音楽日記〜ロックやジャズの名盤・名曲…

登録ID
897995
サイト名称
音楽日記〜ロックやジャズの名盤・名曲…
URL
http://plaza.rakuten.co.jp/blogmusica
紹介文
ジャズとロックを中心に名盤・名曲の紹介 ジャズ、ロック、ポップス、ラテンなど独り言的に気まぐれな名盤・名曲紹介。
カテゴリ

※最新の記事

  • ロイ・オービソン 「思い出の恋人(Leah)」
    “ビッグ・オー”の名曲(その2) ロイ・オービソン(Roy Orbison)の名曲選、第2回目です。続いては少々メジャーではない、けれども超名曲(と思う)をお届けしたいと思います。「リア(Leah)」(当時の邦題は...06月28日 06時06分
  • ロイ・オービソン 「イン・ドリームス(In Dreams)」
    “ビッグ・オー”の名曲(その1) ロイ・オービソン(Roy Orbison,1936年生まれ、1988年没)は、1960年代〜70年代に主に活躍したシンガーで、“ビッグ・O(オー)”の愛称で知られています。本ブログでは、いくつ...06月26日 20時51分
  • ヴァン・ヘイレン 『1984(1984)』
    明るく元気なロックの王道盤 1970年代、アメリカ西海岸のカレッジ・バンドから始まり、ロスやハリウッドのクラブで活動をしていたヴァン・ヘイレン(Van Halen)は、1978年にデビューした。元々は、オランダ生ま...06月25日 07時35分
  • EL TRI 『オジョス・エン・ラ・ボルサ(Hoyos en la bolsa)…
    社会批判とロック 1984年にメジャーデビューしたメキシコのロック・バンド、EL TRI(エル・トリ)のスタジオ10作目となったのが、1996年発表(録音は前年)の『オジョス・エン・ラ・ボルサ(Hoyos en la bolsa)...06月24日 07時27分
  • スティーリー・ダン 『エクスタシー(Countdown to Ecstasy)』
    方向性が示された第2作 スティーリー・ダン(Steely Dan)は、ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーを中心とするグループだが、メンバー・チェンジも多く、実質的にはこの二人のプロジェクトという言い方...06月21日 07時21分
  • INDEXページの更新
    INDEXページ(ジャンル別、アーティストのアルファベット順)を更新しました。少々間が空きましたが、ここしばらくの最新記事を追加しています。INDEXページへは、下のリンク、もしくは本ブログのトップページ右...06月18日 19時42分
  • J・J・ジョンソン 『ファースト・プレイス(First Place)』
    軽快で心地よいワン・ホーン盤 1924年、インディアナ出身のジェイ・ジェイ・ジョンソン(Jay JayもしくはJ. J. Johnson)は、1940年代からビッグ・バンド等で活躍し始め、1950年代にかけてジャズ・トロンボーン...06月17日 06時00分
  • アルマンド・マンサネーロ 「雨のつぶやき(Esta tarde vi llove…
    マンサネーロ名曲集(その7) メキシコの有名コンポーザーでシンガーのアルマンド・マンサネーロ(Armando Manzanero)の名曲選、間を空けながら更新してきましたが、今回で一区切りです。最後は、ふたたび彼の...06月14日 23時27分
  • 180万アクセス、感謝
    本日、当ブログの累計アクセス数が1800000HITを超えました。たくさんの方々にご覧いただき、この場を借りて、あらためて感謝申し上げます。関心をお持ちのジャンルの記事が続かない時もあるとは思いますが、温か...06月12日 20時07分
  • アルマンド・マンサネーロ 「ノ・セ・トゥ(No sé tú)」
    マンサネーロ名曲集(その6) アルマンド・マンサネーロ(Armando Manzanero)の名曲選、ひとまずは第7回(つまりは、今回プラスあともう1回)まで続けようかと思っています。 さて、今回は「ノ・セ・トゥ(No...06月10日 21時21分
  • セロニアス・モンク 『モンクス・ブルース(Monk’s Blues)』
    奇才ピアニストが才能に満ちたアレンジャーと出会った結果は… よく“無人島へ持っていきたい盤”(無人島に行ってもレコードプレーヤーやCDプレーヤーがあるわけではないので、どうせ聴けないとは思うが)という言...06月09日 18時36分
  • アルマンド・マンサネーロ 「アマネセール(Amanecer)」
    マンサネーロ名曲集(その5) アルマンド・マンサネーロ(Armando Manzanero)の名曲集を不定期更新でお届けしていますが、今回取り上げるのは、「アマネセール(Amanecer)」(直訳すると“夜明け”)というナン...06月07日 20時05分
  • ジミー・ウェッブ 『ワーズ・アンド・ミュージック(Words and Music…
    有名シンガーソングライターの実質的デビュー盤 ジミー・ウェッブ(Jimmy Webb)は、1960年代にソングライターとしての才能を開花させ、グレン・キャンベルの「ウィチタ・ラインマン」や「恋はフェニックス(By ...06月05日 22時11分
  • リンダ・ロンシュタット 『ソングズ・オブ・マイ・ファーザー〜カンシオネス・デ・ミ…
    ルーツ探求のメキシカン・アルバム 1960年代末にデビューし、1970年代〜80年代前半にかけて大きな人気を得たリンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt)。出身は米国アリゾナ州だけれど、曽祖父がドイツからの移...06月04日 08時46分
  • アルマンド・マンサネーロ 「ノス・イソ・ファルタ・エル・ティエンポ(Nos hi…
    マンサネーロ名曲集(その4) 連続になりますが、今回もメキシコの大作曲家アルマンド・マンサネーロ(Armando Manzanero)の名曲選の続きです。ここらで少々マイナー気味な曲も取り上げたいと思います。とかい...06月02日 10時01分
  • アルマンド・マンサネーロ&リセット 「ナダ・ペルソナル(Nada persona…
    マンサネーロ名曲集(その3) 不定期でお届けしているアルマンド・マンサネーロ(Armando Manzanero)の名曲選も3回目になりました。この辺でいかにも“代表曲”からは少々外れた名曲を取り上げたいと思います。...05月31日 05時59分
  • INDEX更新しました
    少々間が空いてしまいましたが、INDEXページ(ジャンル別、アーティストのアルファベット順)を更新しました。ここ数週間分の最新記事のリンクを追加しています。 INDEXページへは、下のリンク、もしくは本ブロ...05月29日 20時31分
  • オールマン・ブラザーズ・バンド 「ランブリン・マン(Ramblin’ Man)」…
    グレッグ・オールマン追悼 グレッグ・オールマン(Gregg Allman)が亡くなったという報がありました(参考リンク)。享年69歳です。体調を崩してツアーを休んだりはしていましたが、帰らぬ人となってしまいまし...05月28日 17時16分
  • ニルス・ロフグレン 「バック・イット・アップ(Back It Up)」/「希望の…
    若き日のニルスのナンバーをもう少し紹介 ニルス・ロフグレン(Nils Lofgren)の曲は過去にもいくつか取り上げていますが、前回の更新で1975年のライヴ作を取り上げたことから、もう少し彼のナンバーを取り上げ...05月27日 08時23分
  • ニルス・ロフグレン 『バック・イット・アップ!!〜公式ライヴ・ブートレグ(Bac…
    幻のプロモ盤 グリン(Grin,参考過去記事(1) ・(2) )での活動を経て、ニルス・ロフグレン(Nils Lofgren)は1975年にセルフタイトル盤をリリースしてソロ・デビューを果たす。この年、プロモーション目的で...05月26日 06時29分
  • アルマンド・マンサネーロ 「ソモス・ノビオス(Somos novios)」
    マンサネーロ名曲集(その2) メキシコの作曲家アルマンド・マンサネーロの名曲選(不定期更新)をお届けしていますが、第2となる今回も超有名どころの選曲です。「ソモス・ノビオス(Somos novios)」というナ...05月23日 21時43分
  • リー・コニッツ 『ステレオコニッツ(Stereokonitz)』
    ヴァラエティに富んだコニッツ盤 リー・コニッツ(Lee Konitz)というジャズ・ミュージシャンは、老境に入ってからはともかく、一般には難しい演奏者というイメージがついて回ってしまうように思う。けれども、1...05月22日 09時38分
  • アルマンド・マンサネーロ 「アドーロ(Adoro)」
    マンサネーロ名曲集(その1) 突然ですが、アルマンド・マンサネーロ(Armando Manzanero)という人をご存知でしょうか。知る人ぞ知るメキシコの作曲家で、現地では知らない人がいないほどの国民的歌手です。19...05月19日 22時30分
  • エディ・ヒギンズ 『魅せられし心(Haunted Heart)』
    老練ピアニストの思わぬ“開花” エディ・ヒギンズ(Eddie Higgins)は1932年生まれで、2009年に亡くなっている米国のジャズ・ピアニスト。1958年以降、いくつかのリーダー盤を吹き込んではいるものの、長らく“知...05月18日 06時01分
  • ドン・スリート 『オール・メンバーズ(All Members)』
    密かな名演を聴く楽しみ ジャズを聴いていると、ロック/ポップス以上に“密かな名演”にたどり着けるという感覚が大きい。有名なアーティストや著名な盤ではないけれど、これはなかなかいいのではないかという“感...05月15日 21時46分
  • プレスントス・インプリカドス 「コモ・エモス・カンビアード(Como hemos…
    洗練されたスペイン・ポップス・バンドのお気に入り曲選(その4・最終回) 4回にわたったプレスントス・インプリカドス(Presuntos Implicados)のお気に入り曲選ですが、これでひとまず最終回です。最後は、再...05月13日 06時02分
  • プレスントス・インプリカドス 「ヘンテ(Gente)」
    洗練されたスペイン・ポップス・バンドのお気に入り曲選(その3) さて、90年代からミレニアムを挟んでプレスントス・インプリカドス(Presuntos Implicados)の人気はとどまることなく続き、彼らはアルバムを...05月11日 07時15分
  • プレスントス・インプリカドス 「ミ・ペケーニョ・テソーロ(Mi pequeño …
    洗練されたスペイン・ポップス・バンドのお気に入り曲選(その2) スペインの3人組グループ、プレスントス・インプリカドス(Presuntos Implicados)のお気に入り曲を取り上げていますが、続いては、1994年のア...05月10日 07時46分
  • プレスントス・インプリカドス 「バルバラ・デル・カンポ(Bárbara del …
    洗練されたスペイン・ポップス・バンドのお気に入り曲選(その1) たまたま車のステレオで聴いて思い出したようにアルバムを聴き始めました。何の話かというと、スペインの3人組ポップ・グループ、プレスントス...05月08日 15時33分
  • INDEX更新
    INDEXページ(ジャンル別、アーティストのアルファベット順)を更新しました。ここ最近の記事を追加しています。INDEXページへは、下のリンク、もしくは本ブログのトップページ右欄(フリーページ欄)からお入り...05月07日 08時55分
  • デレク・アンド・ザ・ドミノス 『いとしのレイラ(Layla and Other …
    バンド唯一のスタジオ作にしてクラプトンのキャリアを代表する1枚(後編) (前編からの続き) それでは、A面から順に本盤の内容を見ていくことにしたい。まず、冒頭の1.「アイ・ルックト・アウェイ」。この曲...05月05日 05時21分
  • デレク・アンド・ザ・ドミノス 『いとしのレイラ(Layla and Other …
    バンド唯一のスタジオ作にしてクラプトンのキャリアを代表する1枚(前編) デレク・アンド・ザ・ドミノス(Derek and the Dominos)は、エリック・クラプトンがデラニー&ボニー&フレンズの活動で一緒になった...05月04日 06時06分
  • ウィントン・マルサリス 『ザ・マジェスティ・オブ・ザ・ブルース(The Maje…
    マルサリスの真価を考え直す 1961年生まれのウィントン・マルサリスは18歳でプロとしての活動を開始し、今では米国を代表するジャズ・ミュージシャンであるとともに、クラシックでも名声を確立したトランペット...05月02日 20時52分