ヨコ旅

登録ID
78645
サイト名称
ヨコ旅
URL
http://blog.livedoor.jp/kidtvl555/
紹介文
毎日が旅。地球の果てまでイメージ旅行。 机の上から今日はどこへ行きますか??旅の映像コレクションもあります。
カテゴリ
  • 海外旅行 (100%) - 39 / 974人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • チビタベッキアの市場
    歩いていたら、標識に「メルカート(市場)」の表示があった、まだ朝なので行ってみることにした。港側の道路から1、2ブロック入った所にあるようだが、気配を求めて歩いていると、果物テントが見えた。どうやらあそこらしい。近くまで来ると建物の中に公設…03月27日 07時48分
  • チビタベッキアを歩き出す
    「何も無い町」という言葉の「何」とは何だろうか。何があれば「何も無い町」と呼ばれないのであろうか。だが、ヨコ旅は「何も無い町」などありえないではないか、と思っている。遺跡?カテドラル?博物館?、それはこの小さな田舎町にだってある。観光スポッ…03月26日 07時34分
  • チビタベッキア入港
    夜明けとともにローマの外港といわれる「チビタベッキア」に入港。天気は晴れ。デッキから初めての土地に目を凝らすが、高層ビルも無く平坦で地味な街並が広がっている。チビタベッキアは古い要塞の一部は残っているものの、先の大戦で歴史的建造物の多くを失…03月25日 07時15分
  • ジェノバ出航
    夕刻6時、ジェノバ港を出航する。出航に際して特に何かあるわけではない。静かな出航である。イタリア船MSCの船にとっては何度も何度も繰り返している日常である。しかし、旅人は違う。小雨の降る少々寒いデッキに立って。旅への期待感を募らせる。南へ、…03月24日 06時33分
  • ジェノバ港から乗船
    イタリアはジェノバの港に着いた。西地中海クルーズの始まりである。乗船する船は137,936トン(乗客3,250人)の大型客船MSCスプレンディダ。あいにくの小雨模様だったが、乗船さえすれば、後は荷物置きっぱなし、いつでも食べられいつでも寝ら…03月23日 07時46分
  • エズ村の絶景
    ニースからジェノバを目指す。ニースの丘にあるエルトンジョンの別荘を横目にして海岸線をくねくねと進む。コータジュールの海と断崖が広がる。こういう断崖の上にある村を「鷲の巣村」と呼ぶらしい。途中、その「鷲の巣村」の代表格と言える「エズ村」がある…03月22日 07時56分
  • ニーススケッチ
    ニースのスケッチ写真。 ニース裁判所前にて 土地柄か、チュニジア料理の店 ベランダが気になる 海岸にて 頭上には「クリスマス(新年)を楽しんで」のフレーズが残っていた 小さな広場の魚屋のテーブル ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリック…03月21日 08時08分
  • ニースの路地
    どうも路地に吸い込まれてゆく習性があるので、ニースでも旧市街の路地を歩いてみた。朝早く、まだ目覚めていない静まり返った迷路。パステルカラーの建物にパステルカラーの扉窓、狭い空を横切るロープと洗濯バサミ、こまごまとした店、水たまりと捨てられた…03月20日 07時39分
  • ニースの朝市にて
    ニースの旧市街で朝市が開かれていた(コ−サレヤの市場)。ストライプのテントがマルシェっぽい。果物、野菜、魚、チーズ、フルーツの砂糖づけ、石鹸、花、一通り揃う市場で、観光客向けの土産物屋もあるが市街からの客も集めているようだ。花ではミモザ、野…03月19日 07時39分
  • ニースの色
    ニースを一望できる展望台に上がってみた。青い海をたたえた海岸線にパステルカラーの家々が並ぶ。人影もまばらな静かな冬の朝だが、椰子の木やサボテンの間に見えるニースの街にはポジティブな色の華やぎがある。下に降りて海岸線から一歩入った旧市街「ヴィ…03月18日 07時41分
  • ニースで朝を迎えた
    ニースで朝を迎えた。ちょっと曇っていて海岸遊歩道は昨年の起きたテロ事件を思い起こすものの、モナコよりどこか街並に明るさがあって、ニースのイメージにふさわしい。さて、ニースをはじめ、よく聞く名称がどこの何を指すのか僕は全く把握していなかった。…03月17日 07時21分
  • ラタトゥイユの夜
    最中を離れてフランスのニースで夕食。といっても、ニースはモナコの西隣ですぐの距離なのだ。夜なので街の様子は把握しにくいが、ニースとはいえ2月の夜は寒かった。なのに路地端では外で食事をする人々が結構いる。ほんと、ヨーロッパ人は外が好きだな。さ…03月16日 07時33分
  • モナコの夜2
    カジノ広場辺りまでくると、カジノに隣接して、有名なホテル・ドパリ モナコ、オペラ座と、キラキラと輝く夜景で、ようやくモナコ気分が盛り上がる景観である。といっても我々とは無縁の世界っぽい。逆になんか寒いワ。僕はやはり洗濯物がぶら下がる路地裏が…03月15日 05時54分
  • モナコの夜1
    モンテカルロエリアを歩く。モナコグランプリで有名なフェアモント・ヘアピンの横を登りグラン・カジノへ。ヘアピン向かいにあるホテルの名を取ってこの名がつけられてきた。今はフェアモントホテル。ヘアピンを廻るフェラーリ、2台とすれ違う。カジノへ向か…03月14日 07時12分
  • モナコと大公家
    路地に掲げられているモナコの国章は大公家の紋章を共用している。モナコ大公家に関する知識は全くゼロに近かったなぁ。モナコが王国ではなく公国と呼ばれるのは、国王ではなく貴族を君主としているかららしい。宮殿近くには大公家御用達の店もあり、街を歩く…03月13日 07時34分
  • モナコ全景とGPコース
    これが大公宮殿から見たモナコの全景。モナコ公国のおよそ3分の2が見渡せる。ビル群に派手やかさは無いが、さすがに停泊している大型クルーザーが多い。写真左下から延びる道路が毎年行われるF1モナコグランプリの市街地コースで、ホームストレートとなる…03月12日 07時53分
  • モナコモナコ大公宮殿へ登る
    モナコの街におりてきた。 大聖堂とグレース妃の結婚式の写真プレート 路地を抜けると大公宮殿(写真最上)が見えてきた。 宮殿前にはモナコを一望できる展望台がある。 ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メ…03月11日 07時49分
  • トリノから地中海へ
    トリノから南へ南へとバスで向かう。その途中の景色をご紹介。2000m級のサッカレッロ山の西を越えてゆくので、途中は山岳道路の雪景色である。イタリアとフランスの国境を3時間半ぐらい走って、ついに海が見えてきた。もう雪は無い。緑にミモザの花の黄…03月10日 07時51分
  • ミラノ・トリノで食べたもの
    さて、マンジャーレ!である。ミラノやトリノで食べたものと言えばツアーに付随するものなので、多くは期待できない。でも、一応プリミピアッティ(1の皿)、セコンディピアッティ(2の皿)、ドルチェ( デザート)というパターン。イタリアはどんな食堂で…03月09日 07時30分
  • トリノスケッチ
    トリノの街のスケッチ。古いようなモダンなような、静かなような賑やかなような、不思議な感覚の街。フランスっぽい所もあるけどやはりイタリア。写真は「続く」にも載せました。つづく ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。…03月08日 06時55分
  • トリノの話題4つ
    トリノのカステロ広場で見かけた古いトラムがなかなかにいい雰囲気。もちろん新しいトラムも走っているが、これはわざわざ残している感じ。 トリノにあるエジプト博物館。カイロにあるエジプト考古学博物館に次ぐ規模のエジプト美術を収蔵しているらしく、大…03月07日 07時37分
  • トリノの犬
    ヨーロッパ全体もそうだが、トリノは特に犬を連れた人が多い印象を受けた。犬種も多彩。というわけで「犬を連れた人」を中心に写真を撮ることにした。でも写真を紹介する前にイタリアの愛犬家にひとこと言っておきたい。 「犬のウンチ、何とかしろ!」 あい…03月06日 07時55分
  • トリノの老舗カフェ
    トリノの街にパリを感じたのは街の外観だったが、実際にトリノはフランスに占領されていた時代を経ており、辺境の地でもあるためフランス語をしゃべる人もいるとここに来て知った。トリノを歩くとクラシックなカフェを見つける。それらもフランスのカフェの影…03月05日 07時40分
  • トリノの聖骸布
    トリノの聖ヨハネ大聖堂にはキリストの「聖骸布(キリストが磔から下ろされたとき遺骸を包み込んだ布)」が保存されており、「トリノの聖骸布」 として有名らしい。大聖堂にはその聖骸布を開設する展示はあるが、本物は何年かに1回聖骸布博物館で一般公開さ…03月04日 07時53分
  • トリノ パースペクティブ
    トリノの旧市街は他の都市と似ているようで違ったイメージがあった。それは景観のパースペクティブ度が強いことである。特に広場に交差する街路は見上げると定規で描いたようなそらが延々続いている。これは、建物の高さが見事に同じくされ、街づくりに統制が…03月03日 06時58分
  • トリノの街に入る
    トリノの街にやってきた。街の名だけは知っているが、街のイメージはまったく事前知識が無い。トリノが自動車工業の街でFIATの本拠地だという事は知っているが、それだけでは街のイメージが湧かない。でも街に近づくとポー川添いにどこかパリの街にも似た…03月02日 08時20分
  • イタリアの駐車
    ミラノで撮ったものだけど、4列並んでいるうちの左2列は駐車中の車なのだ。交差点の歩道まで駐車している。ローマの路地なんかでもそうだけど、イタリアは駐車場が作れないのに車ばっかり増えて、もう所構わず駐車。どうやって出すんだろうという停め方も見…03月01日 10時31分
  • ミラノスケッチ
    ファッションの街ミラノは雨に濡れていたが、それでもミラノはミラノだった気がする。ミラノスケッチ。「続く」にも写真をいろいろ載せました。つづく ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メインページへ〉 続き…03月01日 08時18分
  • 仕入れてきた食材
    物欲は薄れたが、食べることぐらいしか楽しみのない老人はあちこちの食材への好奇心は大きい。というわけで今回の旅でスーパーを物色し仕入れてきたもの(ここではお菓子類は省く)。いろいろ買っても消費が追いつかないのでこれでもかなり自制したのだ。どれ…02月28日 08時09分
  • レオナルド・ダビンチの「最後の晩餐」
    レオナルド・ダビンチの「最後の晩餐」の絵というのは、ミラノにある「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の壁に描かれた巨大なテンペラ画なのだ。20年かけて修復されたらしい。だが、僕らはこの絵を見ていない。この絵を見るためには数日前からの予約…02月27日 07時40分
  • ミラノ大聖堂で驚いたもの
    ガレリアから出るとそこは広いドゥオーモ広場。ヨーローッパの街の市内観光と言えば必ずと言っていいほど訪れる大聖堂。正直見飽きている。今回の旅行でもいくつかの大聖堂を訪れることになるのだが、今まであちこちで幾度となく見ている身としては、ローマの…02月26日 07時58分
  • ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア
    さて、ミラノと言えば世界で最も豪華なアーケード商店街「ガレリア(ギャレリア)」である。正確には「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」と言い、1800年代にできたものらしい。中に入ると、下に並ぶ店が目に入らないほど、圧巻のアーケード…02月25日 08時11分
  • ミラノの傘
    訪れた2月10日、ミラノは雨だった。ヨーロッパ有数のこの大都会も色彩を失い、沈んでいた。雨ならば雨の写真を撮ろうと、街を行く傘を撮影してみた。そんな絵柄でも、なんとなく、ミラノの雰囲気を醸し出している気がする。 ↓↓ブログランキング参加。今…02月24日 07時38分
  • ミラノの傘
    訪れた2月10日、ミラノは雨だった。ヨーロッパ有数のこの大都会も色彩を失い、沈んでいた。雨ならば雨の写真を撮ろうと、街を行く傘を撮影してみた。そんな絵柄でも、なんとなく、ミラノの雰囲気を醸し出している気がする。 ↓↓ブログランキング参加。今…02月24日 07時37分
  • 冬の地中海ツアー
    ベランダ付キャビン(食事時のビールワイン無料のチアーズパック込み)での1週間の西地中海クルーズを含む、5ヶ国10都市をめぐる今回の全食付き13日間(実質12日間)ツアーは、名古屋間フライト、羽田宿泊込みで「えっ!この価格?!」という破格値だ…02月23日 06時35分
  • ミモザの花
    昨日は日本に帰って20時間以上寝てしまった。特に帰りの長旅は疲れる。さて、この西地中海の旅でもっとも印象に残っているもの、それは「ミモザの花」である。イタリアのトリノから南仏へと向かう山間の景色に鮮やかな黄色の花が咲いているのが見えた。そこ…02月22日 09時33分
  • Time to say goodbye
    ボンジョルノ!ただいま朝の5時半。船はあと3時間でジェノバ港に到着するだろう。この航路のMSCの船は港を出る時、あの映画アマルフィの主題歌だった「Time to say goodbye」の曲を船内BGMとして流すのだ。それが脳内にインプット…02月19日 13時18分
  • マルセイユはいいお天気。
    マルセイユはブイヤベースじゃない。というわけで、人生初めて生のムール貝を食べた。 ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メインページへ〉 02月18日 22時54分
  • スペインからフランスに戻る
    都会の定義は建物の高さではない。その含有力である。バルセロナはどこから見ても大都会だ。ミロにもダリにもピカソにも会えるし、ガウディにもコロンブスにも、メッシにも会える。 さて、もう、ボンジョルノでもブエナスでもないのだ。ボンジュールなのだ。…02月18日 13時04分
  • ブエノスタルデス!
    もう、ボンジョルノではないのだ。Buenas!(ブエナス!)なのだ。ただいま朝の4時半。船は昨日の終日航海を終えて、今朝9時ごろバルセロナの港に到着するらしい。で、今回も一番に降りて、バルセロナをプラプラする予定。サグラダファミリアはパスし…02月17日 12時12分
  • マルタ散歩
    朝一番に下船し、マルタ島のバレッタ旧市街散歩を5時間楽しんだ。かつて出会ったことのない街だった。遺跡の中に人が暮らしているようだ。古い図書館も老舗のカフェもいい味を出していて、タイムトリップ感がある。もう無くなったと聞いたアンティークバスに…02月16日 05時17分
  • シチリアからマルタへ
    船は今、マルタ島にむかっている。人から訪れるべき旅先と聞いているマルタはどんな島だろう。昨日のシチリアは日中は17度ぐらいで半袖シャツでもいいぐらいの暖かさだった。なのに現地の人はモコモコの冬装束なのがおかしい。ナポリもそうだが、古い路地と…02月15日 13時08分
  • シチリア島へ
    地中海からボンジョルノ。船内は空気が乾燥しているので毎日鼻血が出る。連日食べ過ぎ飲み過ぎなのに便秘でもある。健康に良くない。今日からラジオ体操を始めよう。さて、船はチビタベッキア港を昨夜就航してシチリア島に向かっている。昨日ローマへのツアー…02月14日 12時22分
  • チビタベッキア散歩
    港町チビタベッキア散歩中。田舎町なのがいい。市場をのぞいてカルフールでチーズを購入。面白いことに、この港町には「和服のマリア像」と「支倉常長像」があるのだ。 ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メイン…02月13日 19時49分
  • まもなくチビタベッキア
    ただいま朝の6時半。地中海上からボンジョルノ。昨日はせっかくイタリア船でジェノバから乗り込んだのに、ジェノベーゼではなくボロネーゼを食べてしまった。冬なのでクルーズはベランダ付きでも格安なのだが、寒さの中、プールで泳いでいる人がいるのには驚…02月13日 14時19分
  • ジェノバからクルーズ
    MSCクルーズが今回の目的。ニースからまたイタリアに戻り、現地時間の夕方6時にジェノバ港を出港しました。今、船はローマに向かう海上。 ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メインページへ〉 02月13日 05時02分
  • ニースから
    昨日はモナコを歩いて、今はニースの街にいる。なんか慌ただしいようだけど、モナコとニースはお隣みたいなもの。というわけで今朝はフランス、ボンジュール。ニースは朝の4時半。今日はあのテロにあったプロムナードに。 ↓↓ブログランキング参加。今日も…02月12日 12時24分
  • 冬にリビエラ
    ミラノを出てトリノに向かい、重厚感のあるトリノの街を歩いた後、ひたすら南へと進み、雪山を超えて峠を越えたら雪はすっかり消え、やがt海が見えてきた。たどり着いたところが上に写真。さてここはどこでしょう。 ↓↓ブログランキング参加。今日も応援ク…02月12日 06時33分
  • ミラノから南へ
    ただいまミラノは朝の5時半。外は極寒だけどホテルはエアコン切ってもぽっかぽか。暑いわ。先日、雪国の人は寒がりだと聞いた。自宅ではいつも暖房をガンガンに利かせているので、少しでも暖房のないところに行くと寒い寒いと呟くのだという。さて、今日はミ…02月11日 13時28分
  • ミラノの冷たい雨
    ミラノの街は冷たい雨が降っていた。雨のポーランドを彷彿させる。冬の雨で街は彩度を失っていた。ギャラリアにも行ったが、イタリア第二の都市にしては地味である。長く外にいると骨まで寒い。でも、例年なら雪で頬が痛いほどらしいので、これでも暖冬なのだ…02月11日 05時28分
  • ミラノ到着
    のべ18時間かけてドーハ経由でミラノにただいま到着。ミラノは雨。ちょうどお昼。 ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メインページへ〉 02月10日 20時03分
  • 今日から出かけます
    ただいま、羽田国際空港ラウンジ。羽田は40年ぶりぐらい。変わったなぁ。さて、今日から出かけます。今日は長い旅路です。 ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メインページへ〉 02月09日 22時34分
  • 雲南風景
    さて、まだまだ写真がたくさんあるが、雲南の旅は終わりにしよう。久しぶりの中国だったが、山々を眺める時間にめぐまれて、目も心も弛緩した。春のような雲南のおだやかな風景を目に焼き付けて帰ろう。我々は居ながらにしてたくさんの情報を得ているように思…02月09日 07時05分
  • 麺ふたつ
    今回の旅で印象に残った麺ふたつ。昆明で食べた「過橋米線(かきょうべいせん。写真上)」は、雲南省の麺料理。油の浮く煮えたぎったスープに、その場で米線と呼ばれる麺と野菜や中国ハムなど生の食材を入れ、スープの熱で具を煮て食べるというもの。スープが…02月08日 07時14分
  • 獅子山に登る
    麗江を一望しようと朝、獅子山に登る。気をつけなければいけないのは麗江が標高2,500mの地であることだ。昔、インドヒマラヤのラダックで高山病になってガンガン頭痛がして半日動けなかったことがある。そこは3,500mの町だったので、それに比べれ…02月07日 06時55分
  • 三眼井
    麗江はヒマラヤの麓に栄えた「水の都」である。麗江古城には、北の黒龍潭から流れてくるきれいな水をたたえたいくつもの水路がめぐらされている。水路は生活のすぐそばを流れていて、ところどころで井戸端もみかける。麗江の井戸は「三眼井」と呼ばれ、洗い場…02月06日 06時56分
  • 雲南/人のいる風景:その20
    麗江にて ナシ族の女性はとにかく働き者らしい。民族衣装の背中には7つの丸い飾りが付いているが、北斗七星を表したものだそうで、星の出ている早朝から、月の出ている深夜まで働く女性を象徴しているとのこと。 ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリ…02月05日 08時34分
  • 麗江の朝
    麗江古城の朝を散歩してみる。月がまだ出ていた。さすがに高地だけあって寒い。店々の軒先は伝統の戸板で閉ざされており、町は昨夜の雑踏がウソであったかの様に静まり返っている。仕事に行く人や登校する子供達の足音がコツコツと響く光景に、やっと本当の麗…02月05日 08時12分
  • 雲南/人のいる風景:その19
    大理にて ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メインページへ〉 02月04日 07時25分
  • 麗江古城の店
    麗江古城にずらりと立ち並ぶ土産物屋や食べ物屋に何があるかご紹介。上の写真は毛むくじゃらの牛ヤクのホットミルク。試食にミルクキャンディーを頂いたが濃厚な味でおいしかった。お菓子では20mおきにあるのではと思うほど頻繁に出てくるのが、バラの花び…02月04日 07時14分
  • 雲南/人のいる風景:その18
    麗江の月の夜 ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メインページへ〉 02月03日 07時08分
  • 四方街の夜
    麗江古城の中心地「四方街」の広場にやってきた。何やら若者が一杯。この広場の中心的建物をのぞいて驚いた。中はクラブかディスコになっていて、ライブミュージックが鳴り響いているのだ。よく見ると四方の建物の2階はほとんどカフェバーやライブハウスにな…02月03日 07時01分
  • 雲南/人のいる風景:その17
    麗江にて ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メインページへ〉 02月02日 08時24分
  • 麗江古城ファンタスティックナイト1
    夜の麗江をぶらぶらしようとレストランを出て歩き始めたら驚いた。麗江の町は一変していた。軒先は光に満ちて、土産物屋も食べ物屋もキラキラと輝き、通りには人が溢れていた。「ここはどこだ?ここは麗江ではない!」…通りという通りが、くらくらするほどの…02月02日 08時09分
  • 雲南/人のいる風景:その16
    麗江にて ↓↓ブログランキング参加。今日も応援クリックありがとうございます。 〈ヨコ旅メインページへ〉 02月01日 08時22分
  • 麗江古城の夕食
    麗江古城での食事に誰がこんなレストランを想像しただろうか。麗江古城の中心地「四方街」から近くであり、水路沿いの伝統家屋ではあるが、照明がキラキラと輝き、カラフルなテーブルが並んだテラス、店内の天井からは装飾なのか酒瓶が無数にぶら下がり、ライ…02月01日 08時05分