原始・古墳時代(日本史)


[更新:2020/09/24 19:30]
1位
古代史の散歩道 など
素人考えの古代史談です。丹念に資料を読んで一生懸命考えます。対象は、ほぼ倭人伝です。それ以外に、メディアの失言をただす「今日の躓き石」。

最新記事2020/09/24 00:27 新・私の本棚 河村哲夫 【西日本古代通史】講演「邪馬台国論争のい…新・私の本棚 河村哲夫 【西日本古代通史】講演「邪馬台国論争のい…今日の躓き石 海を渡る「リベンジ」の暴言 NHKBS「放送事故」…新・私の本棚 御覧所収 謝承「後漢書」佚文 史料批判の試み 2/…新・私の本棚 御覧所収 謝承「後漢書」佚文 史料批判の試み 1/…

140280610
-
- - -
2位
邪馬台国探訪
卑弥呼時代の倭国は九州北部に在った小国三十国の連合国、即ち女王国連合であり、邪馬台国は倭女王卑弥呼が倭国の首都に決めた小国だった。

最新記事2020/09/06 17:55 神武東征の実情縄文海進を弥生時代に持ってくる論者が多過ぎる伊都国から『南邪馬台国へ至る水行十日』卑弥呼が倭国を統治してい…画文帯神獣鏡が卑弥呼の鏡…

100120540
3位
コタロー邪馬台国を訪ねて
魏志倭人伝をどこまでも論理的に解釈していってます。私は精神疾患やら脳脊髄液減少症持ちです。交流お待ちしています
2468100
-位
日本古代史つれづれブログ
邪馬台国を中心とした日本古代史の謎を、神話・史書・遺跡・各地伝承などから、解き明かしていきます。

最新記事2020/09/18 18:57 古事記・日本書紀のなかの史実 (16)〜神生み? オオワダツミ古事記・日本書紀のなかの史実 (15)〜「六嶋」はどこか?古事記・日本書紀のなかの史実 (14)〜「亦の名」が示すこと古事記・日本書紀のなかの史実 (13)〜大八州(おおやしま)はど…古事記・日本書紀のなかの史実 (12)〜ヒルコはエビス神?

-20050
-位
ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記
たわいのない日常事をしたためております。
-155
-位
人事を尽くして天命に遊ぶ!日野智貴の主張
「新しい文明の構築」を目指す保守派大学生のブログ。生長の家信徒、新政未来の党代表代行兼学生幹事長。人類光明化運動・国際平和信仰運動を推進しよう!
-142
-位
長岡市でドキドキを科学するDoki Lab.
もっと「ときめく瞬間」が日常に溢れればいい。ドキラボは真面目にドキドキを科学しています。
---
-位
ひらめさんの徒然話
古事記・日本書紀や地理情報を元に古代ヤマトの謎に迫ります。継体朝以前の年代特定、魏志倭人伝の内容分析、崇神天皇以前の真の天皇陵の推定、著名神社や律令国国府の配置分析を行なっています。
---
-位
今日は歴史びより
歴史の謎に興味があります. 特に興味があるのは記紀から鎌倉時代ごろまででしょうか.
---

新着のブロ画

読み込み中...

みんなが作ったアンケート

読み込み中...