語られる言葉の河へ

登録ID
987688
サイト名称
語られる言葉の河へ
URL
http://blog.goo.ne.jp/humon007
紹介文
読む日々 大岡昇平+震災・原発・社会問題・読書
カテゴリ
  • 本・書籍 (100%) - 28 / 331人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 【南雲つぐみ】手作りの即席みそ汁 〜「みそまる」〜
    家族の人数が少なくなると料理は簡単になるようで、逆に一人分や二人分だけを作るのは難しいこともある。急にみそ汁が飲みたいと思ったときのために、即席みそ汁のもとを作っておくと便利だと聞いて試してみた。「みそまる」といって、料理本も何冊か出ていて…12月13日 07時56分
  • 【本】人の判断はなぜ歪むのか/2人の研究者の友情物語 〜『かくて行動経済学は生ま…
    ★マイケル・ルイス(渡会圭子・訳)『かくて行動経済学は生まれり』(文藝春秋 1,800円) (1)今年のノーベル経済学賞は、米シカゴ大学で行動経済学を教えるリチャード・セイラー教授が受賞した。 現実の人間は、感情に支配され、間違いを犯すこと…12月13日 07時20分
  • 【佐藤優】AIとの付き合い方を知る手引、宗教と国体論の危険な関係、若手官僚の思想…
    ?水野操『AI時代を生き残る仕事の新ルール』(青春出版社 840円) ?中島岳志『親鸞と日本主義』(新潮社 1,400円) ?経産省若手プロジェクト『不安な個人、立ちすくむ国家』(文藝春秋 1,500円) ?は、AI(人工知能)との付き合い…12月12日 08時11分
  • 【南雲つぐみ】健康食品を選ぶとき
    健康食品を買うとき、「濃縮パワー」とか「元気の源!」とかいった分かりやすいキャッチフレーズが目に付きがちだ。 しかしそれでは、何が自分の健康にいいのかは分からない。商品パッケージなどのどの部分を確認したらいいのか、(一財)医療経済研究・社会…12月11日 06時38分
  • 【本】エネルギーの本質を学ぶ 〜『エネルギーを選びなおす』〜
    ★小澤祥司『エネルギーを選びなおす』 (岩波書店、2013) 脱原発を主張する人は、一次エネルギーと電源構成源を混同し、再生エネルギーへ過度の期待をし、エネルギーの歴史への無知など不勉強の印象が強い。しかし著者は、丹念に歴史を説き、石油と電…12月11日 06時01分
  • 【保健】ストレスでがんリスク上昇 〜ただし、男性に限る〜
    (1)あなたは普段の生活で、どの程度ストレスを感じていますか? 「少しだけ」 「平均的(人並み)」 「たくさん」──。 (2)国立がん研究センターの「JPHC研究」によると、精神的ストレスを「強く」感じている人は、発がんリスクが高いようだ。…12月10日 07時14分
  • 【南雲つぐみ】神戸ルミナリエ 〜40万個のLED電球〜
    12月17日まで、光の芸術といわれる「神戸ルミナリエ」が今年も開催。阪神・淡路大震災の起きた1995年から、今年で23回目。犠牲者の鎮魂とともに神戸市民の都市復興への夢と希望を込めた行事として続き、今では神戸の冬の風物詩となった。 旧外国人…12月09日 15時16分
  • 【野口悠起雄】事業の成功確率と文学 〜『アンナ・カレーニナ』に係る三つの法則〜
    (1)ブロックチェーンを用いてどんな事業をやれば成功するだろうか? 人工知能の時代に成功するのはどんな人材か? これらの質問に答えるのは難しい。なぜなら、成功するには、多数の条件を満たさねばならないからだ。 (2)トルストイ『アンナ・カレー…12月09日 06時55分
  • 【南雲つぐみ】うま味を感じる能力 〜グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸〜
    味の基本とされる「五味」。甘味、酸味、塩味、苦味、うま味を指す。このうち、最初の四つはそれぞれ「スイート」「サワー」「ソルティー」「ビター」と当てはまる英語があるが、「うま味」にはなく、欧米でも「ウマミ」と呼ばれているとか。おいしさのもとで…12月09日 06時06分
  • 【詩歌】E・ケストナー「人生処方詩集」
    □エーリヒ・ケストナー(小松太郎・訳)「マッチ売りの少年」(『人生処方詩集』、岩波文庫、2014) ↓クリック、プリーズ。↓ 【参考】 「【詩歌】E・ケストナー「マッチ売りの少年」 〜人生処方詩集〜」 「【詩歌】E・ケストナー「ぼくは母と旅…12月08日 21時01分
  • 【野口悠起雄】採掘者を採掘する 〜金発見時の成功法則〜
    (1)1848年、当時辺境の地だったアメリカ・カリフォルニアで、金が発見された。 金は普通は地底深く埋もれているので、採掘に巨大な設備と多大な労働力を必要とする。しかし、カリフォルニアでは砂金として地表に露出していた。このため、誰でも簡単な…12月08日 07時42分
  • 【本】JR九州の勢いの秘密を凝縮 〜読んで元気が出る人間の物語〜
    ★唐池恒二『新鉄客商売 本気になって何が悪い』(PHP研究所 1,700円) (1)旧国鉄の分割民営化には、3人の立役者がいる。松田昌士・元JR東日本会長、井手正敬・元JR西日本会長、葛西敬之・JR東海代表取締役名誉会長だ。 JR東日本は1…12月08日 06時08分
  • 【本】日本は英国の経験に学べ 〜『イギリス近代史講義』〜
    ★川北稔『イギリス近代史講義』(講談社、2010) 日本経済は、相対的に衰退している。米国経済は力強く、中国やインドなどの新興国の成長率も高い。2000年代の「小泉構造改革」の手本は、1980年代の英国におけるサッチャリズムだった。 当時、…12月07日 14時04分
  • 【南雲つぐみ】リンゴヨーグルト 〜ポリフェノール+グルコン酸〜
    12月7日は、二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」。二十四節気は、一年を太陽の動きに合わせて15日ごとに24等分した季節の節目で、大雪の期間はこの日から冬至(12月22日ごろ)前日までを指す。 北風が吹いて寒さは一段と厳しくなり、山間部だけ…12月07日 10時37分
  • 【本】噴火の時待つ巨額損失のマグマ 〜『異次元緩
    【本】噴火の時待つ巨額損失のマグマ 〜『異次元緩和の終焉 金融緩和政策からの出口はあるのか』〜 ★野口悠紀雄『異次元緩和の終焉 金融緩和政策からの出口はあるのか』(日本経済新聞出版社 1,944円) (1)本書は、日銀の量的緩和政策になお期…12月07日 08時17分
  • 【後藤謙次】脱走、漂着、密貿易 〜北朝鮮で連続的に異変が発生〜
    (1)2017年9月の国連安保理の北朝鮮制裁決議の実施強化後、北朝鮮国内で「何かが起きている可能性がある。2018年1月に大きなヤマ場が来る」(政府高官)という見方もある。確かに、これまでにない変化が起きていることをうかがわせる事態が連続的…12月06日 11時06分
  • 【本】“立憲主義”の由来を知る 〜『立憲非立憲』〜
    ★佐々木惣一『立憲非立憲』(弘文堂書房、1918/講談社文庫、2016) 元京都帝国大学教授の佐々木惣一は、戦後の憲法改正の草案作りに携わった。その佐々木が、帝国憲法下で立憲主義に基づく君主制(立憲君主制)の要諦を説いたのが本書である。民主…12月06日 09時13分
  • 【南雲つぐみ】痛みを我慢しない 〜痛みは異常のサイン〜
    【南雲つぐみ】痛みを我慢しない 〜痛みは異常のサイン〜 足をぶつけた後、痛みが続くので病院に行ったら骨折していたということがある。このように、体の痛みには、異変を知らせるサインであることが多い。無痛なら、骨折に気付かず、もっと悪化させてしま…12月06日 09時09分
  • 【本】日本語特殊論に与せず 〜『英語にも主語はなかった』〜
    ★金谷武洋『英語にも主語はなかった』(講談社、2004) 英語の授業が少ないと、大学のランキングが下がる時代になった。しかしながら、岡潔(1901〜78年)という数学者は、英国留学から帰ってくると、未解決問題を解く前に『奥の細道』を熟読した…12月06日 09時08分
  • 【南雲つぐみ】腰痛ベルト
    人は二足歩行に進化したことにより、腰痛の原因を抱え込んだといわれる。立つ、座る、歩く動きだけでも、腰には負担が掛かる。重いものを持つ、体をねじってしまった、運動不足で腹筋や背筋が弱ったなど、腰痛の原因はいろいろだ。また、内臓の病気から腰痛を…12月06日 09時04分
  • 【欧州】欧州各国が進める脱石炭の時期 〜意見が割れるドイツ〜
    (1)欧州では、日本以上に地球温暖化問題への関心が強い。各国で石炭・褐炭によるエネルギー供給の段階的な停止を求める声が高まっている。 英国は2025年までに石炭火力発電所を全廃する方針を明らかにしている。2017年11月にドイツのボンで開か…12月06日 06時45分
  • 【南雲つぐみ】てっぽう 〜テトロドトキシン〜
    一般的には、魚は産卵期の前が一番脂が乗っておいしいという。そう考えると、トラフグの産卵期は春から初夏なのだが、やはりフグといえば冬。鍋料理など温まる料理が多いからなのだろう。 フグの産地といえば山口県下関市が思い浮かぶが、近年の漁獲量(水揚…12月05日 17時03分
  • 【南雲つぐみ】心が折れる 〜世代による表現の違い〜
    「心が折れる」という表現を使う人の割合は、20代では76%、40代までは6割以上になるが、70歳以上になると17%以下になる。 この言葉は、「くじける」、「めげる」の類語だが、70歳以上では「聞いたことがない」人が「使うことがある」人を上回…12月05日 07時52分
  • 【本】小国の視点で歴史を学ぶ 〜『石油に浮かぶ国/クウェートの歴史と現実』〜
    ★牟田口義郎『石油に浮かぶ国/クウェートの歴史と現実』(中公新書、1965) 中東は、クウェートに限らず、湾岸諸国、イラク、イランも“石油とガスに浮かぶ国”である。本書は、中東通の著者が、1965年に石油のおかげで1人当たりGDPが米国を抜…12月04日 17時57分
  • 【南雲つぐみ】湿布薬の特徴
    「薬は体に害があるから飲みたくない。湿布をください、といわれるけれど、湿布も薬なんですよね」という医師の話を聞いた。 たとえば、痛み止めとしてよく使われるロキソニン(一般名、ロキソプロフェン)は、飲み薬にもあるが、ロキソニンテンープという湿…12月04日 17時03分
  • 【佐藤優】伊藤博文の天皇観と合理主義、歴史の戦略的奇襲から得る教訓、「知の巨人」…
    ?飛鳥井雅道『明治大帝』(文春学藝ライブラリー 1,400円) ?ヘルマン・ホート( 大木毅・訳)『パンツァー・オペラツィオーネン −−第三装甲集団司令官「バルバロッサ」作戦回顧録』(作品社 3,600円) ?中島隆博『思想としての言語』(…12月04日 06時58分
  • 【本】日本における婚姻を考える 〜『婚姻の話』〜
    ★柳田国男『婚姻の話』(岩波書店、2017 オリジナル版1948年) 恋愛結婚が圧倒的な主流のいま、仲人を介したお見合いというと古臭く聞こえる。しかし、これは明治期に急速に一般化した「近代化」の産物だった。それ以前の日本社会は、村落の中で完…12月03日 15時56分
  • 【南雲つぐみ】偏頭痛
    頭痛は、性差のある病気といわれ、男女で発症数が違う。一般的に、女性の頭痛の患者数は男性の4〜5倍といわれる。これは、女性の初潮が始まる14歳以上に当てはまる数字だ。 女性の初潮が始まる前の10歳前後の男女では発症数に差はなく、2〜3歳児では…12月03日 06時27分
  • 【南雲つぐみ】深い睡眠と寝返り
    イルカやクジラは、泳ぎながら右脳と左脳を片方ずつ眠らせる「半球睡眠」という眠り方をしているそうだ。彼らは人間と同じ肺呼吸のため、定期的に水面に浮き上がらなくてはならない。全ての脳を眠らせてしまうわけにはいかないのだ。 人間の場合は、レム睡眠…12月02日 05時16分
  • 【本】元財務官僚のエコノミストが日本経済復活の処方箋を説く 〜『日本を救う最強の…
    ★高橋洋一『日本を救う最強の経済論 バブル失敗の検証と後遺症からの脱却』(育鵬社 1,400円) (1)先の衆議院選挙において、自民党は選挙公約で2019年10月に消費税率を10%に引き上げる一方で、全世代型社会保障への転換などの“人づくり…12月02日 05時08分
  • 【佐藤優】の集中講義 民族問題、2017年
    第一講 なぜ日本人は民族問題がわからないのか 大民族・日本人の盲点 新しい「民族」が生まれるとき 「民族」の核とは何か? 応用問題 スコットランド独立運動を沖縄の目で見る 琉球新報の予測はなぜ当たったのか グラスゴーの原潜基地問題 「沖縄を…12月01日 09時34分
  • 【南雲つぐみ】ツキのある日 〜12月1日〜
    12月1日は「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」と「大安」の重なる縁起の良い日。 一粒万倍日とは、ひと粒の籾が田んぼいっぱいの稲穂になるように、今、持っているわずかなものが、何万倍にも大きくなるという意味の吉日だそうだ。宝くじを買ったり財…12月01日 08時52分
  • 【アジア】難産の末「イレブン」がTPPチームを再結成 〜米国抜きでの勝算は?〜
    (1)カナダもTPP(環太平洋経済連携協定)から離脱か? こんな報道がベトナムで流れた。11月前半、ベトナム中部の都市ダナンでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)の開催に合わせ、米国抜きの新TPP11の閣僚会合が開催された。いったんは大筋…12月01日 07時12分
  • 【南雲つぐみ】一過性脳虚血発作
    突然、「手に力が入らない」「手足がしびれる」「言葉が出てこない」などの異変が起きたが、しばらく休んでいたら症状が消え、気分も回復してきた・・・・。こんなとき、「治ったから大丈夫。きっと貧血か、疲れによるものだろう」と思うのは危険だ。 もし、…11月30日 16時53分
  • 【本】歴史を知らずに大人になる不幸 〜『戦争の大問題 それでも戦争を選ぶのか。』…
    ★丹羽宇一郎『戦争の大問題 それでも戦争を選ぶのか。』(東洋経済新報社 1,620円) (1)一冊の書はときに生命体になりうる。本書はまさにそうだ。 (2)伊藤忠商事名誉理事、元中国大使、日中友好協会会長、それに幾つかの大学で教鞭をとる。著…11月30日 07時20分
  • 【南雲つぐみ】ダイコンのユズ巻き
    「小春日和」というと、「秋桜(こすもす)」(詞・曲さだまさし)の歌詞にある薄紅のコスモスが庭先で揺れている、ほのぼのした光景が浮かぶ。ちょうど今頃から12月上旬、寒風が吹き始める頃に、春のような穏やかな日がやってくることをいう。 「小六月」…11月29日 16時05分
  • 【佐藤優】訳・解説『貧乏物語 現代語訳』の要点
    ↓クリック、プリーズ。↓ 「【佐藤優】「パナマ文書」は何を語るか 〜資本主義は格差を生む〜」 「【佐藤優】トランプ、サンダース旋風の正体 〜米国における絶対貧困〜」 「【佐藤優】教育の右肩下がりの時代」 「【佐藤優】いくら働いても貧乏から脱…11月29日 15時12分
  • 【保健】死亡率が最大5倍超に 〜がん代替療法の選択で〜
    (1)誰でもがん治療は怖い。告知のショックから立ち直る間もなく情報の波に翻弄され、重大な決断を迫られる。この選択が自分の生命を左右するかもしれない、という恐怖に不安が募る。 (2)そんなとき 「がんが消えた!」 「免疫でがん細胞をたたく」 …11月29日 14時15分
  • 【本】私たちの食卓はどうなるのか 〜工業化された食糧生産の脆さ〜
    ★ロブ・ダン(高橋洋・訳)『世界からバナナがなくなるまえに: 食糧危機に立ち向かう科学者たち』(青土社 2,800円) (1)19世紀中盤のアイルランドでは、ジャガイモの作付けが壊滅したことで大飢饉が発生し、百万人単位の人が餓死したといわれ…11月29日 08時34分
  • 【社会】フェイクとどう闘うか 〜デボラ・E・リップシュタット(歴史学者)〜
    (1)<「ポスト真実」の時代と言われる。事実より信条や感情へ訴えるウソの方が世論形成に大きく影響するといわれる状況に、どう立ち向かえばいいのか。ホロコースト(ユダヤ人虐殺)否定者と法廷で闘った回顧録を映画化した「否定と肯定」の日本公開を機会…11月28日 17時56分
  • 【南雲つぐみ】健康と生活の雑学 一覧
    「【南雲つぐみ】肩凝りに肩井のツボ」 「【南雲つぐみ】サトイモのデザート」 「【南雲つぐみ】柿渋色」 「【南雲つぐみ】体に良い起き方 〜脳貧血の対策〜」 「【南雲つぐみ】魚焼きグリルの掃除」 「【南雲つぐみ】体重増加と関節の痛み」 「【南雲…11月28日 17時07分
  • 【南雲つぐみ】肩凝りに肩井のツボ
    寒さに背中が縮こまっていると、肩が凝りやすい。スマートフォンを多く使う人も同じで、肩凝りや首凝りの原因となる。背中が丸まっていると呼吸が大きくできないために、肺機能も落ちやすいといわれている。 仕事中も、1時間おきぐらいに両手を大きく伸ばし…11月28日 17時05分
  • 【後藤謙次】小池都知事に立ちはだかる二大障害 〜公明党の小池離れと官邸との溝〜
    (1)「秋の日はつるべ落とし」−−。そんな秋の夕日と重なるのが「希望の党」共同代表だった東京都知事の小池百合子。11月14日夕、衆議院第1議員会館で開かれた希望の党の両院議員総会で自らの進退に触れた。 「創業者の責任として代表でスタートした…11月28日 08時43分
  • 【南雲つぐみ】サトイモのデザート
    サトイモは「里芋」という漢字のせいか、ほっくりとした優しい味わいのせいか、伝統的で懐かしさを感じさせる野菜だ。東北地方の郷土料理である「芋煮」や新潟県の「のっぺ汁」など、これからの季節にはサトイモが活躍する。 独特の粘りのもとはムチン。胃粘…11月27日 11時09分
  • 【中国】世銀ランキングが示す中国のビジネス環境鍵は「時間」の読み方
    (1)10月末、世界銀行は15回目となるビジネス環境ランキングを発表した。中国の順位は習近平政権が始まった2013年から18も上昇したが、なお78位と厳しいものであった。 (2)国家工商行政管理総局(中国の政府機関)によると、14年に行われ…11月27日 07時19分
  • 【南雲つぐみ】柿渋色
    「柿渋色」は、晩秋を思わせる味わい深い赤茶色だ。平安時代からある色だが、江戸時代からは歌舞伎役者の市川團十郎が用いて、「団十郎茶」とも呼ばれている。今も、襲名披露の口上などでは、一門が必ずこの色の裃(かみしも)を着けるのでおなじみだろう。 …11月26日 17時37分
  • 【佐藤優】悪魔の勉強術 年収一千万稼ぐ大人になるために
    「【佐藤優】臨床で有効なコフート心理学 〜『悪魔の勉強術』〜」 「【佐藤優】「若い女性」のマリアは誤訳によって「処女」になった 〜ギリシャ語聖書〜」 ↑クリック、プリーズ。↑ □佐藤優『悪魔の勉強術 年収一千万稼ぐ大人になるために』(文春文…11月26日 16時29分
  • 【佐藤優】地政学から読み解く米国の戦略
    「【佐藤優】トランプを理解する二つ目のカギ 〜「イスラエル中心主義」〜」 「【佐藤優】トランプを理解するカギ 〜彼の信仰、カルヴァン派〜」 「【佐藤優】トランプを理解する二つ目のカギ 〜「イスラエル中心主義」〜」 「【佐藤優】大使館が引っ越…11月26日 16時26分
  • 【佐藤優】教育費の財源問題で政局化か
    ?鯨岡仁『日銀と政治』(朝日新聞出版 2,000円) ?井上久男『自動車会社が消える日』(文春新書 830円) ?現代にゃん語研究会・編『現代にゃん語の基礎知識2018』(自由国民社 1,300円) (1)?は、政治と日本銀行との相互関係を…11月26日 07時05分
  • 【米国】ハリウッドに蔓延するセクハラ、男性支配の構図は崩れるか? 〜ハリウッドの…
    (1)「恋におちたシェイクスピア」「パルプ・フィクション」などで知られる米映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタイン氏をめぐるセクハラ(sexual harassment)疑惑が表面化したことで、ハリウッドが蜂の巣をつついたような騒ぎにな…11月25日 06時15分
  • 【南雲つぐみ】体に良い起き方 〜脳貧血の対策〜
    朝、跳び起きた瞬間に腰や背中を痛めてしまったという話がある。寝ている間の筋肉は、実はこわばりやすい。筋肉は動かしていると柔軟性が保たれるが、寝ている間は昼間のように体を動かさないからだ。 また、血流も起きているときほど活発ではなく、心拍数も…11月24日 09時55分
  • 【本】歪み増殖していく物語に迷う 〜『森へ行きましょう』〜
    ★川上弘美『森へ行きましょう』(日本経済新聞出版社 1,836円) <(前略)この本は川上弘美の長編小説である。「一九六六年 留津 〇歳」から始まり、「一九六六年 ルツ 〇歳」と続く。そして同じ時に生まれた同じ音の名前をもつ二人の人生が語ら…11月24日 07時54分
  • 【保健】認知症と性格の関係 〜責任感は予防的に働く〜
    (1)認知症になりにくい性格はあるか? 実はすでに性格特性のうち、「誠実さ」が予防的に働く、という研究結果が複数報告されている。 さらに先日、米フロリダ州立大学の研究グループから「誠実さ」を構成する細かい要素のうち、何が最も認知症予防と関連…11月23日 09時49分
  • 【南雲つぐみ】魚焼きグリルの掃除
    ガスコンロの魚焼きグリルは、魚だけでなくパンやピザを焼くにも適している。上下からの熱で短時間で庫内の温度が上がるため、食べ物の中の水分を奪わずふっくらと出来上がるのだ。 でも、焼き魚の臭いがついたままのグリルは活用しにくい。そこで、グリルで…11月23日 04時11分
  • 【南雲つぐみ】体重増加と関節の痛み
    膝関節の痛みで受診したUさん(58)は湿布と痛み止めをもらい、医師に「少しやせたほうがいい」と言われた。しかし、「1年で5キログラム太ったけれど、肥満というほどではない」という。 太ることで足腰の関節に悪影響を及ぼすのはなぜか。これは「てこ…11月22日 16時54分
  • 【米国】とメキシコ国境に建つトランプの「壁」の試作品 〜国境の街の反応は?〜
    (1)「メキシコとの国境に巨大な壁を建てて不法移民をシャットアウトする」 そう公言して大統領になったトランプ氏。その壁の試作品8点が、カリフォルニア州のオータイメイサ地区に建設された。 現地には荒涼とした平原が広がる。高さ9メートルの壁の試…11月22日 08時20分
  • 【中国】日本の6倍売り上げる店もローソン快進撃の理由 〜日系コンビニ初の南京出店…
    (1)日系コンビニエンスストアの中国における2016年末の店舗数は、セブン−イレブンが1,371、ファミリーマートが1,810、ローソンが1,003。いずれも日本の店舗数の1割程度にすぎない。それが、近年急激に増加している。 その中で最近話…11月22日 08時13分
  • 【本】加工食品はどこから来たのか 〜軍隊と科学の密な関係〜
    ★アナスタシア・マークス・デ・サルセド(田沢恭子・訳)『戦争がつくっった現代の食卓』(白楊社 2,808円)【注】 (1)爆薬、ミサイル、潜水艦、戦闘機−−。「軍事研究」という言葉でわれわれが思い浮かべるのは、ふつう、そういうものだろう。だ…11月21日 08時54分
  • 【中国】日本の6倍売り上げる店もローソン快進撃の理由 〜日系コンビニ初の南京出店…
    (1)日系コンビニエンスストアの中国における2016年末の店舗数は、セブン−イレブンが1,371、ファミリーマートが1,810、ローソンが1,003。いずれも日本の店舗数の1割程度にすぎない。それが、近年急激に増加している。 その中で最近話…11月20日 14時55分
  • 【佐藤優】ホワイトカラーの労働者化
    ?ライアン・エイヴェント(月谷真紀・訳)『デジタルエコノミーはいかにして道を誤るか』(東洋経済新報社 1,800円) ?池内敏『日本人の朝鮮観はいかにして形成されたか』(講談社 2,200円) ?松浦壮『時間とはなんだろう』(講談社ブルーバ…11月20日 08時00分
  • 【南雲つぐみ】鴨南蛮
    鶏肉よりも歯応えと甘味があるカモ肉と、ネギが入っただしでそばやうどんを食べるのが、鴨南蛮。コクがあって体が温まり、冬に食べたく味だ。 関東育ちの筆者は、子どもの頃「鴨南蛮」とはカレー味のことだと思っていた。社会科の教科書などに出てくる「南蛮…11月20日 04時59分
  • 【南雲つぐみ】風邪を予防する条件
    注意しているつもりでも風邪をひいてしまうことがある。反対に同じ家に住んでいて、一人だけかからない人もいる。 こうした状況はなぜ起こるのか。保健所でもらった「保健の窓」という冊子からご紹介したい。 感染症にかかる条件は「病原体がいること」「感…11月19日 11時14分
  • 【本】80年代中世ブームの傑作 〜『一揆』〜
    ★勝俣鎮夫『一揆』(岩波書店、1982) 『応仁の乱』(中公新書)に始まる室町時代ブームは、出版界にとって近年で最大の「想定外」といってよいだろう。よくある対立構図を用いず、歴史の中で翻弄され、もがく人物を淡々と描く。昨今の室町時代関連本の…11月19日 11時13分
  • 【本】万華鏡のように迫る名著 〜『新装版 資本主義・社会主義・民主主義』〜
    ★シュムペーター(中山伊知郎・訳)『新装版 資本主義・社会主義・民主主義』(東洋経済新報社、1995) 資本主義は成功するが故に崩壊し、社会主義に移行する──という主張も注意深く読み取らなくてはならない。本書にはアイロニーがたっぷりと効いて…11月17日 19時31分
  • 【アジア】タイとマレーシアが外国人労働者の人権対策を進める理由
    (1)このところタイとマレーシアで、外国人労働者に関連する規制が強化されている。 タイ・・・・2017年6月23日、外国人を不法に就労させた場合、雇用主に40万〜80万バーツ(約130万〜260万円)の罰金を科す規制を施行した。 しかし、多…11月17日 09時52分
  • 【南雲つぐみ】首や肩の凝りの原因、脳卒中の前触れ 〜眼瞼下垂〜
    「年齢とともに目が小さくなってきた。昔はもっとぱっちりしていたのに・・・・」という話を聞くことがある。 一般的に年を取ると皮膚に弾力性がなくなり、たるみが起きやすくなる。中でも目の上のたるみは、上まぶたのふちにある眼瞼(がんけん)という部分…11月16日 16時43分
  • 【野口悠起雄】中国とドイツが変身 〜日本が取り残される〜
    (1)今世界のビジネスモデルが大転換しようとしている。IoT(モノのインターネット)によって、製造業が従来型のものから未来型のものに向けて進化しようとしている。また、「分散型台帳」という新しい情報記録の仕組みであるブロックチェーン関連のプロ…11月16日 09時56分
  • 【南雲つぐみ】インフルエンザの予防
    早くも10月中旬に、インフルエンザワクチンが不足気味になるだろうという予測が出ていた。 インフルエンザワクチンは、毎年流行しそうなインフルエンザ株3〜4種類を組み合わせて製造するが、今年は使用株が変更になったことで製造開始が遅れたという。 …11月15日 07時20分
  • 【保健】手洗い励行の季節 〜CDC推奨の方法は〜
    (1)秋から冬にかけては感染症に注意が必要な季節。〈例〉インフルエンザ、食中毒。 発症してから慌てるより予防に力を入れよう。 (2)感染症の予防策のうち、手軽だが最も強力なのは「手洗い」だ。外出後や食事の前には必ず手を洗いたい。 (a)流し…11月15日 07時15分
  • 【南雲つぐみ】神在月 〜出雲市〜
    旧暦10月は神無月。全国の八百万(やおよろず)の神々は旧暦10月11日から17日まで島根県の出雲に集まって、農業や縁結びについて話し合う「神議り(かむばかり、かみはかり)」を行うという。 神々のいなくなる他の地方では「神無月」だが、出雲では…11月14日 20時05分
  • 【本】『世界をまどわせた地図』
    ★エドワード・ブルック=ヒッチング(井田仁康・日本語版監修、関谷冬華・訳)『世界をまどわせた地図』(日経ナショナルジオグラフィック社 2,916円) Edward Brooke−Hitching 古地図の愛好家。ロンドンでアンティーク地図と…11月14日 18時42分
  • 【欧州】もう一つの東西分裂 〜 LGBTへの偏見が深く残る東欧諸国〜
    (1)2017年6月にセルビアの新首相に就任したブルナビッチ氏は、同性愛者であることを公表している。 9月にはLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の祭典「ゲイ・プライド」にも参加した。これは同性婚や反差別などの…11月14日 10時56分
  • 【南雲つぐみ】干し柿 〜栄養豊富〜
    柿は1個でブロッコリー半株程度のビタミンCが取れ、カリウムやベータカロテンなども含まれている。ベータカロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健康に保つ作用がある。 そこで古くから柿は胃粘膜を守り、アルコールの代謝を高めて二日酔いを防…11月14日 07時06分
  • 【佐藤優】指導者たちの内在的論理を知る
    ?木村誠『大学大倒産時代』(朝日新書 760円) ?香山リカ『「いじめ」や「差別」をなくすためにできること』(ちくまプリマー新書 780円) ?カレル・チャペック(来栖茜・訳)『サンショウウオ戦争』(海山社 2,600円) (1)?は、国公…11月13日 06時48分
  • 【中国】新任常務委員お披露目 〜ネクタイの色が示す習総書記の権力基盤〜
    (1)10月25日、北京・人民大会堂。習近平・総書記が他の6人を引き連れて新たな政治局常務委員をお披露目した。李克強首相は続投、他の5人は政治局委員から昇格した。 序列3位の栗戦書はパープル、序列5位の王滬寧がブルーのネクタイを着けて登場し…11月12日 10時22分
  • 【米国】トランプ大統領が描く従来と違うレッドライン 〜北朝鮮は世界の問題に〜
    (1)10月22日の衆議院議員選挙では、「お願い」が多く、北朝鮮問題を語る候補が極めて少なかった。日本単独では何かをするのは難しいが、最大の外交問題として、その現状や国際的な取り組みについて語るべきではないか。日本の国会議員は、「平和」に慣…11月11日 21時13分
  • 【欧州】英航空・防衛大手企業が受注苦戦で大リストラ 〜英国のEU離脱も影響か〜
    (1)10月10日、英国の航空・防衛大手BAEシステムズは、来年1月から国内で約2千人の人員整理に着手する方針を発表した。本件は、7月に就任したウッドバーン新CEOが進める構造改革の一環と位置付けられている。 (2)英国のGDPに占める製造…11月11日 16時20分
  • 【佐藤優】書誌(11月11日現在)
    ※2017年11月11日現在。なお、「●」は所持するもの。 《追加分》 ●『人生の役に立つ聖書の名言』(講談社、2017.9.25) ●『世界政治裏側の真実』(日本文芸社、2017.10.10)/共著:副島?彦 ●『佐藤優の集中講義 民族問…11月11日 16時08分
  • 【南雲つぐみ】「ながら聞き」は時間の無駄 〜聞こえにおける「図と地」〜
    忙しいという人の話を「ながら聞き」したくなることがある。効率を考えたつもりなのだが、実は話が頭に入っておらず、「ごめんね、もう一度」と謝ることもある。なぜ、ながら聞きはうまくいかないのだろう。これは、だまし絵や隠し絵などと呼ばれる、一つの絵…11月11日 07時36分
  • 【南雲つぐみ】ストレッチをするべき時、筋トレをするべき時
    「腰痛の原因は、腹筋や背筋が弱ってくるからだと聞いて、筋トレを頑張ってきたが、痛みは取れないばかりか悪化してきた」というAさん(55)。整形外科でMRI検査を受けたが、椎間板ヘルニアなどの病気ではなかった。 そこで医師に相談すると、「筋トレ…11月10日 09時35分
  • 【本】率直過ぎる米情報将校の直言 〜『戦場 −元国家安全保障担当補佐官による告発…
    ★マイケル レディーン、 マイケル フリン(川村幸城・訳)『戦場 −元国家安全保障担当補佐官による告発』(中央公論新社 1,800円) (1)トランプ米政権が発足して早くも10カ月になるが、政権の発信するノイズがあまりにも大き過ぎるため、逆…11月10日 09時31分
  • 【佐藤優】世界規模のポストモダン現象
    ?亀山郁夫、沼野充義著『ロシア革命100年の謎』(河出書房新社 920円) ?中野剛志著『経済と国民』(朝日新書 780円) ?平山優著『武田氏滅亡』(角川選書 2,800円) (1)?において亀山氏は、次のように述べている。 <主として今…11月09日 07時20分
  • 【佐藤優】ゼロからわかる「世界の読み方」
    「【佐藤優】黄色人種が白色人種国家を侵略 〜米国の対中国イメージ操作〜」 「【佐藤優】米国と中国がもし戦ったら 〜『ゼロからわかる「世界の読み方」』〜」 「【佐藤優】アメリカ映画とキリスト教、120年の関係史 〜『ゼロからわかる「世界の読み…11月08日 16時58分
  • 【南雲つぐみ】乾燥とかゆみ 〜10〜11月〜
    「かゆみ」は「かいて皮膚についた刺激物(違和感)を取り去りたい」という皮膚感覚だというのは「危険な病気の意外な予兆69〜左の肩が痛いのは心臓からのSOS?」(宝島社、1,080円)の著者、市川純子氏。「取り去りたい」欲求を満たすから、かくと…11月08日 06時56分
  • 【保健】何を食べていましたか? 〜認知良好な69〜71歳の場合〜
    (1)男女とも「人生80年」が当たり前になった日本人。健康寿命を引き延ばし、いかに認知機能を維持するかは個々人の生活習慣にかかっている。 そこで気になるのは認知機能を保っている高齢者の食生活だ。「いったい何を食べたら認知症を予防できるの?」…11月07日 13時44分
  • 【南雲つぐみ】子どもの受動喫煙
    受動喫煙の害を調べる方法の一つが「尿中ニコチン測定」だ。たばこの煙により肺で吸収されたニコチンは血中に入り、肝臓でその90%がコチニンという物質に変換される。コチニンはニコチンよりも体内で分解されにくく、尿中ニコチン測定は有効となる。 埼玉…11月06日 09時27分
  • 【本】舌鋒鋭く世の中の本質に迫る/地球規模で読まれた洞察の書 〜『反脆弱性』〜
    ★ナシーム・ニコラス・タレブ(望月衛・監修/千葉敏生・訳)『反脆弱性−−不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』(上下)(ダイヤモンド社、各2,000円) (1)4年以上の年月を経て、『ブラック・スワン』(上・下)で有名なタレブの新作が、よう…11月06日 07時22分
  • 【南雲つぐみ】嗅覚の低下
    聴力、視力、視野の変化などに比べて、加齢による嗅覚、においを感じる機能の低下は自分では気が付きにくい。 東京大学医学部付属病院老年病科の亀山祐美医師は日本老年学会で、「嗅覚の加齢変化は50代から始まり、65歳以上になると正常値を下回るように…11月05日 09時25分
  • 【本】【神戸】「自己満足」による過剰開発のツケ 〜『神戸百年の大計と未来』〜
    ★広原盛明、川島龍一、?田富三、出口俊一『神戸百年の大計と未来』(晃洋書房 2,800円+税) 復興災害を招いた神戸市行政を批判的に検証する力作は阪神・淡路大震災以後の三大プロジェクト検証から。【注】 (1)川島(医師/兵庫県医師会前会長)…11月05日 07時20分
  • 【南雲つぐみ】見た目と血管年齢
    「見た目が若い人は、中身も若い」といっても、服装や髪形などの外見のこととは違う。シワの深さや肌の明るさ、姿勢のよさなどの見た目は、血管や内臓の老化度に関係するという研究結果が、多く出されるようになってきた。 愛媛大学医学部老年・神経・総合診…11月04日 09時24分
  • 【本】英国は“対岸の火事”にあらず 〜新自由主義による悲惨な末路〜
    ★オーウェン・ジョーンズ(依田卓巳・訳)『チャヴ 弱者を敵視する社会』(海と月社 2,400円) 「チャヴ」とは聞き慣れない言葉だが、英国の若い白人労働者層を指すものとして、2000年代ころから広く使われるようになった。 新作が公開された英…11月04日 07時18分
  • 【南雲つぐみ】1日2食か3食か
    そばなどの屋台の飲食店が登場したのは、江戸時代の初めごろ。当時は朝夕の1日2食だったそうだ。町人や農民は午前7時か8時に朝食をすまし、夕飯は午後4時から5時ごろだったという。だが時代と共に活動時間が増えて、夜が長くなる。「小腹がすく」ことも…11月03日 09時24分
  • 【本】人材開発でもPDCAを回す 〜戦略的に人事を考える必読書〜
    ★大湾秀雄『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』(日本経済出版社 2,300円) (1)働きやすい職場として知られる米グーグル。かつて従業員の採用には、16〜25回の面接を行っていたという。しかし、5回目以降の面接は採用の精度…11月03日 07時15分
  • 【本】仮想通貨が通用する理屈 〜『経済ってそういうことだったのか会議』〜
    ★佐藤雅彦、竹中平蔵『経済ってそういうことだったのか会議』(日本経済新聞社、2000/のちに文庫、2002) 最近、「ビットコインには価値はあるのか?」とよく聞かれる。そのたびに丁寧に答えるのだが、相手によってはなかなか仮想通貨というものが…11月02日 09時13分
  • 【佐藤優】宗教改革の物語 〜近代、民族、国家の起源〜
    ★佐藤優『宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源』(KADOKAWA、2014 3,564円) 今からちょうど500年前の10月31日、マルティン・ルターによって「宗教改革」の幕が切って落とされた。当時ローマ・カトリック教会が売り出していた…11月02日 08時04分
  • 【佐藤優】黄色人種が白色人種国家を侵略 〜米国の対中国イメージ操作〜
    (1)中国に対する恐怖心は、黄禍論(Yellow Peril)に非常に強く出てくるものだ。ピーター・ナヴァロも黄禍論の影響下にいると見ていい。 黄禍論はいろんな形で表れるが、物語として著したのがウラジーミル・ソロヴィヨフだ。 彼の父親はセル…11月01日 07時39分