外から見る日本、見られる日本人

登録ID
80649
サイト名称
外から見る日本、見られる日本人
URL
http://blog.livedoor.jp/fromvancouver/
紹介文
バンクーバーの日本人社長が書く経済社会観 日本人目線で経済 社会 経営 日本人論を広くコメント
カテゴリ

※最新の記事

  • 今週のつぶやき
    これを書いている日本時間の土曜日早朝、為替は円高に一気に走っているように見えます。102円の攻防が見えてきました。一日にして3円以上動くこの円相場の背景についてまずはつぶやいてみたいと思います。 金曜日、日銀の政策会議の発表を控えたその朝、…07月30日 10時00分
  • ニッポン企業の弱点
    いいものを持っているのに芽が出ないニッポン企業。そこそこ儲けているのですが爆発的ヒットにつながりません。ポケモンGOにしてもあれは任天堂のチカラではなくてアメリカのナイアンティック ラボとグーグルの連携であり、ポケモンはキャラクターとしての…07月29日 09時42分
  • 新経済対策は期待してよいのか?
    政府は財政措置で13兆円、事業規模で28兆円にもなる新経済対策を来週発表するようです。水曜日の昼休みに発表されたこのプランに株式市場は小躍りし、期待が高まっています。また、今日明日と開催される日銀の定例の政策会議で何か飛び出すのか、こちらに…07月28日 10時00分
  • 相模原刺殺事件
    とんでもない事件が起きてしまいました。しかし、いろいろ記事を読んでいくうちに日本で最近よく起こる異常な殺人事件と根本的な性格は似ているように思えます。この事件の背景をもう少し考えてみたいと思います。 まず、犯人の家庭ですが、父親が小学校の教…07月27日 10時00分
  • 仕事は効率化が全てではない
    ある土曜日の夜11時半過ぎ、私はレンタカーのレンタルブースで客を待っています。客が借りた車の返却をまち、その客に新規に別の車を手配するためです。夜中の12時過ぎに戻ってきたこの客は「ガソリンをどこで入れていいかわからない」と。一緒にすぐ裏の…07月26日 10時00分
  • 頼れる医療、頼れない医療
    少し前の日経ビジネスに「社会保障非常事態宣言」という生々しいタイトルの特集が組まれています。税の収入と支出のバランスの悪さが日本の財政をいじめていますが、その中でも増大する社会保障費に歯止めが利かない状態になっています。どうしたら改善するの…07月25日 10時00分
  • 住みたい街の条件
    晴れ渡ったある土曜日の午後、古いロードレーサーを引っ張り出して、バンクーバーの海岸遊歩道をゆっくりと2時間ほどかけて走りました。この街の素晴らしいところは複雑な海岸線に沿って遊歩道と自転車道がほぼすべてのエリアで繋がり、完備されていることで…07月24日 10時00分
  • 今週のつぶやき
    まずは話題沸騰のポケモンGO。日本でもいよいよ配信ということでこの週末はスマホをもってうろつく人が相当いるのではないでしょうか?先日、バンクーバーの自宅の近くに夜9時過ぎに20-30人の人だかり。火災報知機の誤報でもあったかと思いきや、皆、…07月23日 10時00分
  • 変わり目の金融政策
    この数年、各国の中央銀行の政策は経済を担う「センターの位置」を確実なものにしていました。FRBにしてもECBにしても日銀にしても、あるいはそれ以外の主要国においてもその金融政策会議を通じて発表される一言ひとことに注目が集まり、為替や株価に大…07月22日 09時33分
  • 再び到来するか、マンションから戸建ての時代
    私が児童だった頃、学友はほとんどが戸建てから通っていました。私もそのひとりです。かつてのアパートは正直、あまり評判がよくなかったイメージもあります。「団地」の響きは決して心地よいものではなく、高度成長期の産物でありました。 その後、私は20…07月21日 10時00分
  • 喋るのを忘れた人間
    最近つくづく思うことがあります。「人間、喋ってなんぼ」ということです。「なんぼ」というぐらいなので関西の方はまだ、しゃべるのだろうと思いますが、関東の人はしゃべらなくなってきた気がします。 よくよく考えてみれば最近、しゃべることをやかましく…07月20日 10時00分
  • ソフトバンクのあくなき追求
    アローラ氏が在任中、ソフトバンクは所有する投資案件を次々売却し、現金で2兆円ほどを流動化させました。私はその頃、アメリカ ヤフーの買収が頭にあるのではないかと書かせていただきました。一方、アメリカの投資家は苦境に陥るスプリントに親会社のマネ…07月19日 10時00分
  • トルコのクーデターが意味すること
    クーデターはどこの世界にもあるものです。日本でもっとも有名なのは226事件でしょうか?1936年2月26日、雪の降る早朝、1500名近い将校が立ち上がり、高橋是清大臣などが殺害され、日本の歴史に多大なる影響を与えた事件です。数々の小説の材料…07月18日 10時00分
  • 本格するクラフトビールブーム
    日本に来ると書店とスーパーマーケットは定点チェックには絶好なのですが、今回の訪日で圧倒的に目立ったのが「クラフトビール」の文字。書店には雑誌から本までクラフトビールのABCを書いたものが並びます。スーパーにはクラフトビールがずらっと並び店に…07月17日 10時00分
  • 今週のつぶやき
    今週は欧米が夏休みに入っているのに実にニュースの多い週でした。その中でブログで取り上げなかった気になったものを中心に拾い上げていきましょう。 まず、フランス、ニースでトラックが遊歩道を突っ走り多数の死者を出したニュースです。最近のテロは攻め…07月16日 10時00分
  • 踊りすぎの株式市場
    世界の株式市場の動きが奇妙です。まさに外的要因で一喜一憂相場となっています。いったいこの相場はどこに向かうのでしょうか? 東京市場。6連騰のあと4日連続安、そして昨日まで再び4日連続高でジェットコースターのようになっています。NYは昨年8月…07月15日 10時00分
  • 天皇陛下の退位打診について思うこと
    週末の早朝、皇室を紹介する長寿レギュラー番組があることをご存知でしょうか?日テレの「皇室日記」とTBS系の「皇室アルバム」、フジ「皇室ご一家」であります。バンクーバーで時折拝見させていただいております。皇室の動きを国民にきちんと紹介する意味…07月14日 10時00分
  • 中国の拡大主義
    バンクーバーの主要ホテルの多くは中華系(香港マネーを含む)が所有、ないし融資マネーが流入しているとされています。そして中華系企業の間で激しい競争が繰り広げられています。Aホテルの成績が好調だと言われればそれよりも資金を投入し、自分の色に染め…07月13日 10時00分
  • 日本企業、今後はマーケティングは海外で
    先日バンクーバーでクルマを運転していたところ、ちょうど横に新しいプリウスが並走。思わず「ガン見」してしまいましたが、少なくとも格好いいとは絶対に思えないデザインであります。ところが日本ではバカ売れで受注残を大量に抱えています。北米におけるプ…07月12日 10時00分
  • 日本に夢を取り戻そう
    個人的にはイベント通過、という感じでしょうか?日曜日の夜の番組は全部選挙特番。どこも同じ視点で同じことを報道しているスタイルに「ここはやっぱりニッポン」だと実感しました。切り口は他にもあったはずです。 選挙の結果もほぼ想定通り。若干名の閣僚…07月11日 10時00分
  • 選挙を変えよう!
    選挙が18歳から投票できるようになりました。政府はメディアも抱き込み、様々な形で若者の参政を訴えています。実際にどれぐらいポピュラーになるのかはその仕組み次第だと思います。 日本の選挙とAKBの総選挙を比べるのは失礼だと十分承知で書かせてい…07月10日 10時00分
  • 今週のつぶやき
    今週はつぶやきたいことがたくさんありますが、その中からいくつかピックアップしてみましょう。 まず、事前にあまり話題になっていなかったアメリカの6月度雇用統計。前月の11千人増から287千人増となんともコメントのしようのないぶれ方で、3か月平…07月09日 10時00分
  • 第二欧州危機はあるのか?
    英国の不動産ファンドが解約希望者の急増により解約を凍結しています。個人的には英国の不動産が必要以上に売りたたかれる意味はないと思っていますが、市場は論理より心理の場合もあり懸念が渦巻きそうです。真夏のサプライズはないに越したことはないと書い…07月08日 10時00分
  • 金融市場に真夏のサプライズはあるのか?
    7月に入り北米はバケーション一色となっています。多分、欧州も同じでしょう。渦中の英国は首相選が進んでいますが、本命メイ内相の首相の座は堅い気がします。そのメイ氏は今年中の英国離脱通告はEUにしないという方針を打ち出していますし、離脱派のジョ…07月07日 10時00分
  • 消費のマクロとミクロ
    1980年代、多くの家庭では車を持ち、海外旅行に年に複数回行き、お父さんは月一のゴルフのために週末は5000円かけて打ちっ放ちで練習していました。奥様も平日は近所の奥様とグルメ三昧でその時着ていく洋服は「あちらの奥様が素敵なのを着ていたから…07月06日 10時00分
  • ザ 創業家
    創業家とは創業者ではありません。創業者の家族であり、跡継ぎが社長など会社の役員をしている場合もあるし、ない場合もあります。創業家のイメージは良家であり、地元の名士であり、プライドがあり、一般人からすれば格式の違いを感じさせることもあるでしょ…07月05日 09時48分
  • 日本の不動産、本当に回復するのか?
    毎年7月1日発表する路線価が全国平均で8年ぶりにプラス転換したそうです。基準日は今年の1月1日ですから半年ほど古いデータであることに留意が必要です。私は日本の不動産については都市部の一部の商業不動産についてはしばらく活況を呈するが、住宅地に…07月04日 10時00分
  • 日本人も無関心ではいられない海外テロ
    バングラデシュの事件はテロが遠い国の事件だと思っている多くの日本人を再び覚醒させました。 最近では2013年のアルジェリアの襲撃事件で日揮の関係者10名が犠牲になりましたが、今回は国際協力機構の関係の技術者たちが比較的安全地帯の人気カフェで…07月03日 10時00分
  • 今週のつぶやき
    今週に入って市場は落ち着きを取り戻しました。ほっとしている方も多いでしょう。一時はリーマンショック以上の衝撃とされ、第二弾、第三弾の株価の崩落もあり得るとされました。現状はそのような事態は見られません。個人的にもリーマンショックとは全く性格…07月02日 10時00分
  • 人間を必要とするビジネス
    「人間を必要とするビジネス」とは実に奇妙なタイトルです。しかし、これが20年後になると意味を持つようになるかもしれません。現在の技術の進歩はあらゆるものをテクノロジーとAIとロボットで置き換えていく動きがあります。そんな20年を見据えてどん…07月01日 10時00分
  • 金利を上げられなくなったアメリカ
    イエレン議長はこの一週間をどういう気持ちで過ごしているのでしょうか?氏の描いていた金融政策はシナリオが狂い、通常事態に戻るのに数年かかるかもしれません。イエレン議長のゆっくりとした金利の引き上げはたった一度の利上げで終わる可能性が現実のもの…06月30日 09時42分
  • 首都高速道路が生み出す都市景観
    私が政治家で箱モノに資金を投じることができるなら都心の首都高速道路を地下に移します。不動産の仕事を長年やっていて都市景観や不動産価値などを考えるとあれほど理不尽なものは世の中にない、と言いたくなります。 多くの人が知っている六本木交差点。そ…06月29日 10時00分
  • 事業家と投資家
    「僕は投資家としてではなく、あくまでも事業家として大成したい」by 孫正義。(日経スタイルより) 何気に読んでいた記事にハッとさせられたきらりと光る一言です。事業とは汗を流し、苦労し、困難に立ち向かいながらも従業員とともに同じ釜の飯を食して…06月28日 10時00分
  • 小さくなる世界
    英国がEU離脱を決めた際、友人からSNSで「どうなるのだろう?」と投げかけられました。私の答えは「小さくなる」の一言です。たったこれだけの言葉ですが、たぶん、これからの世界を一番うまく言い表している気がします。 英国国内で独立運動が活発にな…06月27日 10時00分
  • ハードルが上がったスタートアップ
    ふた昔前位は起業するなら気力と体力があれば後はどうにかなる、というぐらいのものでした。開業資金は親せき、友人から掻き集め、あとは家族総出で頑張るといった感じだったでしょうか?もちろん、私が描くそのピクチャーは商店街の店であったり、街角にある…06月26日 10時00分
  • 今週のつぶやき
    まずはルビコン川を渡った英国。様々な記事やコメントが出ていると思いますが確実に言えることはこの先のことは誰もわからないということです。そして人々は必要以上に感情的になるでしょう。甘利にもそれが深いと新たなる道を築くのに大きな障害となりかねま…06月25日 10時00分
  • 世界の不確実性と日本の奇妙な安定感
    英国のEU離脱を問う選挙が進んでいますが、仮に残留となってもそれで安心できるわけではありません。今回の問題の根本はユーロ体制に対する不満がたまたま英国で大きなボイスとなっただけで2017年のドイツ、オランダ、フランスでの選挙で再び国を二分す…06月24日 09時45分
  • 参院選、対立軸にならない野党のボイス
    7月10日の参院選に向け国内もにぎやかになってきました。予定外の都知事選も控える中で国政や都政を見直すにはよい機会かもしれません。 さて、その参院選ですが、第一声を聞く限り、いつもの通りですが、与党の方針に対してNOを突きつける野党の構図が…06月23日 10時00分
  • 孫正義氏の苦悩
    巨大化したソフトバンクグループを担う男として注目されたニケシュ アローラ氏が株主総会を前にあっさりと退任が決まりました。たぶんですが、孫氏の失望ぶりは大変なものだったと思います。記事では22日付で退任となっていますが、想像するにアローラ氏と…06月22日 10時00分
  • 英国の離脱派とトランプ氏の共通点
    英国のEU離脱の行方が注目されますが、アメリカでドナルド トランプ氏が掲げる数々の主張と実は根が同じである気がしてなりません。 日経ビジネスに「書面一枚で営業利益5%増、本当は怖いTPP」という8ページにわたる記事があります。記事の内容はT…06月21日 10時00分
  • 「大失業時代」の可能性
    「大失業時代」といっても日本の話ではありません。中国やインド等新興の人口の多い国での話であります。 フィナンシャルタイムズによるとアメリカで今後20年で現在の半分近くの仕事がコンピューター化されてしまう可能性が高いと指摘しています。しかもこ…06月20日 10時00分
  • 10年目のリフレッシュ
    リフレッシュといっても今日は休暇の話ではありません。これを英英辞典でひくと give new strength or energy to とでます。new strengthとは今までの状態を変えて見た目、体制、人材、発想、思想、デザインなど…06月19日 10時00分
  • 今週のつぶやき
    舛添さんに始まり、舛添さんに終わる、そんな一週間でした。外野席にいる私からすると「ほかに報道したいことはないのかね?」と言いたくなります。ワイドショーでは同じような話を延々と繰り返していますが、切り口も斬新さがなくてしょぼいと感じてしまいま…06月18日 10時00分
  • 二つの手詰まり感ある金融政策会合
    15日にアメリカのFOMCが定例の金融政策会合を、16日には日銀の政策決定会合を終え、それぞれ何もしないという発表をしました。時差の関係で実際には9時間程度の差で両方が発表するという珍しいケース、そして市場関係者からは「何もない」のはわかっ…06月17日 10時00分
  • 舛添知事 辞任の考察
    驚異的な粘りを見せ、辞めないと言い続けていた舛添氏が遂にギブアップしました。都政の停滞、これが舛添氏にとっての辞任への自己論理だろうと思います。これ以外に思いつきません。 今になってポロポロと出てくる「舛添さんはまとめる能力が高かった」とい…06月16日 10時00分
  • 英国のEU離脱となれば誰が損か?
    刻々と迫る6月23日の英国の国民投票。各種世論調査では離脱派がリードを広げているという内容が多く、不安感が台頭しています。離脱派も残留派もそれなりに説得力のある主張がありますが、一応、離脱という結果になった場合、いったい誰が一番損をするので…06月15日 10時00分
  • 巨額買収に思うこと
    リンクトインがマイクロソフトに買収されることになりました。その金額約2兆8000億円。買収に伴い株価へのプレミアムは5割近くとまさに札束でほっぺたをひっぱたく買い方であります。リンクトインはSNSでもビジネス系に強みがあり、独自性がありまし…06月14日 10時00分
  • 迫りくる3大イベントは荒波となるのか?
    今週から来週にかけて三つの大きなイベントがあります。アメリカのFOMCが14-15日、日銀の政策会議が15-16日、そして英国のEU離脱を問う国民投票が23日であります。その内容次第では様々な影響が出てきますので予習の意味も兼ねてチェックし…06月13日 10時00分
  • アメリカ大統領選、私感
    アメリカの大統領選はクリントン氏対トランプ氏がほぼ確定したような感じがします。サンダース氏があきらめない姿勢は評価します。が、彼が頑張れば頑張るほどトランプ氏を利する気がします。 さて、「好ましい」から「好ましくない」を引いた好感度指数はト…06月12日 10時00分
  • 今週のつぶやき
    今週のワイドショーは舛添さん一色だったような気がします。同じような返答を繰り返す舛添さんに対してワイドショーがさらに深堀します。舛添さんのしぐさ一つひとつを専門家が分析するといったヒートアップぶりには閉口です。が、週末になって舛添さんが「(…06月11日 10時00分
  • 復帰したジョージソロス氏が稼ぐネタ
    ジョージ ソロスといっても知らない方も多いかと思います。伝説の投資家、いや投機家といったほうが良いのかもしれません。私はあえて「不和で儲ける男」と言っておきましょう。そのソロス氏が慈善家としての余生を堪能するだけでは我慢できなくなったらしく…06月10日 09時36分
  • なじみ客
    先日なじみのビアバーのカウンターに腰を下ろし、スタッフを見たところ、知った顔が誰もいません。スタッフも私も知らない同士なので行きつけの店なのに妙によそよそしくなり、腰が据わりません。ビール1杯飲んだところでそばにいたマネージャー氏(と言って…06月09日 10時00分
  • 「俺の」シリーズが変える消費者行動
    昨日のブログでは消費者の財布の紐が固い、ということを書きました。だからと言って私は消費はもう伸びないといっているわけではありません。紐が固ければ緩めればよいのです。 ブックオフの創業者が生み出した「俺のフレンチ」から始まる「俺の」シリーズは…06月08日 10時00分
  • 我々は本当に2%のインフレがあると思っているのだろうか?
    昔から良く聞こえてきた話の一つに「物価が下がるのは主婦のお財布にとって良いこと。なんで物価が下がっちゃ、いけないの?」があります。 主婦に物価が下がる弊害を述べてもなかなか理解してもらえないのは「明日の日本より今夜のおかず」だからかもしれま…06月07日 10時00分
  • 体質の変化を感じるソフトバンクの運営
    ニケシュ アローラ副社長が仕切るソフトバンクの経営戦略はかなりドラスティックで孫正義氏の体質とはかなり異なる気がします。ある意味、ドライで斬った張ったの上手な経営者なのかもしれませんが、日本的な情や長年の付き合いに流されることはない点で日産…06月06日 10時00分
  • 掛け合わせの才能
    先日、本田健氏の講演に行く機会がありました。「ユダヤ人大富豪の教え」「○○代にしておきたい17のこと」シリーズで書店やコンビニで皆さん、必ず目にしているかと思います。彼が初の海外での講演を当地バンクーバーで行ったのですがなかなか興味深いもの…06月05日 10時00分
  • 今週のつぶやき
    北海道で大和君が無事見つかって良かったとまずは述べたいと思います。さて、今週は経済関係のニュースが多いのでそちらを中心に取りまとめてみたいと思います。 まずアメリカ5月の雇用統計ですが、これは酷かったの一言です。事前予想16万人増に対して発…06月04日 10時00分
  • 給与が増えないもう一つの理由
    少子高齢化が進む日本では本来なら働き手が減ってくるため、企業はより高い給与/賃金を良質な従業員を提供しなくてはいけない、というのが教科書的な流れかと思います。 ところが2016年の賃上げ率は定昇を含めて2%そこそこ。ベア実施企業は14年、1…06月03日 10時00分
  • 安倍首相の苦悩
    消費税引き上げ延期を正式に表明、衆参同時選挙も否定しました。野党のみならず、与党幹部からも様々な異論が飛び交う中、安倍首相は数か月に及び悩み、苦しんだ末、判断を下しました。ここはある程度想定通りでした。私が昨年12月に他紙で書いた2016年…06月02日 10時00分
  • 嫌な空気が漂う中国金融市場
    昨年夏、そして年初の株式の暴落以降あまり話題にならなくなった中国の株式市場ですが、最近、やや気になり始めました。何かが違う気がします。 マーケットの話をする前にバンクーバーの不動産市場なのですが、以前ほどの勢いがなくなってきています。物件も…06月01日 10時00分