桃青窯696

登録ID
913990
サイト名称
桃青窯696
URL
http://touseigama.exblog.jp/
紹介文
52歳からの陶芸 思いがけず仕事になって好きなことを好きなだけ・・晩学の楽しさを日々に綴ります
カテゴリ
  • 陶芸 (100%) - 1 / 145人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 道具のこと
    ウィーンフィルの奏者たちが使う楽器はウィーンに固有の音色をと協会が貸与する楽器に限られるのは知っていただが・・コンサートマスターにだけは楽員のためのヴァイオリンとは違うストラディヴァリが貸与されるのだそうだがそれは知らなかった 頑固なまでに…02月17日 07時59分
  • 実力の正体
    昨日描いた一枚 「4年間頭から離れなかった・・金メダルまさにこの日のために厳しい練習に耐えてきたのに強風に悩まされ度々中断しては集中を妨げる状況の中で不運にも・・実力を発揮できないまま願ったメダルには届きませんでしたしかし‥これも立派なメダ…02月16日 08時21分
  • 嬉しいことに・・
    嬉しいことに・・このキャンバス・アート最近少し引き合いが頂けるようになりました 先日も来房されて・・お求めいただきました今週も‥今度はこちらから出向いてご覧に入れる予定が入って折角なら‥新しい作品をと昨日から作り始めました これは未だ糸を貼…02月14日 08時37分
  • 天使が・・手作りで
    昨日の夕方・・ピンポ〜ン!で幼い天使が・・これをお隣りのマンションに住む少女Sちゃんです 小学校2年生‥8歳 目下・・わたしにとって一番若いガールフレンドかな 去年の個展の前お母さんと一緒に工房に見えました「ブログ読んでます!」・・が発端で…02月13日 06時21分
  • 風景と情景
    今朝はライブしてある過去写真から幾つかの風景画を・・風景と情景・・と題したのはそれなりにわけあり・・うまく言えるかな --------------------- この女性の後ろ姿を眺めていると何となく・・ここは表参道だと思うアーバンは・・醸…02月11日 10時49分
  • 久しぶりに生徒作品を・・
    このところ・・じっと静かに作業台の前に座って一心不乱に筆を動かしていた・・〇川さん これって何を掛けたんだか・・私にも判らずだけど案外素朴で面白い作品が焼けました使い込むと鈍い輝きが浮かんできそうその様子が見てみたいものです 熱心に極細の面…02月10日 06時44分
  • 熱いうちにリベンジ
    一昨日の失敗を・・三コマでご覧に入れるとこういうことなのでした右手で板の下を支え・・左手で高台を掴みます 次の一瞬で右手を上に・・左手を下に返します50?超・8?強の皿は結構重いので少し腰を沈め板を上に放り投げるようにして浮力を作って回転さ…02月09日 06時21分
  • 悲劇は・・いつでも突然に
    表面の糸を剥がし終え・・さて裏もと思い大皿を返そうとした瞬間・・指が滑りました彩色済みの皿はどこでも触れていいわけじゃなく汚さぬように気を使いますが・・それにしても今まで何度となく繰り返してきた作業まさかこんな簡単に滑らせてしまうとは情けな…02月08日 07時35分
  • 花の命の長かれ・・と
    2006年からの7〜8年無慮数千枚の花の写真がファイルされていますスクロールして見てみると撮ったときのことさえ思い出せます 埃を払ってたまには表舞台にと再掲してみることにしました 花の命は短くて・・と言いますが今夜の花たちは・・ファイルの中…02月06日 00時08分
  • 錦織クンの復活
    普通ならこのクラスの大会は中継されないATP傘下の最も入門級の選手たちが集る大会だからでまだスターらしきもはっきりしていないランクでいえば150〜300位程度でもこのクラスの大会で数多く勝利を重ねてポイントを確保し上位の大会への出場資格を狙…02月04日 17時21分
  • ユリア・フィッシャー
    この数年・・とりわけ大好きでしばしば聴くヴァイオリンニストがドイツ生まれのユリア・フィッシャー30代半ばにして・・既に超絶技巧のヴィルトーゾである 一小節に隙間なく群れる32分音符を平然と四本の運指でつなぐ一方蝶がとまりそうにゆっくりな弓で…02月02日 09時55分
  • やり直し
    今までに何度も経験してることですがときに現物よりも写真の方が明瞭に欠陥を指摘してくれて気づいてやり直すことも・・しばしばです この皿もそうほぼ上三分の二と下三分の一の波がまるで性質の違う波に見えます例えば上は風が吹いてるが・・下は無風の波の…02月01日 08時25分
  • 不可能美術館
    いつも行くホームセンター古書売り場で・・この本を見つけた「不可能美術館」タイトルに惹かれた 今のところ・・美術館では見ることが不可能な作品を集めた画集・・とでも例えば盗まれて未発見の作品とか破壊されてしまい・・古い写真で偲ぶしかない作品・・…01月30日 06時31分
  • 同時進行
    暖房してるから・・寒さとは無縁の工房こんなときだけは小さくて狭い工房で良かった・・って思わぬではありません それでもじっと座って糸を貼ってるとやはり足腰が冷えてきます 最初の一本を貼ってから午前中でこの辺までまぁ普通のペースです 50?強の…01月29日 06時32分
  • 初めの始り
    削り仕事は湿性が残っている方がやりやすいタイミングと乾いている方がいい場面がある道具を変えて・・粗削りは前段でやり仕上げ削りは・・後の場面でする やろうとする加飾のイメージで器面の表情を作ってゆくことになる造形と加飾の調和はしばしば大きな評…01月27日 07時45分
  • ボチボチと新しい年が・・
    毎年2月の声が聞こえると新しい年の公募展が動き出します 先週紐を巻き始めた切っ立ちの花器どうやら形らしくなって粗削りをしました 天辺に口を切り・・当初はここに別の口をつけるつもりでしたがもしかしたら・・このままの方がと思わぬではありません …01月26日 08時39分
  • 運よく難を逃れて
    最寄りの駅から約2時間娘の母校の病院は・・地の利はやや遠いでも娘に紹介されたDr.は穏やかで自信に満ちていたこの大学の眼科教授とある娘と同級と聞けば・・お若いがこの年輩は医療の中心世代全幅の信頼で治療していただける地の利は遠くても・・人の縁…01月24日 00時21分
  • かねてからの懸念に
    この数年・・目の不自由に悩まされてきた白内障だとすれば・・歳相応の発症だろうがそろそろ眼科のお世話になるべきか検査を受けることにした 診断次第では勿論手術を受けることになる友人に何人も経験者がいて誰しも・・取り戻したものの大きさにびっくりも…01月21日 14時29分
  • 加齢は・・「守齢」
    私の肩腱板はとりわけ右肩で・・大断裂してから久しく情けないほどに力を失いつつあります今までは大皿も大壺も一本で挽いてきましたが力負けを痛感する昨今紐での成形に慣れる必要がありそうです 今日の午後から紐を巻いて積み上げ始めました一本挽きと違っ…01月20日 06時23分
  • 23年前のあの日
    23年前のあの日・・将来こんな大皿挽く陶芸になるなんて想像もしなかった たまご一個分ほどの粘土で生まれてはじめてぐい?みらしきを手で捻ったのは・・平成7年1月5日52歳の新年だった 病院事務長をしていた私は開設から関わった病院がどうやら軌道…01月17日 20時02分
  • 撮られるのって・・苦手です
    一昨日これを撮影するための取材があって挽いてるところと 乾燥させてるところと削ってるところを時間差で準備して数時間で数日分の長さを詰めるというあの料理番組方式で進んだのでした 編集長自らカメラを持ち「ああしてください!」「こうしてください!…01月16日 20時43分
  • センター試験って・・季語?
    昨日の一枚は・・これじっと見つめていたら孫を背負ったお婆ちゃんの後ろ姿そんな風に見えてきました 窓に燦々と朝日が差して冬晴れが輝いています 今日は・・センター試験の日毎年のような大雪混乱は・・大丈夫だろうか ニュースを見ながら・・毎年思うこ…01月13日 09時08分
  • 年の初めに・・定番づくり
    久しぶりの個展を済ませた昨年の晩秋から暮れまでの間殆ど土に触れずに過しました 集中力の持続が思うままにならない年代その分注意深く作業しないと不測のミスをしそうでかなり自分に負荷をかけて緊張しましたから終ってみると・・予想以上に疲れていました…01月11日 06時00分
  • マジョリカの温もり
    イタリアンのレストランがたいした理由なしに値段を上げたかったら食器を全部純白にすればいいかもフレンチみたいに見えてもしかしたら・・うっかり納得しちゃう だが・・ 私の好きなイタリアンはマジョリカの素朴で温かな向日葵の花みたいなプレートがいい…01月10日 06時10分
  • メビウスの輪
    昨日は・・本焼きの窯を焚きながらまたキャンバスと向き合っていた最近・・このループ紋様にこだわっている これで何を表そうとしてるのか?何度も繰り返していると漫然と貼っていた動機にもしかしたらというイメージが浮んでくる 「永遠」・・言葉にすれば…01月07日 14時05分
  • 朽葉(くちば)の矜持
    初冬の陽ざしに輝く朽葉(くちば)枯れ葉のことだが何と美しい佇まいで・・深い紅だろう 例えば・・たった一本の絵具ではどうしたって表すことのできそうにない紅この色合いの深い底には長い長い時間が費やされているように思える朽ちてこその紅かつてこの葉…01月04日 08時27分