Hike de 俳句

登録ID
1617392
サイト名称
Hike de 俳句
URL
http://blog.livedoor.jp/livedaiza_101918aiza
紹介文
思いがけない発見・小さな驚きを575にまとめ、日々の記録と残しています。時々“書”のようなモノも書いています(見出し末尾に*印)。
カテゴリ
  • 俳句・短歌 (100%) - 5 / 173人中
  • ※表示されている順位は重複を含まないため実際の順位より低くなる場合があります。

※最新の記事

  • 紛争ありし学園*23/05/17
    ■かつて紛争ありしキャンパス 緑さす ………… かつてふんそうありしキャンパス みどりさす No.890 ………… ◆古い堅固な建物群・高く聳える講堂は権威の象徴のようにも見えるが。 ◆かつて、ここで激しい学園「紛争」があったとは思えない、…05月23日 06時00分
  • 鈴蘭を食い尽くす22/05/17
    ■すずらんの静かな昼の 動揺 ………… すずらんのしずかなひるの どうよう No.889 ………… ◆小さな「すずらん」の咲く花壇。近付いて、一瞬ドキッとした。 ◆野山にいてもそうだけれど…この形状、出逢うたびにドキっとする。そう、人間(霊…05月22日 06時00分
  • ただ事でもいいか21/05/17
    ■只事でいいではないか 落椿 ………… ただごとでいいではないか おちつばき No.888 ………… ◆ほとんど誰にもアイテにされない「落椿」。 ?春は過ぎてしまったけれど…。 ◆その落ち際の様子は話題になるが…落ちた後は、フツー見向きもさ…05月21日 06時00分
  • 定休日が変わって20/05/17
    ■店先にジャスミンにほふ 定休日 ………… みせさきにジャスミンにおう ていきゅうび No.887 ………… ◆クロッキーブックを買いに、画材店へ行った時のこと。 ◆シャッターが下され、思いもよらぬ「定休日」だった。「定休日」が変わったとの…05月20日 06時10分
  • 真っ先に撃たれ*19/05/17
    ■真つ先に撃たれて死なず 夏の夢 ………… まっさきにうたれてしなず なつのゆめ No.886 ………… ◆先日…足を骨折した日の夕べ、うとうとして怖い夢をみた。いつものように、人に追われる悪夢。 ◆私たち数人は、10数人の機関銃を持った男…05月19日 06時00分
  • それぞれが揺れて18/05/17
    ■山吹の花びら それぞれに揺るる ………… やまぶきのはなびら それぞれにゆるる No.885 ………… ◆狭庭に咲いた、一重の「山吹の花」。 ◆その花びらは薄くて繊細。風が通るたびに、一枚一枚の花びらがそれぞれに揺れる。 〈山吹の花びら揺…05月18日 13時00分
  • 診察室から絶叫が17/05/17
    ■五月かな 診察室から子の絶叫 ………… ごがつかな しんさつしつからこのぜっきょう No.884 ………… ◆先日…整形外科でもらった薬について、使っていいかどうかを尋ねるために掛かりつけの眼科へ。 ◆"次ですよ"と奥の待合室に案内された…05月17日 06時00分
  • 飼犬の眼の涼しさ16/05/17
    ■飼犬の涼しき眼 哲学す ………… かいいぬのすずしきまなこ てつがくす No.883 ………… ◆我が家には飼い犬が一頭。その名は"ノエル"、賢そうな顔をしたトイ・プードル。 ◆動物が苦手な私ですが、ある日突然、彼は我が家にやって来た。も…05月16日 06時00分
  • 誓い合う場所には15/05/17
    ■誓い合う二人 ステンドグラス夏めいて ………… ちかいあうふたり ステンドグラスなつめいて No.882 ………… ◆先日、甥の結婚式・披露宴に出席した。 ◆恋愛だ結婚だと大騒ぎするのは、恥ずかしいと考えてきたが…最近、少し感じ方が変わっ…05月15日 06時00分
  • 観覧車のような花14/05/17
    ■小手毬の 虫等乗せたる観覧車 ………… こでまりの むしらのせたるかんらんしゃ No.881 ………… ◆我が狭庭にも、「小手毬」の花が咲いた。 ◆近付いて様子を見ていると…あちこちに小さな虫が来ていた。まるで、遊園地の観覧車のよう。 ◆…05月14日 06時00分
  • 墨絵のような影*13/05/17
    ■等伯のやうな影絵や 若葉風 ………… わかばかぜ かべにすみえのようなかげ No.880 ………… ◆静岡県浜松市の龍潭寺を参拝した時のこと。 ◆お寺は、井伊家の菩提寺ということで立派なもの。塀の上のモミジ若葉が風に揺れ、塀には木々の影が…05月13日 06時00分
  • 手持ち無沙汰の夜12/05/17
    ■夜の蜘蛛 手持ち無沙汰といふことも ………… よるのくも てもちぶさたということも No.879 ………… ◆怪我をして4日目。例のごとく、囚人のような生活。 ⇒ムロン、"囚人生活"の実態は知らないけれど。 ◆食料だけを与えられて捨ておか…05月12日 06時00分
  • 様々なことに応え11/05/17
    ■藤房の風に書を読む ひとりかな ………… ふじふさのかぜにしょをよむ ひとりかな No.878 ………… ◆久々に訪れた、午後のカフェテラス。"藤棚"からは大きな「藤房」がたくさん垂れ、風に揺れていた。 ◆カフェテラスの窓からは、ひとり本…05月11日 06時00分
  • ここにも春の嵐が10/05/17
    ■かつて紛争ありしキャンパス 春嵐 ………… かつてふんそうありしキャンパス はるあらし No.877 ………… ◆先日、大学のキャンパスを歩いた。 ◆ここは、息子が勤めている大学の構内。 休日だったが、ケッコーな数の学生が行き来していた。…05月10日 06時00分
  • 生き損ねの蝸牛*09/05/17
    ■破れ画布 生き損ねたる蝸牛 ………… やぶれがふ いきそこねたるかたつむり No.876 ………… ◆どうして、こんな所に迷い込んでしまったのか? ◆物置きの中から、次々と出てきた「破れ画布」。その1枚の裏側に、小さな「蝸牛」が貼り付いて…05月09日 06時00分
  • 恐るべきものたち08/05/17
    ■コースターの宙に歓声 夏来る ………… コースターのちゅうにかんせい なつきたる No.875 ………… ◆ここは、白山通り沿いの後楽園遊園地(名称が替わったらしいが)。 ◆白山通りまで、遊園地からの歓声が響いている。どうも、若い女性達の…05月08日 06時00分
  • 穏やかに老いる旅07/05/17
    ■穏やかに老いて旅の日 花菜畑 ………… おだやかにおいてたびのひ はななばた、 No.874 ………… ◆旅の途中、思わぬ場所で「花菜畑」に出逢った。 ◆いろいろな方達が車を停め、「花菜畑」を、一面の菜の花を眺めていた。 ◆そんな中に、仲…05月07日 06時00分
  • 犇めく無数の命*06/05/17
    ■南国のような境内 蝌蚪の群れ ………… なんごくのようなけいだい かとのむれ No.873 ………… ◆ここは、遠州三十三観音巡り第25番札所の正太寺。 ◆浜名湖沿いの小高い丘の上に建っている、曹洞宗のお寺。境内に入ると…椰子の木が多いせ…05月06日 06時00分
  • 古い傷痕と生傷と05/05/17
    ■道化師の頬に傷痕 修司の忌 ………… どうけしのほほにきずあと しゅうじのき No.872 ………… ◆昨日5月4日は、寺山修司さんの忌日だった。 ◆1983年に47歳という若さで亡くなったが、その活躍・足跡は高校時代の"俳句"をはじめ、…05月05日 06時00分
  • 隣国に消えぬ火種04/05/17
    ■風聞の絶えぬ隣国 宗悦忌 ………… ふうぶんのたえぬりんごく そうえつき No.871 ………… ◆昨日5月3日は、民藝運動の祖:柳宗悦氏の忌日。 ◆"日本民藝館"の設立や白樺派との交流、その著書『手仕事の日本』『南無阿弥陀仏』、そして先…05月04日 06時00分
  • 旅の途上で会う*03/05/17
    ■不思議な書 旅の途上に朧月 ………… ふしぎなしょ たびのとじょうにおぼろづき No.870 ………… ◆先日、友人:Kさんの書道(?!)展へ。"友人"と言っても、Kさんの作品を見るのは初めてのこと。 ◆会場には…予想もしなかった不思議な…05月03日 06時00分
  • 春の蚊を殺めては02/05/17
    ■春の蚊を殺めし後の 夜の渦 ………… はるのかをあやめしあとの よるのうず No.869 ………… ◆「春の蚊」に限らないけれど…夜中に「蚊」に悩まされることがある。 ◆どこから侵入するのか、今年の春は3回ほど。 ◆夜中に、翅音で目が覚め…05月02日 11時00分
  • 本堂前に大宝珠が01/05/17
    ■五月来る でんと据ゑある大宝珠 ………… ごかつくる でんとすえあるだいほうじゅ No.868 ………… ◆ここは、遠州三十三観音:第27番札所の龍泉寺。 ◆本堂の前の大きな「宝珠」が迎えてくれた。その大きさ、金色…何か、そこにあるだけで…05月01日 06時00分
  • ここが旅の始まり30/04/17
    ■狭庭より旅の始まる 花筏 ………… さにわよりたびのはじまる はないかだ No.867 ………… ◆我が狭庭でも…長い間には、植物の盛衰を見ることができる。 ◆いつの間にか増えてしまった植物、枯れる植物。わざわざ植木屋で買って来たのに、伐…04月30日 06時00分
  • 桜蘂の降る道を*29/04/17
    ■ひとり行く 桜蘂降る道もまた ………… ひとりゆく さくらしべふるみちもまた No.866 ………… ◆雨風の強かった日の翌々日、同じ道を歩いた。 ◆道路に降り敷いた淡いピンクの花びらのまわりには、濃いピンクの「桜蘂」が取り囲むように「降…04月29日 06時00分
  • 春祭の寺で接待を28/04/17
    ■春祭 寺の舞台にハーモニカ …… はるまつり てらのぶたいにハーモニカ No.865 …… ◆ここは、遠州三十三観音:第23番札所の"禮雲寺"。 ◆この日は「春祭」の日だったらしく、境内はたくさんの人達で賑わっていた。桜の大樹の下には金魚…04月28日 06時00分
  • 安らかに眠るため27/04/17
    ■飛花落花 明日をしづかに眠る日に ………… ひからっか あすをしずかにねむるひに No.864 ………… ◆この日は雨と強風。川面に桜が散り、道路も桜の花びらで染まっていた。 ◆心踊った「花」(=桜)の季節も終わりに近付いたようだ。 ◆1…04月27日 06時00分
  • 偉大な先人の眼*26/04/17
    ■花馬酔木 恥ぢて貧しき頭垂る ………… はなあしび はじてまどしきこうべたる No.863 ………… ◆ここは、遠州三十三観音:第28番札所の"龍秀院"。 ◆山門を潜り境内に入ると、樹齢200年の見事な"枝垂いちょう"が迎えてくれる。そし…04月26日 06時00分
  • 行きつ戻りつして25/04/17
    ■この日頃 行きつ戻りつ朧みち ………… このひごろ ゆきつもどりつおぼろみち No.862 ………… ◆この日…夕暮れにちかい時間だったけれど。ここは静岡県富士宮市:大石寺近くの桜の林(森?!)。 ◆薄靄のかかったような、思わぬ光景に出逢…04月25日 06時00分
  • 小さないのちにも24/04/17
    ■花にらののせて 光と小さき影 ………… はなにらののせて ひかりとちさきかげ No.861 ………… ◆今年も、我が狭庭に「花にら」が咲き始めた。 ◆子どもの頃には知らなかった花なので、はじめ違和感があったのだけれど…いつの間にか増え、今…04月24日 06時00分
  • 道元禅師の教え*23/04/17
    ■著莪の寺 禅師の教へ無言なる ………… しゃがのてら ぜんじのおしえむごんなる No.860 ………… ◆今回の"遠州三十三観音巡り"の第2弾は、前回と同じ"龍泉寺"から。 ◆このお寺の門前には"仏道は自己なり"の石碑が、そして境内に入る…04月23日 06時00分
  • 簡単には解けぬ謎22/04/17
    ■チューリップ すぐには解けぬ謎ばかり ………… チューリップ すぐにはとけぬなぞばかり No.859 ………… ◆いつも通る道のかたわらにある、大きな花壇。その一画に……。 ◆「チューリップ」が花盛りだった。赤や白や黄色、ピンクや橙・赤紫…04月22日 06時00分
  • 踏まれたっていい21/04/17
    ■踏まれてもかまわぬ たんぽぽの覚悟 ………… ふまれてもかまわぬ たんぽぽのかくご No.858 ………… ◆タンポポはたくましい花。その姿が、あちこちで見られるようになった。 ◆かわいい植物だけれど、どんな所にも根を下ろす強靭さ。"ヒト…04月21日 06時00分
  • 再び巡礼?家康が20/04/17
    ■家康の隠れし弥陀堂 著莪の花 ………… いえやすのかくれしみだどう しゃがのはな No.857 ………… ◆再び"遠州三十三観音巡り"に出掛けた。 ◆今回は、静岡県は浜松市の龍泉寺から……。 ◆この寺には阿弥陀堂があり…かつて、三方ヶ原の…04月20日 06時08分
  • 枝垂れ咲く桜に*19/04/17
    ■枝垂れ咲く櫻 心眼開く願 ………… しだれさくさくら しんがんひらくがん No.856 ………… ◆再び、身延山の句。ここは"覚林房"という、身延山の塔頭(宿坊)のひとつ。「眼病守護」という看板が目に入り、寄ってみたのだけれど。 ◆このお…04月19日 06時00分
  • 直虎の眠る龍潭寺18/04/17
    ■花の塵 直虎眠る龍潭寺 ………… はなのちり なおとらねむるりょうたんじ No.855 ………… ◆先日、静岡県浜松市の龍潭寺を訪れた。井伊家40代の祖霊を祀る菩提寺、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で話題の"直虎"のお墓もあるお寺。…04月18日 06時00分
  • 懐かしい師の書が17/04/17
    ■師の記事に「遍照」の文字 朧の夜 ………… しのきじに「へんじょう」のもじ おぼろのよNo.854 ………… ◆片付けをしている間に…本当にいろいろなものが出てきた。 ◆古い新聞記事もたくさん出てきたが…ほとんどが、かつて眞殿皎先生が送っ…04月17日 06時00分
  • ともに呆け封じ*16/04/17
    ■禅寺に呆け封じして 妻おぼろ ………… ぜんでらにぼけふうじして つまおぼろ No.853 ………… ◆雨の中、静岡県富士宮市精進川山中の禅寺:千光寺を訪ねた。この日は珍しく、連れ合いも一緒。 ◆とても"天国"など望むべくもないが、せめて…04月16日 06時00分
  • 青空は若者のもの15/04/17
    ■青空は若者のもの 朝桜 ………… あおぞらはわかもののもの あさざくら No.852 ………… ◆あまりに桜がキレイなので、こっそりと近くの学校の敷地に入ってみた。 ◆たくさんの「桜」の立木を見ていると、そのバックにある空のキッパリとした…04月15日 06時00分
  • 真央ちゃんが引退14/04/17
    ■「真央ちゃん」と皆に慕われ 桜餅 ………… まおちゃんとみなにしたわれ さくらもち No.851 ………… ◆このところ、フィギュアスケートの浅田真央さんの引退報道が続いている。こんなに過熱するとは思っていなかったが、その絶大な人気のほど…04月14日 06時00分
  • 奥の院には残雪*13/04/17
    ■残雪や 犬に引かれて奥の院 ………… ざんせつや いぬにひかれておくのいん No.850 …… ◆身延山の奥の院には、"思親閣"という建物が建っている。 ◆ここはかつて、日蓮聖人が故郷:安房の方角を見て、ご両親や恩師を偲んだ場所だという。…04月13日 06時00分
  • 鳥になった気分で12/04/17
    ■草庵も御廟もいれて 花の里 ………… そうあんもごびょうもいれて はなのさと No.849 ………… ◆身延山の奥の院へ向かうロープウェイから……。 ◆かつて、日蓮聖人が住んだ草庵や御廟があるという集落を見ることができる。このロープウェイ…04月12日 06時00分
  • 信心の顔は清しく11/04/17
    ■信心の面すがすがし 花万朶 ………… しんじんのおもすがすがし はなまんだ No.847 ………… ◆身延山は本当に立派な伽藍。実を言うと…以前"一度来たことがある"ように思っていたのだけれど……。 ◆全く、記憶が蘇らなかった。ということ…04月11日 06時00分
  • 釈迦殿の前の糸桜10/04/17
    ■釈迦殿を吾もまた仰ぐ 糸櫻 ………… しゃかでんをわもまたあうぐ いとざくら No.84 ………… ◆身延山の伽藍は、思っていた以上に立派なものだった。 ◆甘露門から境内に入ると…正面に法喜堂、すぐ左手には「釈迦殿」が現れる。近代的な建築…04月10日 06時00分
  • 祖師堂に花辛夷*09/04/17
    ■山陰に朝の祖師堂 花辛夷 ………… やまかげにあさのそしどう はなこぶし No.845 ………… ◆身延山に向かったこの日…国道52号線を南下していたためか、狭い山道を辿ることになった。 ◆途中、思いがけなく見事な枝垂桜に出逢い、車を停め…04月09日 06時00分
  • 半世紀ぶりの花祭08/04/17
    ◆一山の光集めて 花御堂 ………… いちざんのひかりあつめて はなみどう No.844 ………… ◆この日はじめて、身延山へ参拝に出掛けた。 ◆穏やかな天気、花の身延山の大伽藍にはたくさんの信者が参拝に訪れていた。 ◆"甘露門"から境内入り…04月08日 06時00分
  • 職人気質の人たち07/04/17
    ■職人の言葉短し 連翹黄 ………… しょくにんのことばみじかし れんぎょうき No.843 ………… ◆家の取り壊し作業をする解体業者と、二言三言話をした。 ◆最初、怖そうな雰囲気でなかなか話しかけられなかったが…話してみれば実直・朴訥な方…04月07日 06時00分
  • 修善寺で足湯をし06/04/17
    ■足湯してわれも旅人 春時雨 ………… あしゆしてわれもたびびと はるしぐれ No.842 ………… ◆片付けが一段落した先日…当地の天気予報が"雨"だというので、修善寺へ出掛けた。 ◆修善寺は、降ったり止んだりの春時雨。 ◆車を停め、しば…04月06日 06時00分
  • 大岡信ことば館へ05/04/17
    ■春風に誘はれ 信ことば館 ………… はるかぜにさそわれ まことことばかん No.842 ………… ◆先日、家族とともに"大岡信ことば館"を訪ねた。 ◆静岡県の三島駅のすぐそば。ようやく暖かくなり、春風の気持ちのよい日のこと。 ⇒上の画像の…04月05日 06時00分
  • ついに取り壊しに04/04/17
    立ち退きを求められて1ヶ月 ■住み慣れし土地も更地に 弥生尽 ………… すみなれしとちもさらちに やよいじん No.841 ………… ◆昨日…20数年間、美術系進学を目指す生徒達を教えた"Ai美研"が取り壊され、1日で更地となった。 ⇒また…04月04日 06時00分
  • 光太郎の山荘は*03/04/17
    ■床抜けて壁に大穴 連翹忌 ………… ゆかぬけてかべにおおあな れんぎょうき No.840 ………… ◆いやぁ、サンザンなことになっていました! 荷物を全て出してみると…人様にお見せできる状態ではないけれど……。 ◆もともと結婚した当初に建…04月03日 06時00分
  • 御神体を仰ぐ場所02/04/17
    ■遠がすみ 大富士仰ぐ遥拝所 ………… とおがすみ おおふじあおぐようはいじょ No.839 ………… ◆ここは、富士山を仰ぐ遥拝所。初めて訪れた。 ◆車を駐車場に停め、針葉樹林の中の細い径を進む。階を上ると急に視界が開け、その真正面に富士…04月02日 06時00分
  • 修善寺は小雨の中01/04/17
    ■湯の町にそぐはぬ館 三鬼の忌 ………… ゆのまちにそぐわぬやかた さんきのき No.838 ………… ◆立ち退きを求められて、ほぼ1ヶ月。片付け・整理に明け暮れた。 ◆その疲れを癒すべく、家族で湯の町:修善寺を訪ねた。途中から雨が降り出し…04月01日 06時00分