デニム中毒者のたわごと

登録ID
818175
サイト名称
デニム中毒者のたわごと
URL
http://tsfc501.blog66.fc2.com/
紹介文
第一回『赤羽萬次郎賞』をいただきました。筆者の一人として参加した書籍『ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ』が刊行されました。
カテゴリ
  • 石川県 (100%) - 33 / 154人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 村上春樹を歩く その4
    4在学当時の村上春樹について、もっと詳しい話を永田先生にきいてみた。永田先生は二つ下の村上春樹とは直接の面識はなかったわけだが、後に知り合いの話などで色々聞いたという。それらの話によると、村上春樹少年は、いつも放課後、一旦学校を出て、三宮や…12月16日 00時00分
  • 村上春樹を歩く その3
    3永田先生に、村上春樹が在学していた当時の神戸高校の様子をきいてみた。村上春樹は一九六四年から六六年まで神戸高校に在学し、一浪の後、早稲田大学に入った。六〇年代半ばといえば、すでに七〇年安保にむけての学生運動が盛り上がりをみせていた時期であ…12月15日 00時00分
  • 村上春樹を歩く その2
    2いよいよ永田先生に、新聞委員会で村上春樹が書いた記事を見せてもらう。資料室には、村上春樹の関連書物も保管されている。古い学校新聞の束の中から、永田先生は五部ばかり取り出してきた。やはり、よく村上春樹について問い合わせがあるので、きちんと整…12月14日 00時00分
  • 村上春樹を歩く その1
    長い連載をやりつつ、並行して、これまた春樹さんに関する本を書棚から引っ張り出して読んでいました。どうしても新作に対して「?」感が強いもんで、その原因を探りたいという思いもありました。で、今回タイトルにした『村上春樹を歩く』なんです。これ、な…12月13日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その85(終章)
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。「退屈でつまらない答えで申し訳ないけど、退屈でつまらない質問にはそういう答えしか返ってこないんだよ」とアーネスト・ヘミングウェイがどこかのインタビューで語ってい…12月12日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その84
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――今後、どのように形を変えてどれくらい続くかわからないけれど、現在ではそれぐらいですね。村上 それに比べれば、物語はたぶん四万年も五万年も続いているんだもの。…12月11日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その83
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――われわれは小説を書くんだと。人々が書いた物語を読んで、それがすぐメッセージとしてみんなに伝わるようなものでもないけれども、それは戦い方の違いであって、それも…12月10日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その82
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――それは村上さんの中で言語化できる?村上 ある程度はできる。――でも、全部を言語化することは、あえてしないと。村上 うん。ひとつの具体的な例をあげれば、「かえ…12月09日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その81
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――もちろん、そう読むこともできます。でも、それはあくまで、何重かのメタファーの中に込められているんですね。読もうと思えばそう読める。例えば今回でいえば、ナチス…12月08日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その80
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――さて、このインタビューもそろそろ終わりに近づいてきたのですが、最初のインタビューで、村上作品における「悪」――もちろん悪そのものというのは存在しないとも言え…12月07日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その79
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――もちろん批評も、読書の自由が前提にあって成立可能なものなんだけれど、村上さんがおっしゃる自由さというのは、目的としての自由さというか、成り立ちにおける自由さ…12月06日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その78
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――そうでしょうか。例えば村上さんは、『若い読者のための短編小説案内』の中で、読書をしてらっしゃいますよね。そしてここの作品の構造を指摘し、鮮やかな読みを展開さ…12月05日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その77
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――でも、その「よくわからない」とおっしゃる感覚は、書いている最中の村上さんにとってはすごくリアリティがあるものなんですよね?村上 うん。だから、イデアとかメタ…12月04日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その76
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――さて、今日はインタビュー最後の日で、色々なお話を伺っているんですが、例えばさっきの死に対する恐怖の話。生きている、死んでいるということの向こう側、そういう世…12月03日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その75
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――村上さんは今、生きているわけだから、生きているうちは生きているときのことをまずは考えるんだと。村上 そうですね。まだ死について考え込んでいるような暇はない、…12月02日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その74
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――ところで、村上さん、死にたいなって思ったことってありませんか?村上 それはないなあ。――一度も?村上 ないと思う。――思春期のときも?村上 恥ずかしながら(…12月01日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その73
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――それからもうピンキーとも二十五年くらい一緒に仕事をしています。村上 エージェントというよりは、もう「仲間(コンパードレ)」という感じかな。――同世代でもあり…11月30日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その72
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――少し話は戻るんですけど、村上さんは日本にいるのがだんだん色んな意味で窮屈になってきて、また、いろんな考えもあって外国に出ようと思った、とエピソードでよく語ら…11月29日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その71
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――十万過ぎたら同じ?村上 うん。たとえば神宮球場は三万少々しか入らないんです。で、東京ドームがフルで四万五千くらい? で、東京ドームに行けば、四万五千人ってこ…11月28日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その70
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――それはともかく、村上さんがもともと持っている「自分のことは自分でするんだ精神」というか、大学在学中からお店を始められたのもそうだし、性格というか、その一本筋…11月27日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その69
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――「書き直し」にも、その原理が生きているような気がします。村上 「中国行きのスロウ・ボート」と「貧乏な叔母さんの話」は、雑誌に載せるときに相当書き直しましたね…11月26日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その68
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――そういう古さを感じるようになったのって、最近のことですか? それともわりに初期の頃からある感覚なんでしょうか。村上 昔からある程度そうだったけど、年齢を重ね…11月25日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その67
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――「MONKEY」のときにも、「三人称を獲得したことによってン失われてしまったものってありますか」ってところからその話を伺った記憶がありますね。過ぎたものは読…11月24日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その66
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――このインタビューの最初にも一人称「私」についてはお話を伺いましたよね。今の村上さんには、「私」という主人公が、「私」って書き始めることが、なんかすごくしっく…11月23日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その65
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――今回の『騎士団長殺し』では、家とか部屋のディテールの描写といえば、免色邸。ああいう大邸宅を一回書いておこうか、みたいなことは?村上 いや、そんなことないです…11月22日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その64
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――あの騎士団長の、「あらない」みたいな妙な言葉遣いは、キャラクターと同時にでてくるかとは思うんですが、本当にこういうところがお上手ですよね(笑)。『キャッチャ…11月21日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その63
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――そういうところ(笑)。村上 最初はほとんど全部想像で乗り切ります。画家がどういうふうに絵を描くかって、僕は生まれてから一度も油絵なんて描いたことないから、技…11月20日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その62
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――今回、長編が始まったときって、どんな雰囲気だったんでしょう?村上 書き始めたのは二〇一五年の七月だから、『村上さんのところ』の本が出て、一息ついた頃ですね。…11月19日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その61
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――それって、ヴァージョンを上書きしていくんですか。それとも残すんですか。村上 一応、僕のUSBスティックには原型が残っています。昔、手書きの頃はそれできなかっ…11月18日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その60
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。「日記は残さず、数字は記録する」村上 前回のインタビューでも準備していたんだけど、『騎士団長殺し』の執筆過程のメモを持ってきましたので、忘れないうちにそれを読み…11月17日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その59
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――書くことと考えることは別。村上 例えば僕は、「この世界が神秘的で幻想的な世界だ」とはとくに思ってはいません。超自然的な現象もとくに信じないし、怪談とかオバケ…11月16日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その58
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――さて、では今日の最後の質問をさせてください。村上さんは、だんだん自作を言葉で説明する必要がなくなってくる、とおっしゃっていましたが、村上作品に対する批評や分…11月15日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その57
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――あれは息子がいるというのが一つのポイントで、女性が生んで、自分が生んだんだけれども、ああいった感覚があるというのは、父親の目線とはちょっと違う絶望がある。村…11月14日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その56
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――例えばチャンドラーのハードボイルド小説の中でも、女性がまず何らかの依頼をしてきて、みたいな役割がありますよね。村上さんが読んでこられた小説の中で、女性がどの…11月13日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その55
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――ええ。主人公を異化する。異化されるための入口というか契機として、女性が描かれることが多い。村上 うん、そういう要素はあるかもしれない。――異化されるときに、…11月12日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その54
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――まりえさんの話をちょっとしたいです。彼女は胸のことでけっこう、身体的なアイデンティティというか、とても切羽詰まったものを感じています。今までの小説の女の子、…11月11日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その53
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――セクシュアルな感情がないのが、楽?村上 セクシュアルな感情はもちろんないんだけど、そこには何かしらなまめかしいものはあります。どう言えばいいんだろう、遺伝子…11月10日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その52
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――ところで、今回の小説には複数の女性が出てきますよね。絵画教室の生徒も女性ですし。村上 人妻ね。――人妻です。ほかにはラブホテルで一回だけ関係を持つ彼女がいて…11月09日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その51
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――文体は心の窓である。村上 文体ということですごいなあと思うのは、なんといってもサリンジャーですね。サリンジャーも『キャッチャー・イン・ザ・ライ』で、圧倒的な…11月08日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その50
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。村上 前にも言ったように、小説を書くというのは一種の信用取引だから、一回失われた信用を取り戻すのはとても難しい。時間をかけて、「この人の書くものなら、お金を払っ…11月07日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その49
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――二〇一五年に福島で行われた文学ワークショップで、わたしの創作クラスを村上さんが少し覗いてくださいましたよね。そのとき受講者に一つだけ指摘されたことがありまし…11月06日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その48
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――村上さん、「最初のほうは僕、書けなかった」ってよくおっしゃいますよね。それはやっぱり、さっきの歌の話みたいに、自分が書きたいのはこういうものだ、という確固と…11月05日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その47
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。村上 それはそうと、僕が文章を書くときの基本方針はほとんど二つしかない、って話はしてましたっけ?――いえ、聞かせてください。村上 あのね、僕にとって文章をどう書…11月04日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その46
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――今回の『騎士団長殺し』って、最初にもお話ししたんですけども、これまでにない「悪」というか、悪い場所のようなものが、描かれているような気がするんですよね。つか…11月03日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その45
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――今までの小説でも、免色さんポジションにあたる登場人物って、いるというばいるんですよね。すごく重要な人物として。でも、やっぱりちょっと違う。村上 うん、かなり…11月02日 00時00分
  • 大いなるデジャヴュ その44
    村上春樹さんの『騎士団長殺し』(及び『みみずくは黄昏に飛びたつ』 )の続きです。――あのギムレット飲む人ですよね。テリー・レノックス。村上 そうそう、テリー・レノックス。ニック・キャラウェイにしても、フィリップ・マーロウにしても、女性よりは…11月01日 00時00分