桃青窯696

登録ID
913990
サイト名称
桃青窯696
URL
http://touseigama.exblog.jp/
紹介文
52歳からの陶芸 思いがけず仕事になって好きなことを好きなだけ・・晩学の楽しさを日々に綴ります
カテゴリ
  • 陶芸 (100%) - 4 / 138人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 術前術後
    一週置いてこの水木金・・入院しました勿論・・前回と同じ病院です前回に続き・・今回は右目の白内障です昨日無事に手術も終わり 金曜日の今日の午後帰宅しました 昨日の朝9時頃に始り10時には全て終わって・・ベッドで1時間の安静そのあとは・・片目で…05月25日 20時17分
  • 花いちもんめ
    「失敗は・・成功の母ではない成功の母になれるのは・・いつでも別の成功だけだ失敗から学ぶものは負けてたまるかの・・根性だよ」・・てつ 「ひとと同じことなんてしたくないそう言うひとって一杯いるだからしたくなかったら・・言わない方がいいかも」・・…05月22日 01時03分
  • 使い勝手は・・工夫次第
    数日前・・馴染みのホームセンターでこのトランクタイプのケースを買い求めました私にとっては最も使用頻度の高い・・この糸テープ埃や湿度からの保護と一目で判る在庫管理は結構大事な日常です 色々な方法で試してきましたが今回は・・また何度目かの改良で…05月20日 08時08分
  • 慣れてはいますが・・
    「糸抜き麦藁手多角鉢」随分と沢山作りましたから慣れてはいますが・・それでも手間のかかる作業には違いありません 今日も日中一杯かかって二枚・・貼り終えました面倒でも糸を貼り回してると紋様が埋まってゆく達成感もあって段々リズムに乗れてきます織り…05月17日 22時19分
  • 材料探しの苦労
    ロクロの背面棚に置いてるものは殆どが加飾に使う材料類です今では頻繁に使うわけでないものもあって雑然としていますがそれも作風の変遷を告げるものなのです 陶芸に限ったことではないにせよ自分なりの仕事に収斂するまでには無数の試作があってそれに要す…05月16日 07時46分
  • 作風と技法
    お天気が好いと・・当然ながら削りのタイミングが早くなりますだから・・陶芸家の日々の予定はお天気次第なところがあって天気予報は・・結構見ています タイミングは・・天気次第ですが 削り方は・・作風次第になりますこの赤土・・かつて粉びきで多用して…05月15日 05時32分
  • 「土」の相性
    この土は暫く会ってなかった友達に久しぶりに再会したような気分 普段の仕事が・・酸化窯が多くて還元焼成を生かす仕事じゃなかったのでついそうなったが会ってみれば・・古い友達はいいもんだ この赤土は白と違って色々な不純物が混じり雑草のような育ちの…05月14日 08時06分
  • 「職務質問必須風体」やも
    左眼術後・・初めて仕事しましたゴーグルとマスク・・この風体です夜これで・・日課の歩行に出ればどうみても不審者で・・職務質問必須かもです 二つの理由で・・こうなりましたというのは・・陶芸工房の宿命で乾燥した粘土に付着する微粉が飛んで時々だけど…05月13日 08時11分
  • マクロなビッグバーン?
    独眼竜正宗とは程遠い風貌昨日のオペ1時間後のわたしです 一昨日入院・・昨日手術・・今日退院日帰りでさえ行われてるとかの・・白内障手術大学病院の周到な準備の中で・・左眼が終りました 今朝7時半に看護師さんがきて眼帯が外れました・・その瞬間の印…05月11日 17時25分
  • 黎明の富士
    30代から50代くらいまで毎週のように滞在していた富士の家慌ただしい年代に・・冷たい山の空気が美味しかったし我が子たちも仲間の子たちも駆けずり回るのを眺めるのが癒しだったのかも 冠雪の富士がきれいなのは言うまでもないが雪のない富士だって・・…05月09日 06時18分
  • 追いついてしまった「歳」
    昭和20年前後の10年ほど私の父方の祖父母は・・叔父と同居して戦争からの疎開とそれに続く混乱の時期を茨城県のさる気象観測所の官舎で過ごしていた叔父は・・その観測所の所員だった 物心ついた3歳くらいから10年毎年春休みだの夏休みには私は・・祖…05月08日 09時18分
  • 恩師再会
    隣り町の〇田さんご夫妻が日曜日の朝・・工房にお出でになりました先々月・・ご贈答の用で色々取り交ぜて20個ほどのご注文をいただいたのですが一部完成したものがあって・・ご覧に入れる目的とご注文品と同様のデザインでご自分で糸を貼ってみませんか?の…05月06日 23時27分
  • 皿鉢料理
    「皿鉢」料理と書いて・・「さわち」と読む高知県(土佐)の代表的な郷土料理大皿や大鉢に新鮮な魚などを盛ってだす豪快な料理である 最近は滅多にやらなくなってしまったが教室で何か行事食をというと私の大皿を持ち出して・・皿鉢風を楽しむ 近くの馴染み…05月05日 08時58分
  • 「羊と鋼の森」宮下奈都
    「自分遺産」というブログの主宰者g-san1101さんの紹介文を拝読して早速アマゾンに注文し・・今しがた読み終えた ピアノの調律師が主人公の物語だが私の記憶の中の・・遠い日のあるエピソードが長いこと秘かに居座っていてg-san1101さんの…05月03日 08時22分
  • わたしの作風変遷(糸抜き彩色)
    今・・主力は糸抜きの那須紺シリーズで麦藁手などの紋様が中心ですが 糸抜き技法は使っての洋絵具による彩色器シリーズもカテゴリーのひとつになっています 殆どが線紋で苦手の絵画紋は滅多に描きません これは茶碗です 酒器セット 水指 四方皿 珍しく…05月01日 21時59分
  • 用賀発〜渋谷着
    快晴の日曜日新しいビジネスモデルの提案を頂いてその打ち合わせに先方のアトリエをお訪ねしましたがそれが世田谷の用賀でした かつて首都高速道路がまだ不十分だったころ渋谷で首都高を降りて246号で用賀まで走り・・そこからしか東名に乗れない時代があ…04月30日 06時04分
  • 始めれば・・終ります(確かに)
    ご注文の順に作っていますから糸貼りまでは一気に進めまして大分溜まってきました そこで今度は茄子紺の顔料を塗ることに集中です霧吹きを使うことが多いのですが器が小さいときは筆差しの方が効率的のようです空中に逃す顔料も・・勿体ないし 筆ムラを作ら…04月28日 18時13分
  • 人間の傲慢
    以下は2004年にエッセイで書いたものの再掲である15年ほどの時が流れてでもあの頃に感じた深い不安は・・今も同じだしかし・・それでいてこの地球に・・まだ終末が見えてるわけじゃない 杞憂であればいいのだがそう思える間に人間が・・あるいは人類が…04月27日 00時00分
  • ウチってこんな汚かったっけ!?
    今から45年も前のこと一ヵ月ほどの長い入院を終えて帰宅してきた亡母の・・第一声を覚えている 「ウチって・・こんな汚かった!?」確かに築後50年を越えて陋屋ではあったが嫁の立場の妻は・・いささか憮然だった筈だ 二言目は・・こうだ「小学校以来か…04月25日 10時01分
  • 『表紙』デビューしました
    陶芸家に・・トロフィーもメダルもありません定評のある公募展の図録表紙・・とか陶芸専門誌の表紙そこに自分の作品が掲載されることが名誉あるトロフィーやメダルみたいなものです 色々取材を受けたことはありますが初めて表紙デビューすることになりました…04月23日 09時02分
  • ただひたすらに
    幾つか仕事が重なって唯々ひたすらに手を動かし続けて糸貼りに向き合っています 素焼きの器には僅かにですが・・削り粉が付着していて水洗いをしたりはしますが0.5?の糸テープでは決して粘着が良いわけじゃありません 貼り始めを内・外のどちらからにす…04月22日 10時57分
  • わたしの作風今昔(黒天目)
    いっとき・・この?天目とも格闘した黒釉と書けばプレッシャーはないが天目を標榜すれば・・嫌でも伝来の由緒に照らし「これじゃ天目の黒じゃない」・・厳しい目が光っているにもかかわらず・・よせばいいのに「?天目組鉢」と書いて・・応募してしまった20…04月20日 10時21分
  • 作風今昔(粉引き)
    これらのぐい?みは・・今はもう手元にはない写真だけが残っているアマ時代の自作である やきものに手を染めて最初に好きになったのが・・粉引きだった これを・・粉引きと呼ぶのが似つかわしいかもともと赤い土で白いやきものを・・が狙いだった粉引きだか…04月19日 05時15分
  • 人間味・・って
    もし・・ロクロが下手だったら丸い壺を挽いても丸くはならない水平に輪切りにしてみれば・・すぐ判る真円ならどこでも一致するはずの切り口が輪切りにした時と同じ位置でしか合致しないはずだ 下手だったらと書いたが・・実はどんなに上手くても全点で合致す…04月17日 09時16分
  • ギアをあげました
    ご注文の作品は勿論トップギアで貼っていますが 具体的にはこれからだけど今まで経験していない商談を頂いたりして先ずは少し作品を作りためる必要がでてきたのです これ20?の多面鉢多分使い勝手の良い大きさだと思いますそこで・・「手ごろ鉢」って名づ…04月16日 07時35分
  • 麩嘉(ふうか)の麩まんじゅう
    昨日・・京都に出張してた娘が帰省してきた「今・・京都のデパートで買えるんだよ」そう言って・・私の好物老舗麩嘉の麩まんじゅうを買ってきてくれた これも・・実に懐かしい若いころ・・好きで京都通いの庭歩き名庭の殆どを見たが帰り道・・府庁近くの麩嘉…04月15日 10時47分
  • 独り・・を思う
    私には・・兄弟がいないので子どもの頃から独り遊びには慣れているし決して嫌いではないその上で・・遊ぶとしたら友だちしかいないわけで・・だから友だちを大事にしてきた気がする 一方で古希も半ばを過ぎた老人になったがふり返ってみると・・人生を通して…04月14日 08時06分
  • 私の師匠・・私の教科書
    52歳で始めた・・私の陶芸24年目の春・・晩学だがそれでもどうやら歩き続けてきた 私の陶芸に・・師匠も教科書もない手ほどきを受けた初心の3年が過ぎた頃訳あって・・そこからは独学である 何人かの私淑する陶芸家の知己を得て色々と助言を戴いてきた…04月11日 20時47分
  • 独っきりの工房で
    やもめ暮らしも・・三日目毎度のことで・・慣れてます教室もない月曜日の一日 10時間の素焼きをしながら20?ほどの丸鉢を・・一気に多面体にしました六角・八角・十二角完全に乾いた口縁部を・・ゆっくりと超硬カンナで削ります その後に・・やすりで研…04月10日 04時30分
  • もしかして・・たった4年で最古参?
    昨日から・・妻は孫三人に会うために飛んでゆきました長男が・・小学校入学の春晴れ姿を見るためのようです 離れて暮らしていますから三人の孫は・・どんどん育ってゆきます留守番をしながら久しぶりに「かまだ食堂」の開店今朝は定番の洋食朝飯です目玉焼き…04月08日 23時18分
  • 最近の・・「お気に入り」
    最近ちょっとはまってる楽しみを・ご披露です 発端は遠い昔「ロビンとマリアン」という映画を見た時ふと感じたあることが・・始まりでした この映画ロビンフッドが十字軍の遠征から戻って恋人マリアンに再会する物語ですが演じているのがショーン・コネリー…04月06日 22時20分
  • 抹茶碗の存在感
    これもご注文いただいた茶碗今朝挽いて・・昼には削った嘘みたいに・・気温は春以上の夏日うっかりしたら乾き過ぎそうだ 糸抜きで紋様を施し茄子紺で染めるつもりでいる抹茶碗で何より気にかけるのは・・存在感点てる人と‥服むひとの間に短い時間で強いつな…04月05日 06時32分
  • 気難しい土なのかな・・?
    充分乾いたのを見計らって12面体に面取りしましたただ・・今回イメージしたのはもう少し深い方がよさそうなので作り直すことに決めました 深さの問題もありましたがそれ以上に・・久しぶりの事故があって底切れが幾つもでてしまったのも作り直しの原因にな…04月03日 06時14分
  • 便利な「植木鉢」
    先週・・隣町の大事なお客様から贈答用にと・・まとまったご注文があって作り始めています 糸抜き技法での作品を考えてますので器の見込みは・・例によって丁寧に研磨してシルエットに破綻がないよう心がけますそんなとき この植木鉢が効果的な湿台になって…04月01日 23時15分