Dr.和の町医者日記

登録ID
953544
サイト名称
Dr.和の町医者日記
URL
http://blog.drnagao.com
紹介文
「薬のやめどき」、「痛くない死に方」もベストセラーに。累計50万部突破!
カテゴリ
  • 病院・診療所 (100%) - 1 / 290人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • PPIで認知症の人の肺炎リスクが9割上昇
    「PPIで認知症の人の肺炎リスクが9割上昇」という衝撃的な論文が Care Netさん経由で流れてきた。私は「やっぱりな」と、妙に納得。 PPIを服用している認知症の人は、PPIの”やめどき”を考えるべきだ。 08月19日 01時00分
  • 老々認々に抗認知症薬を含む30剤以上
    今や、老々世帯は当たり前だが、老々認々世帯も増えている。 お盆休みで帰省した長男長女が驚いて両親を連れてこられる。 相変わらず抗認知症薬の副作用や多剤投与との格闘になる。 08月19日 00時56分
  • 大阪での今月のイベント
    2つの大阪での今月のイベントをご案内します。 8/20(日) 大阪・映画『尊く厳かな死』公開記念トークショー、 8/27(日) 第一回 認知症治療研究会関西支部会が開催されます。 08月18日 07時55分
  • 誤嚥性肺炎と胃ろう
    グループホーム協会の機関誌「ゆったり」に連載しているが 8月号では「誤嚥性肺炎と胃ろう」に関する質問に回答した。→こちら どこに講演に行っても質問はほぼこれなので勉強して欲しい。 08月18日 01時16分
  • ロンブー淳が尊厳死協会に
    ロンブーの淳が、日本尊厳死協会の本部にやってきた。 鈴木奈々さんも一緒になり終末期医療について考えた。 若者でも終末期医療に興味を持つ人が年々増えている。 08月17日 23時56分
  • ランゲルハンス島に負担ない食べ方
    産経新聞・膵臓シリーズ第二回は「糖尿病と膵臓」で書いた。→こちら ランゲルハンス島に負担をかけない食べ方について考えた。 と言いながら、お盆なので故人を偲び、まだ飲んでいるが・・・ 08月16日 02時14分
  • ケアマネが主治医通さず入院依頼
    ケアマネさんが主治医を通さずに病院に入院を依頼するケースが増えている。 病院側もトラブルを経験しているようで、かなり警戒しているところもある。 医師とケアマネの連携は決して容易ではないな、と感じるときが増えている。 08月16日 02時02分
  • 小規模多機能の在宅、どうすんの?
    「小規模多機能」が国策として推進されている。 しかし「どうやって在宅をするの?」という在宅医からの質問が絶えない。 泊まりも在宅もと聞こえはいいが実態が理念と解離しているのでそうなる。 08月15日 01時09分
  • 消防隊の方へ
    昨日の書き込みに「補足」を頂いたので、それも加えてアップし直した。 施設での看取り問題の本質が見事に整理されている。 このブログが全国の消防隊に届くことを祈っている。 08月15日 01時02分
  • これが
    08月14日 00時53分
  • 間質性肺炎の診断
    お盆ではあるが先週、間質性肺炎の勉強会に参加した。 間質性肺炎の診断に関する最新の知見を知りたかった。 アスベスト吸入との関連もあることは尼崎では大切だ。 08月14日 00時35分
  • 72年後の今だからこそ、あの戦争を何度も振り返ろう
    みなさまは、お盆をどこでどのように過ごされていますか? 私はできるだけ72年前の戦争を振り返るテレビを観ています。 72年後の今だからこそ、あの戦争を何度も振り返りたい。08月13日 20時15分
  • 10種競技を医療界にも
    ロンドンで開催されている世界陸上で日本も盛り上がっている。 数ある種目のなかで私が注目しているのは、10種競技である。 この勝者こそが真の陸上王であるが、医療界にもあったらなあ。 08月13日 20時12分
  • 人材不足が続けば福祉は確実に崩壊する
    介護や福祉の現場の人材不足が深刻化している。 あちこちから悲鳴が聞こえてくる。 一方、平均寿命と健康寿命の差は縮まっていない。 08月12日 23時57分
  • 元ちゃん先生の奥さま、西村詠子さんに聞く
    同級生の西村元一先生が旅立って3ケ月目になる。 元ちゃん先生の奥さまの詠子さんは今、何を思う。 詠子さんとは3回お会いして、食事やお茶をした。 08月11日 14時08分
  • 抗認知症薬の増量規定は訴訟対策!?
    東洋経済に、抗認知症薬に関する記事が出ている。 まだこんなことを言っているエライ先生も登場だ。 抗認知症薬は患者さんのためか、訴訟対策なのか。 08月10日 11時58分
  • フィーリングアーツ
    お盆なのに、いやお盆だからか、超忙しい。 当院は年中無休なのでお盆はいつもより忙しくなる。 ストレスフルな業務の合間にクリニックでフィーリングアーツを体験した。 08月10日 11時21分
  • 「Beautiful」と「RENT」
    世界的なシンガーソングライターであるキャロルキングの半生 を描いたミュージカル「Beautiful」が上演中である。→こちら 世界でロングランを続ける大ヒットミュージカルに癒された。 08月09日 00時05分
  • ソバハニ氏の出版記念パーテイinアラジン
    友人のソバハニ氏が、「憎まない」という本を出版した。→こちら 先週末、六本木ヒルズの横にあるペルシャンレストラン「アラジン」で 出版記念パーテイがあり、冒頭のインタビュアーをさせて頂いた。 08月08日 02時05分
  • 長寿台風
    今回の台風5号は長寿台風とも呼ばれている。 今夕、和歌山に上陸したが終日、悩まされた。 雨に濡れながの往診でいろんなことを考えた。08月07日 23時54分
  • 「平穏死」に関する読者からの手紙
    毎日、知らない人から様々な手紙を頂く。 小心者の私は開封する毎にドキドキする。 厳しいお叱りなのか、励ましなのか・・・ 08月06日 14時02分
  • 10月から終末期医療の国民意識調査
    10月から終末期医療で国民意識調査が始まる。 厚労省の検討会は多死社会で対象者を拡大する。 果たしてどんな結果が出るのだろう? 08月06日 13時54分
  • ニッポン臨終図鑑第10回〜17回
    「毎週金曜日の夕刊フジを楽しみにしているよ」と言う人が増えた。 そんな声をかけてくれると、書き甲斐がある。 この2ケ月間の連載記事を振り返ってみよう。 08月05日 01時28分
  • 日本初、安楽死・尊厳死のイベントに100人
    昨夜は、スペイン在住のジャーナリストの宮下洋一氏をメインゲストに迎えて 尊厳死・平穏死・安楽死を考える日本初のトークイベントが開催され100人が参加。 熱心な質疑応答が続き、有意義な夜になった。 08月04日 21時40分
  • 第1回人生の最終段階における医療の在り方に関する検討会
    昨日、「第1回人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会」 が開催され、私は委員ではないが、傍聴させて頂いた。 木澤先生による「アドバンスケアプラニング(ACP)」の説明が中心だった。 08月04日 21時27分
  • マンションのおひとりさま
    マンションのオートロックは、一見安全に思うがおひとりさまには危険。 イザという時に自分で鍵の解除ができなくなり、たいへんなことになる。 信頼できる誰かに普段から予備の鍵を渡しておかないと命に関わるかも。08月03日 01時36分
  • なぜ"膵臓の時代"なのか
    産経新聞の連載は、新たに膵臓シリーズにうつることになった。 第1回は「糖尿病とがん・認知症、なぜ“膵臓の時代”なのか」で書いた。→こちら できるだけ分かり易く書こうと思う。 08月02日 02時42分
  • メデイアと製薬会社
    生活習慣病薬や抗認知症薬の製薬会社の医師へのプロモーションは凄い。 たくさんの研究費をもらったエラい先生と宣伝費をもらったメデイアが 広告塔となり、一般の勤務医と開業医、そして市民を洗脳してやまない。 08月02日 02時09分
  • ああ、おひとり様
    私も含めて多くの人がいつの日か、おひとり様になる。 そして要介護になったり、認知症になったりで人の世話が必要な状態に。 今日も、独居高齢者の療養を巡るゴタゴタに振り回されていた。 08月01日 00時11分
  • 在宅看取り数を厚労省に報告
    この1年間に在宅看取りをした患者数を今日、厚労省に報告した。 これは在宅療養支援診療所に義務づけられている。 年々、看取り数が増えている。 07月31日 23時53分
  • 在宅医療と救急医療の連携
    医療タイムス8月号の連載に「在宅医療と救急医療の連携」で書いた。→こちら 市民にとっては両者が車の両輪となるだろう。 全国各地で同様の研究会が開催されるといい。 07月31日 23時03分
  • 会議と講演に明け暮れる、帰らざる日々
    このところ一層、会議と講演に明け暮れる傾向にある。 世間のみなさまは夏休みを満喫しているというのに・・・ 帰らざる貴重な日々をどう楽しんで過ごすのか。 07月30日 11時56分
  • 立川講演後は胃ろうの質問責めに
    東京都立川市で市民対象の終末期医療の講演を行った。 キャパ200人だが、100人以上お断りしたという。 前回の横浜に続いて入れなかった皆様、ごめんなさい! 07月29日 23時56分
  • 日本老年医学会 降圧剤の"やめどき"
    日本老年医学会は高齢者の降圧療法の”やめどき”のガイドラインを発表。 まあ、刺し障りの無い当たり前の内容ではあるが、70点と評価したい。 過度な降圧による転倒が多い中、さらに突っ込んだガイドラインを期待。 07月28日 07時10分
  • 明日は立川講演
    明日は立川市で講演する。→こちら ここで講演するのは初めてだ。 立川のみなさま、お邪魔します。 07月28日 01時33分
  • 夕刊フジ 巨泉さんの記事に大反響
    夕刊フジの金曜日に「ドクター和のニッポン臨終図鑑」を連載している。→こちら 先週は大橋巨泉さんの一周忌だったので在宅医療に焦点をあてて書いた。→こちら するともの凄い反響で、Yahooニューズにあがり、沢山ツイートされた…07月28日 01時04分
  • 無料メルマガと有料メルマガ
    私は2つのメルマガを発行している。 「無料メルマガ」と「有料メルマガ(まぐまぐ)」だ。 後者は、メデイアでも講演でも本でも言えない誌に特化した過激な内容。07月27日 01時26分
  • 多くの薬は体質改善までの一時しのぎ
    産経新聞・減薬シリーズ第8回は、減薬の基本について書いた。→こちら 「多くの薬は体質改善までの一時しのぎ」という持論を述べたが、 製薬会社から多額の寄付をもらっているエライ先生から怒られた。 07月27日 00時53分
  • あの薬をやめたら寿命がのびた!?
    今週の週刊ポストが「あの薬をやめたら寿命がのびた」を特集。→こちら 私のコメントもたくさん載っている。 たくさん薬を飲んでいる人は参考にして欲しい。 07月27日 00時47分
  • ケア会議を経て一元化で減薬
    産経新聞・減薬シリーズ第7回は、「24種類もの処方を ケア会議を経て一元化で減薬」したケースで書いた。→こちら このように減薬の実際は難しい。しかしやる時はやらないと。 07月26日 23時21分
  • 介護訴訟増加が医療に及ぼす影響
    日本医事新報7月号の連載には「介護訴訟が医療に及ぼす影響」で書いた。→こちら そろそろ医療介護関係者が大きな声をあげないと大変なことにならないか。 転倒、発熱のたびに救急搬送、入院加療を繰り返して本人は幸せなのか。 07月26日 22時54分
  • 女性週刊誌にキス写真が
    先週の「女性セブン」に、なんとキス写真が・・・→こちら 正確にはあるがん患者さんにキスされている。 往診からの帰りがけの一瞬をフォーカスされた。 07月25日 01時58分
  • 毎日が不思議発見
    まさに、その日暮らしで生きている。 本人は必死なのだが、傍目には単に多動症か。 それにしても不思議なことが毎日起きる。 07月25日 00時50分
  • がんこそピンピンコロリ
    月刊公論8月号には「がんの平穏死」で書かせて頂いた。→こちら がんこそピンピンコロリできる。 最期まで食べて移動して人生を楽しむことができる病気。07月24日 23時52分
  • 身体拘束死という現実
    身体拘束死という現実を直視して考えないといけない。 明日は自分の身かもしれない。 以下、大熊由紀子さんからのメールからの転載。 07月23日 10時15分
  • 日本尊厳死協会九州支部の嬉野合宿
    日本尊厳死協会の九州支部が、佐賀県嬉野で1泊2日で合宿勉強会をしている。 虎ノ門での研究会を終えて懇親会から駆けつけた。 50人を超えるまさに様々な人が熱く語っていた。 07月23日 10時10分
  • 本邦初の在宅と救急の連携研究会
    東京・虎ノ門で「第1回日本在宅救急研究会」が開催された。。 在宅医療と救急医療の連携を深めることは大きな意味がある。 私もそんな想いで世話人を引き受け、シンポジストを務めた。 07月22日 23時53分
  • 本邦初の在宅と救急の連携研究会
    東京・虎ノ門で「第1回日本在宅救急研究会」が開催された。。 在宅医療と救急医療の連携を深めることは大きな意味がある。 私もそんな想いで世話人を引き受け、シンポジストを務めた。 07月22日 23時53分
  • 脳梗塞が治せる時代に
    昨夜は西宮で「Storoke救急疾患勉強会」だった。 脳卒中の救急搬送と脳梗塞の最新治療の勉強会だ。 兵庫医大脳外科の吉村紳一教授の話しに感動した。 07月21日 16時24分
  • 学会が降圧剤の"やめどき"を認めた
    昨日、日本老年医学会が降圧剤の”やめどき”を認めた。 血糖降下薬の”やめどき”に続き、生活習慣病治療薬の”やめどき”を医学会が認めた。 咋年末に出てベストセラーになてい…07月21日 15時37分
  • 昨夜のBSフジの映像
    昨夜のBSフジの生放送を見逃した方へ。 映像と写真種ができました。 約1時間半ありますがお時間のある時に。 07月20日 15時44分
  • 8月3日「尊厳死/安楽死/平穏死のトークカフェ」
    8月3日に、ドクター和の<命の終りを明るく考えるトークカフェ>が開催される。 「尊厳死/安楽死/平穏死−世界の終末期事情からエンドオブライフ・ケアを考える」 かの有名な小澤竹俊先生や映画「尊く厳かな死」の上田監督もライブに加わるイベント。 07月20日 14時57分
  • 恥ずかしいほど緊張した
    今夜は、20時〜22時のBSフジのプライムニュースにマナ出演した。 あっと言う間に時間が過ぎて、番組は終わってしまった。 それにしてもこの歳になってもテレビなどは恥ずかしいほど緊張する(泣)。 07月19日 23時56分
  • 明夜、BSフジに2時間生出演します!
    7月19日(水)の夜、BSフジに生出演する。 テーマは「高齢者医療、終末期医療、死生観」。 2時間の生放送は初体験なので、心臓ドキドキ。 07月18日 01時33分
  • 安倍内閣支持率5%〜86%というバラツキ
    6月16,17日、安倍内閣の支持率の調査を、新聞各紙が行った。 結果は、なんと5%から86%まで、ひとケタい以上のバラツキが。→こちら 自分が読んでいるメデイアにより情報が真反対であることを、知っておきたい。07月18日 01時21分
  • 認知症の人の安全地帯
    「認知症の人たちのためのテーマパーク」と呼ばれる施設が数年前オランダに誕生した。 安全地帯で自由に暮らせることができるのであれば、認知症を過度に恐れる必要は無い。 日本は地域包括ケア(略してちほうケア)なので、地域全体が安全地帯を目指すべき…07月17日 01時36分
  • 110年ぶりの刑法改正
    先週、110年ぶりに刑法が改正された。 →こちら 性犯罪の増加に対応するためだという。 110年間も放置してきたことが気になる。 07月17日 01時33分
  • 血糖降下剤や降圧剤など高齢者への適正使用ガイドライン
    血糖降下剤や降圧剤など高齢者への適正使用ガイドラインを検討するという。 当たり前のことだが、利益相反を排して、しっかり厳しくやって欲しいなあ。 拙書、「薬のやめどき」と「痛くない死に方」も是非とも参考にしてほしい。 07月16日 23時41分
  • 身体拘束 ナウ
    ニッポン国では、今この時も1万人もの人たちが縛られている。 それを知らない国民と、知ってもダンマリを決め込むむ医療界。 大熊由紀子氏から頂いた以下の情報を多くの人に知って欲しい。 07月16日 23時29分
  • 「尊く厳かな死」中川監督とのトークイベント
    映画「尊く厳かな死」が、咋日、封切られた。 今日は新宿の映画館で中川監督とのトークイベントだった。 映画とイベント参加して頂いたみなさまに感謝申し上げる。 07月16日 23時15分
  • 公立豊岡病院とコウノトリの魅力
    今日は珍しく真面目に、糖尿病学の学術講演をさせて頂いた。 公立豊岡病院内の会場に、120名を超えるスタッフが集まっていた。 超満員の会場に感激しながら「太らない食べ方」の啓発を説いてきた。 07月15日 23時55分
  • 糖尿病とサルコペニア・骨粗しょう症
    昨夜は、大阪市大の稲葉雅章教授による「糖尿病とサルコペニア・骨粗しょう症」 に関する講演を拝聴してとても勉強になると共に今後やるべきことが見えてきた。 糖尿病重症化予防にはサルコペニア・骨粗しょう症対策という視点を持つことだ。 07月14日 07時32分
  • 通訳ボランテイアに支えられた在宅看取り
    医療タイムス7月号の特集は「訪日外国人への医療支援」だったので 連載は「通訳ボランテイアに支えられた在宅看取り」で書かせて頂いた。→こちら いろんな「最期のカタチがある」ことを旅立たれた人から学ばせて頂いた。 07月13日 01時11分
  • 「記憶にありません」で免罪される国は滅ぶ
    国会中継では、都合の悪いことは政治家や官僚は、「記憶にありません!」である。 そして行政文書もたった1年で証拠隠滅、いや廃棄処分されるのが決まりだという、 「記憶にありません」ですべて免罪されるようは国に未来は無く、滅ぶだけである。 07月12日 23時34分
  • 毎日新聞 紙面では「安楽死」、ウエブでは「尊厳死」
    毎日新聞の本紙を読んで驚いた。 この見出しが「安楽死」になり、文中も「安楽死」に統一されていた。 しかしウエブの見出しは「尊厳死」で、いったいどうなっているのか。 07月12日 23時08分
  • 意味不明な毎日新聞記事
    今日の毎日新聞に英国の乳児の安楽死の記事が載っていた。→こちら 記事内では「安楽死」と書くもタイトルは「尊厳死」と書かれている。 書いている記者自身も自分が何を書いているのか分からないのだろう。 07月11日 01時16分
  • 映画「尊く厳かな死」が7月15日公開
    映画「尊く厳かな死」が7月15日に全国公開される。 7月16日は中川監督と私がトークイベントをする。 時間のある人は13時に新宿K’s cinemaにお越し下さい。 07月11日 00時56分
  • 8月3日、宮下洋一氏と安楽死・尊厳死の対談
    8月3日夜に日比谷でスペイン在住のジャーナリストの宮下洋一氏と 安楽死・尊厳死を巡る対談イベントが開催される。→こちら かなりデープな夜になるかと思うが、誰でも参加OKなので申し込んで欲しい。 07月10日 00時18分
  • 病院の訃報
    病院の倒産が相次いでいる。 しかしそれは国策。国の思惑そのもの。地域包括ケア時代へのプロセズだ。 40年間続いた「病院の時代」は、「生き残りと淘汰」に変わりつつある。 07月10日 00時10分
  • 「憎まない」出版祈念パーテイin高松byソバハニ
    私の大切な友人に、イラン生まれのアメリカ育ちのソバハニという人がいる。 外国人でありながら、ロータリークラブ(高松南)の会長にまでなった人だ。 今日彼の「憎まない」という本の出版記念(祈念)パーテイが高松であった。 07月09日 00時46分
  • ヨコハマでは歌わず
    「横浜、たそがれ」にしようか「ブルーライトヨコハマ」にしようかなあ・・・・ 迷いながら横浜市の上大岡という駅に降り立ち、徘徊しながら講演会場に無事到着。 1時間前に着いたので予行演習でもしようかなあ、なんて思いながら準備を始めた。 07月09日 00時12分
  • 「介護ミスで母親が死亡]遺族が特養老人ホーム提訴へ
    07月09日 00時09分
  • ハチとアリに刺されました(痛)
    昨日は、さんざんな日だった。 大きなハチ(クマバチ?)に刺された。 そのあと、アリにも刺されて・・(泣) 07月08日 00時51分
  • 老健におけるコウノメソッドの有効性
    老健においてコウノメソッドはどれくらい有効なのだろう? そんな素朴な疑問に関する研究成果が医学会で発表された。→こちら 今後、いくつかの追試を経て、エビデンスになるのだろう。 07月08日 00時46分
  • 豪雨被害にお見舞い申し上げます。そして備えましょう。
    北九州の豪雨被害にあわれた方にお見舞いを申し上げます。 とても気になるものの今、何をすればいいのか分からない。 明日は我が身と想像しながら豪雨に心と体を備えておこう。07月08日 00時34分
  • 明日はヨコハマで講演します
    明日はヨコハマで講演する。 横浜市港南区医師会のお招き。→こちら ハマのみなさま、来て下さい! 07月07日 23時15分
  • 紀伊半島の風土病―ALS・パーキンソニズムと認知症症候群
    認知症治療研究会の仲間である三俣さんから貴重な論文を教えて頂いた。 「紀伊半島の風土病―ALS・パーキンソニズムと認知症症候群」→こちら やはりALSとパーキンソン/認知症は関連しているんだ、と思った。 07月07日 07時44分
  • 医学生と経済学部生に「死の授業」
    数年前から、いくつかの大学の教員も拝命している。 今日は兵庫医科大学と関西学院大学の学生に「死の授業」をした。 講義終了後に、いろいろと話しかけてくる生徒がいて嬉しかった。07月06日 23時55分
  • 「認知症の周辺症状にも抗認知症薬を」by認知症専門家
    認知症専門家が「認知症の周辺症状に抗認知症薬を」という内容の論文を 書いているので紹介したうえで、皆様に大切なメッセージをお伝えしたい。 認知症はみんな違うので間違った抗認知症薬の投与は、その人の命を奪う。 07月04日 23時51分
  • 遠隔死亡診断 今年度内に導入
    遠隔死亡診断が今年度内に導入されるという。 もちろん賛否両論であろう。 私は、無医離島などの特区に限定すべきだと思う。 07月03日 23時57分
  • 麻央さんの臨床経過
    そもそも、小林麻央さんはなぜ亡くなったのか。 予後がいいはずの乳がんでなぜそうなったのか。 どんな臨床経過だったのか、気になるところだ。 07月02日 11時40分
  • 糖尿病重症化予防と日本健康会議
    日本健康会議事務局長で国際医療福祉大学教授の渡辺俊介氏 の講演「糖尿病重症化予防と日本健康会議」を昨日拝聴した。 メタボ検診の二の舞にならなければいいけどな、と思った。 07月02日 10時33分
  • 百葉の会の高口光子さん
    今日は、静岡県富士市にある医療法人財団の百葉の会で 高口光子さんとダブル講演してから対談もさせて頂いた。 高口さんはパワフルで人情家でとっても可愛い女性だった。 07月01日 17時33分
  • 今朝の「おは朝」テレビ映像
    今朝は、「おはよう朝日です」にスタジオ出演させて頂いた。 時間に限りがあるので話したいことの1割も話せなかったが 最低限のことだけは言えたと思う。 07月01日 09時22分