桃青窯696

登録ID
913990
サイト名称
桃青窯696
URL
http://touseigama.exblog.jp/
紹介文
52歳からの陶芸 思いがけず仕事になって好きなことを好きなだけ・・晩学の楽しさを日々に綴ります
カテゴリ
  • 陶芸 (100%) - 8 / 147人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 吾輩は・・吾杯でアール!
    ほぼ出揃った作品を数えて洗って整理していよいよ・・まとめにかかった総数は200個近いがこれから吟味して半分程に減らすつもり 傷や汚れを観察して判定してゆく気を付けていても・・見逃す茄子紺は・・焼くまでは淡いのでうっかりしてしまうのだ このカ…05月28日 20時02分
  • 第45回 伝統工芸陶芸部会展
    この展覧会のコンセプトはとてもユニークだと思っています 出品できるのは日本工芸会正会員だけなので俗称「正会員展」と云ってますがその趣旨は・・権威的な意味ではありません 本選の日本伝統工芸展では正会員といえども鑑審査にアドバンテージがあるわけ…05月27日 09時27分
  • ロクロを乗り換えて
    昨日は明け方から・・個展用最後の窯焚き泣いても笑っても・・ここで時間切れであるしっかりと窯番をしながら・・でも向かい合わせの大物用ロクロにこの土を乗せた 今年は・・もしかしたら間に合わないそんな気もしていた「第64回日本伝統工芸展」まだ応募…05月25日 04時45分
  • 明けの明星
    いつものように・・玄関を出て数歩工房の鍵を開けながら何となく見上げた東の空に月に寄り添って・・明けの明星が輝いていた一昨日の朝のこと 金星はヴィーナス・・美の神さまで芸術の擁護者である 個展準備として最後の窯に火を入れようとしている私には願…05月24日 07時27分
  • そこまでぇ〜っ!
    さしづめ柔道の試合なら「ハイ!・・そこまでぇ~っ!」時間切れで試合終了である 明後日を目論む最後の窯で久しぶりの個展の準備は終わる 1年半の準備期間は・・あっという間だっただから・・これを繰り返せばそれこそあという間に・・寿命が尽きそうだ …05月21日 22時43分
  • あんみつ・・と隣り合わせ
    私の地元・・松戸の伊勢丹の中に「みつや」さんという甘美屋さんがあるこの店のオーナーは・・古い友人である 全国ブランドの『玉三白玉粉」作る会社が親会社将軍家光のころの創業・・老舗中のしにせオーナーは・・この会社の社長というわけだ自社の製品で・…05月20日 04時03分
  • ラスト・スパーリング
    試合の決まったボクサーなら・・誰でも3ラウンド・ノックアウトで決めたいそう願って・・練習に没頭する 拮抗した力なら・・勝つだけでも大変だましてKOとなればその練習は並みで済むはずもないそれを承知で突っ込むのは・・苦しい試合を少しでも楽に勝ち…05月17日 22時51分
  • ある夏の記憶
    あれは・・60年代の終い頃だったかもしれない真夏の暑い日のゴルフ場だったその日は・・翌日からの試合に備えた練習日 当時の女子プロがそれぞれに組んでラウンドしてた今となっては懐かしい一期生たち記録によれば・・40人ほどが一期生とある 猛暑だっ…05月16日 10時43分
  • DMができました
    見開き裏表の・・大判DM昨日の午後・・届きました 願った通りの写真になりました無地のように見えて・・それでいて寄れば糸の紋様が・・浮かびあがる?の器茶の器は・・このシリーズが軸です 一方で食の器は・・茄子紺で染めました昔からの麦藁手を主にそ…05月14日 04時19分
  • 間際の『黙』
    ひとしきり賑わう展示場一昨日の「陶葉会 柿傳展」午後から・・当番で詰めた 閉館時間が迫った夕刻しばらく・・独っきりになった地下二階の柿傳ギャラリーはまるでスタジオにいるかのように静寂に包まれた ぼんやりとした時間この空気を・・黙(もだ)とも…05月13日 04時18分
  • 実感としての・・『老い』
    いただいたコメントに返信を書きながらふと・・その実感を書いてみようと思った 多くの場合老いの実感は・・きっと体で始まる痛いの痒いの・・動かないのはたまた皺だのシミだの白髪だの目にみえるものから・・意識するだが・・そうしたものはやがてそれにも…05月11日 04時27分
  • 二ヶ月続きの・・大舞台
    『第3回 伝統工芸陶葉会展・柿傳展』が昨日の8日から14日の日曜日まで柿傳ギャラリーで開催されています 一昨日・・出品予定の陶葉会会員33名が作品を搬入しながら・・展示作業をしました 一人・・抹茶碗を含む3点出品全体で100点ほどが展示され…05月09日 07時16分
  • お見苦しいけど
    座り続けていると・・尻が痛くていつの間にか・・クッションが数枚最初どら焼きだったクッションもやがてスルメのごとき煎餅に その煎餅も・・密着して様子が変わったなりふり構わぬ・・この半年日向しでもしてやろうかそうした気を回すゆとりもない お見苦…05月08日 08時36分
  • 毎日が『月曜日』
    これに糸貼って・・白く化粧したり これの糸はずして・・那須紺に染め吾杯(わがはい)と名づけてみたりでも今日も・・終わりの名残りみたいに世間は・・GWを満喫してるみたいだ 今年に限って私には・・毎日が月曜日「さぁ・・やるぞぉ〜!」で夜が明ける…05月07日 02時24分
  • 世間は・・GWだそうだが
    世間は・・GWだそうだが今年の私には・・頑張れウィーク日中のほとんどを・・ここに座って糸とハサミとピンセット目さえしょぼつく毎日である一段落したら・・白内障のチェックして必要なら手術して回復させたいものだ この作業とPCはそもそも目には天敵…05月05日 04時33分
  • テレビを・・聞く
    早朝の4時は・・さすがにまだ暗いだから工房に入っても・・鍵をかける何となくわけのわからん出来事の多い世の中日が昇るまでは・・用心にしくなしだ それからテレビのスイッチを入れる見たいわけじゃない・・全くの静けさよりも僅かに音があった方が落ち着…05月03日 08時22分
  • 最後の粘り
    柿傳ギャラリーさんから写真入りのDM案が送られてきたあと一ヵ月と一寸で会期になる 先日・・柿傳のご店主がわざわざ工房までご足労くださって作品を見ながら・・打ち合わせをしたがどうにか今回の個展を満たすだけの数は揃った 「こんな感じでゆきましょ…04月29日 22時33分
  • 爺の贈りもの
    窯を開けたら・・これがどうやら無事に焼けていた 万が一のために用意しておいた二の矢は無用で済んだ 三番目の孫・・哲平へ爺からの贈りものかつて上の二人にも作ったので 「お義父さん!・・個展の準備で忙しいから上の二人の支度を使い回しますよ」 嫁…04月29日 00時39分
  • 一足早く・・
    陶芸の専門誌『炎芸術』の2017夏号が5月1日の発刊日より一足早く・・届きました 先月取材の陶芸家と作る食器シリーズ第6回「糸抜きで作る飯碗」が・・掲載されているからでしょう 見開き10頁に亘って過不足なく丁寧に・・私の技法が紹介されていま…04月27日 00時19分
  • 『無一物』・・長次郎
    21か月もの長い準備期間を頂いて個展のオファーをお受けした一昨年の秋最初にしたことは・・優品を見て歩くこととこの二冊の書物を座右に置き じっくりと読み耽ることだった 茶懐石の名店を抱える柿傳ギャラリーでの個展は茶陶を避けては通れないから腰を…04月24日 23時16分
  • 三組目の「お食い初め」
    GWになったら妻は三組目のお食い初めセットを抱えて息子一家のところへ飛びます長男・次男に続く三男哲平のお食い初めの祝いが待ってるからです 個展の準備もどうやら峠を越えて大慌てで哲平に取り組んでいます峠を越えたとはいえ一緒に出向くにはまだ慌た…04月24日 04時40分
  • 閑話休題・・の所在地?
    これ・・先月の予定表 書き込みは2件で 一件は定検受診・・もうひとつは電話する約束 一ヵ月・・これだけだった さすがに・・こんな月は珍しい それ以外は・・工房に埋没して 仕事に没頭してたわけだ 仕事のことを時系列で書けば日報だが ブログは・…04月22日 23時56分
  • 最後の『映像』
    昔東京四谷に丸梅という伝説の旗亭があった日に一組しかとらない客のため前日から準備万端を整え精魂込めて持て成す店だった 江國滋氏に言わせると「一流は誰でも知ってるが超の字がつくと知るひとは稀になる丸梅の女将井上梅女は・・その知る人のみが知る超…04月21日 11時13分
  • 私の教科書
    昨日・・工芸会の事務局からこの図録が送られてきました 第57回東日本伝統工芸展は今日が初日で始まりました 9回目の入選は・・9冊目の図録プレイバックすれば・・自分の足跡が見え歩いてきた道が辿れます 今年は・・この作品が通りました相変わらず写…04月20日 02時30分
  • 朝めし前
    昨晩・・五つの茶碗を養生して終わりにしました黄色い部分には糸も貼らないし彩色の顔料も吹きません焼きあがれば真っ白な部分で汚さないことが肝心・・だから丁寧に養生するので・・やや面倒です 今朝も・・4時半には工房に入り糸を貼りだしました朝めし前…04月18日 20時55分
  • 愚者は経験に学び・・
    工房にいて・・こんなことをしてると静かで穏やかな時間が過ぎてゆくが窓の外は・・決してそうでもなさそうだ 何で?と思うほどに・・不可解な出来事が不可思議な短い時間の中でもしかして?・・と訝し気にさせている 平和を築くのは・・途轍もなく大変なこ…04月17日 04時52分
  • 見通しがついてきた「昨日」
    この一年・・試行錯誤の中で作り続けた作品昨日・・工房に集結してみました6月5日からの個展に備えたものです 一点ずつ丁寧に眺め・・判別もし使えそうだと思えたものを数えたらおよそ100〜120点になりました 少し雲間に・・陽ざしを見る思いです勿…04月15日 18時25分
  • かかりつけ医
    この建物・・3年前と何も変わっていない それまでも・・それ以降も 定期的に通う私のホームドクター 左手の木立は・・浅草待乳山聖天さんである かつて・・ここに座っていたのは 私の幼な馴染みの同級生〇山クンだった 懐かしい往時の写真のアップだが…04月13日 06時14分
  • 追い込み
    この時期にきて・・うっかりミスは許されません ひとつひとつ・・確かめながら 追い込みの時期に入っています やきものには・・不確定要素が多いから 窯から出るまで・・決して安穏とはゆきません 因果な仕事です 一本一本・・丁寧に糸を外し その上で…04月11日 08時16分
  • 世界の真ん中で輝く国
    現職の総理大臣は 失礼かもしれないが・・実に 平気で・・子どもっぽい発言をする方だ 私人ならどうってことない発言も 一国の首相ともなれば・・そうはいかない その意味での気遣いを無視されると 国民は・・やはり不安になるものだ 国会での施政方針…04月09日 05時18分
  • 第57回 東日本伝統工芸展
    相変わらず糸でこんなことしてたら 電話がかかりました 「支部展が迫ってきたけど 初日のパーティー出席しますかぁ?」 支部は違うけど昵懇の友人 磁器練り込みの室伏さんからの電話でした 一瞬・・あれっ!何のこと? 目先の作業に追われ すっかり頭…04月07日 04時34分
  • 「養生」の意味
    黄色の部分が・・いわゆる養生で 顔料が掛からないように防いでいる部分です だから ここを汚してしまえば・・養生に意味なしです うっかり見逃せば・・こうなります これくらいなら まだグラインダーで補正が効きますが でも・・無駄な作業にはちがい…04月06日 08時37分
  • 「我慢」に教えられるもの
    上は・・一昨日糸を貼ったもの どういうわけか・・接着が弱く 貼ってるそばから剥離するので 何度もやり直しを迫られた その上・・間隔が狭いから 前の一本に一寸でもふれれば 巻き添えにして剥がれる 正に・・一歩進んで二歩下がるなのだ 悪戦苦闘の…04月04日 07時55分
  • 4月1日
    ウソかホントか知らないけれど 世界ウソつき選手権・・ってのがあるらしい ある年・・出場者募集の手続きにミスがあって 人数が足らず・・会場に来た人に慌てて頼んだらしい 「お願いですから・・何かウソを考えて出場してください!」 やがて・・舞台の…04月02日 04時42分
  • バッグのポケット
    三つのショルダー・バッグ この10年愛用してるものですが これを好むのは・・あるこだわりがあるからです それに触れたエピソードを・・ひとつ 昨日・・乗った電車でのひとこまですが 私の前に座った女性が ひとしきりスマホをいじった後 極めて自然…04月01日 04時37分