお断りのお店。入口は赤いドアで、一般客をまったく寄せ付けない。今夜のメンツは、加藤さん、あんちゃん、ひろちゃんと僕の4名。奥のバー形式の部屋へ通され、店主の大将と奥様を紹介しても…10月16日 15時08分
  • ご縁の糸
    今日はこれから岐阜羽島講演。山元加津子姫を筆頭に、阪根ひろちゃん、自分が続き、ゲストは愛すべき天才気功師のやすみっちゃん。間違いなく爆笑、また爆笑の時間になるんだろうな。ご縁という見えない糸によって、僕たちは繋がり、また離れていく。まるで電…10月14日 08時53分
  • サンシャイン
    昨日のペンギン写真が凄い反響で驚いた。撮影の場所は、リニューアルされたサンシャイン水族館。渋谷サンシャインビル屋上なので、眺望の良さは折り紙付き。そこに曲線の大きな水槽を置き、その向こうに高層マンション。こんな絶好のロケーションに、なんとケ…10月12日 16時01分
  • ひかりのペンギン
    夏からずっとこの瞬間を待っていた。スコーンと抜けた青空を見て、「今日だ」と確信した。スケジュールをすべてキャンセルして、生まれて初めての撮影地へ向かった。これまでの時間で色々なイメージを描いた場所だけあって、撮りたいものだらけ。こんな時こそ…10月11日 10時53分
  • ふじのひかり
    夕日が落ちると共に、薄い霧が晴れて富士の姿が浮かんだ。カメラにレンズを付けて、いつもの場所へ。風が強いのかな?雲がまるで生き物のように、北へ北へ流されていく。陽が落ちてから一番星が出る頃が一番好き。あわいの時間。天頂はうっすら青みを増し、紫…10月09日 18時56分
  • 宮野先生
    人間の可能性は無限だ。ご縁という糸によって、時に目から鱗が落ちる出逢いがある。盛岡での講演会でもそうだった。今回は盛岡で35年間整体院を続けられてきた平野先生のパーティー。その記念講演に僕とひろちゃんが呼ばれていた。控室から会場へ入ると、檀…10月09日 17時26分
  • 江の島撮影会
    一週間前から天気予報はずっと雨。週末の土曜日、江の島で撮影会があるので、何とか雨だけは・・・と祈っていたら、参加者の皆様の強い念のお陰で、嘘のように晴れた。鎌倉高校前の踏切で撮影し、それから江の島へ。逆光の撮影の仕方を伝えると、みなあっとい…10月08日 17時10分
  • 奇跡の鮨屋
    鎌倉に度肝を抜かれた。「行きつけの店があるから」とKさんに誘われ、訪れたのは長谷駅近くの「以ず美」さん。店内に入ると、凛とした空気が漂い、木の香りがした。ここは店内撮影禁止のお店。でもKさんが大将に頼んでくれて、特別に許可が出た。まずは付き…10月08日 16時34分
  • 時空
    来年の東芝カレンダーに写真が採用された。場所は、南アフリカ西部。砂漠が一面花園になるオキープ村だ。太陽が燦々と輝き、蛍光色の花々が風に揺れていた日。目を瞑れば、すぐにあの時に帰ることが出来る。体験、そして記憶って、時空を自由に散歩出来る魔法…10月07日 08時42分
  • もみじ
    中秋の名月が夜空に輝く。雲は流れ、闇が季節を静かに動かしていく。気温が10度を下回ると、一気に葉は色づき秋が到来する。生まれて42度目の秋。もみじは春に芽吹き、秋に散っていく。その見事さに、天晴れさに、胸が痛くなる。命のはかなさ、そこから発…10月06日 11時29分
  • 一献
    藤沢の愛する蕎麦屋で今日も一献。ひろちゃんと敏腕編集者のEさんと。酒の三種盛りから始め、イチジクの味噌和え、豚の角煮、揚げ出し豆腐。ビールから日本酒に変え、山口の王禄や福井の酒をグイグイと。「野村くん、連載記事の文章で伝えておきたいことが」…10月06日 10時32分
  • 石弓の島
    この島にもう何度訪れているのだろう。でも、毎度、新しい発見に心を打たれる。今回は、ペンギンの交尾。岩の上で体を震わせて背後から抱きしめるように。そして終わると、右手を体に寄せた。ふふふ、可愛いなぁ〜目を細めていたら、今度はオタリアの赤ちゃん…10月04日 15時51分
  • バジェスタス
    ペルーに「リトル・ガラパゴス」と呼ばれる島がある。ナスカからパンアメリカンハイウェイを北上すると、左側にパラカス半島が見えてくる。ここから船に乗って、バジェスタス島を目指すと、夥しい数の鳥たちが出迎えてくれるのだ。インカアジサシや青足カツオ…10月03日 16時16分
  • 海老セビーチェ
    毎年催行するペルーツアーは、絶叫するほどの食が出てくる。その中でも、僕が一番好きな料理が、あったか海老セビーチェ。白身、蟹、ウニ、などセビーチェは多種多様だけれど、ある店の海老セビーチェは、蕁麻疹が出るほどに美味い。最初に食べたのは、もう1…10月03日 15時47分
  • 江島の岩屋
    江の島の頂には、スカイキャンドルと呼ばれる展望施設がある。500円払って登ってみると、葉山、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚と湘南方面がぐるりと見渡せた。烏帽子岩と雲の上に顔だけを見せる富士山。そこから更に島の突端へ向かうと、奥津宮(おくつのみや)…10月02日 17時39分
  • 江の島
    灯台下暗しとはよく言ったもの。藤沢に2年間、横浜に住み始めて半年以上になった。湘南方面にはもう数えきれないほど訪れているが、観光地の江の島をじっくり観光したことは今まで無かった。今週の土日に、ソニー主催のαアカデミーで、湘南&江の島撮影会が…10月02日 10時29分
  • 新宿6階
    エレベーターを降りると、そこは個展会場のようになっていた。ヨドバシ新宿本店・カメラ館の6階でソニーのカメラセミナーを開催したけれど、まるで銀座のソニーストアか?というくらいな豪華な会場設備だった。大型65インチのモニター2台、40インチが2…10月01日 10時30分
  • クオウエス
    前を走る変態がいてくれる幸せ。それをしみじみ感じる夜となった。とある大手出版社の編集者Hさんを、僕は昔から兄貴と呼ぶ。芸術全般、お酒全般、向かうところ敵なしの博学な兄貴から、僕は東京の美を沢山教えてもらった。昔は寿司屋は、富山だ、仙台だ、天…09月29日 17時41分
  • ヨドバシカメラ新宿セミナー
    明日、明後日はヨドバシカメラ新宿西口本店(カメラ総合館6階 イベントスペース)で、ソニーのプロカメラマンセミナーを開催します。新製品α9で撮影した作品も含めて、ソニーの魅力を存分に語ります。https://ers-sony.secure.f…09月29日 14時12分
  • ウォンさん
    盛岡での講演会は、ウォン・ウィンツァンさんとのコラボだった。NHKに数多くのピアノ曲を提供し、あのダブルミリオンセラーアルバム「feel」にも採用された。上下純白のいでたちで現れ、真っ白いピアノの前で首を振り、体を揺らした。一瞬の静寂の後、…09月28日 10時08分
  • 紅葉前線
    日本は南北に長い国。だからこそ四季があり、大好きな季節を追える。紅葉の前線へ向かうと、モミジが見事に色づいていた。もしこれが東西に長い、インドネシアのような国だったら決してこうはいかないだろう。近くのネコも、大きく深呼吸して、秋の空気を謳歌…09月27日 20時43分
  • 盛岡の仲間
    僕の体には、父からの岐阜の血と、母からの仙台の血が流れている。だからだろうか?東北に行くと、妙に体が落ち着く。そして僕の人生を彩ってくれる仲間たちが沢山いるから、いつも心が温かくなる。こうちゃん。僕たちの生きる手本として、いつも先頭をきって…09月26日 17時18分
  • 黒湯
    十和田・八幡平国立公園 乳頭山麓に点在する七湯が「乳頭温泉郷」と呼ばれ、七湯は独自に源泉を持ち、十種類以上の源泉がある。鶴の湯・妙乃湯・蟹場・大釜・孫六・黒湯・休暇村の全てに身を浸したが、最上級の湯は僕にとっては1つ。観光客の殆どは鶴の湯へ…09月25日 17時09分
  • 秋田駒ヶ岳
    八甲田から一気に南下。日本の原風景が続く田舎道をクネクネと走り、3時間かけて乳頭温泉郷へ。近づくにつれて、雄大に聳える秋田駒ヶ岳山頂が赤くなっていた。紅葉が始まっている。ここから確か、秋田駒ヶ岳の8合目まで車で上がれるはず。時間を見ると16…09月25日 12時45分
  • 酸ヶ湯
    八甲田山麓に日本屈指の温泉がある。酸ヶ湯、これですかゆと読む。ここは、名物の1000人風呂があり、今も混浴を楽しめる。入口には「混浴を守る会」の三カ条が記され、中へ入ると巨大な湯船が広がった。東北の温泉はたおやかでいい。男も女もみんな仲良く…09月24日 09時53分
  • 大館
    大館の町で、特級の店と出逢った。割烹「美さわ」。最初のお刺身から新鮮な硬さと旨みにノックアウト。ポテサラも、僕の大好きなバランスでしっかり作り込まれていた。それらに合わせるのは田酒。今まで何度も飲んでいるけれど、ここまで美味しいと思った田酒…09月23日 17時50分
  • 森へ
    快晴の朝、十和田湖へ向かった。紺碧の湖に、船がゆっくりと線を描いていく。奥入瀬渓谷を横目に、星野リゾートへ。ここに素敵なカフェがあるという。中へ入ると、大きなブロンズ製の巨大暖炉が。そこには岡本太郎作「森の神話」と描かれていた。暖炉の火を見…09月22日 20時28分
  • 湯治旅
    週末、盛岡で講演するため、いざ東北へ。まずは羽田から能代大館空港へ飛ぶ。今回は久しぶりに東北の温泉に入りながら、ゆっくり湯治旅。こんな時は、出来るだけカメラは最小限に。一つのカメラだけを持って、飛行機に乗った。まず、眼下に見えてきたのが、那…09月22日 20時25分
  • ナスカの中心都市
    ナスカの語源は、寂しい土地を意味するナナスカから。そんな語源とは裏腹に、文化の隆盛が極まる頃、数多くのピラミッド群が建造された。ナスカの町から砂漠地帯に車を向け、砂塵の舞うオフロードを走る事1時間。盗掘された墳墓を横目に、遠くにひと際高いマ…09月21日 21時42分
  • ナスカの意味
    ナスカの地上絵は、上から見るだけでは何も分からない。彼らは一体どこからやって来たのか?それはナスカの北のパラカスからやって来た。考古学的に考えて、それは、ほぼ間違い事実だろう。では、一体、何のために書いたのか?儀礼に使った、宇宙人が書いた、…09月20日 17時21分
  • 武雄の大楠
    世界中を旅するのであれば、やはり日本中旅しなければ本物は見えてこない。大好きな九州に呼ばれた。ジモピーのユーヘイが、「てつさん、最高の場所へ案内します」と鼻息荒い。まず連れていってもらったが、森の中に浮かぶように鎮座するまあるい石。まるでイ…09月19日 15時17分
  • 姫と遊ぼう会
    犬、猿、雉は言わずとしれた桃太郎を守る動物たち。これになぞらえて、桃太郎を姫こと山元加津子、犬を小林正樹、猿を阪根博、そして雉が自分と命名されたのは、もう15年以上前のこと。毎年、阪根ひろちゃんの天野博物館チャリティーも兼ねて、岐阜羽島で姫…09月19日 14時26分
  • 七色の山
    傍(はた)を楽(らく)にするが語源の「働く(はたらく)」という言葉。では、どうすれば周りが楽に、ワクワクするのだろう?大切なのは、沢山の体験を経験に変え、自身の今と未来を考え抜くこと。僕は、いつも一つのことを、事あるごとに考える。「自分だけ…09月18日 17時02分
  • 世界一のアート
    世界一のアーティストって誰だろう?それはもちろん自然、地球、宇宙。それらを作り上げた大いなる者、サムシンググレートだろう。空を舞う至高の芸術は七色のオーロラであるならば、地上の芸術は七色に光輝く山々だろうか?3年前に友人からの情報で存在を知…09月17日 09時26分
  • アンデスど真ん中
    世界は広く美しい。行きたいところばかり、行ってないところばかり。ペルーツアーで初めて、そして日本から出るツアーとしても初の試みだった。マチュピチュからクスコへ戻り、夕食後に仮眠。午前2時にクスコを出発した。漆黒の中を走る事3時間で、アンデス…09月16日 09時57分
  • マチュピチュとは?
    マチュピチュとは一体何なのか?僕はひとつの答えを持っている。インカ歴代皇帝たちの離宮、そして気の増幅装置だ。インカ文明の語源にもなったインティ=太陽が、燦々と降り注ぎ、太陽の神殿と太陽と燕が一枚に重なった。お忍びで来られたダライラマ法王が、…09月15日 08時13分
  • リャマと離宮
    日本人が行ってみたい世界遺産、堂々の1位。それがインカ帝国の至宝「マチュピチュ」だ。今年でちょうど20回目の再訪だけれど、毎回新たな景色を見せてくれる。撮影の仕事も兼ねていたので、霧が出ている内に、リャマとマチュピチュを撮らせてもらう。1頭…09月14日 05時39分
  • NHK
    大きな仕事が決まった。NHKの大型番組で、チリの花園ガイドとして同行し、ドローン撮影も任された。それらが、誰もが知っている花形の番組で、いくつかに分けて放映されるのだ。腕がなる。今まで培ってきたものをすべて出し切り、TVクルーたち全員が喜ぶ…09月13日 17時20分
  • マラスの塩田
    インカ帝国の聖都「クスコ」。標高3400mの高地に作られた理由、その一つがマラスだった。人間が生きていくためには、水と塩がいる。飲み水はアンデス山脈から確保できるが、塩は海岸しかない。クスコから一番近い海岸線までは、約400キロ。飛脚などで…09月13日 06時25分
  • 博多セミナー
    今週末は、博多ヨドバシでソニーのプロカメラマンセミナー。新製品α9で撮影した作品も含めて、ソニーの魅力を存分に語ります。https://ers-sony.secure.force.com/SEvent/pageEventDetailEVT?…09月13日 06時23分
  • 富士夕照
    プロ写真家とアマチュア写真家、その差が最も無い国が日本。では、その小さな差とは、一体何だろう?よく、名刺を作れば誰でもプロ写真家になれると揶揄されるが、僕にとっては、差は一つ。「自然がほほ笑む瞬間に、その場にちゃんといられること」他に仕事を…09月12日 19時32分
  • コリカンチャ
    インカの聖都「クスコ」。リマから1時間半のフライトで、標高0m〜3400mまで一気に上がった。途中、聖峰「アウサンガテ」を横に見ながら、ぐるりとクスコの町を回って着陸した。クスコ市内に建つコリカンチャ。黄金の館と呼ばれ、最も大切にされている…09月12日 05時57分
  • カレンダー採用
    「死ぬ前に行きたい世界の絶景」。その2018年度の世界編カレンダーに、ブータンのタクツァン僧院が選ばれた。https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%BB%E3%81%AC%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81…09月11日 16時57分
  • 博物館
    南米ペルーに宝石のような博物館がある。ひろちゃんのおじいちゃん天野芳太郎さんが作り上げた「天野博物館」がリニューアルされ、織物中心の展示になった。どうしても撮影したい土器があったので、皆さんが天野観光している間に博物館のマエストロ「シモン」…09月11日 16時45分
  • 魚介の衝撃
    ペルーツアーが始まった。最初の昼は、やっぱりレストランHから。一般ツアーでは絶対に行かない魚介レストラン。北部出身のオーナーが繰り広げる料理に皆がおののく。ペルー料理の神髄「セビーチェ」も、白身魚&タコ、ウニ、そしてカニを出す。味の決め手は…09月01日 21時04分
  • 素晴らしきかな、人生
    ウィルスミスとキーラナイトレイが主役。成田〜ロサンゼルス線で、素晴らしい映画を見た。邦題は「素晴らしきかな、人生」。ニューヨークの会社社長が突然、6歳の子供を病で失う。それにより、仕事には一切身が入らず、オフィスではドミノを並べ続け、それら…09月01日 05時51分