ご苦労さん労務やっぱり

登録ID
986010
サイト名称
ご苦労さん労務やっぱり
URL
http://blog.goo.ne.jp/kzknd0101
紹介文
労務管理に関する基礎知識や情報など 皆さんのお役に立つ記事がきっとある。東京・十条の特定社会保険労務士が書いています
カテゴリ

※最新の記事

  • 研修費用を返還させる旨の契約は違法か
    従業員の能力開発のために各種の研修メニューを用意している会社は多い。しかし、従業員の中には研修を受けるだけ受けたらすぐに転職してしまう者もいて、経営者の頭を悩ませている。 そうした事態を防ぐため、「研修受講後一定期間内に退職する者には研修に…11月23日 17時29分
  • 中途採用の内定取り消しは新卒のそれよりも重大
    今春、東京の旅行会社が経営破綻し、およそ50人の採用内定が取り消されたことが話題になった。内定取り消しの理由は、本件のような会社側の経営上の都合によるもの(業績の急激な悪化等)と本人の責任によるもの(「学校を卒業できなかった」など)の2つに…11月13日 09時59分
  • 不採用者の応募書類は返却するべきか
    採用活動において、不採用とした応募者から、履歴書等の応募書類を返却するよう求められることがある。その場合、会社はこれに応じなければならないのだろうか。 結論を先に言うと、法令上、返却する義務は負わないとされている。 では、ここで、個人情報保…11月03日 10時06分
  • 特定受給資格者? 特定理由離職者?
    ちょうど10年前の平成19年10月に雇用保険法が改正され、失業給付を受給するには、原則として「12ヶ月以上」の被保険者期間が必要となった。いまだに「6ヶ月以上」で受給権を得られるものと記憶している人もいるようだが、現行制度では、それは「特定…10月23日 07時59分
  • 部下に資格取得を命じる際に注意しておくべきこと
    業務上、従業員に、特定の資格を取得してもらう必要がある場合には、会社はそれを命じることができる。そして、従業員は正当な理由なくその命令を拒むことはできないものとされる。このことは、すべての業務命令に共通する考え方だ。 しかし、資格取得命令に…10月13日 22時39分
  • 死亡退職金は誰が受け取ることになっているか
    退職金には、?賃金の後払い、?功労への報償、?退職後の生活保障、という3つの性格があるとされる。これらは従業員本人が死亡したことによっても否定されるものではない(?は「遺族の生活保障」と読み替えられる)ので、従業員が死亡退職した場合であって…10月03日 18時49分