ビーグル号〜冒険の旅にでかけよう〜

サイト名称
ビーグル号〜冒険の旅にでかけよう〜
URL
http://ecocafe.sblo.jp/
紹介文
私たち「エコカフェ」の教室は自然です エコロジー・カフェの活動やイベント、普段の生活で気づいたことや豆知識などを掲載
カテゴリ
  • 環境問題・保護 (100%) - 41 / 172人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 寒い季節の到来in奄美大島
    絶滅危惧種保護センターからの2013年度11月のリクガメレポートです。レポート掲載が遅れていてすみません。[11月29日詳細レポートはこちら⇒]奄美は,寒い季節になり、季節が変わったと実感しています。島の植物は紅葉はしませんが、道端の草花…04月16日 07時10分
  • ヒヨドリバナ(鵯花)は林縁で
    昨年秋、檜枝岐村を視察訪問した。本来の目的は村民歌舞伎を考えることにあった。もちろん、自然観察も欠かせない。檜枝岐御池ロッジから尾瀬ヶ原に向かう登山道は湿原の多様な植物を観察することができる。ここでは、入り口付近の林縁でみたフジバカマに似…04月16日 06時51分
  • 海浜植物、シマアザミ(島薊)も有用に
    八重山群島の黒島の仲本海岸近くの草地や小路脇で見た薊。調べてみるとシマアザミというらしい。食糧事情に厳しい小さな離島にあって、シマアザミも食用とすると聞く。沖縄ではチバナーとかアジママと呼び、葉の棘を落とし洗ったものをサラダ、根をキンピラ…04月15日 04時34分
  • 海浜植物、ヤエヤマハマナツメ(八重山浜棗)
    海浜植物は内陸の森林形成植物に比べると単純であると思う。高木林がないわけではないが、八重山群島の黒島や波照間島などの隆起珊瑚礁でできた表土の薄い小島では大木が育つことはない。始終、潮風が吹き抜け、台風も襲来、そんな海岸にあっては背の低い逞…04月14日 22時50分
  • ナンブアザミ(南部薊)は多雪地帯に
    桧枝岐ロッジから尾瀬ヶ原に向かう登山道脇で見かけたアザミ。調べるとナンブアザミというらしいです。名前の由来は東北の南部地方に産するアザミということです。ナンブアザミは地域変種が多く、関東地方・中部地方南部ではトネアザミ(タイアザミ)や中国…04月13日 23時28分
  • テンノウメ(天の梅)は紫外線対策を
    奄美大島の空港前の植栽コーナーで見たテンノウメ、別名にイソザンショウ。昨年に訪れた時、ちょうど梅の花に似た花を咲かせていました。[2013年4月11日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]テンノウメ(天の梅、学名:Osteomeles an…04月13日 16時51分
  • カメたちは今
    奄美で飼育されているマダガスカルホシガメは、この冬つらい試練があった。冬の寒さだ!何頭か残念なことに亡くなってしまった。一年ぶりの訪問でしたが、元気なカメもいたが、お腹の甲羅が剥がれてしまったカメもいたりと痛々しい光景がみられた。今後の対…04月13日 15時12分
  • 奄美博物館にて
    奄美の文化と自然環境が学べるところ。なかなかおもしろい!関連⇒黒潮文化の中に高倉を 04月13日 10時57分
  • 孤独なメヒルギ物語り
    奄美大島の住用川と役勝川が合流するデルタ地帯に広がるマングローブ原生林。引潮の誘われるようにマングローブ林内を走る水路にカヌーをこぎ出した。[2013年4月13日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]マングローブ林は引潮で底泥が見えシオマネ…04月13日 01時33分
  • 鞍馬寺は春爛漫でパワー全開
    足を伸ばして鞍馬寺。京都市左京区、京都盆地の北に位置する鞍馬山の南斜面にあります。山麓の仁王門から本殿金堂までは標高差160mもあるため、途中の多宝塔(標高差120m)までをケーブルカーが通じています。そのため仁王門近くでは葉桜、金堂のあ…04月12日 22時41分
  • 妙満寺で春に耽る
    春光に惹かれ花見をしながら散策。京都左京区にある妙満寺は顕本法華宗総本山、山号を妙塔山という。創建は1389年(康応元年)。桜の花ばかりか、門前に沢山躑躅があって「花の寺」としても知られます。[2014年4月12日撮影:京都左京区@青柳]…04月12日 19時59分
  • セフリイノモトソウ(背振井の許草)は交雑種
    奄美大島の「奄美フォレストポリス」敷地内の乾燥した林下に生えるイノモトソウらしきシダ植物があった。オオバイノモトソウでもなさそうだ。よく見ると翼が一段目しかついていない。セフリイノモトソウであろう。[2013年4月13日撮影:奄美大島自然…04月12日 14時25分
  • 奄美野生生物保護センターにて
    奄美大島訪島中です。昨年は「奄美大島自然体験エコツアー」と銘打ってフィールド調査をしてきました。このブログで奄美野生生物保護センターの訪問を報告していなかったの少しだけ紹介します。[2013年4月11日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]…04月12日 10時23分
  • シュウカイドウ(秋海棠)は恋の悩み
    奥武蔵にある伊豆ヶ岳(標高:851m)の登山道入口近くでみた人為的な植物をもう一つ紹介します。シュウカイドウです。ヨウラクソウ(瓔珞草)ともいいます。付近には民家があり、前栽畑も広がっています。誰か植えたものでしょう。[2009年9月26…04月11日 23時49分
  • ホウセンカ(鳳仙花)は生薬に
    先月の自然観察会では大草谷津田で役に立つ植物について学んだ。かつての自然観察会での未報告のものからホウセンカを紹介します。西武秩父線吾野駅で下車し、奥武蔵にある伊豆ヶ岳(標高:851m)に向かう途中の道路わきで花を咲かせていました。花言葉…04月11日 23時40分
  • ブーゲンビリアの赤い花?
    燦々と太陽の光が降り注ぐ南国を象徴するかのような赤い花。デイゴの花と言いたいところですが、ブーゲンビリアの花でした。今回の訪問では黒島郵便局前でも竹富島の琉球石灰岩石垣沿いでもこの花がとても印象的でした。[2014年3月13日、14日撮影…04月11日 19時42分
  • カケロマ島にて
    カケロマ島に渡りました!寅さんのロケ地もありますが、なんとものんびりした感じ。キレイな景色に癒される。 04月11日 15時37分
  • 奄美の海は
    奄美大島は、今日も晴れ!日差しが痛いくらいだが、風の爽やかさが気持ちいい!海岸によって違う顔が見える奄美の海。 04月11日 11時43分
  • タビビトノキ(旅人の木)は
    石垣島の於茂登岳へのアクセス道路わきで見たオウギバショウ(扇芭蕉)。タビビトノキともいう。何とおしゃれな名前だろう。茎に溜まったに雨水を旅人が飲料水としたという。強靭なため沖縄では畑の防風林としてよく植えられるという。[2014年3月15…04月11日 07時04分
  • 奄美大島は初夏の香り
    東京も夏日の陽気でしたが、奄美大島の風は初夏のよう!気持ちのいい風と景色に心も体も癒された! 04月10日 23時24分
  • ハハコグサ(母子草)は古く草餅に
    千葉市大草谷津田にある田んぼの畔にもようやく春がやってきたという。3月2日の大雪が解けたのが訪れた日の1週間前。畔にはカントウタンポポ、ヨモギ、ハハコグサなどが見られました。ハハコグサは春の七草のひとつで「御形(おぎょう)」とも呼ばれます…04月10日 22時47分
  • ガジュマル(細葉榕)は絞殺しの木
    沖縄では防風や防潮のために植栽、「妖精の棲む木」とも信じられています。八重山群島の黒島でも牧草地の中に忽然とガジュマルの森が見られます。日陰をつくり、牛たちの休息場所になっているようです。[2014年3月14日撮影:黒島@山崎]ガジュマル…04月10日 06時56分
  • 第97回定例事務局MTGのご案内
    葉桜の新緑が眩しさを優しくしてくれます。日に日に春が駆け抜けて行きます。第9回エコカフェ・シンポジウムは多くの皆さまの参加をいただき、発表者のダイバーシティに刺激を得たのではないでしょうか。エコカフェも6月には新しい姿を皆さまにご提案でき…04月09日 08時27分
  • アカタテハ(赤立羽)の習性は
    水が温み始め田んぼの水たまりではニホンアカガエルのオタマジャクシが群れています。千葉市大草谷津田の林縁を舞う蝶、アカタテハです。[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]アカタテハ(赤立羽、学名:Vanessa indica …04月08日 20時56分
  • 子どもたちはアオウミガメの行動観察を
    2013年度12月のアオウミガメレポートです。小笠原諸島父島での小笠原海洋センターとの協働の小笠原小学校の5年生の総合学習も9年目。子どもたちはアオウミガメのお世話の名人です。水槽清掃したり成長の様子を知るために計測しながらしっかり行動観…04月08日 06時55分
  • アオサ(石蓴)は島民の命の源でも
    溶く八重山群に属する隆起石灰岩の島、黒島の仲本海岸では潮が引いた時にアオサノリがたくさんとることができます。島の人たちはそれを洗ってたっぷりとき粉をつけ天ぷらにします。戦時中もよく食べたとか、又吉さん宅で御馳走になりましたがとても美味しい…04月07日 21時03分
  • 海浜植物、イソマツ(磯松)は潮風が好き
    八重山群島黒島の海岸は隆起珊瑚礁石灰岩礁が取り巻いています。仲本海岸も例外ではなく、加えて珊瑚砂も広がっています。岩礁の上部には海浜植物が果敢に進出しています。イソマツもそんな逞しい潮風が似合う植物です。一緒に写っているのはホソバワダンで…04月06日 17時34分
  • 神戸の街には
    風見鶏は今日も風まかせ。 04月05日 21時33分
  • 桜と大阪城
    散りかけの桜が儚げです。 04月05日 21時30分
  • 海浜植物、ナンゴクハマウド(南国濱独活)
    八重山群島黒島の海岸近くの草地でハマウドを見かけました。当初、ハマウドと思っていたのですが、葉厚な感じがしたので調べると、同種とする説と亜種でナンゴクハマウドとする説があるようです。ここでは、後者に従っておきます。[2014年3月14日撮…04月03日 21時35分
  • ケゼニゴケ(毛錢苔)は二刀流
    千葉市大草谷津田の周辺のスギ二次林をぬう小道脇の斜面地でジャゴケと何やら子器に毛をつけたゼニゴケの仲間を確認しました。調べてみて分かったのですが、ケゼニゴケというようです。[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]ケゼニゴケ(…04月03日 08時50分
  • 春爛漫!
    満開の桜!今夜から雨の予報…。今日で最後の見頃かな? 04月02日 11時22分
  • ナガバジャノヒゲ(長葉蛇の髭)も薬用植物
    千葉市大草谷津田周辺のスギ二次林縁でヤブランとともにみられるナガバジャノヒゲ。指導員の山岸さんの説明によると、こちらもヤブランと同様に塊根を漢方として利用するそうです。碧色の種子が草叢に隠れた宝石のように美しいですね。[2014年3月16…04月02日 07時06分
  • ヤブラン(藪蘭)は薬用植物
    千葉市大草谷津田周辺に広がるスギ二次林縁で見られるヤブランとホソバジャノヒゲを紹介します。指導員の山岸さんに教えていただきました。どちらも塊根を乾燥させたものが、漢方「麦門冬(ばくもんどう)」として扱われ、強壮、咳止め、解熱、利尿やリウマ…04月02日 06時56分
  • シュレーゲルアオガエルの目覚め
    冬眠から目覚めたばかりのシュレーゲルアオガエル。すっかり痩せ細ってしまっていて動きもまだまだ緩慢だ。ここは大草谷津田、つい1週間前までは春雪が所々残っていた。ようやく遅い春が来た。田んぼの水たまりにはニホンアカガエルのオタマジャクシが一杯…04月01日 22時30分
  • ツマベニチョウ(褄紅蝶)は竹富町の蝶
    竹富島の歴史的町並みの一角、民家の庭先のブーゲンビリアの花から花へとヒラリヒラリする蝶。ガイドのみっちゃんからツマベニチョウと聞く。竹富町の蝶で幸せを運ぶ蝶と信じられてるとか、シロチョウの仲間では最大級です。[2014年3月14日撮影:竹…04月01日 22時16分
  • 人と自然との共生、竹富島
    竹富島の今昔、「みっちゃん」ことガイドの与那国さんのアップテンポで楽しく解説してもらいました。隆起石灰岩の平坦な島にある町並みは重要伝統的建造物保存地区に選定されているそうです。琉球石灰岩で造られた塀、赤瓦屋根の民家、空と海の青さとのコン…03月31日 23時12分
  • ベニイトトンボの発見はなぜ
    奥が深いです。 03月29日 16時32分
  • ♂と♀の違いを調べる
    瀬戸内市立行幸小学校の金子くんです。湿生植物学習センター調査隊で優勝賞をとりました。♂と♀の違いを調べました。 03月29日 15時56分
  • 昆虫は温暖化に影響を受けるか
    昆虫は温暖化の影響を受けるんです。ミナミアオカメムシとツクツクボウシです。 03月29日 15時46分
  • 気象予測は面白い
    山形俊男先生のプレゼンです。今年の夏は猛暑にならないと考えられるそうです。アップテンポな話は魅力的です。 03月29日 15時08分
  • シンポジウムがはじまりました!
    理事長仁藤からの挨拶です。 03月29日 13時41分
  • リハーサルが始まっています!
    岡山理科大学の学生さんたちです。昨年はじめて湿生植物学習センターでベニイトトンボが発見されました。なぜ今まで確認できずにいたのでしょうか?プレゼンが楽しみですね。 03月29日 12時39分
  • シンポジウム準備中!
    機材をセットし、これから打ち合わせ、リハーサルに入ります。 03月29日 12時13分
  • 権現堂は沖縄最古の木造建築
    石垣市街地内に歴史的な建造物である権現堂がある。1771年(明和8年)の大津波で権現堂は被害を受けたが、1786年には再建、現存する沖縄県最古の木造社寺建築、国の重要文化財に指定されています。[2014年3月15日撮影:石垣島@山崎]16…03月28日 22時29分
  • 桃林寺は八重山最古というが
    石垣島にある桃林寺は臨済宗妙心寺派の寺院、八重山で最古の古刹という。1614年(慶長19年)に建立、開山は鑑翁西堂、山号を南海山、本尊は観音菩薩です。御嶽が多い沖縄では大変珍しい。[2014年3月15日撮影:石垣島@山崎]琉球石灰岩の石垣…03月28日 19時33分
  • これなんだシリーズ(226)
    沖縄県内最高峰、信仰の霊山でもある於茂登岳の山頂近くに気象レーダーだある。八重山、宮古の先島諸島全域をカバーしているという。文句ひとつ言わず黙黙と観察を続け、人びとの暮らしを助けている。そんな気象レーダーの近くには木性シダ植物が大きな葉を…03月28日 07時35分
  • 宮良川のヒルギ林は
    於茂登岳(標高562m)の北東中腹を源流とする全長12?の宮良川はいくつかの支流を集めて宮良湾に注ぎます。その河口域には1.5?に渡り、両岸域にヤエヤマヒルギとオヒルギを中心としたマングローブ林が広がります。そこは川の水と海水が混ざり合う…03月27日 20時45分
  • リュウキュウイノモトソウ(琉球井の許草)
    石垣島の残る琉球王国時代に建てられた宮良殿内(みやらどぅんち)の庭園でみたイノモトソウに仲間。調べてみるとリュウキュウイノモトソウというらしい。[2014年3月15日撮影:石垣島@山崎]リュウキュウイノモトソウ(琉球井の許草、学名:Pte…03月26日 22時27分
  • 行儀正しい若牛たちに
    黒島2日目。石垣島へ向け旅立つために黒島港に着くと、昨日、せり場の牛舎に繋がれていた若牛たちがJAの搬送船に乗せらていた。海のほうを向いて整列している。数え切れないがゆうに60頭を越えるだろうか。農家さんが大切に育てた子牛たち。黒島の経済…03月22日 15時06分
  • 日本最南端の100選の道と黒島郵便局
    「日本の道100選」というのがあるそうだ。1986年度と87年度に建設省(当時)と「道の日」実行委員会により制定されたものです。特色ある優れた道におくられ、104の道が選ばれている。黒島にある東筋集落の黒島郵便局のある辻から黒島小中学校ま…03月21日 20時02分
  • ウスタビガ(薄足袋蛾)の繭
    千葉市の大草谷津田の周囲はすっかり宅地開発されてしまっています。そんな中で地主の方のご好意で残され、自然観察ためのよきフィールドとなっています。丘陵崖下の散策路に張り出した小枝に繭がぶら下がっていました。ウスタビガの繭だそうです。[201…03月20日 23時02分
  • ヨモギ(蓬)は健康万能薬
    ヨモギと言えば草餅。指導員の山岸さんの説明。古くは春の七草のひとつであるハハコグサ(母子草)を利用したという。沖縄そばに入れるフーチバーは近縁種ニシヨモギのことです。ヨモギはお灸のもぐさや漢方の原料としても使われるなど、私たちにとって健康…03月20日 02時57分
  • キヅタ(木蔦)は膿み出しに
    大草谷津田にある雑木林の林縁でキヅタの観察です。指導員の山岸さんから「キヅタは葉をごま油で練って患部に湿布して膿を出すために利用したんですよ。」と説明。別名にフユヅタともいう。[2014年3月16日撮影:第19回自然観察会@山崎]キヅタ(…03月20日 02時41分
  • ノビル(野蒜)はお料理に
    千葉市大草谷津田の林縁で見られる野草にノビルがあります。人里近くに自生することから史前帰化植物とも考えられています。観察会終了後に指導員の方が料理してくれた酢味噌和えにしたノビルを食しましたが、とても美味しいものでした。お好み焼きにしても…03月19日 07時03分
  • スイバ(酸い葉)は仏料理にも
    丘陵を抱える地域にはかつて数多くの谷津田があり、雑木林と田んぼが多様な生き物を育んできた。今日では都市化が進み多くの谷津田が住宅地となってしまった。大草谷津田は今に残る貴重な谷津田のひとつです。ここでは畦道沿いでみたスイバを紹介します。地…03月18日 22時18分
  • 第19回自然観察会を終えて
    暑くもなく寒くもない一日、自然観察会(リーダー:寺中)には絶好の日和となりました。今回は千葉市主催の観察会に参加する形式で実施しました。指導員の山岸さんは里地植物に詳しく、テンポよく説明をしてくださりました。ご説明いただいた植物は、ヤナギ…03月17日 00時15分
  • これなんだシリーズ(225)
    竹富島でよくみかけました。黒島でも石垣島の海岸でもみかけました。 03月15日 16時00分
  • 於茂登岳山頂にて
    ただただ素晴らしい眺めです。 03月15日 10時25分
  • 石垣港の佇まいを
    少し波が高いそうです。海上保安庁の巡視船が待機しています。さあ竹富島へ行こう! 03月14日 14時01分
  • 黒島の風景ほんのひとこま
    ガラス玉浮き、ブーゲンビリア、丸型ポスト 03月14日 09時45分
  • 八重山群島黒島の朝は
    黒島の朝は曇り空で風が強く吹いています。ただただ風が白く波頭を染め枝葉を擦るばかり静かです。風が運ぶ空気は何ともウマイ! 03月14日 08時13分
  • 第96回定例事務局MTGのご案内
    あれから3年が経過、時はだれにも平等に過ぎてゆく。今年は南三陸を訪問します。地域の人びとと思いを共有するためにも。復興は地域の人びとのためになければならないから。さて、第96回定例事務局を開催します。新しくエコカフェ大手町会議室がオープン…03月12日 06時58分
  • オトギリソウ(弟切草)はおどろおどろしい
    棒ノ折山(標高969m)からの下山途中で見た黄色い花、オトギリソウという。花言葉は「恨み」「秘密」だそうです。[2013年7月10日撮影:棒ノ折山視察@山崎]オトギリソウ(弟切草、学名:Hypericum erectum Thunb.)は…03月10日 22時03分
  • ニッコウシダ(日光羊歯)は美しい
    檜枝岐ロッジから尾瀬ヶ原へ向かう登山道脇の林縁でみたシダ植物。漸く調べる機会を得て図鑑で確認したところニッコウシダのようです。[2013年9月7日撮影:檜枝岐歌舞伎視察@山崎]ニッコウシダ(日光羊歯、学名:Thelypteris nipp…03月07日 23時49分
  • ナメリチョウチンゴケの繊細さ
    秩父山塊の東南端に位置する棒ノ折山(標高969m)白谷コースは蘚苔類の身近な観察フィールドとしてお勧めです。このブログでも多様なコケたちを紹介しています。ここではナメリチョウチンゴケらしき蘚を紹介します。[2013年7月20日撮影:棒ノ折…03月04日 20時28分
  • ひな祭りにゴッドファーザーが
    エコカフェの新たな世界観を語ろうと小さな集いがありました。21世紀は組み合わせの時代だ、との認識のもと何ができるか、何をやるべきか、話は尽きない。議論と呼べるほどの議論にはなっていないかもしてないが、魂がぶつかる。気づけばみな子どもたちの…03月03日 23時40分
  • 天然滑り台
    おしりすべり2日目は、ロングコースに挑戦!上手に滑れる人、勢い良く転がる人などスリルは満点。雪のなかで楽しむコツを教えてもらいました! 03月02日 16時04分
  • 猫魔の森の魅力
    今日は、猫魔の森を散策。樹木に霧氷がつきとってもキレイ。ブナ林が静かに迎えてくれた。 03月02日 15時44分
  • ヨモギエダシャク(蓬枝尺)
    京都大学フィールド科学教育研究センター附属芦生研究林の森は植物相が豊かなことは何度も紹介しているが、昆虫相も同様であると思う。何度か公開講座でお世話になった時に木絵臆しているものの中から昆虫を紹介します。ここではヨモギエダシャクを取上げま…03月01日 22時20分
  • 大人の雪あそび
    ちょっと斜面の上にのぼり、天然の滑り台!大人も子どものようにはしゃぐことが大事!楽しかった〜! 03月01日 18時07分
  • 冬の五色沼は
    秋の頃よりも色が濃くみえる。雪があるので、遊歩道からはずれ林の上から沼をみることができた!歩いていると、野鳥の鳴き声がすごいところがあり、時折足を止め耳をすませた。風もなく穏やかな日だが、まだまだ先だと思っていた春が間近に感じた鳥の声だっ…03月01日 17時43分
  • 北塩原村
    到着!思ったほどの積雪はなく、気温も暖かい感じ。宿のオーナーで、ガイドもしていただく鈴木さんいわく「春だよ(笑)」これから、雪景色の五色沼散策にでかけます! 03月01日 10時00分
  • ヒカンザクラが満開!
    まだまだ寒い毎日ですが、だんだんと春が近づいているようです! 03月01日 07時35分
  • オオシノブゴケ(大忍苔)のミクロ美
    芦生の深い森の中で我を忘れ苔の世界に身を投じる。そこには全く違ったミクロの世界が広がっている。自然が成せる最高のミクロ芸術のひとつである。無駄のない営みとフラクタルな規則正しい造形の世界観に深く誘われます。オオシノブゴケでしょうか。[20…03月01日 01時39分