ビーグル号〜冒険の旅にでかけよう〜

サイト名称
ビーグル号〜冒険の旅にでかけよう〜
URL
http://ecocafe.sblo.jp/
紹介文
私たち「エコカフェ」の教室は自然です エコロジー・カフェの活動やイベント、普段の生活で気づいたことや豆知識などを掲載
カテゴリ
  • 環境問題・保護 (100%) - 79 / 128人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 第一部は東大渋谷先生
    英国のゴマしじみの保護活動の失敗事例の紹介です。ゴマしじみは特定の蟻と共生関係にあります。知らないと罪深いようですね。 03月28日 13時51分
  • シンポジウム始まりました。
    始まりました。仁藤理事長よりあいさつです。 03月28日 13時42分
  • 第10回シンポジウムのリハーサル中
    03月28日 13時10分
  • コノシロを釣る!
    桜も咲き始め、ようやく暖かくなってきましたね。この春より、本ブログ編集担当者は熊本に滞在することになりましたので、今年は本格的に釣りブログを更新しようと思っております。さて、熊本の天草地方では現在、コノシロのシーズン終盤戦です。コノシロと…03月26日 07時44分
  • 詩 中山間地域の灯明を
    中山間地域の灯明を多くの若者が都会に流出していった国の成長経済を支え、都市を魅力あるものにするために幸せな生活は本当にあったろうか気づいたら多くの若者たちが都市の闇に吸い込まれていった健康的な活気あるかと思えば、突然、不安の稲妻が走り、も…03月25日 08時06分
  • 鹿島神社は旧手計村の鎮守社
    尾高藍香の生家から西方へ暫く行くと、畑の中を参道が真っ直ぐに伸び、その先に鹿島神社が鎮座します。創建は不詳、主祭神は武甕槌尊(タケミカヅチ)。雷神、刀剣の神、軍神である。渋沢栄一にも尾高藍香にもゆかりの神社となります。[2013年7月14…03月20日 21時46分
  • これなんだシリーズ(237)
    春を告げる花(スプリング・エフェメラル)ですよ。花びらがひも状ですね。どうしてそんな形なのでしょうね。ヒント⇒ 03月19日 20時00分
  • 第107 回NPO法人&第7 回一般社団法人定例事務局MTGの開催【速報…
    すっかり春めいていますね。一雨ごとに暖かさが増します。今宵、第107 回NPO法人&第7 回一般社団法人定例事務局MTGの開催しました。NPO法人としては最後になります。第10回シンポジウムの準備分担を決めました。表に見えない裏方の仕事が…03月18日 23時39分
  • 第10回エコロジー・カフェシンポジウム
    第10回エコロジー・カフェシンポジウムを以下の日程にて開催いたします。今回のシンポジウムでNPOとしては最後の活動になりました。子供から大人まで幅広い方々の講演や発表がありますので、ぜひご家族でご参加ください。また、2年ぶりにお願いしまし…03月16日 18時48分
  • 第107 <br />回NPO法人&第7 <br /&…
    三寒四温、木々は新芽を膨らませすっかり春めいています。新しい命が盛んになる季節です。エコカフェにとってはNPOのおわり、一般社団の始まりでもあります。しっかり地を固めていきたいと思います。日 時:2015年3月18日(水) 19:00〜(…03月11日 08時51分
  • エコカフェによるエコサロンの雰囲気は
    エコカフェでは一般社団法人に移行することを契機に、「多様な会員の本質に由来し 会員の総体利益のための 会員一人ひとりによる 活動の輪(和)の実践」なんてスローガンを掲げサロンを開催しました。もっとも小さなことの積み重ねやかってに異質なもの…03月10日 07時53分
  • 気ままなエコサロンのご案内
    エコカフェでは一般社団法人に移行することを契機に、「多様な会員の本質に由来し 会員の総体利益のための 会員一人ひとりによる 活動の輪(和)の実践」を目指し、インナーなサロンを開催することになりました。すでに、去る2月12日にキックオフをい…03月08日 12時57分
  • 第22回自然観察会中止のご案内
    本日予定しておりました第22回自然観察会は雨天のため中止いたします!後日改めて機会を設定できればと考えております。by 事務局&自然&自然観察会リーダー 03月07日 07時31分
  • ひなまつり
    桃の節句。女の子の誕生を祝う初節句の風習が生まれたのは、江戸中期ごろとされている。戦国の世がおわり、世の中が平和になったころから、華やかな女性のお祭りとなったそうだ。無病息災と成長を願い、今も盛んに行われている。 03月03日 14時30分
  • 寺中祥太に感謝する会は
    昨日は新橋の「うだつ」で寺中祥太さんの壮行会を開催しました。この度、8年間の東京でのサラリーマン生活にピリオドを打ち、故郷天草に一旦戻り、福岡で新たな人生のスタートをきります。エコカフェとの出会いは、就職間もない頃、上司の玉置さんに、虻川…03月01日 10時26分
  • 尾高藍香の生家はひっそりと
    深谷市(旧豊里村、旧々八基村、旧々々下手計村)下手計に尾高藍香の生家があります。訪れた時は、静かな時間が流れていました。天保元年(1830年)生まれ、本名を惇忠、通称を新五郎といいます。澁澤榮一とは従兄弟にあたります。藍香の妹、千代が栄一…02月27日 21時09分
  • 澁澤榮一の生家「中の家」を
    深谷市(旧豊里村、旧々八基村、旧々々血洗島村)血洗島に幕末から明治、大正期にかけ近代日本の資本主義の礎構築に活躍した渋沢栄一の生家が保存されています。栄一は、市内上敷免にレンガ工場を造り、その煉瓦は東京駅や横浜の赤レンガ倉庫、世界文化遺産…02月25日 00時29分
  • 旗上弁財天社はこじんまり
    鶴岡八幡宮境内の源氏池に浮かぶ島に、旗上弁財天社が鎮座します。鎌倉・江ノ島七福神のひとつでもあります。近年、良縁・縁結びの神として親しまれています。[2015年1月31日撮影:鎌倉@山崎]創建は承久3年(1221年)。祭神は多紀理毘売命(…02月24日 20時54分
  • ウメノキゴケ(梅の木木毛)は綺麗好き
    鎌倉散策。寺院巡りや境内の季節の花を愛でることは定番であろうが、地衣類の観察となると稀であろう。自然観察に親しんでいると、ついつい奇妙な住人にも目が向いてしまう。ここでは大気汚染指標とされるウメノキゴケを紹介しよう。荏柄天神社のウメの枝に…02月24日 07時53分
  • ウメ(梅)は紅梅と白梅
    鶴岡八幡宮を訪ねた日、晴れてはいたがまだまだ日陰に入ると寒さが襟元から忍び込んで来るほどでした。鎌倉の寺院の境内などでは、咲いていたり、蕾だったり、紅梅、白梅をよく見かけることができました。[2015年1月31日撮影:鎌倉@山崎]ウメ(梅…02月23日 21時12分
  • 太田姫稲荷神社は古を今に
    神田駿河台の一角に太田姫神社が鎮座します。旧社名は一口(いもあらい)稲荷神社。江戸時代には、神田明神、寛永寺とともに江戸城の鬼門を守護したそうです。[2015年2月22日撮影:神田駿河台@山崎]創建は長禄元年(1457年)、主祭神は倉稲魂…02月22日 15時24分
  • ウラミゴケモドキ(裏見木毛擬き)は
    南アルプスの北端に位置する入笠山(標高1955m)山中で観察されたカラマツの樹幹に着生する暗茶色の地衣体。調べるとウラミゴケモドキのようです。一緒にヤマヒコノリも見られます。[2014年9月13日撮影:入笠山事前視察@山崎]ウラミゴケモド…02月21日 20時00分
  • センシゴケ(穿刺木毛)は穿孔が
    入笠山(標高1955m)の山中、入笠湿原から山頂までの行程では多くの地衣類を観察することができます。ここではウメノキゴケの仲間のセンシゴケを紹介します。[2014年9月13日撮影:入笠山事前視察@山崎]センシゴケ(穿刺木毛、学名:Mene…02月17日 21時10分
  • ウチキウメノキゴケ(内黄梅の木木毛)らしい
    南アルプスの北端にある入笠山(標高1955m)山麓に広がる入笠湿原から山頂を目指す途中の登山道脇で見た地衣類。漸くのことで調べると、ウチキウメゴケというらしいです。[2014年9月13日撮影:入笠山事前視察@山崎]ウチキウメノキゴケ(内黄…02月16日 23時03分
  • オオマツゲゴケ(大睫毛木毛)は腹が真っ黒
    京都大学フィールご科学教育研究センター附属上賀茂試験地内の高台に行くと京都の町を見下ろすことができます。利用には許可が必要です。事務所前の植え込みでウメノキゴケの仲間を見つけました。調べるとオオマツゲゴケのようです。[2011年12月18…02月14日 23時28分
  • ソリシダレゴケ(反枝垂蘚)では
    京都大学フィールド科学教育研究センター附属上賀茂試験地の林内でも空気が澄んでいるようで多様な蘚苔類、地衣類を観察することができます。ここでは蘚苔類のうち、調べて推察のついたものからソリシダレゴケを紹介します。[2011年11月18日撮影:…02月14日 20時55分
  • イトハイゴケ(糸這蘚)は緻密に
    箱根駒ヶ岳(標高1356m)の山中登山道は所々大きく土壌が削られ塹壕のようになっています。山麓南西側に芦ノ湖を抱え水分条件が良いため、樹幹や地上を蘚苔類が豊かに覆っているのが観察できます。ここではイトハイゴケを紹介します。[2013年3月…02月14日 19時51分
  • 妙厳山本覚寺は東身延とも
    若宮大路を鎌倉郵便局のある辻を小町小路方面に向かうと本覚寺の裏門が通りに面しています。もちろん日蓮宗の寺院です。裏門から入ると本堂はすっかり覆いを施され大改修中でした。[2015年1月31日撮影:鎌裏@山崎]創建は永享8年(1436年)、…02月14日 10時47分
  • 第106回NPO法人&第6回一般社団法人定例事務局MTGの開催【ご案内】
    第106回NPO法人&第6回一般社団法人定例事務局MTGを開催します。年明けでお忙しいと存じますが、皆さまのご参加をお待ちしております。この冬は今のところ積雪が多いようですが、冷え込みは猛烈に厳しいということではないでしょう。楽しく意見交…02月13日 07時58分
  • 長慶山大巧寺はおんめさま
    若宮大路に面した大巧寺は日蓮宗の寺院、安産祈願の寺として知られています。檀家を待たないが、地元では「おんめさま」の愛称で親しまれているという。なんと本尊は産女霊神、いわく特別な事情(縁起)があるのです。[2015年1月31日撮影:鎌倉@山…02月13日 00時36分
  • 蛭子神社は小町の鎮守
    小町大路を宝戒寺から本覚寺方面に下がってくると左手に石碑に村社と書かれた蛭子神社があります。細長い参道の先に立派な銀杏が何本かあり、御神輿2基が安置され、境内には車が数台駐車されていました。[2015年1月31日撮影:鎌倉@山崎]神仏分離…02月12日 01時30分
  • 叡昌山妙隆寺は難行苦行を
    鎌倉ぶらり歩き。鶴岡八幡宮の若宮大路の東側100?に並行する小町大路沿いにはい幾つかの寺院が点在します。そんなひとつ、東勝寺跡と腹切りやぐらを見学した帰りに立ち寄った、日蓮上人辻説法跡近くにある小さな妙隆寺を紹介します。[2015年1月3…02月11日 14時20分
  • 日蓮上人辻説法跡は
    建長5年(1253年)、日蓮上人は鎌倉入りし、長勝寺近く松葉ヶ谷に草庵を結び、当時、武家屋敷や商家が混在する小町大路を中心に辻説法を行ったという。小町大路沿いに信者が整備したという立派な「日蓮上人辻説法跡碑」があります。[2015年1月3…02月10日 08時47分
  • 東勝寺跡と腹切りやぐら
    無情の空間。時は元弘3年(1333年)、元弘の変により鎌倉幕府は北条一族とともに滅亡。東勝寺跡と腹切りやぐらはその証のようです。訪ねた時も辺りはひっそりと静まりかえっていました。[2015年1月31日撮影:鎌倉@山崎]元弘元年(1331年…02月09日 00時48分
  • 征夷大将軍・源頼朝の墓は小っさく
    西御門白旗神社の境内、大倉山の中腹にその墓はある。建久10年(1199年)、薨去。葬られた持仏堂は、以後、法華堂と呼ばれてようになったという。鎌倉幕府の初代征夷大将軍、以外にも小さな墓である。[2015年1月31日撮影:鎌倉@山崎]現在の…02月07日 07時59分
  • 西御門白旗神社は明治に
    源頼朝の墓のある大倉山の麓、かつて法華堂があった場所に白旗神社があります。創建は明治5年(1872年)、主祭神は源頼朝です。[2015年1月31日撮影:鎌倉@山崎]江戸時代までは鶴岡八幡宮の相承院が別当を務めていたが、明治初期の神仏分離令…02月06日 20時59分
  • 鶴岡八幡宮は観光メッカに
    鎌倉駅で下車、改札を出て正面少し歩くと左手から八幡宮の参道(若宮大路)が真っ直ぐに伸びている。寒空の下だが大勢の観光客が参拝に来ている。境内の一角では、多くの護摩が焚き上げ行われていた。全国に八幡宮は4400社ほどあり、総本社は大分県宇佐…02月05日 20時00分
  • 満光山来迎時の仏像は
    週末半日を費やし、古都鎌倉の下見。テーマは「仏教寺院群と自然の調和」とでもしようかと思案するが。ここでは鶴岡八幡宮の北北東、西成門に大倉山を背後とする来迎寺を紹介します。[2015年1月31日撮影:鎌倉下見@山崎]鎌倉三十三所観音霊場、第…02月02日 19時58分
  • さびしいマグロの水槽
    話題の葛西臨海水族館に行ってみた。マグロの回遊水槽がメインの水族館。60数匹いたマグロやカツオの水槽は、いまは3匹のマグロが占領していた。大きな水槽をグルグルと回遊しているものと思ったら、わずか数メートル内でグルグルと。大きな群れだと、回…02月01日 22時19分